000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ チケット居酒… New! 和活喜さん

1780. 夕日と月下の… カズ姫1さん

日韓対立-報道に欠… shchan_3さん

「暗愚小伝」(21) まろ0301さん

野菜の日、というこ… つるひめ2004さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

2011.08.31
XML

 

原発事故で最も危険なプルトニューム。

これは、福島原発の3号炉のプルサーマルと関連しています。

プルトニュームは、肺に入りますと、肺癌を引き起こします。

ですがら、このプルトニュームの漏れは、非常に危険な訳です。

その元になるプルサーマルとういう言葉、これがマスコミなどで使用しないように制限されていたそうです。(詳しくは、最下欄のyoutyubeの1分10秒当たりをご覧ください。)

 

どうして、制限されたか、その理由も話されています。

その話を聞いて、人間の命を最高権力を握っていた人は、大事にする方法を誤ってしまっていたなあと僕は、思いました。

 

これを見て、国語科教育も同じだなと思いました。

漢字指導の1セット5過程、これは、漢字指導では、カナメになる言葉です。

漢字を10字書かせて、次にテストをするというような指導(これは、指導とは、言えないでしょう。このようなことは、素人でもできます。)には、

(1セット5過程になってないぞ、ちゃんと教えて欲しい)という批判が出ますから。

 

漢字の意味の変転の指導は大事です。

これが指導されてないと、

(何故、動物園の象の漢字を

で使うのか、

で使うのか、

で使うのか、

・・・・・・)という疑問が出ますから。 

これでは、漢字指導がコトバの指導であるということから逸脱しています。

 

表現読みという言葉もそうです。表現読みとは理解して、それを音声で表現することです。このが逆もあります。つまり、表現読みは、理解と一体なのですね。

この表現よみは、ただ、理解もしないで声に出している音声化・暗唱とは、真っ向から対立します。

表現読みという言葉があると、その理解のない音声化の批判ができますからね。

この間小5の孫が来ました。『平家物語』を暗唱していました。棒読みです。

意味が分からないから、当然です。

孫は、ちっとも楽しそうではありませんでした。

これは、国語科教育とは、違います。

表現よみという言葉を知ると、そのような疑問が湧いてきます。

このようにちょっと見てだけで、教えるコトバの大切さが分かりますね。

師は、そのことから、『日本コトバの会』を創設しています。

 

下記のマークをクリックして戴けますとうれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ

 

宮崎哲弥のトーキング・ヘッズ8/19(金)「国家と情報 Part2」2/4

http://www.youtube.com/watch?v=DFg9xfvyGTk&NR=1

 

 







最終更新日  2011.09.01 07:44:55
コメント(6) | コメントを書く
2010.11.14

 

文章を読んだり、書いたりする時に、時には、言語の3区分を意識して読んだり、書いたりしてみると、読みが面白くできたり、文章を表現が豊かになったりします。

国語科教育でも指導したいですね。

普通は、これを意識しないで、読み・書きしているのですが・・・・・・・。

そのことを、少し、考えてみたいと思います。

よろしくお願いいたします。

下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。


  にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキン


言語の三区分

人間の言葉の力を、上記のように

文学言語

理論言語

日常言語

に分けて考える事を

大久保忠利は、提唱しています。(国語教育1・三省堂)

 

確かに、物語で使われている言葉から伝わってくるものと

説明文・理論文から伝わってくるものでは、違いますね。

 

物語を読んだり・聞いたりして伝わってくるものは、

音楽を聴いたり・絵を見たりして伝わってくるものに似ています。

 

言葉を豊かにするということは、

この文学言語と理論言語を身につけることだと

大久保忠利は言います。

そうすることで、日常言語が豊かになるのだとも。

日常言語とは、日常使う言葉のことです。

 

人とお話していて、言葉が豊かで、気持ちがいいなあと思うことがありますね。

その人は、文学言語と理論言語をたくさん身に付けているからなのでしょうね。

 

** 下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。


にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ 

 

下記で、以前に書いたブログが紹介されました。漢字と 作文の実践です。

これらの 実践は、仲間・先輩の実践に学び、

さらに、それを発展させるということの繰り返しから生まれたのものです。

それを取り入れることで、子どもが喜び学力がつく授業ができ、

そのことに教師は、生きがいを感じるのではないでしょうか。

みんなでつくる教育WEB辞典 EDUPEDIA

漢字の学習

主述の関係とテーマ性

 

 







最終更新日  2010.11.14 17:56:54
コメント(26) | コメントを書く
2008.05.23

 

蘭学事始・冬の鷹を例に文章を読む(書く・聞く・話す)時のわきまえを考えて見たと思います。

そのことが、文章を読む(聞く・書く・話す)時に、楽になることがあるからです。このことを、書こうとしたのは、次のようなご意見を戴いたからです。このご要望、教育上、今、とっても大切なことですね。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日さんおはようございます(^○^)   みえこ55さん
詩の授業は大変苦手で、読解するのも苦手でしたし、書くのはもっと苦手でした。
今日さんの日記でこれから勉強させていただきたいと思います。宜しくお願いします。(May 21, 2008 08:39:32)

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このご意見・要望は、国語科教育のカナメに座ることで、教える側が、このことを頭において、授業をすべきことでしょうね。(ピアノの弾き方で、次の本がありますが、これを読んで、ピアノを弾くことが、楽しくなりました。それと、このご意見・要望は同じですね 。

 

このことを蘭学事始冬の鷹の文章で考えてみたいと思います。

         ・・・・・・・・・・・・・・・

冬の鷹』(吉村 昭)より

江戸の町々に、春の強い風が吹付けていた。
日本橋に通じる広い道を、中津(なかつ)藩医前野良沢(まえのりょうたく)は、総髪を風になびかせながら歩いていた。


風がおこると、乾いた土埃が馬糞をまじえてまきあがる。・・・・・・・・



これは、杉田玄白『解体新書』の成立過程を書いた
冬の鷹』(吉村 昭)の書き出しです。



次をお読みください。

蘭学事始』(杉田玄白

これより各各打連れ立ちて骨ケ原の設け置きし観臓の場に至れり。さて、腑分け(ふわけ)の事は、エタの虎松といえるもの、このことに巧者のよしにて、かねて約し置きしよし。

この日もその者に刀を下さすべしと定めてるに、その日、その者が俄かに病気のよしにて、その祖父なりという老屠(ろうと)、齢九十歳なりといへる者、代わりとして出でた。・・・・・・・・・・・・・・


*腑分け(ふわけ)・・・腹をさいて、内臓を見やすいようにすること。


これは、『蘭学事始』(杉田玄白)の中の解剖を始める場面です。



吉村昭は、蘭学事始』(杉田玄白)『解体新書』などをもとに、
その成立過程を小説・『冬の鷹』に書きました。

ここまでお読みになって、お分かりと思いますが、
『冬の鷹』は、文学言語を駆使した小説なのですね。

 

『冬の鷹』と『蘭学事始』を読んで、そこから、感じる事・わきあがってくることに、違いがありませんでしたか。

冬の鷹からは、なにかほんわかしたものが、読みながらわき起こって来ませんか。このわこ起こってくるものこれを、情感性(ジョウカンセイ)というのですね。

文学言語は、それを読むと、情感性が、湧き上がって来ますね。


他方、これに対して、『蘭学事始』(杉田玄白)の方は、

情感性は、あまり浮かばず、客観世界の様子が、浮かびますね。言いかえれば、真理・事実性などが、浮かんできます。

 

文章の中には、このように文学言語で書かれたものと、理論言語で書かれたものがあるということを、意識しておくと読解が楽になりますね。は、文学言語の世界なのですね。


このう事を学生に教え、意識して本を読み・書き・聞き、話すようにする事が、
子どもたちの言葉の力を高めていくものと考えます。

宮沢賢治・新美南吉などの作品が、
すばらしいのは、その文学言語を駆使した作品を書いているかえらですね。


皆様のブログも、
この視点を持ってお書きになり、
お読みになってみるのもいいことですね。

本日は、ここまでとします。

なお、『冬の鷹』・『蘭学事始』を
直接、読まれれれると、この事が一層、実感できます。
図書館にありますね。


多くの方にお読みいただきたいので、ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、下の2つのマークのクリックをお願いします。
1日1クリック、有効です。
高位になりますと、アクセスが増えるんですね。

にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ







最終更新日  2008.05.23 09:18:50
コメント(10) | コメントを書く
2007.09.01




自分の反対語は」はで、盛り上がったモアイさんのブログ
38回のコメントのやり取りがありました。

ところが、1ヶ月余も経ったのですが、結論が、出そうもないので、
モアイさんの暖かい心遣いで、生意気に、
ここで、意見を書かせていただくことになりました。

このような課題が出ると、大人でも、このように燃える。
子どもなら、なお、ですね。

この心理、教育に取り込みむことが、教育の
原点だと考えてきた今日(僕)です。

さて、この問題をご一緒に考えて戴けませんか。



この問題を考えるにあたって、世の中の物事には、
そのものの見方によって、

似ているもの
似ていないで対立的になっているものがあることを
頭においておきたいですね。

例えば人間と猿は、見方によって、似ているところがあります。(動物)
ところが、人間と石は見方によっては、似ていませんよね。(動物と鉱物)


このことは、コトバについても言えるのですね。



例えば、

教師・・・先生・師

私・・・自分・オレ

進歩・・・発達

美しい・・・きれい

机・・・テーブルなど

ように、似ている言葉を
類義語(ルイギゴ)と僕らは、
教えています。





これに対して、

投手・・・捕手

登校・・・下校

空腹・・・満腹のように

対比的な意味持つコトバを対義語(ツイギゴ)と、教えています。


この対義語の中には、

上・・・下

大・・・小

高い・・・低い

などがありますね。

これらは、はっきりと反対の語であること言えますね。

ですから、反対と、教えています。


これには、


上・下  大・小  多・少など一語で表すもの

賛成・反対   収入・支出   間接・直接など漢字語で表すもの

不・非・無・未などを付けて表すもの(不可能・可能、協力的・非協力的・・・・・・・)

遠い・近い  売る・買うなどの和語もありますね。

* このことから反対語は、対義語の中のもの
  考えれれますね。


ところで、「自分の反対語は」の問題ですが、
他人・あなた・宇宙などと、考えた方がおりますが、

自分・・・・私・僕・オレ・・・・・などは、以上からすると類義語になりますね。

では、他人・あなたはどうでしょうか。

これは、はっきり、反対とは言えないようですね。
対照(称)をなしているので、対義語に入れれば、入るのではないでしょうか。

こうしてみますと、この問題、
「自分の反対語は」という問題設定に、
無理があったようですね。


問題設定と言えば都の学力テストの問題にも、
無理があるのがありました。

    ・・・・・・・・・・・・・


との学力テストインタヴュー

 フイリッパさんのご意見

学力テストについては海外に出て既に5年、
子どもも小1ということで全くの浦島太郎状態ですが、
この設問は変だと思います。

3以外はどれも必要なことではないでしょうか?
この中からたった一つを選び出すというのは無茶苦茶な気がします。

カレッジで英語のクラスを取った時、
新聞や雑誌に記事を載せているプロのライターをゲストに呼び、
インタビューについて伺いましたが、
1、2、4について話されていましたよ。

この設問を作られた方、
検閲(?)された方々が何も疑問を感じないことがとても不思議で
また怖いです。

どうなっているのでしょか???(
2007.03.12 22:18:11)

     ・・・・・・・・・・
このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
小さなクリックでも,教育を良くする一歩だと信じたいです。

本日、お陰さまで、教育ブログランキング・5位に上がりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

勝手なご紹介です。上記の事が載っています。

始発の反対語は】 No.1217

http://plaza.rakuten.co.jp/tomonisodatsu/diary/200707250000/

 

 

 







最終更新日  2007.09.01 18:17:11
コメント(10) | コメントを書く
2007.08.01

多くの子どもに
「漢字ドリルがあるから、国語は嫌いだ」
という風に言う子が、かなりいます。

このように言う子を見て見ますと、
良く、読書はしますし、
発表は好きだし、
漢字を使っての文章下記は好きだし・・・・・

と言う面があるのですね。
このように言う子にとっては、漢字ドリルが、大きく見えて
それだけが国語科になってしまっているのですね。

国語科という上位語の中に、
・本を読む
・話を聞く
・文章を書く
・自分の考えを言う
などの下位の活動がある事が、構図になって、
頭に整理されてないからでしょうね。

それと、子どもが、そのように言ってしまうようにしてしまった、
漢字ドリルの扱い方にも問題がありますね。

で、ここでは、1年生からも上位語と下位語の関係の指導
出来る事を、問題を例示して、考え合っていければ良いなあと
思っています。

早速、問題を見てみましょう。


1年生の仲間言葉

これは、
・動物
・勉強
・位置
・曜日
・数字
・人間
・動き
・お金などの上位語に対して、
その下位語を見つける問題ですね。

このようにして、1年生から、上位語と下位語の関係の学習を
すると、その視点で、ものが見えるようないなるでしょうね。



昨日下記のようなコメントが、寄せられました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上位語 森の声さん

下位語、上位語が理解できるようになると、
世界の秩序が見えるようになって、
脳みそが混乱から抜け出すことが出来ますよね。

これが理解できない子は他の教科全てが出来ないでしょうね。(2007.07.31 14:24:57)
      ・・・・・・・・・・・・・・

それから、上位語と下位語の関係で
本ブログの書き方で、誤解を招かないようにというような
下記のコメントも戴きました。

・・・・・・・・・・・・・・

Re:思考停止・決めつけ・(07/30)    tea*roseさん

こちらのブログでよく取り上げられることの多い「反復練習」そのものが、
「上位語」的な意味合いを帯びると、
それを推進する人たちを全否定することになりかねない、と思うことがあります。

そもそも「反復練習」のようなものは「下位語」的なニュアンスで、
正しい場面で正しい背景の中でうまく使われることも可能であり

そうであればとても豊かな使われ方もできる、
というゆとりを残して論議を行えたらよいと思います。(2007.07.31 08:01:06)
 

  ・・・・・・・・・・・・・・

* ご指摘のように考えて、ドリルそのものを否定するのではなく、
書いてきたつもりです。
それは、いつも、ドリル中心の・・・・・ではなく、と『中心』を付けてきました。

それでも、ちゃんと理解していただく為に、さらに、
注意をしてくださいという、コメントだと思います。
有難うございました。

ただ、このことに触れているのは、
詰め込みのドリルが横行している実態も
あるからです。

このことは、ドリルの正しい活用ではないと思うのです。
そういう意味が、このブログは、ドリルについて書いていますので、
ご理解、戴けますと、うれしいです。






このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
本日、教育ブログランキング・3位になりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ









下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。


たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* 1~6年生、揃っています。






最終更新日  2007.08.01 07:28:12
コメント(11) | コメントを書く
2007.07.31

「登校拒否は、3年生の担任が、厳しかったからだ。」
と、思い込んで、そのままきてしまった中学生に、
(本当にそれが、全てなのだろうか)と、
持ちかけて、話し合いをして、
それが、全てではないという事を子どもが認識して、
立ち直ったという話を聞いた事があります。

話の中では、
3年のときの先生のやさしかった事が出てきました。

遠足の弁当を忘れた時、分けてくれた事
おなかが痛くなった時、保健室で寝ていると、
何度も、見に来てくれたこと・・・・・

この事の整理は、上位語と下位語の関係だけではなく、
心理的な要因もあったのでしょう。
でも、このように分析的に見てみることは、重要なのではないでしょうか。



一つのことに対して、結論を出す時は、多くの視点からの
考察が必要ですよね。

昨日、上位語・下位語について書きましたら、上記のことと関係する
コメントを戴きました。


    ・・・・・・・・・・・・・・


毎日、現場で見てます        さくら太鼓さん

野菜という枠(範囲)の中に、人参・トマトがある。
僕の塾でも、言葉の意味範囲、関係を全く理解していない子は、
中学生だと、5教科500点満点で、200点足らずで入塾してくる場合が多いです。

イメージしてもらうために、よく絵や図を描いて説明するのですが、
初めは、ビックリしてます。

中学生ともなると、頭の中にある言葉の数はかなりあるので、
その言葉に、イメージを付け加えることを習慣化するまでには、
少し時間がかかります。

ですが、確実に思考力は向上しているようです。

この記事を読ませていただいて、
さらに、そういったことに、力を入れていこうと思いました。
ありがとうございました。(2007.07.30 21:00:33)





思いこみ       森の声さん

>これは、野菜(上位語)と
>人参・トマト・・・(下位語)
>の区別の意識が曖昧の為に、起こっているのですよね

あと、思いこみや先入観もあるのでしょうね。

ワークで“うちの子には長所はありません”と言い切るお母さんがいますが、
そんなとき子どもが出来ること、やっていることを丹念に想い出してもらうと
“こんなに長所もあったんですね”という発見につながります。

もしかしたら、子どもが“野菜は嫌いだー”と言ったので、
上位語、下位語の区別なく
そのままお母さんの頭に入ってしまった可能性もありますね。
                                 (2007.07.31 06:36:08)




Re:思考停止・決めつけ・(07/30) ゆうこ8838さん

上位語、下位語はすっかり忘れてました。
下位語を使ったほうが、伝達しやすいですね。
改めて勉強になりました。(2007.07.31 00:20:16)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この意見は、昨日のブログをより、分かりやすくしてくださいました。

上位語・下位語の視点は、結論を出す時に、
頭から引き出して、ちょっと、使ってみるのも良いようですね。


これは、小学生のうちから、学んでおきたいと考えています。

それを続けて、下記でご紹介しますね。





2ね生では、『なかまことば』・『まとめことば"』
というコトバで指導しています。

なかまことば・まとめことば

ここでは、
仲間ことばを、下位語
まとめコトバを、上位語

としていますね。


このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
本日、教育ブログランキング・3位になりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ









下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。


たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* 1~6年生、揃っています。






最終更新日  2007.07.31 14:31:10
コメント(18) | コメントを書く
2007.07.30
作家が、数人同宿して、同じ部屋で、仲間の作家の
悪口を言っていたそうです。

その隣の部屋には、その作家達の師匠であるA作家がいて、
その悪口が、耳に入ってきたのです。

その師匠は、それを聞いて、隣の部屋に入って行き、
「悪い所ばかり、言っているが、それだけでは、
一面しか、みてないのではないか。」と、たしなめたそうです。

これは、たしなめられた作家が、
師であるAについての回想記で、書いたものをもとにしての
概略です。

このようなこと、僕にもよくあります。
こうなると、思考停止になり、自分の発展がなくなりますね。

うちの夫は、ダメ、などというのは、
この部類に入るでしょうね。

でも、人間、ぐちをこぼして元気になることもありますから、
時には、それも必要でしょう。

しかし、そこに、はまり込まないで、
抜け出すことだけは、しないとダメになってしまいますね。



では、このようなことは、どうして起こるのでしょうか。
その事を考えて見たいと思っています。
ご一緒にお考えになっていただけますと、うれしいです。



こんな話があります。

母「うちの子は、野菜が、嫌いなのですよ。」

先生「でも、学校では、人参、食べていますし、トマトが出ると
   残ったものを、欲しいと言って来るのですよ。」

母「ソウでしたね。人参、トマトは、好きでしたよ。前から・・・。」

先生「じゃあ、野菜が嫌いとは、言えないのではないでしょうか?

母 「そうですね・・・・・・・・・。」

これは、野菜(上位語)と

人参・トマト・・・(下位語

区別の意識が曖昧の為に、起こっているのですよね。

このようなことをしますと、思考停止して、発展がなくなりますね。

ですから、上位語と下位語の関係を、意識して、使い、生きていく習慣を
付けたいですね。


その為にも、国語科で、学年の応じたこの教育をしていきたいですね。

そのための学習問題をいくつか、下記に出してみますね。


上位語・下位語




上位語・下位語(2・下)


このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
本日、教育ブログランキング・3位になりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ







最終更新日  2007.07.30 19:57:11
コメント(14) | コメントを書く
2007.07.29
コトバ遊びのついでに、慣用句のことにも触れておくと、
生きた表現ができるようになりますね。

このようなことに触れておきますと、
意識して、本を読んだり、人の話を聞いたりするようないなります。

そして、その慣用句を身に付け、
効果的なコトバの使い方が出来るようになるのですね。

先ず、下の画像をご覧下さい。



慣用句(2)

ここは、慣用句についての説明ですね。



慣用句

慣用句のいくつかの問題ですね。
これらは、なぞなぞのようにして、
遊びのような気持ちしても良いですね。




本日は、参議院議員選挙の投票日ですね。
歴史的な選挙だと思います。

僕にとっては、孫が戦争にひっぱあれれるかどうかが、
かかっている選挙のような気がします。

これから、投票をして、夏の研究会の準備に出かけます。

そのため、皆様のブログへに訪問と返信が、
帰宅してからになると思います。
よろしくお願い致します。

このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
本日、教育ブログランキング・3位になりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ


次のような会もあります。どうぞ、お気軽に
ご参加下さい。
page002.jpg






最終更新日  2007.07.30 19:18:11
コメント(15) | コメントを書く
2007.07.28
反対語遊び、人気があるのに驚いています。
これをする中で、コトバを獲得しますから、こんな良いことはないですね。

実は、このような言葉を取り立てて指導することは、
僕等の研究会の主張の重点の一つでした。

それまでは、教科書に出てきた言葉を教えるという
出たとこ指導』でした。
そうではなくて、大切な言葉は、取り立てて指導すべきであるというものでした。


その為に下記の例の端に書いてあるような副読本を作成し、
指導をしてきました。
これには、僕も、執筆・編集に後から、参加しました。


下の画像は、昨日、僕がブログで書いた孫達です。
このような子達と、この反対語遊びやるとたのしいでしょうね。
2007-07-28 07:11:15

来る前に、シラス・卵を混ぜて揚げた天ぷらを食べたい
というリクエストがあったので、
おばあちゃんが、揚げておいてくれました。

おばあちゃんは、朗読の指導に行って、いませんでした。

天ぷらを「そうめんで食いたい」と
「うどんで食いたい」に分かれたので、
おじいちゃん(僕)の意見を入れて、そうめんにしました。

つゆは、僕が、飛び魚の煮干を使って作ったら、
感心していました。
いつも、市販のを利用しているのでしょうか。





さて、反対語と類義語の遊び例です。



反対語

乗車の反対は、下車でも良いですよね。

(1)秘密の反対派、公開ですね。赤城さんは、領収書を公開すれば
   済んでしまうのにね。



(2)出席の反対は、欠席ですね。
    研究会に出ると、自分だけで学ぶ10倍収穫が、ありますね。

(3)は、問題がふさわいくないので、削除しました。
   良いと思っても、良くないのがあるのですよ。

(4)の答えは、退歩ですね。
   人間、進歩か、退歩ですね。

(5)の答えは、解散ですね。参議院選挙、
  結果のよっては、国会の解散もあるとか、出ていますね。





次は、類義語です。

反対・対立があれば、共通・類似があるのが、
世の中ですね。

言葉の世界もそのようですね。
この視点でコトバを見て行くと、読解力・論理的思考力
つける上で、役に立つのではないでしょうか。

類義語の定義と例
私の類義語は、わたし・あたし・わし・おれ・僕・・・・・・・たくさんありますね。
これを、その文脈に応じて、使い分けているのですね。
これは、名詞の類義語ですね。



類義のの例(2)
2は、動詞の類義語ですね。

続きます。


参議院議員選挙は、このような教育活動の自由を保障するか、
制限するか、その制度を決定する議員を選らぶものですよね。

教育活動のおいては、この自由が何といっても、大切ですよね。
それが、最近、制限されてきていように感じます。

その自由を保障する為の議員を選出したいです。

このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
本日、教育ブログランキング・1位になりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ


次のような会もあります。どうぞ、お気軽に
ご参加下さい。
page002.jpg






最終更新日  2007.07.28 08:43:33
コメント(10) | コメントを書く
2007.07.27
ブログを書いていて、どのコトバにするか、迷った事はありませんか。

小一の孫が来て、
「お母さんが、『この地図の通り行けば、いいのよ』。
言ったので、地図の通りに来たら、これた。」

「だけど、その地図で、わからに事があったので、その事を
言ったら、分かるように話してくれた。」

と、始めて、自分等だけでおじいちゃんち(今日さん)に来た事を話しました。

小さい子は、「言う」で、たずねる・聞く・しゃべる・語る・叫ぶ・・・・・・・
などを区別して使うべき時に、代用してしまいますね。

この2番目の「言ったら」は、「聞いたら」ですよね。

これは、類義語でないかも知れませんが、このようなことは、文章を書いていて
時々ありますよね。

それは、類義語が、あるからですね。



ちょっと、外れますが、
昨日は、反対語について、一緒にお考え戴きましたが、
この類義語について考える時、反対語を持ち出すと、分かりやすいですね。

例えば、

「ほんとう」に対して、「ただしい」・「真実」・「真理」があります。

そして、「ほんとう」に対しては、「うそ」という対立語がありますね。
「うそ」は、「虚偽」ともいえますね。

ここで、真理・真実・・・・・虚偽は、
対立関係のコトバとして、
整理して、学習できる訳ですね。


論理的思考力の低下、これは、正確に物事をとらえることの
力の低下でもあるのですね。

正確に物事をとらえるということは、正確なコトバを
当てはめて、使う
と言う事ではないでしょうか。
その事を、モウパッサンは、次のように言っていますよ。

われわれの言おうとする事が何であろうと、それを表すには、
一語しかない。
」と。

このようなわけで、反対のコトバ・似ているコトバ(類義語)に
目をつけ、コトバの意味の正しさに関心を持つことは、
大切では、ないでしょうか。

その意味で反対語の遊び、
似ている言葉の遊び、
この夏、ご家族で、以下かでしょうか。
すでに、夏休みの宿題にしてる学校もあるのですね。

ご紹介させて戴きます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・

Re:「始発の反対語は?」参議院選挙(07/26) ちいちゃん0156さん

小学3年生の息子の夏休みの宿題に
「反対語・似ている言葉」を書くという問題があり、
昨日それを一緒にやったばかりです。

「近づける」の反対は「遠ざけるor離す」とか、
「ひたい」の類似語は「おでこ」とか・・・

ゲーム感覚で楽しいようでした。

始発の反対語は終電かと思っていました。
なるほど終発なんですね。
勉強になりました。(2007.07.26 13:47:47)

    ・・・・・・・・・・・・・・


なお、類義語については、『義語辞典』が出て、います。
僕は、『類語辞典』(広田栄太郎・鈴木・東京堂出版)を使っています。


このブログ、ご賛同の方は、応援クリックして下さると、うれしいです。
本日、教育ブログランキング・1位になりました。

皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。
応援クリックは、下のマークです。1日1回、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ


次のような会もあります。どうぞ、お気軽に
ご参加下さい。
page002.jpg






最終更新日  2007.07.27 23:26:38
コメント(13) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.