537207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ウンとかスンとか mamatamの日記

PR

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

楽天プロフィール


mamatamさん

理屈っぽくて情にもろい下町のオバサン。座右銘は「自分も大切」

フォローする

お気に入りブログ

--< 風 >--日本の車… New! いわどん0193さん

タッパウエアの鉄鍋… New! にととらさん

串本大島 New! トンカツ1188さん

ニョッキ作り失敗の… New! 投資部長2さん

確定申告は酷定深刻… New! naomin0203さん

11、12、13…。 New! issei666さん

間宮林蔵(その6) 間… New! MoMo太郎009さん

風邪長引いてます(>_… New! okadaiマミーさん

ルールは守って - … New! kopanda06さん

『相棒』を観てきま… New! まる 2005さん

コメント新着

naomin0203@ Re:江戸っこだってねぇ その2 ヒが言えない人々(02/22) New! わああ、おもしろくって一気に読んじゃい…
トンカツ1188@ Re:江戸っこだってねぇ その2 ヒが言えない人々(02/22) New! こんばんは 結構 面白いですね 歴史の…
まる 2005@ Re:江戸っこだってねぇ その2 ヒが言えない人々(02/22) New! こんばんは(^^) うふふふ。 ママタム…
いわどん0193@ Re:江戸っこだってねぇ その2 ヒが言えない人々(02/22) New! >そのお店が「白川電気」だったのか「平…
wakko-chan@ Re:江戸っこだってねぇ その2 ヒが言えない人々(02/22) New! わ〜面白い!しかも、mamatam‐sanが「江戸…
にととら@ Re:江戸っ子だってねぇ。。。言葉って面白くて難しい(02/21) New! 西武線の、江古田と 大江戸線の、新江古田…
naomin0203@ Re:江戸っ子だってねぇ。。。言葉って面白くて難しい(02/21) うんうん、私は旧姓「高田」でした。 タカ…
issei666@ Re:江戸っ子だってねぇ。。。言葉って面白くて難しい(02/21) こんばんは。 物が駄目になる・使い物に…
2017.02.22
XML
カテゴリ:あの頃
近頃は下町の人でも、「ひ」が言えない人はあまりいませんが、わたしが子どもの頃は、そんな人が身の周りにゴロゴロしていました。
「しゃく円だまぁしろった(百円玉を拾った)」りするのは日常茶飯事、
でもありませんね。あの頃100円は結構な金額でしたから。
拾ったのが子どもだったりすると、交番に届けなかったら、お巡りさんに捕まるんじゃないかと、本気で怯えたような気がします。
男の子たちは、お水などが冷たいと、冷やっこい⇒しゃっこいと言い、水道のお水を掛け合って「しゃっけぇ!」なんて叫んでましたっけ。
そういう子どもが大人になったわけですから、大人の人たちもご同様でした。
父の同僚の広田さんを、会社の人たちは「しろさん」と呼んでいましたし、ご近所のひでこちゃんは、「しでこ」「しでちゃん」でした。
ひでちゃんち(=ひでちゃんのうち、これも東京方言かも)は農家で、おばあちゃんがいました。
このおばあちゃんの言葉がまた、ひときわ異彩を放っていて、ひでちゃんのことも、普段は「しでこ」と呼んでいましたが、たまに「うちのしであま」と言っていました。
イントネーションがまた独特で、わたしには再現できませんが、今にして思うと、あれは東京弁というより、さらにもう1ランクディープな「葛西弁」だったのかも知れません。
葛西弁は、発音は、東京弁とさほど違わないんですが、アクセントやイントネーションが独特で、世界で一番有名なネズミさんが生息する街の隣町、葛西地区で主に使われていました。
なので、お隣には浦安弁、さらにその東側には行徳弁っていうのもあったそうで、こうなると、ハナシがディープすぎて、話すどころか、母語としてない人間には聞き分けることもできませんが。
この頃の家の近くに電気屋さんがあって、「しらかわでんき」さん。
小学校に入学後引っ越して、数年前、その辺りを通りがかったら、そこにはそのお店はもうありませんでした。
なので、そのお店が「白川電気」だったのか「平川電気」だったのかは、わからずじまいです。

高校生になって遊びに行った友達の家で、友達が隣に住む3つ年下の従妹を「しろちゃん」と紹介してくれたこともありました。
漢字で書くと「弘美」ちゃんだそうでした。
友達のうちの小父さんもアサシヒンブンのクチでしたから、親戚うちでは弘美ちゃんはシロミちゃんだったのでしょう。
そう言えば、子どもの頃借家に住んでいて、その大家さんちのお兄さんは、「しろしちゃん」でしたっけ。

一音だけでもこの騒ぎですから、「ひ」と「し」が混在していると、もっと妙なことが起こります。
例えば「潮干狩り」は、素直に行けば「しおしがり」ですが、どういうわけかこんがらかって「ひおしがり」。「ひよしがり」という人もいました。
朝日新聞は「あさっしんぶん」か良くて「あさししんぶん」、緊張するとこんがらかって「あさしひんぶん」。
近くのお宮、白髭神社は、「げじんじゃ」でしたし、表彰状とちゃんと言えるのは、学校の先生とか、少数派でした。
消費者とか、東広島なんて言葉を発音するのは、はなから無理という人がほとんどだったと思います。
「ひしもち」も鬼門だったでしょうね。
わたし自身、子どものころは、あの菱形のお餅をちゃんと目にしていながら、耳から入ってくる音に引かれて「獅子餅」だと思っていました。
国語の教科書に「ひしひしと」なんて言葉が出てきたひにはもう大変。
音読を当てられた子は、顔を真っ赤にして一生懸命読むのですが、何度読み直しても「しししし、しししし」になってしまい、周りは、自分が当たらなかった安心感も手伝って、クスクス、ゲラゲラ、「なんだよ、シーシー言って!」なんて茶化す子もいて、そのうち大爆笑でした。

そう言えば、父は、シュ、ジュの発音も苦手でした。
手術なんて絶対言えませんでした。
なんて言ってたか?
わたしの耳にはシリツと聞こえていました。
新宿はシンジクに聞こえましたし、数珠はズズ、おジズでしたね。
子どもの世界だと、塾は「じく」で、「そろばんじく」に通いました。
授業時間のことを「じぎょうちゅう」といっていました。
でも、週刊誌とか、柔道は大丈夫でした。
のばす音なら言えたのですね。

大人も子どももそろって舌の回ってなかったあの頃。。。
そんな父も、老境に入ったころには、七味くらいは言えるようになっていました。
ふろう閑人さんのひらがなの駅名表示のように、ラベルに書きこまれていたり、またテレビの影響もあったかもしれません。
わたしもほとんど忘れていました。
お友達のブログのおかげで、いろいろ楽しいことを思い出させていただき、ついだらだらと書いてしまいましたが、懐かしかったです。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017.02.22 14:11:33
コメント(5) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.