000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

こちらは 映画や小説などの感想文(レビュー)です。

全6件 (6件中 1-6件目)

1

台湾国が好き

2010.10.26
XML
カテゴリ:台湾国が好き
先日、東京でこんな事件があったそうです。

中国圧力 ビビアン涙 東京国際映画祭ボイコット「名称を中国台湾に」2010/10/26サンケイ エクスプレス
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/455518/
及び、
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/455467/


歴史的にみると台湾の立場は流動的で、ほとんどの期間で独立は為されなかったのです。日本もその昔に植民地にしました。

ところで中国は多くの民族と土地を属国化しています。今の国際社会では植民地なんて認められませんから自治国としています。自治国と言うくらいですから国なのですが、政策は中国の注文に賛同しなくてはなりません。中国が行っている共産主義は政治方針である以上に精神論でもあるのです。だから共産主義を好まない民族が居ても不思議ではないのですが、中国は自治国に対してそれを強制します。チベット人の方達は、ダライ・ラマが宗教上の長であると共に政治的にも元首です。ですから、そのノーベル平和賞受賞者であるダライ・ラマ14世様を認めない中国をチベット人が拒絶するのは当然です。政治色以上に宗教色となると武力と暴力では統制出来ないのが人間です。

台湾は市場が良い事もあって、今では多くの中国人が住民となっています。日中戦争の前後にも大陸からリーダーが移住しましたしね。ですから今の台湾には中国になびく人が少なくないのです。巨大市場である中国と上手くやった方が台湾としても得だと考える台湾人も居るでしょう。
日本人である僕は門外漢なのですが、以前から台湾には独立してもらいたいと思っていました。その理由は、今回の東京国際映画祭でのヤクザな事件に表れています。思想の自由を侵しているのです。そういう事になるから中国に取り組まれるのを拒否して独立国に成りなさいと主張しています。
我々日本のような自由主義国は思想の自由を認めています。自由主義を否定する共産主義の存在も色々な宗教性も認める社会です。自分のでなく、他人の思想の自由を認める思想が本当の自由主義ではないかと感じます。

東京国際映画祭の主催者は、中国に対してペナルティーを与えられるでしょうか。オリンピックやワールドカップなどのスポーツの場で入場行進の時に「一緒に反日しよう 」としたら大事件で制裁です。
最新のノーベル平和賞を劉暁波氏に与えられたノルウェーのように、誠意ある判断を願いたいところです。特に今回は、台湾人という他国民が被害者なので忍耐とか言っている場合ではありません。

以前にも大変にお世話になった台湾に恥をかかせないようしたいものです。


横尾けいすけ Yokoo Keisuke
mail to cayman450s@yahoo.co.jp






最終更新日  2010.10.26 23:16:28
コメント(2) | コメントを書く
2008.03.17
カテゴリ:台湾国が好き
日本と時差が一時間しかないという近隣の国“チベット自治区”では騒乱が起こっている。
近隣の国なのに“自治区”と表記されるのは、チベットが中国によって進駐されているからだ。

中国共産党が他民族を侵略しているのは珍しくない。
一世紀前に諸国が行っていた植民地政策と、自治区は似ている。
それもそのはずだ。おんなじなのだ。

日本だって70年程前は他国の言葉を日本語にしたり、宗教革命させたりしてきた。
それは多くの国がしてきたことだ。
でも、そういう心の侵略は間違っていると世界が認識し、無理があると悟った。
1945年のことだ。
おかげさまで沖縄や日本は、日本語と宗教を失わずに済んだ。
天皇も裁かれず、“戦犯者”の絞首刑という尻尾切りで歴史をまとめた。
そして我々日本人は平和な主権を確保している。

しかし、チベットや台湾は、ずーっと進駐され続けている。

文化は侵されることはない。


それが結論されるかもしれない。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@keisuke.name






最終更新日  2008.03.18 00:27:35
コメント(1) | コメントを書く
2008.01.17
カテゴリ:台湾国が好き
地球儀で日本を探してみよう。
日本はとても小さな国なので、色分けしていない地球儀では容易に見つからない。
色分けしていない地球儀でも日本をすぐに見つけられる人は日本の周りの地理を知っている人だ。
つまり、アジアの東側の大きな国「中国」を見つけることで日本国を見つける手立てとしている。
そのくらい、日本は小さな島国なのだ。

日本の子供にも自国の位置をすぐに発見してもらおうと、子供向けの地球儀には分かりやすく国別に色分けしてある。
そして、日本国だけが赤という一番目立つ色で表記している。
そして、その赤い島々には「日本」と表記してある。

こんなことは当たり前だと思うだろう。

しかし、外国に行ったら、こんな分かりやすい地球儀は存在しない。
日本を赤で色付けしてくれる国は皆無である。

もし、あなたが外国の文具屋で地球儀を見て、
日本の形があまりにも違っていたり、
日本の位置が著しく間違っていたり、
よしんば、日本が記載されていなかったり(泣!)したら、
これは大問題なので、領事館に言いつけよう。

1月9日、学習機材の大手、学研は上記以上に重大な失態をしてしまったのだ。
つまり、そのグループ会社、学研トイズが製作した音声付地球儀は
台湾国を台湾島と明記してしまい、同時に中華人民共和国と同色にしてしまい、日本で発売したのだ。
これでは、まるで、台湾国が中国のひとつの島であるようだ。

この地球儀を台湾国の人が見たらどう思うだろうか。
あなたが外国で見た地球儀の日本が、中国と同じ色で、Japanと表記が無く、北海道島・本州島・四国島・九州島と表記されていたら、
どう思うだろうか。
「なんとも思いません。」と言う日本人は精神的に問題があると思ったほうがよい。
まるで日本が中国の一部であるかのような表記に不快感を覚えるのが常人であろう。

学研の失態はこれと同じだ。

結局、一週間後の本日、学研は子会社の学研トイズを解散する事とした。
クレームが後を絶たなかったためという。

この一連の事態はテレビでは全くといってよいほど報道されなかった。
台湾ネタはテレビでは流行っていないようだ。
しかし、テレビで報道されない重大なスキャンダルがあることを認識しなくてはならない。
だから、新聞が今でも重要なのだ。

教材大手の学研は子会社解散で反省の意を表したようだが、この決断は失態である。
学研首脳陣のすべき英断は、台湾国に対する謝罪であるべきであった。

さよなら、学研。

さて、他社の地球儀はどうかと、先日、東急ハンズで調べてみた。
台湾島との表記は無かったが、そろって大問題を見つけた。
どれもこれもが、台湾の色分けは中国と同色だったのだ。

学研だけでなく、みんな落第!
(台湾の正しい色分けは、白である。なぜなら日本政府が認めていない国家は白にすると周知されている。台湾“国”と言っているのは横尾けいすけであって、日本政府はどっちつかずの立場でぼかしている。)

一連の記事↓
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080117/trd0801172121010-n1.htm



博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@keisuke.name








最終更新日  2008.01.18 00:23:24
コメント(4) | コメントを書く
2008.01.10
カテゴリ:台湾国が好き
皆様は今年の抱負を決めたであろうか。
わたくしは昨年度末より2,008年の抱負を決めている。
2,008年というより、生涯賭けての目的を決めた。

それは、台湾国の正式成立である。

台湾は不遇にも多くの国家から侵略・占領・植民地化されてきた。
日本も見方からすればそれをしてきた。
しかし、多くの台湾人は当時から日本に感謝し、そして今、協力を求めている。
・ ・・協力をもとめている。
それは、日本が大東亜戦争で負けてしまったために、ドサクサにまぎれて中国が自国化を謀ったのだ。
そして今も中華人民共和国という共産主義国の干渉は続く。

私は共産主義を否定する。
なぜなら、すべての共産主義は崩壊しているから。
机上の理論だったのだ。

台湾は今こそ、独立国家であるべきだ。いや、独立国家でなくてはならない。

あの大東亜戦争の頃、どれだけの借りが日本にあっただろうか。
いくら感謝しても足りない位の協力を台湾からは頂けた。

わたくしが、そして貴方が、日本人としての仁義を少しでも持っている日本人ならば、
世話になった、台湾を援護しよう。

私、横尾けいすけは、生涯の事業として、台湾国成立を応援する。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
yokoo@keisuke.name







最終更新日  2008.01.10 23:26:47
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.12
カテゴリ:台湾国が好き
日本の現代史教育は周知のとおりいい加減である。
その理由は大東亜戦争の責任とか保障とか謝罪とかが絡むからだ。
お陰で多くの日本人の若者が中華民国(台湾国)について理解に乏しい。
王貞治さん陽菲菲さんインリン・オブ・ジョイトイさんビビアン・スーさんが中華民国(台湾)の血筋なのは知っていても、中華人民共和国と中華民国(台湾)との関係に関してよく知らない。

とても簡単にいうと、台湾諸島に住んでいる人の多くは中国の血筋だが中華人民共和国には成りたくないのだ。中華民国という一国家に成りたいのだ。
事の流れで、日本を含めた多くの国家は中華人民共和国一本やりでまとめてしまっているが、これは全く間違っている。
そこに住んでいる人は中華人民共和国人に成りたくないと言っているのだから中華人民共和国人ではないのである。
かつて、日本国は統治として台湾諸島を国土とした。
アメリカに負け、取り上げられるまで永い付き合いだった。
近年も産業・観光と仲が良いのだが、“戦争責任”という天命があるのならば、我々日本人は今こそ中華民国(台湾)を応援すべきだろう。
中華民国(台湾)は国家として認められていないため大使館は無いのだが台北駐日経済文化代表処というのがあった。その紹介文が全てを語る。


わたくしは生涯を通じて全うすべき事項、つまり天命として、「中華民国の国家認定支持」を成し遂げる。
何十年かけても、この南国の地を一国家にせしめよう。
それこそが、我々日本人の戦争責任なのだ。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
cayman450s@yahoo.co.jp







最終更新日  2007.06.13 00:12:25
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.08
カテゴリ:台湾国が好き
わたくしは不覚にも李登輝(りとうき)前台湾国総統(84)が5月30日より来日されていることに気付かなかった。失礼極まりない。
なぜ、確認できなかったかというと、マスコミが彼の靖国神社参拝を6月7日に実施されるまで報じなかったためだ。
現在の日本の記者は余りにも幼稚で、何が重要な出来事かわかっていない。
李登輝氏が何故日本を訪問するのかを考えていない。
彼は中国に対する独立アピールを暗に秘めて日本を選んで来日されているのだ。

台湾は永い歴史の大半で他国より統治されている。
オランダ、中国、日本などだ。
日本は大東亜戦争が始まるずっと前から大東亜共栄圏として統治した。
長期間の日本語教育が行われたため、台湾の高齢者には日本語を流暢に話せる方が少なくない。
戦争が起こると日本人として戦地に行った。
こういう悲劇な歴史を中国と韓国は怨みとして忘れないが、多くの台湾国民は現在も親日である。
事の事実はその人の人格によって変わるものなのだろう。
親愛な台湾の民族は人間性に優れ、愛と仁義を忘れず、おバカな中華思想など無い。
自分や自国が頂点で、他国の人間は身分が低いなどという非科学的な妄想にどっぷり浸かっている韓国・中国と、人間性あふれる台湾国国民とは、ヒトとサルほどの違いがあるかもしれない。


博学研究家 横尾けいすけ Yokoo・D.B.Keisuke
cayman450s@yahoo.co.jp







最終更新日  2007.06.09 00:09:48
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

サイド自由欄

s262609_185459404964715_882752542_n.JPG

フリーページ

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.