1083080 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

続々 ゆったりロード・南浅川 散歩

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

動物たち

2020年11月17日
XML
カテゴリ:動物たち
 朝6時 快晴、気温7℃。出がけ時7℃。戻り時10℃。

 今朝も5時の空は星空。きょうも快晴。いつまで続く。

 06:10発~07:50戻りで歩いてきました。
 
 06:21、南浅川に出ると横川橋の下にダイサギとアオアサギ、それとカルガモがいました。(1200mm相当 f5.9 1/30秒)

 
 06:25、画像補正してもシルエットのカワラヒワ。

 
 06:27、水無瀬橋の下流側にカワセミ。(2400mm相当 f5.9 1/80秒)

 
 06:49、高尾山観測ポイント横側の堰にカワセミ。

 
 06:56、ハクセキレイ。

 
 07:04、セグロセキレイ。

 
 07:26、鶴巻橋から見下ろして浅川のダイサギ。

 
 07:31、市役所駐車場のカワラヒワ。

 
 07:35、モズ。

 
 07:37、横川橋の下流側にカワセミ。

 
 07:44、手袋の網目で見難くなってしまいました。暖かな陽気で雪は降りませんが、ユキムシ。 

 
 ユキムシはネットに「▽トドノネオオワタムシ(ユキムシ、雪虫)。▽カメムシ目、アブラムシ科。▽体長:最大で4mm程度。▽分布:北海道~本州、シベリア。▽特徴:北海道、東北地方を中心に、11月~12月頃空中を漂う姿が見られ、まるで雪が舞っている様に見えることから、雪虫(ゆきむし)の愛称で知られます。 飛ぶ力は非常に弱く、風になびいて流れるので、なおさらに雪を思わせます。 オスには口が無く、寿命は一週間ほどで、メスも卵を産むと死んでしまいます。 熱に弱く、人間の体温でも弱るという、非常に繊細な生き物です。 トドノネオオワタムシは2回有翅虫を生じ、空中を移動することになります。この有翅虫は体表に炭化水素などを成分とする糸状の蝋物質を多量に分泌し、まるで綿に包まれたような姿をしています。 初夏のヤチダモからトドマツへの移動はあまり密度が高くないこともあって目立ちませんが、晩秋のトドマツからヤチダモへの移動は群飛と言えるほどの密度となり、あたかも雪が舞っているように見えること、さらに北海道ではこの群飛が見られると間もなく初雪が降ることから雪虫と呼ばれ、親しまれています。 この移動は温帯のアブラムシでは宿主となる植物は違っていても多くの種で見られる基本的な生活史のパターンで、同じワタアブラムシ類をはじめ、数多くの種類のアブラムシで同様の群飛を見ることができます。しかし日常生活では意識されることは少なく、北海道のトドノネオオワタムシのように人々に親しまれているアブラムシは他に例を見ません。 雪虫という呼び方は主に北国での呼び名で、他に、綿虫、オオワタ、シーラッコ、シロコババ、オナツコジョロ、オユキコジョロ、ユキンコ、しろばんば、といった俗称があります。」とありました。 ​

 
 07:48、城山川のコガモ。

 
 今朝のGPSウォッチ。

 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい、最北の稚内駅で折り返してくることでカウントです。
 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して7月24日に宗谷本線の旭川駅を通過、9月15日に函館本線の新函館北斗駅を通過、10月5日に北海道新幹線の新青森駅を通過し南下
  東北新幹線上り、宮城県栗原市・くりこま高原駅に向けて走行中。(写真はウィキペディアから借用)

 06:21の南浅川流量(横川橋から)
 

 06:50の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)
 

 07:25の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)
 

*朝の散歩
 本日の歩数:   11、400(端数切捨て)(シッカリ11370)
 今月の歩数:  170、300(1日から  109km)
 今年の歩数:4、116、000(元日から2634km)
 対向者(散歩又は健康走): 54(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  2
 今年の劇場映画鑑賞本数: 32
 アマチュア無線QSO :AQT,GPT,FNB,DVNさんと
             9.66八王子レピータで






最終更新日  2020年11月17日 11時34分21秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年08月26日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 晴れ、気温24℃。出がけ時24℃。戻り時28℃。

 よく晴れ上がった朝。快晴か。早くからギラギラ暑い。

 眠りが浅くて何度も起き出す夜が続く。だから南浅川をさかのぼる(ほどの坂道ではないが)?ウォーキングの息がくるしい。

 06:10発~08:25戻りで歩いてきました。戻るとぐったり動けない。熱中症かも。

 
 06:18、アパート敷地内の広場にはケヤキとソメイと。そのためか蝉の声が夜まで賑やか。

 クマゼミは木の高いところで鳴くのでなかなかお目にかかれない。それかと思ったらどこでも見られるミンミンゼミ。目が衰えたな~。

 
 06:28、交通標識に絡まるマルバルコウソウ。小さい花だけれどあざやかな赤。


 
 06:42、野鳥に遭えないと焦って撮るセグロセキレイ。


 
 07:08、今朝の西側折り返し点。


 
 07:34、睦橋があったあたりまで戻るとカワセミ。


 
 08:07、ダイサギ。


 
 08:08、ハクかと思ったのにまたセグロセキレイ。


 
 08:19、城山川は大形のスッポン。


 
 今朝のGPSウォッチ。


 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい、最北の稚内駅で折り返してくることでカウントです。

 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して7月24日に宗谷本線の旭川駅を通過し南下
 函館本線上りの北海道蘭越町・目名駅を通過、次の駅は遠い。(写真はウィキペディアから借用)

 06:26の南浅川流量(横川橋から)

 

 06:55の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)

 

 07:59の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)

 

*朝の散歩

 本日の歩数:   14、200(端数切捨て)(シッカリ13877)
 今月の歩数:  347、000(1日から 222km)
 今年の歩数:3、228、000(元日から2066km)
 対向者(散歩又は健康走):108(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  0
 今年の劇場映画鑑賞本数: 23
 アマチュア無線QSO :AQT,GPTさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2020年08月26日 12時04分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月16日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 晴れ、気温27℃。出がけ時27℃。戻り時32℃

 熱帯夜-猛暑日-熱帯夜とひどい暑さが続く。夕べは窓を開けたままクーラーをつけ、一眠りして0時過ぎに目が覚めたのでクーラーを止める方法とした。クーラーつけっぱなしより眠れた感じ。


 孫殿はご近所にキャンプに誘われて、きょうも朝から楽しみにしている

 06:10発~08:45戻りで歩いてきました。8時を過ぎると灼熱地獄。
 
 06:39、ヒマラヤスギにダイサギ。


 
 07:16、今朝の西側折り返し点。


 
 07:18、セグロセキレイ。


 
 07:32、「ツクツクボウシ」という秋の雰囲気のセミの鳴き声で足を止める。 


 
 蝉はニイニイから始まって、ヒグラシ(カナカナ)、アブラ、ミンミン、クマ(ヤマナラシ)と来て最後にツクツクボウシ。子どもの頃のセミ捕りはクマまでで、あの頃の福島ではツクツクボウシは見ませんでした。ですから八クマ4にとっては珍しいセミ。


 
 ツクツクボウシはネットに「▽カメムシ目、頸吻亜目、セミ科、セミ亜科。▽大きさ:(翅端まで)40~47mm。▽時期:7~10月。▽分布:北海道、本州、四国、九州。▽細身で黒っぽく、緑色の斑紋があるセミ。・姿よりも『オーシィ、ツクツク、オーシィ~』という鳴き声で有名。都市周辺でも普通に見られる。・人の気配に敏感なので、どこにもいるわりには姿を見ることは少ない。・夏の終わり頃に個体数が増えて鳴き声が目立つようになるので、秋を告げるセミとされる。」とありました。​


 
 07:52、アオサギ。


 
 08:02、スッポン。


 
 08:05、ダイサギはヒマラヤスギから水無瀬橋近くに移動していた。


 
 そのダイサギ。


 
 08:16、南浅川最下流の魚道にカワセミ。


 
 今朝のGPSウォッチ。


 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい、最北の稚内駅で折り返してくることでカウントです。

 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して7月24日に宗谷本線の旭川駅を通過し南下
   函館本線上りの北海道余市町・余市駅、仁木町・仁木駅を通過です。(写真はウィキペディアから借用)

 06:23の南浅川流量(横川橋から)

 

 06:54の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)

 

 08:23の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)

 

*朝の散歩

 本日の歩数:   16、400(端数切捨て)(シッカリ13937)
 今月の歩数:  219、700(1日から 141km)
 今年の歩数:3、100、700(元日から1984km)
 対向者(散歩又は健康走): 95(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  0
 今年の劇場映画鑑賞本数: 23
 アマチュア無線QSO :DVN,FNBさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2020年08月16日 16時47分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月14日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 晴れ、気温24℃。出がけ時24℃。戻り時29℃

 きのうも午後に雷雨少々。気温を下げるほどの雨量は無かった。なのでクーラーをつけっぱなしで寝たが、浅い眠りで何度起き出してウロウロしたことか。難しいことしの夏。


 06:10発~08:30戻りで歩いてきました。玄関で学童行きの孫殿と鉢合わせ。


 06:22、南浅川流量観測の横川橋魚道に若いハクセキレイ。


 
 07:08、今朝の西側折り返し点。


 
 07:44、ヒマラヤスギのダイサギ。


 
 07:51、例の大小のスッポン。表情だけ。春の模様。


 
 07:54、水無瀬橋の下から下流側にダイサギは見えなくて釣り人。


 
 08:21、若いセグロセキレイ。


 
 今朝のGPSウォッチ。


 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい、最北の稚内駅で折り返してくることでカウントです。

 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して7月24日に宗谷本線の旭川駅を通過し南下
   函館本線上りの北海道小樽市・南小樽駅、小樽駅を通過です。(写真はウィキペディアから借用)

 06:22の南浅川流量(横川橋から)

 

 06:50の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)

 

 08:09の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)



*朝の散歩

 本日の歩数:   15、400(端数切捨て)(シッカリ14243)
 今月の歩数:  187、100(1日から 120km)
 今年の歩数:3、068、100(元日から1964km)
 対向者(散歩又は健康走): 85(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  0
 今年の劇場映画鑑賞本数: 23
 アマチュア無線QSO :DVN,AQT,FNBさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2020年08月14日 13時40分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月11日

カテゴリ:動物たち
 朝6時 晴れ、気温26℃。出がけ時26℃。戻り時33℃

 きのうも猛暑日、夕べも熱帯夜だった。暑い昼と夜が続く。


 06:10発~08:30戻りで歩いてきました。

 
 06:25、横川橋と水無瀬橋の間は西側堤防を歩く。横川橋のすぐ上でカワセミ。


 
 07:09、陵南公園・じゃぶじゃぶ池横の通りにメスサワガニ。じゃぶじゃぶ池に戻してやったが、じゃぶじゃぶ池から南浅川に移動中だったのかな。だったら悪いことをしてしまった。


 
 07:10、西側折り返し点。


 
 07:48、五月橋の下流まで戻って来たら


 
 大小のスッポン。


 
 07:50、水無瀬橋対岸のスッポンが上に移動したのかと思ったのに、水無瀬橋すぐ上にスッポン。


 
 07:53、水無瀬橋すぐ下、きのうダイサギ、カワセミがいたところにもスッポン。


 
 08:01、セグロセキレイ。


 
 08:25、北浅川のメタセコイアの化石の近くに


 
 アオサギ。


 
 08:27、城山川には大形のスッポン。


 
 その近くは、ほんとはもっと頻繁に見るはずのアカミミガメ。


 
 今朝のGPSウォッチ。


 
 それから、きのう田舎の姉から桃が届いた。おいしく戴きましょう。


 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい、最北の稚内駅で折り返してくることでカウントです。

 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して7月24日に宗谷本線の旭川駅を通過し南下
    
 函館本線上りの北海道札幌市・琴似駅、発寒中央駅、発寒駅、稲積公園駅

  手稲駅を通過です。(写真はウィキペディアから借用)

 06:23の南浅川流量(横川橋下から)

 

 06:51の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)

 

 08:08の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)

 

*朝の散歩

 本日の歩数:   15、800(端数切捨て)(シッカリ14366)
 今月の歩数:  142、300(1日から  91km)
 今年の歩数:3、023、300(元日から1935km)
 対向者(散歩又は健康走): 83(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  0
 今年の劇場映画鑑賞本数: 23
 アマチュア無線QSO :FNB,AQT,DVNさんと9.66八王子レピータで
             IERさんと1.38仏果山レピータで






最終更新日  2020年08月11日 12時01分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月26日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 雨、気温22℃。出がけ時23℃。戻り時23℃

 日曜日の朝は中学校のグランドが使えるか使えないか気になる。きのうは雨量は多そうだったが夕方には雨が止んだ。神宮球場のヤクルト、巨人戦がTV中継されていた。朝まで雨が降らなければ中学のグランドコンディションは大丈夫だから・・・。夕べ見たきょうの天気予報は、曇天で最高気温30℃。

 0時に目覚めてベランダに出てみると雨は降っていない。2時に目覚めると小雨が降り出した音。3時半に目覚めても弱いままの雨。そして5時に起きて確認すると雨は止みそうで止んでいない。そこで草野球チームの朝練中止の連絡を回さなければとなります。遠いメンバーは青梅市の吉野梅郷。6時には出発するというから遅くなってはダメ。しかし朝早くから携帯の呼び出し音を鳴らすのも何だし・・・と5時半近くにかんたん携帯でメールを書き始めます。普通のメール、それからショートメールが何人か。年寄りだから20分もかかってしまいました。
 かっては朝練中止の朝、学校の門の所に立って待ってて、やって来たメンバーに「きょうは中止」と伝えていました。それと比べれば、この20分で済む便利さは「月とすっぽん」です。

 草野球チームの朝練中止の日曜日なので

 06:20発~08:50戻りで歩いてきました。雨は完全に止むと思って傘無しウォーキングシューズ。しかし10分も過ぎると、きのうとどっこいの雨になり、八クマ4が部屋に戻るまで止まない。
 
 06:55、増水にごり水とダイサギ。


 
 07:17、雨で暗いので陵南公園花壇の明るい黄色の花。


 
 その横に暗めだけれど


 
 ヤブラン。


 
 07:26、今朝の折り返し点。


 
 07:39、水溜まりの多いゆったりロードを避けて堤防上の車道を歩いていると足元にセミ。車にひかれて命を全うするのは気の毒なので、草むらに移してやる。


 
 07:53、高尾山観測ポイントからはゆったりロードを歩く。すると足元でこちらをにらみつけるサワガニ。いくらにらんでも自転車では気づけない。よく自転車にひかれてハサミを無くしたり潰れたりの姿を見る。それは可愛そうと川の中にドボンと返してやる。


 
 08:09、増水にごり水とカルガモと


 
 小さめのアオサギ。


 
 08:22、今朝の河川広場のアオサギは流れの手前の木に止まっていたので。


 
 08:34、河川広場のハクセキレイ。


 
 今朝のGPSウォッチ。


 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい、最北の稚内駅で折り返してくることでカウントです。

 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して東京に向かって
  函館本線の北海道深川市・納内駅付近です。(写真はウィキペディアから借用)

 06:33の南浅川流量(横川橋から)

 

 07:49の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)

 

 08:29の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=八王子市役所=から)

 

*朝の散歩

 本日の歩数:   16、600(端数切捨て)(シッカリ14794)
 今月の歩数:  283、600(1日から 182km)
 今年の歩数:2、825、000(元日から1808km)
 対向者(散歩又は健康走): 24(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  0
 今年の劇場映画鑑賞本数: 23
 アマチュア無線QSO :DVN,AQTさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2020年07月26日 16時43分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年06月20日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 晴れ、気温18℃。出がけ時18℃。戻り時24℃

 きのうは終日雨の寒い日だった。最高気温は20℃に届かなくて、今朝6時にはその値を超す。

 きょうは朝から青空が気持ちいい。ただ陽射しが強くて暑い。

 土曜日なので

 06:10発~08:30戻りで歩いてきました。
 
 06:19、路地の電線にカワラヒワ。


 
 06:21、南浅川流量観測の横川橋魚道のイワツバメ。


 
 07:07、折り返しの古道橋のセグロセキレイ。


 
 07:41、かなり大きくなったカルガモの子どもたち。今年はまだこの一家だけ。他のグループは見ていない。


 
 07:47、白い甲羅の亀が居たがアカミミガメ。


 
 08:14、アオサギ。


 
 08:25、城山川。老人ホーム前に久しぶりのスッポン。かっては何匹も見たもの。


 
​ ネットに「スッポン・別名キョクトウスッポン、チュウゴクスッポン、シナスッポンとも呼ばれています。・大韓民国、中華人民共和国、日本、台湾、ロシア、東南アジアなどに分布しています。・日本には本州以南に広く分布していますが、それらが自然分布なのかどうか不明な部分が多く、現在も研究が進められています。・甲長30cm~40cmが普通ですが、時折60cmに達する大型個体が発見されています。・雑食性で魚類や両生類、甲殻類などを捕食します。・スッポンの仲間は高度に水中生活に適応しており、水中での動きは非常に素早く、性質も攻撃的で大型個体に噛まれればひどい怪我を負う事もありますが、 普段は水底の砂や泥の中に潜っており、あまり人目につかない生活を送っているようです。それ故、野外でスッポンを見たことのある人は多くないようです。」とありました。​


 
 今朝のGPSウォッチ。


 今年の早朝ウォーキングの距離は、東京駅から北に向かい東北新幹線で新青森駅、北海道新幹線で新函館北斗駅、函館本線で旭川駅、宗谷本線で稚内駅と行って折り返すことでカウントします。

 元日に東京駅発、3月17日に東北新幹線の新青森駅を通過、3月31日に北海道新幹線の新函館北斗駅を通過、5月8日に函館本線の旭川駅を通過、6月1日に宗谷本線の終点の稚内駅到着。折り返して東京に向かって
  宗谷本線の北海道稚内市・抜海駅を通過です。(写真はウィキペディアから借用)

 06:21の南浅川流量(横川橋から)

 

 06:48の(6キロ先)高尾山頂(横山橋近くから)

 

 08:07の(60キロ先)富士山頂(鶴巻橋=市役所=から)

 

*朝の散歩*

 本日の歩数:   15、700(端数切捨て)(シッカリ14566)
 今月の歩数:  244、700(1日から 157km)
 今年の歩数:2、416、100(元日から1546km)
 対向者(散歩又は健康走): 95(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  0
 今年の劇場映画鑑賞本数: 23
 アマチュア無線QSO :AQT,DVNさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2020年06月20日 13時41分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月27日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 曇り、気温14℃。出がけ時15℃。戻り時17℃。

 日曜日の朝は天気が気になる。5時にベランダから空を見上げる。星がキラキラ。良い天気みたいでホットする。

 6時になるときょうも雲が出て来て、きょうは青空が見えなくなった。最近はこんな感じの朝だが、何故にすぐに青空が消えるのか。

 曇天の日曜日ですから7時~9時の草野球チームの朝練に出かけます。先週は福島行きで不参加、その前は雨で中止が続き、久しぶりになりました。

 きょうの参加者は10名。うち2名が早退。8人だと中学校のグランドで野球をやるには少なすぎ。気温も平年並みになってきて、汗ばむこともなく終わりました。
 11月に2チームから試合の申し込みです。勝ち負けよりもメンバーが揃えられるかが問題。

 きょうは歩いていないので、きのう撮った何の脈絡もない写真を

 
 近所の幼稚園の庭木が剪定された。庭師さんの腕の見せどころ。

 見ていて和む。芸術作品と思う。

 
 晩秋に目立つのはジョロウグモ。バックは南浅川橋。

​ ネットに「・体長:オス6~10mm、メス17~30mm。・分布:本州,四国,九州,南西諸島。・出現期:9~11月。・餌:昆虫。・造網性の大型のクモ。本種の大きなクモの巣は至る所で見られ、数が多い。本種の網は、コガネグモ科などの仲間と異なり、円網前後にバリアーという網が張られて3重になっている。オスは赤褐色で大変小さく、メスとかけ離れており別種のように見える。巣のある環境の違いで、餌の量が変わる為、餌となる虫が多い場所では大型化する。秋には木に止まり産卵している本種が見られる。同属の近縁種に最大50mmになり、時には小鳥でさえも捕食するという日本最大のオオジョロウグモがいる。」とあります。​

 
 陵南公園のトイレ横は香りの強いクチナシだ定番。その横に何の魅力も感じないハギ。


 
 毎日のように通過する自衛隊機。P-1哨戒機でしょう。


 
 たまたま通過の自衛隊機。C-130H輸送機かな。






最終更新日  2019年10月27日 14時26分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月28日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 晴れ、気温7℃。出がけ時7℃。戻り時9℃。

 5時、ベランダから空を見上げると真上に月。きょうも良い天気だっけ。
 6時10分発~7時50分で歩いてきました。
 
 6時43分、アオサギ。

 
 6時57分、きょうも東横山橋下のコガモ。

 
 6時59分、セグロと思って撮ったのにハクセキレイ。

 
 7時22分、鶴巻橋の上から遠くのダイサギ。

 
 7時26分、鶴巻橋の上から近くのダイサギ。

 
 7時32分、南浅川最下流魚道近くにカワセミ。

 
 7時47分、手袋に捕らえたユキムシ。この季節でなくとも見られますが、寒くなる頃のコイツをユキムシと呼びたい。

 今年も早朝ウォーキングの距離もJR線でカウント。
 元日に東京駅発、右回りに横須賀線で戸塚駅、東海道本線で富士駅、身延線で甲府駅、中央本線で高尾駅、中央線快速で東京駅に戻る路線を7~8周することとして
   
 7周目、中央線快速で東京駅を目指し、東京都新宿区・四ッ谷駅、千代田区・御茶ノ水駅を通過して、神田駅です。(写真はウィキペディアから借用)

 6時22分の南浅川流量(横川橋から)
 

 6時48分の(6キロ先の)高尾山頂(横山橋近くから)
 

 7時24分の(60キロ先の)富士山頂(鶴巻橋=市役所=から)
 

*朝の散歩*
 本日の歩数:   11、200(端数切捨て)(シッカリ11092)
 今月の歩数:  288、400(1日から 202km)
 今年の歩数:3、703、200(元日から2592km)
 対向者(散歩又は健康走): 44(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  8
 今年の劇場映画鑑賞本数: 87
 アマチュア無線QSO :DVN、FNBさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2018年11月28日 17時29分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月27日
カテゴリ:動物たち
 朝6時 曇り、気温23℃。出がけ時23℃。戻り時25℃。

 昨日の朝よりもまた一つ楽な暑さです。猛暑日も熱帯夜も解消。助かります。

 6時40分発~8時15分で歩いてきました。
 孫殿が出かけるちょっと前の8時11分、小学校メールで「水質が悪いので本日のプールは中止にします」と。孫殿はガッカリ。ただ遠い子たちは分からずに学校に来たようです。お気の毒に。
 
 6時53分、いつもの水無瀬橋アオサギ。

 
 7時4分、ハクセキレイ。

 
 7時29分、川の中に黒いかたまりがあったのでパチリ。水面反射ではっきりしないので画像補正したら雑魚が写っていました。
 南浅川ですからカワムツ​と思いますが、上の方に写った婚姻色の魚の近くにオイカワのような模様も。

 
 7時36分、水無瀬橋下流側のカワセミ。

 
 8時2分、セグロセキレイ。

 
 8時9分、カルガモが堰の下から上に飛び上がろうと。

 今年も早朝ウォーキングの距離もJR線でカウント。
 元日に東京駅発、右回りに横須賀線で戸塚駅、東海道本線で富士駅、身延線で甲府駅、中央本線で高尾駅、中央線快速で東京駅に戻る路線を7~8周することとして
   
 5周目、身延線で山梨県の甲府駅を目指して、山梨県身延町・塩之沢駅、波高島駅を通過して下部温泉駅です。(写真はウィキペディアから借用)

 6時46分の南浅川流量(横川橋から)渇水
 

 7時14分(6キロ先の)高尾山頂(横山橋近くから)
 

 7時51分の(60キロ先の)富士山頂(鶴巻橋=市役所=から)見えません
 

*朝の散歩*
 本日の歩数:   11、200(端数切捨て)(シッカリ11117)
 今月の歩数:  271、800(1日から 190km)
 今年の歩数:2、402、300(元日から1682km)
 対向者(散歩又は健康走): 42(横川橋~横山橋間往復4キロ間)
 今月の劇場映画鑑賞本数:  6
 今年の劇場映画鑑賞本数: 58
 アマチュア無線QSO :ELE、DVNさんと9.66八王子レピータで






最終更新日  2018年07月27日 12時10分18秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全63件 (63件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.