2838592 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

サイド自由欄

カレンダー

2024/01/18
XML
カテゴリ:会長日記
目の前に「大きな木」と「小さな木」があるとします。
見えない地下にある根は、どういう状態だと思いますか?

根が地中深く、広く張っている木の幹は太く、枝葉を大きく伸ばします。
木の大小は根の深浅に比例するのです。

大きな働きを成している人や、職場の共通点に「見えない部分を大切にすること」があるでしょう。

「お客様がいる時は、しっかりしよう」「ユーザーが目にする部分はていねいに」というような表面を取り繕うだけの仕事は、一時的には成果を上げているように見えます。

しかし、少しの綻びから、瓦解する危険性が高いものです。
それに対して、根が深い大樹は強風が吹いても倒れることがないように、見えない部分を大切にする仕事は永続的な繁栄の基になるのです。

時には「自社の、我が部門の根にあたる仕事は何か」を確認して、地下の根にあたる部分を拡充しつつ、大きな仕事を成し遂げていきたいものです。

TVで報道される、大きな木や、小さな木が倒れている、北陸大地震のTV画像を観ていて、フトそんなことを感じました。

合掌





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024/01/18 11:46:05 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.