2838553 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

サイド自由欄

カレンダー

2024/02/01
XML
カテゴリ:会長日記
私は、結婚とほぼ同時に起業し、男は外で稼ぎ、女は家庭を守るものと考え、家のことは一切を家内に任せ、自分は仕事一辺倒でした。
子供の教育もすべて家内任せで、参観日すら関係なしでした。

当時は、増える社員の生活を確保することが、自分のすべてであって、家庭のことは二の次でした。
しかし、長男・次男・三男と子宝にも恵まれ、お陰様で会社も順調に成長しました。

しかし、それが1991年に最高の売上を記録し、丁度その時、日本ではバブル崩壊と言われバブル経済の崩壊と共に、1992年~1993年と2年連続で3割ずつ売上減少で、年商が半減してしまいます。

経営者仲間からは、まず、人員の半減とアドバイスを受けますが、これまで頑張ってくれた従業員の半分を辞めてもらうことは、自分には決断できませんでした。
なぜなら生活圏が一緒だからです。

休みの日、買い物に出かければ、生活圏が一緒の社員と顔を合わせます。
その半分の人に辞めてもらう訳には、私にはできませんでした。
そこで決断したのが、アメーバ経営の導入です。

しかし、これがまた、みんなから大反対です。会社は赤字の上に、大枚のコンサル料を払ってアメーバ経営を導入には反対ということです。そんなことしなくても、自分たちが頑張るというのです。

しかし、経営とは、組織とシステムであり、私は、アメーバ経営の導入を決断し断行しました。会長に退いた今も、お陰様で順調に進んでいます。

合掌





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024/02/01 04:05:47 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.