2838516 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

サイド自由欄

カレンダー

2024/02/04
XML
カテゴリ:会長日記
今日は立春です。若い独身の頃は、毎月、静岡県を訪れていました。この時期、仕事を兼ねて伊豆半島の先・静岡県加茂郡河津町に行けば、早くも河津桜を見ることができました。

この河津町では、毎年2月上旬から3月上旬までの約一か月間、「河津桜まつり」を開催し、期間中、およそ百万人もの見物客で賑わいます。

日本でもっとも有名な品種の「染井吉野」は、見事な花を咲かせつつも、満開から三日ほどで散り始めます。

一方の「河津桜」は見頃の期間が約一ヵ月と長く、本州一早咲きの桜として知られています。

河津の桜は、一人の町人が河津川沿いで、雑草の中に、芽吹く桜の苗木を偶然見つけ、自宅の庭に植えたことが始まりです。

その華麗で淡紅色の花に魅せられた関係者の尽力により、一本の桜が全国に名を馳せるまでになりました。

そこには花を愛でる気持ち、<美しい花を多くの人に見てもらいたい>という思いやりの気持ちがありました。単なる「町おこし」ではなく、それぞれの情熱と一体感が結実し、大きな成果を生み出したのです。

桜を見るということだけでなく、名所旧跡にかかわる多くの人の働きに感謝しつつ、日本の風情や文化を楽しみ、後世にも伝えていきたいものです。

合掌





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024/02/04 11:27:21 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.