000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

サイド自由欄

カレンダー

2024/02/10
XML
カテゴリ:会長日記
日本には、昔から「良薬は口に苦し」という言葉があります。
<優れた効果を持つ薬の中には、苦くて飲みにくいものがある>ということです。

子供の頃は、体の調子が悪くなると、何かにつけて、家にある「毒掃丸」を飲んだものです。そして、それが<苦ければ苦いほど、効き目が良い>と思ったものです。

まさに、良薬は口に苦し、普段、病院に行き、医者に世話になるということは、大怪我をした時くらいで、まず、医者に診てもらうことはありませんでした。

当時、病院に担ぎ込まれ、医者の世話になるということは、大病で、タブーとされていました。病気になると、<移る>と言われ、みんなから避けられたのです。

“良薬は口に苦し”に戻りますが、この言葉を仕事の場に持ってきますと、職場で上司や先輩から、<叱責や指摘>があった際に、それを<良薬>と受けとめられるかです。

「細かいことを言いやがって」と腹が立っていませんか?
ここに、その人が成長するかどうかがかかっています。

是非、良薬と受けとめ、周囲の声に耳を傾ける素直さを、大切にして、仕事を通して成長したいものです。

合掌





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024/02/10 08:26:32 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.