128732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あらかると

あらかると

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Favorite Blog

ジャズの神様の思し… 南浦猫麻呂さん
My Secret Room Suzuckさん

Category

Recent Posts

Comments

みこ。@ Re:ボカラトンへようこそ(08/06) 永野さん、コメントありがとうございます…
永野節子@ Re:ボカラトンへようこそ(08/06) 初めまして、ではなくボカ- ラトン- リゾ…
tupichan@ Re:ホルスト 組曲 「惑星」(08/25) はじめまして。 紹介していただいた「惑星…
なでしこ@ 子供達を守りましょう PTAは、親と教師が、教育を協議するた…
mikosan28@ Re:はい。。♪(06/06) Suzuckさん、ご無沙汰しております。 …
August 6, 2005
XML
カテゴリ:旅の思い出
松岡直也の「日曜島へ」というアルバムは、リゾートを思い出させます。
もっとも、「夏」をコンセプトに作られたようですが。

曲の始まりと共に、なんと飛行機の着陸音が入っているのです。
もうどこかリゾートで過ごす休暇の始まりです。

島もいいけれど、私のイメージはフロリダ州ボカラトン。
マイアミからすこし北に行ったところにあります。
私が泊まったのはBOCA RATON RESORT & CLUB
仕事とは言え、視察はなく、半日のフリータイムだったのです。
ホテルの前には、大西洋が広がります。
初めて見る大西洋!と、お客さんと一緒に水遊びしてしまいました。

このホテルは映画「ステラ」の舞台、G7の舞台にもなりました。
アメリカ人が憧れるリゾート地でもあります。
ホテルは1920年代に造られ、まるでお城のようです。
インドア派の私のこと。当然、ゆっくりとティータイムです。

ホテルの高層階のレストランで夕食をとりましたが、
変り行く夕暮れ風景に飽きることはありませんでした。

このボカラトン・リゾート&クラブ。
最近ではこのホテルに泊まるツアーも設定されています。

以前は知る人ぞ知るホテルで、日本人はあまりいませんでした。
日本人スタッフの永野さんの努力の賜物です。
お元気かな~なんて思い出していたら、ネットでこんなページを見つけました。
永野さんのこと

さてさて、このアルバムの最後は、飛行機の離陸音です。
ああ~休暇が終わる...

主婦の休暇も欲しい!です。

「ボカラトンへようこそ!」って言われたいじゃない?





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  August 6, 2005 10:26:42 PM
コメント(6) | コメントを書く
[旅の思い出] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ボカラトンへようこそ(08/06)   Sissy_ さん
フロリダでリゾートなんて格好イイ!
でも子供ぞろぞろ連れて行けるトコじゃないよね(泣)
あ~、どいつもこいつも早く独立してくれないかしらん。 (August 6, 2005 10:46:15 PM)

老後の楽しみかな?   mikosan28 さん
>フロリダでリゾートなんて格好イイ!

でもさ、添乗員だからねぇ。そうそう羽を伸ばす訳にも行きませんから。

>あ~、どいつもこいつも早く独立してくれないかしらん。

そうそう。あと何年?と両手両足で間に合えばいいんだけど...
(August 7, 2005 10:37:13 PM)

私、、、   Suzuck さん
海の上の道、ってのを、一度飛ばしてみたいです。
小川さんの事書いた日記があるんですが、、、
古いんですけど、とらっくバックしてもいい? (August 8, 2005 11:55:47 AM)

おおー、セブンマイルブリッジ!   mikosan28 さん
>海の上の道、ってのを、一度飛ばしてみたいです。

7マイル(約11km)が42の橋でつながっているところですよね。運転すると気持ちいいのかな~。


>小川さんの事書いた日記があるんですが、、、
>古いんですけど、とらっくバックしてもいい?

もちろんOKです。
(August 8, 2005 01:35:55 PM)

Re:ボカラトンへようこそ(08/06)   永野節子 さん
初めまして、ではなくボカ- ラトン- リゾートでお会いしているのでしょうか。
たまたまボカ- ラトンの事で知りたいことがあり、ネットでボカ- ラトンとタイプしたらボカ- ラトン 日本人というのがあり、クリックしたら、、「永野さん」の字が目に飛び込みました。そしてお褒め頂きありがとうございます。とても嬉しいです。

お仕事でいらしてくださったのですね。それでもボカリゾートの良さを分かって下さり本当にありがとうございました。私は今もボカラトンに住んでいます。

ボカリゾートは今はオーナーも変わり、ロビーもだいぶ近代的になり、以前の面影が減っていますが、今でも大好きなリゾートです。もちろん、すでに仕事はしていません。

今は日本に住んでいらっしゃるのでしょうか。桜の季節になると日本がとても恋しくなります。
お元気でお過ごしください。もっと早くに記事に気づかずごめんなさい。ありがとうございます。
(April 17, 2019 07:07:29 AM)

Re:ボカラトンへようこそ(08/06)   みこ。 さん
永野さん、コメントありがとうございます。
ご本人からいただくなんてビックリ!!

ボカラトンはヨーロッパとアメリカを回るツアーの添乗でお邪魔しました。
ミラノからマイアミまでストやらなにやら色々あって、やっとホテルに着いたと安堵して、さらに永野さんのお迎えにほっとした記憶があります。
ボカラトンではリゾート地ならではのゆったりした時間、空間を堪能しました。でも、もっとゆっくりしたかった・・・です。
仕事ではなく、個人的にまた訪れたい所のひとつです。

未だにニュースやアメリカのTVドラマなどで、ボカラトンの名前が出てくると「知ってる!」と思わずニヤッとしたりします。
それだけ印象に残ってますよ。
そういえば、部屋に残した日本食、回収できたかしら?と気になっておりました。

こちらはちょうど桜の季節。今年は花冷えが続き例年よりも遅くまで花が残りました。先週末でも新宿御苑はまだ花盛りでしたよ。

ネットを通じてこんなご縁があるんだと、しみじみしてます。

永野さん、いまさらながらですが、その節はお世話になりました。
どうぞお元気でいらしてくださいませ。 (April 17, 2019 11:44:53 AM)


© Rakuten Group, Inc.