332161 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

mari`s すけっちのぉと

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

2012 クロアチア

2012.08.17
XML
カテゴリ:2012 クロアチア
  • Stitched_001.jpg

ドヴロブニクで泊ったホテル

The Pucic Palace はほんとうにいいホテルでした

たった19室だけれど5つ星というプチホテル

巨大ホテルがあんまり好きじゃない我が家にぴったり

しかもドヴロブニクの城壁内、

総督邸のすぐそばの青空市場に面しているという好立地で

最高のロケーションです

最高すぎて、城壁内にタクシーがはいれません。

城壁の入り口でホテルに電話をするとカートとともにすぐに迎えがきてくれました

 

部屋の窓を開ければドヴロブニクの朝の静けさから

昼の青空市場の賑わい

夜の華やかな往来まで、

ドヴロブニクをたぷりと感じることができます

ボーイさんがホテル入り口のドアをいちいちうやうやしく開けてくれるので

庶民の私は、とっても恐縮してしまいます

ホテル料金に含まれている朝食はビュッフェ式ではなく

メニューから選んで好きな物を好きなだけ頼むスタイル

久しぶりにリッチな朝食でした

最終日の朝は飛行機が早朝便だったので

パンとコーヒーだけですが・・・といいながら

朝6時にルームサービスしてくれました

その早朝のモーニングコールはなんと人間!

スタッフが電話してくれました(びっくり)

自動じゃないモーニングコールなんてはじめて!!!

いちいち恐縮しちゃいます

たった19室のお客のために、どれだけスタッフがいるのだろう・・・

さりげないサービスがとても心地よいホテルです

クロアチアは元共産圏、多くのホテルはその名残のスタッフの横柄さがかんじられます。それに比べると桁違いにかんじいいですね

ホテルは元は貴族の館だったそうで室内はとてもエレガント

クラシックな調度品、とても高い天井

猫足のバスタブがあるモザイクタイルで飾られたバスルーム

スタッフのさりげないけどもてなしたいという思いが

そこここで伝わってきます

なんといっても、ドヴロブニクの息遣いと歴史の重みを感じました

最高にドヴロブニクを楽しめるいい大人のホテルでした

又、家族で訪ねたい、ナンバーワンのホテルになりました

トリップアドバイザーの評価では部屋でくつろげないという評価もありました

予約するとき部屋は選んだ方がいいかもね

なかには、屋根裏部屋みたいな部屋もあるかもしれません

おすすめは、青空市場に面した部屋、できればバルコニー付き

ジュニアスイートはとってもいい部屋でスイートよりおすすめです

 

透明水彩







最終更新日  2012.08.17 10:19:12
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2012 クロアチア
  • ドブロブニク339.jpg

ドヴロヴニクでスケッチ

 

 







最終更新日  2012.08.17 09:20:07
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.15
カテゴリ:2012 クロアチア
  • Stitched_002.jpg

ドヴロブニクでスケッチ

6月の中旬に訪ねたというのに、連日35度の暑さ! のドヴロブニク

スケッチに最高のポイントがあっても

直射日光のあたるところではとても描けません

日陰優先のスケッチとなりました

 

パステル 透明水彩







最終更新日  2012.08.15 09:51:35
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.14
カテゴリ:2012 クロアチア
  • Stitched_001.jpg

ドブロブニクでスケッチ

 

パステル 透明水彩







最終更新日  2012.08.14 09:27:45
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:2012 クロアチア
  • ドブロブニク334.jpg

ドブロブニクでスケッチ







最終更新日  2012.08.14 09:26:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.11
カテゴリ:2012 クロアチア
  • Stitched_001.jpg

ドブロブニクでスケッチ

 

事実は小説より奇なりっていうけれど

それって、ほんとだなって思います

スプリットからドブロブニクへいく途中に立ち寄ったドライブインで

いつもお世話になっているトラベルプランの添乗員Oさんにばったり遇いました

ドブロブニクでの滞在日程が彼が率いるスケッチツアーと重なり

ドブロブニクでもまたまたばったり会うことに・・・・

いやぁ、世界は狭い!!!!  ですね

 

ダーマト 透明水彩

 







最終更新日  2012.08.11 17:59:42
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.10
カテゴリ:2012 クロアチア
  • シベニク328.jpg

 

  • シベニク329.jpg

スプリットでスケッチ

スプリットのおすすめレストラン Konoba Marul

Hotel Adriana の裏手の広場に面したところにある Konoba Marul

カジュアルにご飯を食べたい時におすすめです

いただいたのは

カラマリフリット(いかのてんぷら)

いかすみリゾットはあっさりめ

シーフードリゾットはこってり味で私はお気に入りです

手長えび(ソースにからめて出てきました)

手長エビは手で食べていいよってお店のひとからのアドバイスがあり

おもいっきりムシヤムシュとかぶりつきました

クロアチアの料理はしょっぱいと聞いたけれど、そんなこともなく美味!!

そのうえお値段もカジュアルで

特別な魚を選ぶとか、ロブスターを食べるなどがなければ

ひとり2000円あればおなか一杯になります

Ps 白身魚のカルパッチョをいただきましたが、

白身の魚のお刺身がのったサラダなんだけど

日本では食べたことがないような、ゴム状のお刺身で、これはいただけませんでした

見た目、おいしそうだったのだけれどね

 

スケッチはダーマト 透明水彩

 

 

ダーマト  透明水彩







最終更新日  2012.08.11 12:01:59
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.20
カテゴリ:2012 クロアチア
  • スプリット321.jpg

スプリットはクロアチア第2の都市かつ世界遺産の街でもあります

ローマ皇帝だったディオクレアヌス宮殿の跡地にすみついた人々

不思議な街だけどとっても活気があります

スプリットを訪ねたその日は

サッカーのヨーロッパ大会とかで

クロアチアとどこかの国が戦っていました

街のあちこちのカフェにはテレビの大画面が設えられて

すご~いもりあがり

夜中まではしゃいでいたけど、残念なことにその夜の試合は

クロアチアの負けでした

しゅん・・・となった人々が騒ぎの余韻をのこしながら

静かにひきあげていました

勝ってたら、すごいんだろうな~

 

ダーマト







最終更新日  2012.07.20 11:13:46
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.18
カテゴリ:2012 クロアチア
  • トロギール320.jpg

プリトヴィッツェをでてシベニクにたちよりトロギールへ

シベニクは小さな町でお気に入りの町になった

また、行きたい町

港のインフォメーション脇の RIVICA というレストランで

ランチを食べた

いかすみリゾット たこサラダ カラマリフリット(小いかのフライ)

どれもおいしい! ビールが安い! いっぱい100円ぐらいだったような・・・・

日本人の口にあいます 量はちょっと多いです

クロアチアの料理はしょっぱいって聞いたけど

ここは、そんなことありませんでした

クロアチアで食べた料理でしょっぱかったのはかなり大衆的なかんじの店と

テイクアウトのピサ゜

日本でも、働く人にはしょっぱめが人気だから

おんなじかな

スケッチはトロギール

このスケッチを描いた場所でスケッチをしている日本人に遭遇!!!

日本人ですかと声をかけるとそうだとの返事

お願いしてスケッチをみせていただいた

すごい!!! うまい!!  いい絵描いてる!!

そのときはそのまま別れてしまったけれど

あとで、とっても偉い先生だったことを知ります

 

ダーマト 透明水彩







最終更新日  2012.07.18 11:06:08
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.17
カテゴリ:2012 クロアチア
  • C:\fakepath\ザグレブ319.jpg

ザグレブ発ドブロブニク着 3日間の現地ツァーに参加した

日本語ができるツアーエスコート、(添乗員)が

ザグレブのホテルまで迎えに来てくれツアーがはじまります

参加者は少なくて、うちの夫婦とオランダ在住という日本人の夫婦の4名

この4名のためにミニバス(15人ぐらいのれそう)の運転手さんと

各、観光地で現地ガイドがつくというスタッフの数はとっても贅沢なツアー

ツアーエスコートは現地クロアチア人のお兄さん

それぞれの現地ガイドはだまってついて歩くだけ

エスコートのお兄さんが説明してくれます

あんまり、働き者ではないですね。クロアチア人全般的にそうなのかしら

昨年のドイツ人のガイド兼運転手兼添乗員さんに比べるととっても違う

昨年は、ドイツ人って日本人以上にきめ細やかで

ものすごい働き者!!! 気配りもすごいって感動したものです。

今回は、そういうのなかったなぁ、遅めに出発、早めにきりあげた~いってかんじ

この働き方の違いが、ドイツとクロアチアの国力の差に表れているかなぁ

なんて、妙に納得したツアーでした

・・・というわけで、かけ足となったプリトヴィッツェですが

美しい自然に圧倒!!! でした

 

 







最終更新日  2012.07.17 17:41:42
コメント(0) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.