000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

読書の日々

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

ウトガルト

ウトガルト

カレンダー

バックナンバー

2024.05
2024.04
2024.03
2024.02
2024.01

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

雑談

(4)

ラノベ

(457)

コミック

(32)

実用本

(2)

カクヨム

(0)

web小説

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.06.23
XML
カテゴリ:ラノベ
こんにちは♪

本日の1冊はこちら(*'▽')

【内容情報】(出版社より)
「高橋先輩に私を撮って欲しいんです」
 廃部の危機を迎えていた写真部に現れた学校一の美少女水澄さな。
 雑誌モデルの彼女が素人の俺に撮って欲しいなんて……何が目的だ?
「家に遊びに行っていいですか?」
「一緒にお出かけしましょう」
「私たちカップルに見えるみたいですよ」
 しかもなんかやたらぐいぐいくるし……いや、こんなの絶対何かウラがあるに決まってる!
「先輩ってマジで疑り深いですね」
 ……え? マジなの?
 い、いやいや騙されないからな!
 主人公敗北確定のラブコメ開幕!


王道といえば王道展開のラブコメ
好きな人にはたまらないと思いますが、最近のラブコメをよく読んでいる人にはちょっと物足りないかも?

写真撮影が趣味で、ボッチな主人公に対して自分の趣味と恩返しの一端を果たせるというwin-winの関係をひそかに果たせるさなが頑張り、高橋を立ち直らせようといろいろ頑張ります。

今回高橋もさなも別の種類ですが、”オタク”と呼ばれる人種なのはラノベをよく読む人間には身近に思えますが、高橋の写真オタクに関してはあまり感情移入できないと思います。
逆にさなはもっともポピュラーなサブカル系なのでまだわかることが多いと思います。

高橋自身、トラウマから人物を撮ることに対して恐怖を感じていますが、そのトラウマに関しては結構自業自得な部分もあってどうしても共感や擁護ができないエピソードもあり・・・

話のテンポに比重を置いている感じなので細かいエピソードが要らないのでは?と思うことも・・・
さなのモデルという設定もあまり生かされておらず、これに関しては次巻以降に深くかかわってくるのかもしれませんが、どうなんでしょうね?

エピソード自体は結構薄い感じがしますが、さなが高橋を立ち直らせ、自分と共通点を多く儲けようと頑張る姿に関してはとてもよかったです。
次巻以降二人の関係が進みつつ、今回早足に回収したエピソードや埋もれてしまっている設定を生かした話になるのかはわかりませんが・・・
一応高橋がさなに脈が出てきたのでちょっと期待ですかね・・・






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2021.06.23 22:42:13
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.