821228 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぼたんの花

全753件 (753件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 76 >

2011/12/26
XML
カテゴリ:地球環境と原発


満月の夕



http://www.youtube.com/watch?v=pVdHgoE8RP8







この映像を見て、東電の社員・政治家・官僚たちはどう思うのだろうか?

もしかして、人間の感情を持ち合わせていないのかも・・・






311以降、どういう行動、どういう発言をするか、で、その人の知性が問われるように思いました。


小出裕章先生!大好きです。

と言ったら、野茂さん、マイケル、小出さん、どういう共通点があるの?
と笑う・・・


私が好きになる人の共通点・・・私もはじめて自覚しました。


http://www.youtube.com/watch?v=3vPwIUYBNeE



http://www.youtube.com/watch?v=bjckBU-zPBc




http://www.youtube.com/watch?v=8AFLb8KT87Y&context=C390f40bADOEgsToPDskJ4oFU-532w68jrj9rwkfg9



12月8日、ジョン・レノンスーパーライブに行った。これはアジア・アフリカへ学校を建てる、という趣旨のライブで、2001年からオノ・ヨーコさんが企画している。毎年、行くわけではないし、出演アーティストも私が知る人は数人しかいない。今年は、福島への支援もある、ということでチケットは購入したけれど、間際で、なんと桑田さんも出演することになった。出演者全員、オノ・ヨーコさんも含め、トークは殆ど無く音楽のみ。ヨーコさんは、琵琶法師のように語りのパフォーマンスだけれど、その内容もさることながら迫力の凄さがある。そして合間の二言三言が、また、とても深い。”昨日、福島へ行ってきたの。みなさんクリスマスカードでも、年賀状でもいいから送ってあげてね。福島の子供たち、みんな目がさびしそうだった。”


”最近、ちょっと憂鬱なの・・・こんなとき、憂鬱にならない人のほうが、おかしいのよ!憂鬱になるほうが普通なの”


この言葉、、、香山リカに聞かせたい。


そしてジョンの命日には、各国からオファーがあるけれど、全て断って日本へ来てしまう、とも言っていた。やはりみんなと同じ血が流れているのね、と。あのニューヨークで一人で生きているのだから、人間的な感覚を失い、長いものに巻かれて生きてきたのか、というとまったくそうではない生きた方のように思えた。自分を主張し、自分の意思を曲げない強さがヨーコさんにはある。

私にとってのジョン&ヨーコ、髪の毛ぼさぼさのオジサンとオバサン、そんなイメージしかなかった。もちろんジョンの曲は、聴いていたけれど。


日本の国が、これほど酷い国だとは思っていなかった私。311以降、まるであの愚かな戦時中を体験しているような気分になる。まったく無能な政治家、官僚、そして無関心、無自覚な国民。



スーパーライブでの斎藤和義さんは、いつも寝ているんだか起きているんだかわからないようなトーク。そして311以後には、”ずっと嘘だった”なんて替え歌を作って、反原発を表現している。この業界で反原発を表現すれば、、、どういうことになるか。

今年のライブ、この私でさえ、あの曲は歌わないほうがいい、と親心で一瞬思った。ホットしたところに、2曲目の二番、自分流に訳した、と言って”ROCK and ROLL MUSIC”を歌うと・・・なんと過激な原子力村批判!しかし、、、こんなに日本語に馴染んだ訳を私は聴いたことが無い。と言っても替え歌であったけれど、素晴らしかった。


やっちゃったね!私はそのときから斎藤和義ファンになりました。
http://www.youtube.com/watch?v=48FOkjTv-Tw








Last updated  2011/12/26 10:19:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/11/23
カテゴリ:電力のお話し
http://www.youtube.com/watch?v=gAZPbTnEadk&feature=player_embedded#at=97





http://www.youtube.com/watch?v=2V95Gtu-AT0






郷原さんの弁舌は素晴らしいですが

サックスの演奏は、今ひとつ。

しかし、本業じゃないですからね。



こんな雰囲気の中で、政治や原発、核の問題を語れるような人たち。。


これが、”先進国”ではなく”大人の国”だと思うのです。



九電の体質、思考回路も問題ですが

枝野さんと郷原さん、、、


九電の体質が変わったとしても

原発を推進する、という思考自体が。。。。。


九電の体質に対して


”信じられない”

”あの社長がいるから原発再稼動できない”



と郷原さんは言いますが、それも勿論ですが


私としては、”原発を再稼動させる”という思考が・・・・


信じられないのですよ。。。


逆を言うと、原発推進関連の方たちは

九電のような体質、思考回路の方たちばかりですよ。



原発・九電以外の話はいいですがね。

郷原さん!そう思いませんかね。。。





ウソは罪・・・ 枝野さんの前で、東電の前で歌って欲しいわね。











http://www.youtube.com/watch?v=PBXzjJFRXDI




ピアノとクラリネットは素晴らしいのですが・・・・・


この曲を歌うのなら、私のが上手だと思う。。
(誰にも聴かせたことはないので評価は・・)











Last updated  2011/11/24 12:19:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/09/21
カテゴリ:電力のお話し
バッカみたいと思うのは、電力不足なら日本の経済に悪影響?



原発が54基、ついこの間までは55基、そしてその倍以上に原発を増やそうとしていた日本の経済は、いつから低迷しているのか?なぜ政府と電力会社、企業が率先してオール電化を推進してきたのか?電力が余っているからに他ならない。二酸化炭素削減で原発というのは大嘘で、もし、温暖化の原因が二酸化炭素にあるとしても、原発は大量の二酸化炭素を排出するのは、普通に考えればわかること。それを原発推進=二酸化炭素削減と考えるのは大間違い。資源が無い=原発推進も大嘘。もし、日本に本当に資源が無いというのならウランだって日本には無い。

原発がなければ電気代が高くなる、というのも大嘘。日本は電気料金が高いそうだ。日本経済、世界経済を緻密に分析する人が、”原発なければ電気代が高くなり企業が外国へ・・・”とのたまう。確かに一般家庭の電気料金より大量に消費する企業のほうが安いだろう。そこまで私も分析する数字を持ち合わせていない。が、、、ですよ、311以降の脅迫停電の時期に、川口市のある大手の鉄鋼会社が、脅迫停電の時間に合わせると、夜間電力が使えないから電気代が高くなるので休業しなくてはならない、といっていた。夜間電力が停電時間であるわけがなく、長時間使用しなければならないラインで、明け方、または夜に脅迫停電の時間にかかってしまうと電気を途中で止めるわけにはいかないから、という。


逆を言えば夜間電力を利用しないと、日本の高い電気力金では経営が困難だ、ということでしょう。ではなぜ深夜電力が安いのか?それは深夜でも電気を大量に作り続けるしかない、原発があるから。出力調整を細かくする、小回りがきかないから。その小回り分を水力・火力を止めて調節しているにもかかわらず、原発を止めることができないから、夜中に大量の電気が作られる。


原発が正常に?発電していたときも、日本企業は海外へ流出していたし、長い間、景気の低迷をしていた。また原発以外の発電の産業の海外進出も狭くなった。それをいつも批判している政府のオオバカどもの言うことに同調して”原発無ければ日本の経済が・・・”って言っている経済の専門家ってどうよ!?


(小出先生は、日本のアルミ産業は電気料金が高くなり、運営できなくなった。唯一、ある会社は自家発電で生き延びている、ということでした)

東京電力のブースが、今年の市のイベントに出るかどうかわからないけれど、もし、今年も東京電力のブースが出たら、今年は徹底的に詰問してやろうと思う。東電社宅とは出ていなかったが、マンション一棟、全ての住民が、311以降、ひそかにいなくなった。2ヵ月後、そういえばあの建物の電気が一つも点かなかった。



すべての原発を止めても電力不足は起こりません!!


電力は余っているんです!!
 




広瀬隆さんの講演です。


長いですが、じっくり最後まで聴いてください。

http://vimeo.com/28534860 前半

http://vimeo.com/29022292 後半







以下転載

原発再稼働「来夏までに」=電力不足なら経済に悪影響-野田首相
 野田佳彦首相は21日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、運転停止中の原子力発電所について「来年の春以降、夏に向けて、再稼働できるものは再稼働していかなければいけない」と表明した。その理由として「電力不足になった場合は、日本経済の足を引っ張ることになる」と説明し、「そこはきちんとやらなければならない」と述べた。
 首相は電力需給に関し「今年の冬も大丈夫だろう」との見通しを示す一方、来年も原発再稼働は必要ないとの指摘に対しては「あり得ない」と否定した。(2011/09/21-09:53

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&rel=j7&k=2011092100164


 野田佳彦首相って経済に疎いですね






Last updated  2011/09/21 07:12:12 PM
コメント(6) | コメントを書く
2011/08/15
カテゴリ:地球環境と原発


*********
追記9/23

結構、重要なyou tube が閲覧不能になっております。

菅政権は長く問題点が議論されてきたコンピュータ監視法案を、震災のドサクサの中で閣議決定した。 これは捜査当局が裁判所の捜査令状なしでインターネットのプロバイダに特定利用者の通信記録保全を要請できるようにするものだ。

指宿信・成城大学法学部教授はこう指摘する。

「当局が通信傍受を行なう場合は組織犯罪に限るなど厳しい制限があり、国会報告も義務付けられている。しかし、この法案はやろうと思えば誰のネット通信記録でも安易に取得されてしまう危険性がある」

この法案の閣議決定と歩調を合わせるように、警察庁はネット上の「デマの規制強化」に乗りだし、名誉毀損などで摘発も検討する方針を打ち出した。

警察庁OBの大貫啓行・麗澤大学教授が語る。

「ネットの掲示板にはデマも多いが、それをデマだと打ち消す情報もある。大震災や原発事故にかかわるネット情報が氾濫していることに、捜査当局がパニックになって冷静な判断ができていない印象がある。言論の自由が浸透する日本国民をもっと信用すべきです」

※週刊ポスト2011年4月22日号



で、この『ほんの一部』ということですので
どの部分が削除されているのか、チェックが必要ですが。


http://www.youtube.com/watch?v=AtO0_uO7Kl0

*******


児玉龍彦先生  素晴らしいですね~

http://www.youtube.com/watch?v=skpuHiLguQw









Last updated  2011/09/23 01:30:41 AM
コメント(4) | コメントを書く
2011/08/13
カテゴリ:地球環境と原発
http://www.youtube.com/watch?v=xSuoBNxKL4M&feature=player_embedded




児玉龍彦さんの国会での参考人での発言のときの表情とは

まったく違いますが、スタンスは素晴らしいです。


ただ、この聞き手を、もう少し違った人にして欲しかったです。






Last updated  2011/08/14 12:43:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/08/11
カテゴリ:危ないニュース

小出裕章先生のお話も、いつもシンプルで明快だけれど
武田邦彦先生のお話も、実にシンプルでわかりやすい。




年間20ミリシーベルトとはどういうこと?







以下、武田邦彦さんのHPより転載


なかなか対応してくれないので困っているお母さんへ




学校や幼稚園が「このぐらいは大丈夫」とか、「国が20ミリまでOKと言っているから」
と言われて心配な方が多いと思います。



そのときに相手に納得していただく理由ですが、1年20ミリシーベルトというと、胸のレントゲン(一回50マイクロシーベルト)が400回分になります。



400回分というと、学校は1年に200日ぐらいなので、学校に行けば毎日2回の全身のレントゲンをとることになり、それを心配しない親はいないと思います。



http://takedanet.com/2011/08/post_2565.html









Last updated  2011/08/12 12:41:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/08/08
カテゴリ:地球環境と原発
各自治体でも、計測結果をHPで、公表していますが

測定しているのは、一企業であり、その企業は本州の北から南までの原発のメンテなども請け負っている会社です。それこそ原子力村の一員である企業が、マトモな数値を公表するでしょうか?

一番線量が多かったであろう3月16日ごろの数値は計測していないようです。同じ県内、都内でも、ホットスポットがあるので、もっと細かく知る必要があるのでしょうが、ホットスポットのある県内の自治体のHPでは、放射能汚染についてのページがみつかりません。



自分の家族を守るためには国や地方自治体に期待するのは無理のようです。


[転送・転載歓迎]

「首都圏土壌調査の結果(地図及び表形式)」
(放射線防護プロジェクト)

http://www.radiationdefense.jp/investigation/metropolitan









イラヨイ月夜浜

あらん


アメリカ人のアランさんは、日本語も上手ですが
なんと三線の腕前は、プロ級でした。


沖縄は、福島の子供たちを多く受け入れているようですね。
しかし、国も沖縄県も受け入れを拒み始めたようです。
他県にくらべて沖縄での受け入れには、補助金が出ないようです。


自国の子供たちの多くを犠牲にして、
この日本という国、政府の人たちは、非国民の集まりなんでしょうか・・・



福島の子供たちが、洋服のままに海に飛び込んでいく・・・

この光景を見て涙が止まりません。


http://mothership2012.ti-da.net/e3514663.html

『東北』に目を奪われて『南西』を忘れてはならない。


この言葉は、軍事評論家の前田哲男さんの言葉です。



















Last updated  2011/08/09 12:15:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/07/29
マイケルから元気をもらおう...

3.11以降、なんか気分がスッキリしない毎日。。

マイケルの曲を聴こう・・・



http://www.youtube.com/watch?v=ahFGyQplNik















Last updated  2011/07/29 10:46:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/07/27
カテゴリ:地球環境と原発

「犯罪的なくらい無責任」 
欧州放射線リスク委員会のバズビー博士が政府を批判


NCN 2011年7月24日(日)18時05分配信

以下転載

欧州放射線リスク委員会(以下、ECRR)のクリス・バズビー博士は2011年7月20日、自由報道協会主催の記者会見で、「国際放射線防護委員会(ICRP)による放射線リスクモデルは内部被曝に関する点で、非常に危険だ」と指摘。その上でバズビー博士は「(ICRPのリスクモデルに基づいて)『そこに住み続けて大丈夫だ』と言う(日本)政府は犯罪的なくらい無責任だ」と語った。

 バズビー博士が科学議長を務めるECRRは、放射線による人体への影響等について研究する独立機関である。核実験やチェルノブイリ原発事故などで飛散した放射性物質により内部被曝をした人々に疫学(地域や集団内での疾患などを明らかにする)的な調査を行い、ICRPとは別に独自の放射線リスクモデルを構築している。

 「ICRPのリスクモデルは内部被曝に関して、非常に危険だ」「ECRRのリスクモデルを福島第1原発から放出された放射性物質にも適用するべきだ」――。このように語るバズビー博士は、「日本政府はICRPのリスクモデルに基づいて、たとえば『毎時1マイクロシーベルトの地域では安全に暮らせる』と言っている」点に注目する。バズビー博士らの調査によると、福島第1原発から100キロメートル付近を走っていた自動車のエアフィルター内部から人体に非常に有害なα線を放出するプルトニウムやウランが検出されたという。エアフィルターをガイガーカウンターで検査しても低い線量しか示さないため、博士は「毎時1マイクロシーベルトでも避難すべきではないか」と主張する。

 博士はさらに、

「空気中のホットパーティクル(放射能を帯びた粒子)濃度は、北半球で核実験が行われたピークの時と比べても、福島県のほうが約1000倍になっている。そこに今の人口が残るということになると、(福島第1原発から)100キロメートル以内の地域の場合、今後10年間の間にガンの発生率が約32%増加する」と独自の計算結果を提示し、

「こういうことはかなり前から分かっているので、『そこに住み続いて大丈夫だ』と言う日本政府は犯罪的なくらい無責任ではないか」と、日本政府の対応を批判した。



◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] クリス・バズビー博士のレクチャー部分から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv56630754?po=news&ref=news#14:02


*******

これは犯罪です。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

私は愚者なので、経験に学ぶことが多いですが、
この日本政府は、経験にも歴史にも学ばない。



陰謀論という言葉で括らなくても
先の大戦の広島・長崎の被害は占領軍が中心で被害を調査したのだから

犯罪者=警官、あるいは 犯罪者=裁判官 ということは
普通に考えても理解できること。


ABCC=アメリカ政府そのもので、その批判が大きくなったら、
今度は”放射線影響研究所”となる。

その放射能影響研究所が、生み出したのが、重松であり、長瀧であり
その子分の山下俊一教授であることは・・・

別に”人物図鑑”を出版するまでもなく一目瞭然。

劣化ウラン弾の被害を小さく見積もるのは、ABCCの流れをくんだ
IAEAであり、その存在を無視して放射線による害について
発表できないのが、WHOであり、、、、、


そのABCCの根源にあるのは、広島・長崎の原爆投下後、
わずか一ヵ月後に、ファーレル准将が帝国ホテルで世界に向けて発信した、

『死ぬべき人は、全て死に、苦しんでいる人は一人もいない』

の一言で、わかりませんか?

それが、プロテスタントか、カソリックか、の争いと
どう比較できるの?

ECRR、クリス・バズビー博士がどうであれ、この時点でIAEAの見解など
参考にするのが、オオバカ。
他の政治的に問題に精通していても、専門外にはまったく無知無能。


IAEAや放影研が、被ばく量を示すなぞ、言語道断であり
それを参考にする日本の輩は、、、、粗大ごみ、、いや産業廃棄物・・・



アメリカの原発の半径100マイル(kをマイルに訂正)
の範囲に乳がんや白血病などが多い、
と言われたのは、アーネスト・スターングラス博士。

それでいくと日本全土が原発の100マイル圏内になる。
三人に一人が癌なんだから、福島原発の放射性物質が降っても、
そんなの全然問題なし、という山下の話をマトモに聞くことが
出来る人は、現実逃避をしたいだけ。





以下は過去のぼたんの日記からの貼り付け
http://plaza.rakuten.co.jp/botannohana/diary/200707210000/



これは広島、長崎での被害を日本独自での治療も調査もさせなかったことを思い出すべきです。IAEAは、チェルノブイリでの事故に関しても主導権を握り、世界に過小に報告しています。



占領軍は、原爆報道を強烈なプレスコード発令し、一切日本にさせない、厳重な言論統制をしたのです。

「死ぬべき被爆者は全部死んだ」1945年9月6日にファーレル准将が東京の帝国ホテルで連合国海外特派員に向けて発表した。

このとき広島と長崎では、毎日、100人を越すヒバクシャが苦しみ悶えながら死んでいき、また何万というヒバクシャが、救護所で原爆症の苦しみにあえいでいた。


米国は、60年後の今日でもこれと同じようなことをしようとしているのですよ。
60年代に入ってからは日本政府も米国政府と一緒に国連に「被ばくで苦しんでいる人は一人もいない」と報告しているのです。

この時から日本政府は、米国との共犯者になり、未だに放射線の害についてIAEA、WHOと一緒になって「唯一の被爆国」が世界に向けて嘘をつき続けているのです。その体質が今でも健在?なのが厚生労働省、薬害、誤りをなかなか認めない体質なのです。



*****


何年か前に、ある原発メーカーで働いていた社員の方から
メールボックスにお便りをいただきました。

その方のお話ですと、原子炉近くで作業に従事していた人の
お子さんは、女の子しか生まれない、という現実があり
それは、y染色体に影響がある、ということの裏づけである、と。


私は、それ以前に何かで読んでいたのですが
チェルノブイリ周辺で事故直後に、同じように女の子の出生率が
多かった、ということも聞いたことがあり、
そのお話は、信用できるものでした。

またいろいろな分析に米国のNASAにも協力を得ている、
ということでした。
また専門的な知識もあり、ネットで探しても手に入らない
根拠などもありました。

メールを下さった方とは、実名でメールを数回やり取りしましたが
その方は、何かの事故で重度の身障者となり、医療機関に通う毎日である、
ということもあり、これ以上、お互いに深入りすることを
止めましょう、ということで、それ以来、メールはしていません。



放射性物質の影響は、癌や白血病だけでは、もちろん無い。
”体内に入ると、パチンコ玉のようにどこに行くかわからない”
と、西村なんとかさんという理論物理学者の方が言っていましたよね。







Last updated  2011/07/28 01:00:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/07/15


ひさしぶりに野茂さんの顔


you tube を観ていたらこの映像に出会った。



メジャーでは通用しない、と殆ど人が言っていたけれど

野茂さんが日本を脱出したときから応援していた。


かなり太ってしまったけれど・・・



二年前のこの映像に久しぶりに心がほぐれた。。。




http://www.youtube.com/watch?v=MW8ifCZ-uUc


http://www.youtube.com/watch?v=0eFUTqmGptU



http://www.youtube.com/watch?v=XIIYyGY6pnw













Last updated  2011/07/15 09:04:05 PM
コメント(0) | コメントを書く

全753件 (753件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 76 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.