2958068 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幕張本郷の小さなフレンチレストラン   サンク・オ・ピエのオーナーシェフ、中村雅信の日記ページ

幕張本郷の小さなフレンチレストラン   サンク・オ・ピエのオーナーシェフ、中村雅信の日記ページ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Dec 7, 2008
XML

DSCN0001.jpg

 Pthivier aux amndes、ピティヴィエ・オ・ザマンド。アーモンドのピティヴィエ。

 伝統的な焼き菓子ですね。ちょいと昔ならデザートのワゴンサービスをするようなグランメゾン(高級レストラン)のワゴンの上には必ず乗っていたような、、、言わばクラシックなデザートの定番と言えるだろう。

 フィユタージュ(折り込みパイ生地)で、クレーム・オ・ザマンドcreme aux amandes(アーモンドのクリーム生地)をはさんで焼き上げたものだ。

 アーモンドのクリームは、100グラムのバターに塩少々と粉糖100グラムを加えてすり混ぜ、全卵1個と卵白1個合わせて約100グラムを少しずつ合わせたところにアーモンドの粉を100グラムを混ぜ入れる。香りづけにヴァニラとダークラム酒も、、、。1時間以上かけて焼きあげ、ナイフを入れるとカサカサと崩れていくくらいこんがり焼きあげるのが肝要。

 フィユタージュ(折り込みパイ生地)は約三分の一くらいはバターだし、アーモンドクリームも四分の一がバターだから、かなりリッチなお菓子だ。

 フランス流にデザートの時にシャンパーニュを開けるということにするなら、これほど最適な菓子はないだろう。

 

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Dec 7, 2008 08:10:47 AM
[クラシックなフレンチ] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

cinq chef

cinq chef

Calendar

Comments

 madame-H@ キッシュに入れてます。 相かわらず、手間のかかるスープを楽しん…
 ゆり777@ こんにちは。 美味しそうですね~。 チキンがジュージ…
 おかめ@ Re:食べる姿(10/31) なるほど!私も無粋な行為をしていた一人…
 mermerada@ はじめまして! エスカルゴは好きで、メニューに有ると頼…
 福島@ ソーモン う、うまそうですねーーー! 思わず涎が…

Rakuten Card


© Rakuten Group, Inc.