482824 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一語楽天・美は乱調の蟻

2019.01.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
パブロ・カレーニョ・ブスタは真面目で穏やかな人柄を持ち、マッケンローやズベレフとは違う品格の人である。その彼が試合後主審と握手もせずに自分のテニスバッグを2メートルほど投げ飛ばしテニスコートを怒涛のごとく立ち去ったのは、それなりの理由があった。

準々決勝進出をかけた対錦織戦、第23シードのパブロは格上相手に押し気味で試合を進めた、2セットを先取、第3セットのタイブレークを惜しくも落とし、第4セットでもブレークを許し落とした。しかし第5セットのスーパー・タイブレークは8-5とリードしていた。

スーパー・タイブレークとは、今年のオーストラリアン・オープン(全豪オープン)で取り入れられた最終セット専用のタイブレークだ。昨年までは、USオープンを除いてグランド・スラム(四大大会)では最終セットのゲームカウントが6-6になった場合は、2ゲーム差になるまで永遠に続けることになっていた。だから、ゲームカウントが70-68というような、バスケットボールの試合かと思わせるような異常事態が、2010年のウィンブルドンで起きた。スーパー・タイブレークは先に10ポイント取った方が勝ちになる(通常のタイブレークは7ポイント)、ただし2ポイント差がつかなくてはいけない。

パブロ・カレーニョ・ブスタの8-5のリードは、100パーセントではないものの、十中八九勝利を手にしたと言える。しかし、テニスは最後のポイントを取るまで何が起きるかわからない。

次のラリーでパブロの放ったショットがコートの(錦織から見て)左側のネット上部に当たり、錦織のコートのライン際に落ちた。駆け寄った錦織はバックハンドでダウン・ザ・ラインにパッシングショットを撃つ、一方パブロはクロス・コートをカバーするため反対方向に走っていた。錦織がショット撃った1/10秒ほど前に、線審が「アウト」と叫んだ。

パブロはここでチャレンジ(ビデオ・レビューを要求すること)した。彼としてはそれしかないだろう、彼のショットは線審によってアウトとされたのだから、頼みの綱はhawk-eyeのレビューしかない。ビデオで見るとパブロのネットボールはラインにかかっていた、つまり判定は覆り、このポイントはやり直しになるはずだ。ところが審判は、パブロにとっては驚愕の判定を下した、錦織の次のショットがダウン・ザ・ラインに決まっており、反対方向に走っていたパブロには取ることは不可能であった、ゆえに錦織のポイントである、と。つまり、パブロのジレンマとでも呼ぼうか、チャレンジしなくても負け、チャレンジして覆っても負け、その上チャレンジしたことでチャレンジ権を一つ失う、という最悪の結果になったのだ。

壊滅的な心理ショックを受けたパブロ・カレーニョ・ブスタは、このポイントの後1ポイントも奪うことなく、最後は錦織のエースの行方を見届けることもせずコートを去った。(試合後のツイッターで、パブロはコートを去った時の自らの行動を謝罪した。)






最終更新日  2019.01.22 17:37:37
コメント(4) | コメントを書く

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

cozycoach@ Re[1]:トランプ氏、徹底抗戦(05/07) JAWS49さんへ 乗っかっているのは明らか…
JAWS49@ Re:トランプ氏、徹底抗戦(05/07) 極東某国の新興宗教イデオロギーをバック…
cozycoach@ Re[1]:司法長官、それとも誰かさんの顧問弁護士?(05/02) まろ0301さんへ ひょっとすると三権分立…
まろ0301@ Re:司法長官、それとも誰かさんの顧問弁護士?(05/02) 「読んでいない」発言は我が国(オリンピ…
cozycoach@ Re[1]:近代の超克 3.幕間(03/06) JAWS49さんへ おすすめのジュンク堂は名…

バックナンバー

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.