347814 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペンション経営のエピソード/勝手な話(特に冬は)も多々あり!(ノウハウ書をかきました)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


摩周湖を世界遺産にしよう

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

北海道のツーリング… したひろさん

Comments

Freepage List

Headline News

2007年08月27日
XML
テーマ:旅先にて(513)
8月も終わりになり、未だに暑い日が多い屈斜路湖だが、
さすがに朝晩はひんやりして、秋の気配を感じる。

我がペンションでは、
ディナーの最後は通常コーヒーなのだが、
苦手の方もおられるから、必ず確認を取る。

最近泊られた70歳代のご年配のお客様が、コーヒーの代わりとして日本茶を希望された。

少し手前味噌になってしまうが、
「こんなに美味しいお茶(緑茶)を宿で飲めたのは久しく無かったです。」
と嬉しそうに言われた。

「このお茶結構いいお茶なんです。」
と冗談半分でいったら、

「ホテルでは、ティパックのお茶が備わっているが、あればいい的お茶だからはっきり言って美味しいのはめったに無いです。」と笑っていた。

ホテルでは、客室に当たり前として備わっているお茶だが、
我がペンションでは、備えていない。
そのかわり、食事ではそういった素材の美味しさは、大切に考えている。

以前、じゃらんnetで、
「あまり手がかかっていないが、それぞれの素材がいいようで、美味しくいただきました」
との書込みがあったが、

「手をかけすぎて、下手に凝ると意外と一般受けしなくなるので、
良い素材を使用したシンプルさが一番」という考え方をしている。

ワタクシメにポチッとゴシエンを  ついでにこちらもよってけろ






Last updated  2010年03月10日 09時58分35秒
コメント(1) | コメントを書く
[ペンションに関することなんでも] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.