8842725 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「だい」のひとりごと

「だい」のひとりごと

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023/11/29
XML
カテゴリ:私の趣味(読書)


   今日も京都の病院に入院する家内の面会へ! 転院 病院も含めて115日もの入院
   (29/水)
  長い長い長すぎる・・・涙ぽろり 褥瘡(床ずれ)もあって、今日も痛い痛いばかり・・・

   私が病院 着くと、神経内科(難病・​多発性硬化症​)の診察あり! とは言っても

  退院後、次の病院 への紹介状を書いたとだけ・・・ 25年ほど通った病院 だが・・・!
  
   家内は待っている間も痛い痛い・・・首もだるい? 1時間ほど居たが、話も出来ず

  痛くてもどうにもしてやれない・・・ 身体をさすってやるだけ・・・ 手を握りあって・・・

  「また来るネ!」泣き笑い おたがい・さ・み・し・い・なぁ~! 夜また携帯電話 痛い痛い・・・ほえー

  今日も往復5時間10分! 明日 ​先日のお向かいさん新築工事の件で​ 家屋調査あり!
             (30/木)
   -
    面白くて眠れなくなる植物学 (PHP文庫) 稲垣 栄洋

    植物の生き方は、想像よりもずっとダイナミックでドラマチック。
   植物の不思議がわかる! 文庫版でしか読めない「ウイルスとともに生きる」を
   特別掲載!

   1 すごい植物のはなし(ウイルスとともに生きる/木はどこまで大きく
     なれるのか?/植物のダ・ヴィンチ・コード ほか)/
   2 面白くて眠れなくなる植物学(芽が出ない…/竹は木か草か?/
     ニンジンの上手な描き方 ほか)/
   3 読み出したらとまらない植物のはなし(赤ちょうちんは熟した果実!?
     /草原の物語/台所の植物学 ほか) 

     ===  ===  サザンカ(山茶花)  ===  ===

  -
  サザンカ(山茶花) ツバキ科 ツバキ属(カメリア属)
  [別 名]・・・・イワハナビ(岩花火) ヒメツバキ(姫椿)
  [花言葉]・・・・赤は謙譲、理性、白は愛敬、理想の恋。 
          困難に打ち勝つ、ひたむきさ。 サザンカも 薬用植物
  [名前の由来]・・属名の「Camellia = カメリア」は 17世紀のチェコスロバキアの
          宣教師「Kamell カメル牧師」の 名にちなみ「sasanqua」は
          種名で、日本名のサザンカ(山茶花)を 意味します。

  -

    「サザンカ」は「山茶花(さんさか)」が 変化したもので中世後期の初めは
   「サンザカ」と 読まれていたとか? 元禄頃に「サザンカ」になったそうです。 
    漢名の「山茶」は 椿のことであり、サザンカの漢名は「山梅」です!

  

  23/08/28(月)・・・​お風呂に入れて貰った! サザンカの実
                                       
            -         
            
            

  19/12/07(土)・・・​サザンカ(山茶花)が一杯♪  

             
              
             

  

  23/11/28(火)・​家内、今日は穏やか♪ 薬用植物園の実・ゴシュユ、ナルコユリ
                                        
            --
            -
             
  リンク多数あり!  

      ===  ===  チャノキ(茶の木)  ===  ===

  -
  チャノキ(茶の木) ツバキ科 ツバキ属(チャノキ属)
  [花言葉]・・・・・追憶。

     チャノキの花は、10月の終わり頃から咲き始め、真冬まで咲き続ける。
    ツバキ属はこの季節から春にかけて花を開くものが多い。

     緑茶の原料として、日本人には馴染みが深い植物です。中国南西部原産で、
    日本には12世紀に導入されたそうです。 緑茶カテキンに代表されるように
    薬効成分が豊富で古くから、薬用飲料として飲み継がれてきました。 

  -
  
  おまけ画像
  





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023/11/30 12:40:19 AM
コメント(13) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.