941107 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

松本道弘ブログ 元祖ナニワ英語道

PR

X

プロフィール


ナニワ英語道

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月

ニューストピックス

お気に入りブログ

竹内睦泰の超速!日… New! 第七十三世武内宿禰さん

【超入門】簿記3級を… 山田真哉さん

英語ぎらいのための… ビジネス英語講師 戸田博之さん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

hanaのつれずれなる… hanatowakaさん
主婦の英語道 ohisamasansanさん
Pearls in the Shell まんなままさん
知音夢裡尋 tommie_unterwegsさん
アメリカ在住日本人妻 Grace ぐれーすさん
GOC:LAC 【夜の野兎】 kiyoluckさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

 

 ナニワ英語道の世界へようこそ


 When the going gets tough,the tough get going.
(治世は正しい者が勝ち、乱世は強い奴が勝つ)

             

『同時通訳』好評発売中! 

 

             NONES CHANNEL は⇒こちら


           

松本道弘主宰英語道塾 紘道館 コチラ


2012年01月25日
XML
カテゴリ:道草
未来へ進めば進むほど、過去に戻りたくなる。ナニワ英語道ブログは細々と続けていきたい。中三の日記(14歳ほやほや)。4月17日、長兄が筆を手に野球ゲームを作った。見事だった。「兄は、一度つくり出すとなかなかやめない。僕はこの点を兄の長所だと思っている」

兄の創った野球ゲームを色鉛筆で写し、日記に貼っている。5月2日、その数日後、私も思い出したように「相撲ゲーム」をつくった。この日の日記に、「場所の前置詞一覧というのを絵と一緒に書いた。............英語の前置詞兄の教訓を受ける」

兄弟仲がよかった。ゲーム感覚が「絆」となった。弟の篤弘や妹の幸子がいつも、私の創ったゲームに集まってきた。そして、近所の子も、「みっちゃん、寄せてぇ--」と集まってくる。

私にはもう一つの顔があった。それは格闘家としての「ぼく」であった。近所の草相撲では無敵。横綱。夜、米島という男が私に挑んできた。いくら投げても投げても、かかってくる。得意のやぐら投げでたしか相手を40回ぐらい投げた。一度も投げられてないから、近所で横綱という面目を保った。その様子を絵日記に書いた。公認の試合ではないから、行司はいない。私の当用日記だけが行司であった。

 

DSC01845.JPG

 







最終更新日  2012年01月25日 22時38分11秒
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.