000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

FANTA-G

2008.08.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
これは個人の主観なので事実かどうかはわかりませんので、最初にお断りを。

 任天堂って、もしかして「僕らの知っているTVゲームと違うものを作っている気がしませんか?」というもの。
これ、不思議なんですが、ファミコン時代から一貫してヒット作品って「周りとぜんぜん違う異色作ばかり」なんですよね。
通常、なにかヒット作があったら、周りのメーカーがこぞって真似して・・・みたいなのがこの業界の常ですけど、任天堂作品ってどれも当時の「時流に乗って売った」イメージが無いんです。
 例えばスーパーマリオ。あの当時、ゲームの主役はシューティングでした。スクロールジャンプアクション(しかも、銃を撃ったりではなく)というのは異色です。
 例えばマリオカート。歴代のマリオキャラがカートに乗ってレース、というフォーマットはありませんでした(そもそもカーレース=F1などリアル路線の時代)
 例えばスマブラ。格闘ゲームブームはとうに過ぎ去った冬の時代に、任天堂オールスターの多人数バトルで、ヒットさせてしまいました。

 その他にもDSの脳トレ(知育系ソフトは売れないという常識を覆す)、THE Dogs(売れないとされていた女性へのハード普及に貢献)、Wiiの体感(?)ゲームWiiスポーツ、「健康」なるテーマを打ち出したWiiFitなど・・・

 テレビ画面でコントローラーを使って画面内を操る、というのがTVゲームのフォーマットでありながら、一社だけ「TVゲームとは別のものを作っている」ような・・・同業者だけにそれを強く感じます。

 ドラクエ大ヒットの後なのに、あの手のファンタジーRPGを作らない。FFがヒットしたのに華麗なムービーRPGも作らない。コーエーの三国無双がヒットしたのを見て他のメーカーが一斉に群集を倒すアクションを作っている中、同じことはしない。海外市場のメインであるTPS,FPSはさほど多くない(メトロイドとか007(レア社)などありますが)。もちろん、萌えブームにも乗らない。

 時流に乗ろうとした作品もありますけど、あまり本流にはならない。売れなかった作品はあるけど、会社が傾くほどではない。

 でも、日本の競合他社がリメイクや続編に頼り、ソフトが売れないと業績に苦しんでいる中、定期的に確実に新規ヒット作品を世に送り出す。なんだか気味が悪い。

 任天堂って日本のゲームメーカーでありつつ、案外TVゲームメーカではないのかもしれませんな。

 ちなみに来期の販売予想は2兆円を超える勢い。純利益も6500億円(朝日新聞より)・・・6500億円って金額は単純に1000万円の年俸社員をさらに6万人以上雇える計算です。異常だ・・・






最終更新日  2008.08.30 00:28:39

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

adgjm@ 志村ー名前ーw あー、それ俺だからw バカ丸出しwww
爆睡1211@ Re[2]:どんどん危ない方向に食指を伸ばしているようにしか見えない(01/31) Aドッグジャムさん >>戦争被害受…
Aドッグジャム@ Re[1]:どんどん危ない方向に食指を伸ばしているようにしか見えない(01/31) >戦争被害受忍論が自明の人はある意味I…
Aドッグジャム@ Re[1]:ヤンキー先生じゃなくて単なるバカ先生だよ(01/30) >あと人様のブログで他のコメントにつ…
爆睡1211@ Re:どんどん危ない方向に食指を伸ばしているようにしか見えない(01/31) かの好戦的な政治指導者様の目論む積極的…

フリーページ

ニューストピックス

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.