6447613 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふるた技工所(てっこうしょ)

ふるた技工所(てっこうしょ)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

Aちゃん22

Aちゃん22

フリーページ

2014.12.24
XML
カテゴリ:電子工作
2SC372 と言えばシルクハット型の汎用トランジスタとして 30 年以上前に良く使われた石だ。自分の手元にも取り外し品がある。国際ラジオが閉店する時に TO-92 型の 2SC372-O を手に入れた。下の画像はその 2 つを並べて撮ったものだ。右の 2SC372-O には識別のためのマスキングテープの足輪を付けてある。



「TO-92 型の 2SC372 は中身が 2SC1815 だ」と言う話を聞いた事がある。ロットで購入した商社やメーカーは真実を知っていたのかもしれない。個人では正確なことを知ることが難しい。

hFE - Ic 特性を測定する環境ができたので、2 つを測定する事にした。

シルクハット型 2SC372-O の hFE - Ic 特性、データシートに近い上に膨らんだカーブが現れた。

シルクハット型東芝 2SC372-O hFE - Ic 特性、hfe:linear scale

TO-92 型の 2SC372-O の hFE - Ic 特性、これが 2SC1815-O の特性だと言われても分からない程 hFE はフラットだ。

TO-92型 東芝 2SC372-O hFE - Ic 特性、hfe:linear scale

測定結果からすると シルクハット型 と TO-92 型の中身が同じだとは考えにくい。TO-92 型の 2SC372-O 特性は 2SC1815-O に近く、プロセスパラメータを変えて hFE を低くした 2SC1815-O 相当だと考えるのが良さそうだ。

2SC372 が TO-92 型になった時点で、実質は廃番になっていたのかもしれない。

そう言えば 2SC1815-O も国際ラジオが閉店する時に見掛けた様な。そして買わなかった。

関連ページリンク
2SC1815 の海外製互換品測定
測定回路
2SC1815 の海外製互換品一覧
測定回路調整開始





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2014.12.26 00:34:14
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:シルクハット型 2SC372-O と TO-92 型 2SC372-O は違うのか? - TO-92 型の中身は 2SC1815-O なのかも(12/24)   とんとかいも さん
2SC372の登場年は、1976年です。
2SC372のftは200MHz、一方の2SC1815のftは80MHzです。
プレーナの構造が違います。
低周波の領域で、代替として1815が使える場合が多いというだけですよ。
中身は… という想像は間違いです。
(2023.04.17 17:20:47)

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄

コメント新着

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.