393975 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

めざせ健康長寿!!~百万人の健康道場

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2007.10.27
XML
カテゴリ:ガン

「面倒」「時間がない」「費用がかかる」「恥ずかしい」を、乗り越えて早期発見を!

子宮頸がんは減っているが、20歳~30歳代の若い世代に限ると、逆に増える傾向にある。

東京都の服飾クリエイター、ユーゴーさんは、「若い女性にわかる情報があれば」と昨年、市民団体「子宮頸がんを考える市民の会」の依頼で小冊子を作成した。

ユーゴーさんは、22歳の時、妊婦健診の際に子宮がんの検診を受け、「がんの一歩手前の状態にあります」と医師から告げられた経験があるそうだ。

子宮頸がん検診の有効性は、世界的に認められ、欧米の多くの國では受診率が8割を超える。ところが、日本の受診率は2割程度で、特に若い女性では低い。

早期発見、治療で完治するとしっていた人は41%にとどまる様だ。

子宮ガン検診は、ほぼすべての自治体で行われているが、個別にはがきで通知せず、広報誌に載せるだけのところもある。

検診の効用、どこで受けられるかが周知されていない。子宮頸がんで年約2500人が亡くなるが、死者はかなり減らせるはずだ。

 

冬虫夏草通販~無添加・国産の冬虫夏草

知っておきたい冬虫夏草の基礎知識






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2007.10.28 23:01:15
コメント(0) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.