3338473 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

久恒啓一

久恒啓一

Comments

山陰中国地方サムライ@ Re:新著「遅咲き偉人伝-人生後半に輝いた日本人」の見本が届く(12/04) ルパン三世のマモーの正体。それはプロテ…
プロの魂たたら山陰サムライ@ Re:「たたら製鉄 技と精神(こころ)---誠実は美鋼を生む」(07/30) ルパン三世のマモーの正体。それはプロテ…
坂東太郎9422@ ノーベル賞(10/08) 「株式会社Caloria代表取締役社長 管理栄…
一町民@ Re:「男爵いも」--川田龍吉男爵の55歳からの大仕事(03/30) 娘は、函館・湯川のトラピスチヌ修道院に…
一町民@ Re:「男爵いも」--川田龍吉男爵の55歳からの大仕事(03/30) 娘は、函館・湯川のトラピスチヌ修道院に…

Freepage List

Category

Archives

2024/02
2024/01
2023/12
2023/11
2023/10
2006/10/18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
NHKの看板だった磯村尚徳(NHK特別主幹)さんの話を聞く機会があった。
この10年、磯村さんはパリ日本文化会館の初代館長として1995年から2005年にかけてパリに滞在した。この会館は110億円かけた立派な施設で、縄文展、草間弥生展、イサム・ノグチ展、ひととロボット展、伊万里展、広重展、YOKKAI妖怪展、そして来年度は棟方志功展、アジアのキュビズム展、明治の洋画展などが予定されている。パリには世界各国の文化会館が64あるが、中国などを抑えて入場者数はトップだそうだ。

その背景には、ネオ・ジャポニズムという波がある。マンガ・アニメ・ロボット・剣道・柔道・お花・お茶・折紙などにフランス人が大きな関心を抱いていることがある。いわゆるジャポニズムは宮廷やアーチストなどエリート層の感心だったが、今回は日本の大衆文化(すし屋は600軒。デーリーカルチャー)に対する関心の深まりが底流にある。庶民層に影響が及び、特に女性は「フランス人による日本祭」では65%が女性であるのも特徴。現在、フランスは一人当たりの日本文化への投資額は世界一である。

日仏関係の歴史をみると、渋沢栄一、永井荷風などのフランス通の片想いの時代が続いたが、今では逆にフランスの日本への片想いに逆転している。日本では女性が一番好きな国はフランスだが、男性は14位でしかない。
日本とフランスは補完関係にある。フランスは、戦略や企画が得意だが、実行面ではうまくない。日本は逆である。日産のゴーンさんの成功は、構想や戦略を彼が立て、実行を日本人がやったというプロジェクトだから成功した。
20分程度の短いスピーチだったが、示唆とウイットに富んでいた。

磯村さんは昭和4年生まれだから70代後半の年齢だが、元気な姿を久しぶりにみた。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006/10/21 05:55:08 AM
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.