2639683 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がん 催眠療法 統合医療 ホリスティック医療 イーハトーヴ クリニック日記

PR

Free Space


※ご購読希望の方は、こちらの購読登録ページよりご登録ください。

Favorite Blog

はじめます New! mamadocterさん

ヒーリング・カウン… クラリティ777さん

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

lovelovelove7240@ Re[1]:体と心のかかわり(06/11) risaさんへ こんばんは。 私たちは現在…
risa@ Re:体と心のかかわり(06/11) 萩原先生 こんにちは。 以前、知り合い…
lovelovelove7240@ Re[1]:微妙な距離間(06/09) risaさんへ 人との出会いや別れも源泉の…
risa@ Re:微妙な距離間(06/09) 萩原先生 こんにちは。 人との距離間っ…
lovelovelove7240@ Re[1]:生きていることは奇跡なんだ。(06/04) risaさんへ 心の痛みと共に、生命の不思…

Freepage List

2022.05.22
XML


催眠療法の大切なことの一つに
リスペクトだといわれている。

リスペクトとは尊敬と敬愛するとか、
気遣うなどと訳される。

リスペクトはセラピストがクライアントに
対してとる態度なのだ。

では、リスペクトをするとは
どの様なことなのだろうか。

「リスペクトとは、主観的な判断を無くした時に、
その人の背景にある無意識さんの素晴らしさに
敬意を払っている状態」
(無意識さんの力で無敵に生きる、より)

セラピストが主観的な判断をなくすとは、
セラピスト自身が無意識状態になること
なんだ。


そんな意識状態でセッションが
できるのだろうか、という疑問が湧く。

その疑問そのものが判断だと
いうことになる。

さらに、その本では、無意識状態に
なる極意とは「考えない」ことだと
指摘している。

そう、無意識状態だと無限の
可能性に触れることができる。

その世界は「美しい」としている。


興味深いことをエックハルト・トールは
講演で話している。

長年の施術でつかれたカウンセラーは
今まで培った知識の棚は使わず、ただ、
クライアントの話しを聴いている。

やがて、クライアントは黙る。

その気まずさの沈黙の後に、
不思議なことが起こる。

それをクライアント自身が話すことも
あれば、セラピストが自分が思っても
みないような言葉が湧いてくる。

潜在意識(無意識)は使おうと思うと
逃げていき、諦めると側に寄ってくる。

潜在意識を使おうと思ったら、
結局、判断しない、考えない、
すると、「あれれ」と使えるのだろう。

 

催眠のことなら​​​IHC






















Last updated  2022.05.22 07:27:44
コメント(0) | コメントを書く
[がん 催眠療法 ホリスティック医療 ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.