000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一石屋酒店な日々。

PR

全226件 (226件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

蔵元さん紹介 etc.

2019/09/19
XML
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
そろそろ閉店かなって時。
なんと千葉から小泉さんご来店。
「明日明後日辺りには電気が通りそう」
とのことで、その報告に来てくれたみたい。
(ちなみに今だ停電中)

って、めちゃ大変な時じゃん!
この余裕。
どこから来るのか。

自分だったら、意味もなくアタフタしてそうなのに。




というわけで、元気つけてもらおうと焼肉食べに行って来ます。






Last updated  2019/09/19 09:08:03 PM
コメント(0) | コメントを書く


2016/09/11
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
新たにお付合い始めました。
福岡久留米の酒蔵さんです。

池亀 ひやおろし吟醸

とーっても滑らか。スルスルと舌の上を流れていきます。
甘さもそれなりなのですが、舌の上に留まる感じはありません。
先ず、これを基本に。



そして、この酒蔵さんを紹介頂いた時点では、一力的には「?」だったお酒。

黒兜 山田錦50% 純米吟醸

黒兜 夢一献55% 純米吟醸


通常、日本酒を造る際に使用される麹は「黄麹菌」。
このお酒は、現在主に焼酎や泡盛で使われている「黒麹菌」を選択。
正直なところ、黒麹や白麹を使って醸された日本酒は、おそらくクエン酸の影響でしょうか、良いお酒だとは思っていませんでした。さらに、奇をてらった酒、のイメージも強く、王道ではない、とも。
しかしどうでしょう。飲ませて頂いたところ、「あっ!」っと。

たしかに今までの経験にあるお酒達とは、一線が引かれており、違うのですが旨い。
イチゴをつぶしたときの様な香り。
香りから想像出来る通りの濃醇な旨味が口の中で立ち上がった後すぐに、サクッと捌けていきます。
お話を伺う限り、やはりこのバランスを取る為の麹のハゼさせ方が難しかったようです。



池亀ブランドも黒兜ブランドもどちらも良い酒になっています。きっと技術力のある蔵元さんなのでしょう。
まだまだ知らない酒蔵さんありますね。
勉強勉強と。

一石屋酒店の新しい仲間。どうぞよろしくお願いいたします。

春の弱小チームから脱皮を図っていた長女のミニバス。
横浜中部地区ベスト8で足踏みです。
少しずつ駒を進めてきて、今まで当たっていなかった強いチームとあたる事も増えてくるでしょう。
彼女達も練習練習と。






Last updated  2016/09/11 04:55:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/03/11
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
技術系の酒蔵さんと誉高い、高知の文佳人さんとお付合いが始まって五年になります。
美味しいねと、到着したばかりのお酒を飲んでいた時にちょうどあの地震が起きました。

怖かったです。

その後の行動、記憶ははっきり覚えているものと、全く忘れてしまっているものとあります。


5月に入り、宮城塩竈から阿部勘の平塚杜氏がご家族で横浜にいらっしゃいました。
当時小学校低学年だった娘さんの気分転換の為にです。

阿部勘 2016.jpg

横浜滞在の最終日だけ、平塚杜氏と飲みに出ました。

地震の話は避けつつ、お酒の話をした記憶があります。
その中で、一石屋の新しい仲間、文佳人の有澤さんの事もお伝えしました。

ちょっとマニアックな話になっちゃうので省きますが、酒造りの技巧について
「すっごいのがいるよ」と。

平塚さんは技術についての質問をメモし、僕に託してくれました。
その時はまだ、阿部勘の平塚杜氏と文佳人の有澤さんは繋がってはおらず、このメモを通じて繋がり今に至ります。
中間流通としての酒屋をやらせて頂いている中で、もっとも楽しい瞬間です。
生産者と消費者を繋ぐ事もとても大切な酒屋としての仕事でありますが、造り手どうし、飲み手どうしを繋ぐ事も出来るとても楽しい仕事をさせてもらっていると感じる瞬間です。

この事で、阿部勘さんが、また文佳人さんがより高次元のお酒を醸してくれるようになる事も嬉しいし、それを美味しいと言って飲んでくれる飲み手にも出会えると、これまた嬉しい。そして又新たな出会いがある。
ずーっとこのループがある。


3月11日に思いました。


文佳人 辛口純米おりがらみ

文佳人 2016.jpg
昨夜到着致しました。
特注品です。







Last updated  2016/03/11 11:00:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/09/11
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
評判スゴぶるよろしい東魁盛さんからブランニューな秋の酒が到着しました。

東魁盛 純米吟醸 秋あがり


なめからな口当たり
程よく膨らむ華やかな香り
スルルと消えていく味わい


東魁盛 純米吟醸秋あがり.jpg

ちょろっとツマミと本を用意して、秋の長夜にピッタリのお酒です。

27日の酒の会。
東魁盛の小泉さんももちろん参戦してくれます。
ちなみに初参加。






Last updated  2015/09/11 12:49:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/05/20
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
独立行政法人 酒類総合研究所主催の品評会 

全国新酒鑑評会 

今年度平成25酒造年度の結果が公表されました。 



金賞、入賞を受賞された酒蔵の皆さんおめでとうございます。
惜しくも入賞されなかった酒蔵さんもきっと素晴らしいお酒を出品されていたと思います。

とてもハイレベルな戦いで、きっとどのお酒も美味しく頂けるもとばかりだったと思います。



昔、阿部勘の先代杜氏、故伊藤栄氏がこの鑑評会に懸ける想いを
「成績表みたいな物なんですよ。故郷に帰ってから肩身の狭い思いをせずに済むんですよ」的な事おっしゃっておられました。
(追記:阿部勘さん、金賞受賞しました。おめでとうございます。)


何となくしか理解出来ませんでしたが、
伊藤さんは、どのお酒にも自信を持ってお酒を出荷していたと思います。
ただ、その普段から一石屋酒店なり酒屋さんで買って飲んだり、飲食店さんで一杯ひっかけたりのお酒とは別の役割が、この出品酒にはあることだけは確かです。




どうぞ酒蔵の皆さん、来期の造りも魂に響くようなお酒を造ってください。 





少しワクワクした事があります。

一石屋酒店で直接取引させて頂いている高知の酒蔵さんが5軒あります。

酔鯨さん
美丈夫さん
文佳人さん
土佐しらぎくさん
南さん

の5軒さん。

揃って金賞受賞! 
パチパチパチ。

土佐しらぎく 文佳人 美丈夫 酔鯨 南.jpg






Last updated  2014/05/20 03:27:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/04/06
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
午前中、嫁さんと2人で店内リーチイン冷蔵庫の棚割りをチョビットだけ
チェンジ!







巖&浅間山
専用リーチイン冷蔵庫を即席製造


巖 浅間山 専用冷蔵庫.jpg

ずらっと並んでると気持ち良い!
群馬万歳!


店内リーチイン冷蔵庫に入っている巖&浅間山は

浅間山 辛口純米
浅間山 純米吟醸 出羽燦々
浅間山 純米吟醸 うすにごり 出羽燦々
浅間山 しぼりたて純米 古いです
浅間山 純米吟醸 山田錦 これも古いです。先日の酒は未来を救うで出して、とても評価が高かったそうです。ちなみに一石屋の冷蔵庫で熟成させたもの。
浅間山 出品酒 これもまた古いです。

巖 山田錦60 純米 三割麹
巖 山田錦60 純米生原酒 三割麹
巖 純米 オマージュ
巖 五百万石60 純米 直汲み
巖 五百万石55 純米吟醸 直汲み
上州巖 純米吟醸
上州巖 純米吟醸 直汲み
巖 純米吟醸生 アガペー
巖 純米吟醸生 エチュード
巖 大吟醸斗瓶取り


群馬のお酒
浅間山&巖は
一石屋におまかせ!






Last updated  2013/04/06 03:54:14 PM
コメント(1) | コメントを書く
2013/04/01
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
エイプリルフール

なにも思いつきません。



治子 書く!.jpg

美和桜です。














東園.jpg

美和桜です。














スリーマティーニ.jpg


寳劔 土井鉄ちゃん、賀茂金秀 金ちゃん、播州一献 ツボちゃん、いも麹芋 笹山さん、阿部勘 昌弘君




で美和桜です。

流石に昨日は亀ゼリー食べながらオチました。






Last updated  2013/04/01 05:55:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/09/29
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
気がついたら月末ですね。
昨日は銀行仕事を早めに終わらせ、イザ!酒の会の準備!と思っていた矢先、コジロー君が熱出し。
久々に午後の配達を行ってきました。
楽しかったです。



明日はもう一石屋の酒の会です。早いものです。
この会が終わると日本酒の酒蔵さん達は半年に及ぶ酒造りに突入します。
造り手達は皆、胸の高鳴りを覚えている事でしょう。




改めて今回手伝ってくださる酒蔵さんをご紹介

阿部勘酒造店
「阿部勘」
宮城県塩釜市 ぬけた技術力を持つ平塚杜氏が蔵内を引っ張る、上品なお酒。
阿部勘 大吟醸.jpg


小林酒造株式会社
「鳳凰美田」
栃木県小山市 特徴のある華やかな香り。今では関東一の人気蔵。
鳳凰美田 赤 黒 青 黄色 緑


浅間酒造株式会社
「浅間山」
群馬県長野原町 軽井沢と草津温泉の中間に位置し、シャープながら深みのある酒。
浅間山 辛口純米


高井株式会社
「巖」
群馬県藤岡市 人も酒もインパクト大。ファン急増中の硬派な酒。
上州巖 純米吟醸直汲.jpg


株式会社尾澤酒造場
「十九」
長野県信州新町 蔵の嫁さん、美由紀さんが醸すなにかと話題の尽きない酒。
十九 純米大吟醸 山田錦.jpg


高木酒造株式会社
「初緑」
岐阜県下呂市 蔵の娘さん、よしえさんによる柔らかく落ち着いたお酒。
初緑 純米大吟醸山田錦35%.jpg


山陽盃酒造株式会社
「播州一献」
兵庫県宍粟市 めきめき力を付けてきている蔵。特に大吟醸良し。
播州一献 山田錦 純米吟醸.jpg


株式会社アリサワ
「文佳人」
高知県香美市 技術者肌の有澤さんが醸す、透明感抜群でちょうどイイ酒。
文佳人「リズール 特別純米」




今日は早めに寝て明日の備えよっと


嵐が来そうで心配ですが
夜も寝れない酒屋
横浜中華街一石屋酒店はココ!






Last updated  2012/09/29 09:49:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/09/10
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
群馬行ってきました。
友酒家さんと合流しました
友膳さんと合流しました
ごちさんと合流しました
群馬泉さんの蔵、お邪魔してきました
巖さんの蔵、お邪魔してきました
浅間山さんの蔵、お邪魔してきました
亀の海さんと合流しました
誉国光さんと合流しました
草津ホテル櫻井に到着しました
温泉に入りました
宴会しました
先程帰ってきました。






Last updated  2012/09/10 02:13:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/05/23
カテゴリ:蔵元さん紹介 etc.
日本酒 お試し放題.jpg

な、お店に連れて行ってもらいました。

沼津の中華料理屋さんで「一歩」さん


付出しの漬け物からウマい。メロンだそうです。
それなりのところで調理を経験したのち、こちらで開業した模様。
いまは地方の中華料理屋さんも侮れません。

ココの凄さは、写真の通り
ずーっと飲んでても1600円
お燗もちゃんとチロリでつけてくれます。


白隠正宗 一歩 店内.jpgすばらしい





でどこに行ったのかというと、

誰もいない駅
白隠正宗 原駅.jpg


から直ぐの

白隠正宗 外観.jpg

白隠正宗さん



白隠正宗 パストライザー.jpg


コージーローーーー!って言いたくなります

写真は蔵元の高嶋さんとパストライザー(瓶燗火入をする道具です)
高嶋さんがラフ書きをして、商品化されたものらしく
「んじゃ、儲かったでしょ!」とツッコミを入れたら

「いやいや、他の酒蔵さんでも使っているところいくつもあるんですが、パテント取ってないから何も入らないんですよ。
ただ、結婚式の時の機械屋さんから頂いた祝儀袋が厚かったんですよね。」

すばらしい


白隠正宗 井戸水.jpg不思議な貯め水場 鯉は置物です

肝心のお酒の方ですが、ゆっくりと腰を据えていただくお酒です。
派手ではありませんが、はっきりとした味わいがありつつ、やはり米を溶かしすぎない造りから来る綺麗さを持ち合わせています。
具体的な数値は忘れましたが、数値上は酸度もたっぷりあるのに、どこも飛び出た感じがしません。本当よくバランスが撮れていると思います。



特に山廃造りや生?造りのお酒は驚愕


白隠正宗 事務所内.jpg
事務所に開栓後10ヶ月程放っといていたやつを頂いたのですが、
引っかかり無し、ヒネ香無し
非常にスムースに頂けます。
比較する為に開栓直後のものも頂きました。これもスムース。

ダラダラ飲むには最高なお酒ですね
取引始めさせて頂くことにしました。



他にもいろいろ頂きましたが、入荷したらまたご案内いたします。


ということで、Bar VICTORYさんで一杯。
白隠正宗 en バービクトリー.jpg


東海道本線最終で帰りました。高嶋さんありがとう。

本日一石屋酒店は定休日となっております






Last updated  2012/05/23 10:01:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全226件 (226件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.