171467 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

blancaの自由心~感じたままに~

全118件 (118件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

韓ドラ・韓国映画

2006.09.15
XML
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
今、一番楽しみに見ているのは、『偉大な遺産』です。
スカパーのKBSworldで視聴中。

中堅ヤクザのヒョンセが、母親の死によって幼稚園を遺産として引き継ぐのだが
そこは、テーマパーク開発地として狙われている土地で・・・って感じでしょうか。

キム・ジェウォンとハン・ジミンのドラマですが
二人ともとってもいい。
ハン・ジミンは『復活』で暗い顔ばかり見てたので
この作品のはじけた感じがなおさらかわいく思えます。
ジェウォンも、初めはひげ面で「どうよ。。。?」と思ったけど
子供と接するときの笑顔が可愛い。
心境の変化、悩んでいる表情など、本当にうまい!

脇役の面々も結構好き。
イ・ミスクがオールドミスの副園長。
コミカル演技もさすがの風格。

そして、映画『美しき野獣』で、実は主人公か!と思うくらい存在感のあった
あの、ヤクザさんが、本作品でもヤクザのボス。
なんともいい味出してます。
そして、『黄金のりんご』のあの子役の女の子!
もう、むちゃくちゃかわいい!

偉大な遺産・コンジュ

やっぱりコメディーはいいわ。








Last updated  2006.09.15 22:12:38
コメント(4) | コメントを書く


2006.09.14
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
『復活』で、やたらと
「希望」という言葉が出てきたんですけどね
これ、正確にはどう発音するんでしょう。

私の耳にはどうしても『ヒマン(肥満)』と聞こえるの・・・

それで、私に向かって『肥満、肥満』といわれているような気がして

「わかってるからさあ、オム・テウン
今、ダイエット中だから、追い討ちかけないで~」


と何度つぶやいたことか。

気になりだしたら、耳についてしまって・・・

最終回に、秘書クンが
『愛情こそが希望(ヒマン)』といったんだけど
そこで、「そうよね~幸せ太りっていう言葉もあるし・・」
思考が飛ぶ私がいたりして・・・。
イカン、イカン本編に戻らなきゃと
苦笑してしまいました。

ハングル学習も長期休暇中だけど
確実に単語を一つ覚えたぞ!    

 『ヒマン=希望』


イーフロンティアイープライスシリーズ iPodでハングル三昧







Last updated  2006.09.14 10:25:48
コメント(6) | コメントを書く
2006.09.13
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
とうとう最終回。
20話以降はさすがに面白かった。うん。

終わりは新たな始まり・・・

う~ん、ハウンはこのループから抜けられないのかなあ。
それとも、ループではなくて
ウナの元につながっている道程なのかなあ。

また、初めから見直して見たくなりました。

ss_001サイコロ.jpg






Last updated  2006.09.13 15:24:32
コメント(4) | コメントを書く
2006.05.03
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
ss_001サイコロ.jpg

いや、もう、なんていったらいいの。

え~~~!!!

というか

そんな~~~~!!!

というか、とにかくショックでした。

4話は、班長のことは予告でなんとなくわかっていたし
記憶結構早くとりもどすんだなあ~
ウナが入社するのは、シンヒョクの会社なんだあ。
それにしても、あいつら汚いことする!

ってな感じだったのですが

もう、この5話は凄まじい“ジェットコースターストーリー”でした。


記憶を取り戻して
「2人で力を合わせれば、どんな悪党も退治できる」
「兄貴になったんだ!」と、喜んでいたハウン。
それなのに、それなのに・・・

復活

シンヒョクが
「僕たちは合体したんだね」
って、こういうことじゃなかったはずなのに・・・(T△T)

で、見直して見ると
バスターミナルでの
ウナとの別れに胸が痛む痛む。
ハウンとウナとして会うのは
最後になっちゃうのね(/_;。) ウッウッウッ

チェ・ドンチャンってほんっとに嫌な奴
この人↓
チェ・ドンチャン

おまけに、イ議員!
イ議員

このアジョシ↑は「純粋の時代」で
コ・スのとってもいいお父さんだったので
イ議員はそれほどヒドイ奴じゃないような
気がしちゃってたんだけど
あの高笑いみてるだけでムカムカしてきました。

ああ~。また1週間が長いわ。

それにしても、冒頭の「前回までのあらすじ」
毎回やたら長いですよね。
それより本編を少しでも長く見た~い!







Last updated  2006.05.04 01:14:44
コメント(6) | コメントを書く
2006.04.20
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
復活3

毎回、惜しげなくハウンの秘密が明らかになっていきますねえ。
思わせぶりがいっさいなく、小気味よい展開。
いいわあ。

でも、あれだけクリソツな兄弟。
関係者が見たら、そりゃわかるわなあ。
オンマが知ったらどうなるんでしょうねえ。


灯台のエピソードは、とってもステキでした~。
ウナを探して来たハウンが白いほう(ウナ灯台)
ウナが赤いほう(ハウン灯台)にいるのが
なんとも・・・・。

帰りのハウンの照れかたが可愛かったし、
翌朝の笑顔も↑◎

しかし、事実を知った班長。
やっぱり無事ではいられないのかしら。
次回が気になる~~~~~。


ウナの小役(中学生時代?)が『王の女』のソンイなんですよね。
あの子見るたびに『王の女』見たくなっちゃう。







Last updated  2006.04.20 11:53:51
コメント(10) | コメントを書く
2006.04.17
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
ぺ・ドゥナとカン・ドンウォンのドラマという以外
まったく内容を知らないで見始めたんですが

楽し~

「子猫をお願い」の双子も出てるのね

はじけた高校時代も
ソウルに出てきてからも

“不幸な境遇にもかかわらず、健気に生きるヒロイン”ではなく
不幸な境遇を蹴り飛ばし、踏み潰し、前進するヒロイン

そうこなくっちゃ!

カン・ドンウォン、可愛いじゃない!
「マジック」しか見てないから
なんでいいの~?と思ってたんだけど
こりゃ「ドゥエリスト(ちがったかなあ?。原題:刑事)行くべき?







Last updated  2006.04.17 11:57:59
コメント(13) | コメントを書く
2006.04.13
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
fukkatu2わ

ミステリー好きの私には、今一番楽しみなドラマです。
オム・テウンのどこがいいんじゃイ!と思っていたんですが
刑事の方のテウンの、あのクシャっとした笑顔、
テウン好きにはたまらないんだろうな~と
思いました。


余談だけど、どうも最初に見た作品の印象が
ついてまわっちゃうんですよ。
なにしろ、ハクト(@怪傑春香)が憎らしかったからね~
うがい薬くんも『星を射る』の悪印象があって、
いまだに・・・だから『茶母』にはまれなかったのかも。
ジソプも、初めに見たのが『おいしいプロポーズ』だったら
ダメだったのかなあ。



で、『復活』に戻ると・・・
1話で???だったことが
だんだん明らかになってきました。
そっか~、兄弟だったんだ~とか
お父さんが調べてた事件なんだ~とか

ますます気になる
誰があの子を預けたの?
屋台のアジョシは、本当に何も知らないの?

ワクワクしますねえ。


それにしても、弟の義父のアジョシ
確か、『美しき日々』でも、友人の奥さんと結婚したよな~
略奪愛アジョシと呼ぶことにします。


もう一つの楽しみは
ミサを思い出すどきどきハートというちょっと嬉しいおまけがついてくるところ。
 ●ホテルを出たところでガムをかむテウン
   (でも、やっぱりジソプのほうが100万倍カッコいい!)
 ●妹をオンブして、もう一回りしようと言うテウン
   (やっぱり、ジソプが1億倍カッコいい!)

いや~一週間に一話というのが、なんとももどかしい。
早く3話見たいよ~







Last updated  2006.04.13 13:07:10
コメント(13) | コメントを書く
2006.03.21
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
ヨンムン&ジョンファ

ジキ・ハイ熱も、ようやく微熱、というところまでおさまりつつあるので
これまでに書いていなかった
映画やドラマの感想に手をつけ始めようとおもいます。


『海神』
初めのうちはちょっと乗れなかったこのドラマ。
原因を考えると、ジョンファとチャン・ポゴの恋愛話に
まったく興味がわかなかったことに尽きるんだな。

でも、ジャミ夫人との対決はホントに面白かった。
主役にまったく興味がないのに面白かったドラマは
これが初めて(爆)

私の中では主役はジャミ夫人とヨンムン

だから、ジャミ夫人の最期はなんとも切なかったし
ヨンムンには何度泣かされたことか

最終回でチャン・ポゴがヨンムンに
「お前は、与えられた運命に妥協してきただけだ。」
「ひとつ妥協すると2つ、3つと妥協しなければならなくなる。
だからお前は勝てない」というのよ。

このチャン・ポゴの言葉は、私の胸にもグサッ、グサッとささり
血まみれになってしまったけれど
ヨンムンがそういう運命を受け入れる選択をした時に
どれだけ苦しんだのか知っているのか!!!!

と叫びたくなりましたよ。まったく。

ソル大人を初め、素晴らしい人との出会いで
潔く生きることを身に付けられたチャン・ポゴは
そりゃ凄い人だとは思うけどさ、
不本意ながら、いままでの恩をあだで返すことの出来なかった
ヨンムンの無念さも理解して欲しいよ。

自分を信じてくれる
(“信じる”とは到底信じられないものを信じることだそうな)
チャン・ポゴを手にかけるヨンムンの気持ちに
泣けました。
そして、その直後のキム・ヤンの仕打ち!
腹が立つ~
結局キム・ヤンの思い通りかい!
でも、さっきのチャン・ポゴの言葉を借りれば
キム・ヤンは“与えられた運命に妥協せず、果敢に挑戦した”ワケだから
勝って当然!?

そして、ラストシーン!
え!?
結局生き残ったのはジョンファとチャン・ポゴJr.だけなのね?
そのうえ、ジョンファはチャンポゴの骨を撒きながら
チャンポゴのことだけを思い続けるってわけなのね?

ジョンファめ!!
はじめっから気に食わない奴だとは思っていたけど
この女大嫌いだ!


というわけで
主人公も女主人公も大嫌いでしたが
壮大で面白い歴史ドラマでしたうっしっし

時代劇って面白いもの多い気がします。
チャングムもそうだったし、
今は「王の女」これまた毎週楽しみに観ています。









Last updated  2006.03.21 22:34:08
コメント(10) | コメントを書く
2006.03.07
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
うつせみ2

出演:イ・スンヨン、ジェヒ
監督:キム・ギドク
2004年 韓国


いや、もう、なんていったらいいか
とにかくこれは、

むっちゃくちゃ好きな映画です

キム・ギドク監督の
初期の作品に見られる、
“社会に対するアグレッシブな表現の中のロマンチックさ”
に惹かれていたのですが
「こんな作品も作るようになったんだ~」と
感激しました。

でも、もちろんキム・ギドクのカラーはそのまま。
今までの、とっつきにくさを全く感じないので
見やすい作品になっていると思いました。
オープニングから良かったし、
キム・ギドクらしく、ラストも・・・

イ・スンヨン意外に良かった~
ジェヒは期待どおり良かった~

公式サイト覗いたら
メイキング映像がUPされていました。
メイキングを観たら、もう一度劇場に足を運びたくなりました。








Last updated  2006.03.07 22:31:49
コメント(7) | コメントを書く
2006.03.01
カテゴリ:韓ドラ・韓国映画
〔送料無料キャンペーン中〕セックス イズ ゼロ-DVD-

監督 ユン・ジェギュン
出演 イム・チャンジョン、ハ・ジウォン
原題 色即是空
2002 韓国

これもまた、抵抗のある邦題ですねえ。
英題そのままなんですが。

韓国の映画の題名は“単語もの”結構ありますね。
日本人的には、それは好みではないんでしょうね。
「野獣」には、なぜか「美しき」がついちゃうし
「外出」も英題を訳して「四月の雪」になりましたよね。
「エンジェルスノー」の原題も「一日」だったし・・・。
でもね、日本の場合
二字熟語でなければ
単語でもOKみたい。
英単語のタイトル多いし(ハリウッドモノ以外で「HERO」「LOVERS」もそう)
韓国映画では
テル・ミー・サムシングという英題を使わずに「カル」でしたもんね。
そうそう、今度行く「空家」も「うつせみ」に。ひらがなはOKなのね。

あ~すっかり脱線。

つまりねえ、この映画とくにコメントないの (⌒▽⌒)ノ_彡☆バンバン!
青春ドタバタコメディーっていうんですかねえ。

韓国ドラマを見始めたばかりの頃は
“なんてプラトニックなの!”なんて感動したものですが
その真逆の作品です。
異性に興味バリバリの大学生たちの日常!?
そういえば全く講義場面でてこなかったような・・・
まあ、そういう節操のない生活をしていると
痛い目に会いますよってことかな。

かる~く観て、こんなもんかなあ~と言える
映画ってとこでしょうか。
観客動員はかなりだったそうですけど、
かなり汚いシーンも出てくるので
おえっ!となるのは覚悟してくださいね。

兵役後に入学したという新入生ウンシクは28歳という設定だったけど
行動は高校生みたいだった。

ハ・ジウォンの腹筋をみて
「運動しなきゃなあ」としみじみ感じて
久しぶりに腹筋運動しちゃいました。
これで、お腹の肉がとれたら
あらためて、この映画を宣伝することにします。







Last updated  2006.03.02 00:43:54
コメント(6) | コメントを書く

全118件 (118件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.