124294 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2004年06月21日
XML
カテゴリ:SF
 特集 異色作家短編集・別巻

「ニュースの時間です」シオドア・スタージョン
新聞・テレビ・ラジオのあらゆるニュースを読み聞くことを生きがいにしていた男が、妻に物理的にニュースを禁じられた。その結果、男は自我が崩壊し、ただひたすら芸術を生み出し続ける。それを精神病だとし、治療にあたった結果、自我を再び形成する事になった男は、殺人を犯す。・・・うちの、ダンナみたい。(殺人はやらないとは思うけれど)

「床屋の予約」チャールズ・ボーモント
価値観の違い。

「グーバーども」アヴラム・デイヴィッドスン
むかしむかし、あるところに・・・・

「王侯の死」フリッツ・ライバー
ファンダムの私小説?(笑

<デッド・フューチャーReMix>永瀬唯
“『幼年期の終わり』という作品を論じるに、「帝国主義的世界観」と形容する動きが、批評界にはある”・・・SF小説1作を詳しく読み解くと、現在の論評のあり方が、すでにSF界でおこなわれいたのだと気が付く。もちろん、なんの影響力もないままに、ではあるが。(内輪ネタでおさまってしまうのは、SFファンの特技?)

<SFまで1000000光年>水玉蛍之丞
手書きのページ。SFファンのきわめつけがこんな状態です。

<跳ばされて行く先>タカノ綾
『地球の長い午後』は、わたしもすきなSFのひとつ。

「イジュティハードの門」林譲治
物理学は、宗教学を越えて神を見出す事ができるのか。
(ああ、『ウロボロスの波動』はどこやっちゃったんだろう(^^;)

<サはサイエンスのサ>鹿野司
――マスメディアという世界観 その1――
世の論争を、科学的に論破する・・・してる?

<潔い選択と“ないものねだり”>香山リカ
子育てが終ったら、老人介護がまっている。他人の子どもを育てて、お金をもらって「やりがいがある!」って思うのは、どうも納得いかない。もちろん、「こどもが嫌い」なのに、無理に産むこともないと思うけれど。女性の自立って、金銭的に自立してなきゃ無理なのかな。夫が、「俺の金で養ってやっているんだ」と思っている限り、主婦は自立できないね。めんどくさいから、そんなことも考える気力がなくなる。
さあ、結婚てオンナの幸せ、っていう時代じゃないのね、もう。
別にわたしは不幸じゃないけれど(苦笑

「バレエ・メカニック<後篇>」津原泰水
父親の娘の物語だったのね。なんと、奥が深い。

「ザ・ジョー・ショウ」テリー・ビッスン
メディアをとおして、人類はショーを楽しむ。ところが、メディアそのものが、ショーを要求してきたら・・・ということかな?

対談の中にもあったけれど、かなり私小説的なSFばかりが揃っている? で、どうしても、気になる作家がいるんだけれど、その名前は、なかなかお目にかからない。遺した作品も少ないけれど、好きな作家だ。リチャード・ブローティガン。ダンナが教えてくれた作家。何年か前にピストル自殺している。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2004年06月21日 21時59分17秒


カテゴリ

お気に入りブログ

ハーブを収穫に New! G. babaさん

またまた、なんか来た 岡田@隊長さん

令和6年度宮城県防… 防災宮城さん

【お知らせ】ブログ… 楽天ブログスタッフさん

七生子のお買い物日記 七生子☆さん

バックナンバー

・2024年07月
・2024年06月
・2024年05月
・2024年04月
・2024年03月

© Rakuten Group, Inc.
X