123768 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

2004年06月27日
XML
カテゴリ:旅行誌
無事、田植えを終えて、くたびれた体には、この雑誌はいい気分転換になるな。

特集「白洲正子が往く、京都」

京都は、高校の修学旅行以来行ったことがない。ま、旅行というものをしたことがない、と言ったほうが早いか(笑。事情は、金がない、暇がない・・・なんだけどね。まあ、修学旅行とは関係ない京都っていうのも、いいかもしれないね。なんせ、歴史は苦手だし。白洲正子さんという作家さんも知らなかったし。

「港町食堂」奥田英朗
今回は五島列島。「顔が*マークになる」って、(*^^*)のことかな? で、奥田さんの小説も、こんな感じなんですね、結局。(って、何が結局なんだか)。本屋さんで立ち読みして、わかりました。(「買え」って?)そのうち、ヒマができたら読みます。

「旅供養」さだまさし
十津川。…鈴木秀行クンの紀行と重なる。いや、鈴木クンは十津川には行ってない。ただ、その風景が。シンクロニシティーって言うのかも。<百二十年前の「恩」>とあるけど、へたすりゃ、「恨み」もそんだけある場所もあったりして…ないと信じたいけれどね(^^;

「驚きのガラパゴス」写真:矢部洋一
自然界を相手に、シャッターを押し続ける。一瞬たりとも、同じ表情を見せる事はない。これが、すべてではない、と読者は知っているのだろうか。

「コルモラント号航海記」鈴木光司
ま、お金持ちの悠長な作家の紀行文。っていうと、ひがみに聞こえるかなぁ(爆笑。世界には、平和と戦闘が共存していると、実感。だけど、戦闘地域へ取材に行くにんげんと、自然の脅威へと挑むにんげんと、どっちが人間的なんだろうね。あ、鈴木さんは、単に自分の人生を楽しんでいるだけなんでしょうけれど。

「鉄道が運んだもの」関川夏央
<太宰治の帰郷>…また、太宰作品を読み返してみようかなあ(^^;

「酒界遺産」藤田千恵子
じっくりと、日本酒を味わいたいと思う。が、慌しい日常じゃ、叶わんな。老後の楽しみとしておこう。

「地麺’ウォーカー」勝谷誠彦
あの、勝谷さんの隣りのヤギさんは、いったいなんなんですか?
蟹の取材は、確か某誌。(買わなかったけれど、立ち読みしてました)ところで、このコラムのタイトルは“だめんずうぉーかー”の駄洒落ですか?

で、みょうな広告発見
『フォーサイト』っていう雑誌。会員制の雑誌だって。
http://www.for-s.com
って、主婦に必要なのかな(^^;、っていうか、旅の雑誌にこんな雑誌の広告はめずらしいな。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2004年06月27日 20時53分31秒
[旅行誌] カテゴリの最新記事


カテゴリ

お気に入りブログ

【お知らせ】ブログ… 楽天ブログスタッフさん

東京へ行ってきます。 G. babaさん

6月12日は「みや… 防災宮城さん

カーボロイド 岡田@隊長さん

七生子のお買い物日記 七生子☆さん

バックナンバー

・2024年06月
・2024年05月
・2024年04月
・2024年03月
・2024年02月

© Rakuten Group, Inc.