000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

jasjeの絵日記

PR

X

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

いま欲しいもの

2008.10.19
XML
カテゴリ:いま欲しいもの
『どうしたら外国語を話せるようになるか』についての仮説を『認知と思考』という授業をとってくれている学生たちと一緒に考えています.いや本当に知りたいのは『どうしたら外国人と話せるようになるか』ということ.

目標をどの高さに置くかによって様々な答が考えられるのだけれど,使用される語や表現が少なくて済むような分野や状況を選べば,外国人とコミュニケートできるようになるのはさほど難しくない.たとえば病院や施設で退屈している外国人に将棋を教える,というような設定をしてしまえば,最低限必要な語や表現はごくわずかです.ひょっとするとひとことも外国語を使わなくてもかなりの時間外国人とコミュニケートできるかもしれない.

で,1時間ほど協力的な外国人と一緒にいて『外国人と話せるようになる』方法を試してみることにしました.スポーツとか料理を一緒にする,絵を描いたり陶芸を一緒にやってみる,とかいろいろ考えられる中で,言葉を使ったゲームをやってみることにした.

細部はいま工夫しているところですが,だれかそんなことをもう試してみた人がいたら教えていただけると嬉しい.






Last updated  2008.10.19 18:26:31
コメント(5) | コメントを書く


2008.02.10
カテゴリ:いま欲しいもの
昨晩久しぶりにマンションの火災報知器の警報が鳴り響いたので管理室にとんでいこうとしたら,ほかのお宅の人達がうちのほうにやってくるじゃありませんか.うちの階段の天井部分についている煙式感知器が火元(?)だったんですね.

火のないところに煙は立たないけど煙のないところでも警報は鳴る.何事もないのを確認してみなさんにはお引き取りいただいたんだけど,久々の誤作動でした.雪は降ってるし早めに入ったお風呂の湯気が原因だったらしい.警報から45分たって管理会社の係員が駆けつけてきた.雪の中を気の毒だった,とはいえみんな燃えちゃったあとだね.

誤動作防止の対策:風呂の扉は閉め換気扇を回すこと(CO2排出量増えないか?)

消防法の改正で2006年6月から義務化した住宅の火災報知器設置が,既設住宅でもことしの6月1日から3年間の期間のどこかで義務になります.みんながみんなマンションみたいにセンターからひとが飛んでくるシステムじゃないでしょうが,10年以上火災報知設備とつきあってきた経験から判断すると,誤作動による出動が増えそう.それは経済の活性化につながるのか,狼少年効果で火災警報への信頼が低下するのか,気をつけて見ている必要がありそうです.

量産されればコストも下がるはずだから煙式と熱式のハイブリッド感知器を実用化するとか,設置場所の平常時の室温変化のパターンを記憶・モデル化してその現場での異常値が出たときだけ警報を発するような学習する感知器とか,より正確に作動する火災報知器が増えてほしいものです.








Last updated  2008.02.10 14:45:31
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.06
カテゴリ:いま欲しいもの
ひらめきおよそ機械や道具類,とりわけ市販されている製品に附属している取扱説明書を製品ごとに全部収録したデータベースみたいなものがあるとうれしい.メーカーによっては自社製品に関してそういうサイトを作っているところもあると思うけど,例えば目の前にある電化製品の製品名,型番,あるいは写真だけからでも,そのものが何で,どこを押すと何が起きるかがわかるようなものがほしい.携帯からでもアクセスできると便利.

製品についてきた取扱説明書を無くした場合もあるし,すぐ出てこない場合もある.自分で管理する自信が無くてデータベースに「預かってもらいたい」みたいなこともある.

オントロジーをきちんと構成して,取扱説明書の内容がXMLかなんかで構造化されているのが理想だろうけれど,とりあえずは今既にある文書をスキャンしてPDF化した程度のものでも我慢する.ウィキペディアみたいにみんなでマニュアル図書館サイトを育てて,そこにメーカーも参加してくるというようなことにできないもんでしょうか.

-------------------
えんぴつカテゴリ【いま欲しいもの】は,ありそうなのにないもの,探しているんだけどなかなか見つからないちょっとしたソフトウェア,そういったものの心覚え.どこで手にはいるかご存じの方はぜひ教えて下さい.






Last updated  2008.02.06 11:40:44
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.05
カテゴリ:いま欲しいもの
今朝は新百合ヶ丘駅構内での何やらの故障とかで小田急線上りが大幅に遅延+混雑.昨日に引き続きの災難でした.

成城学園前駅で急行を4本やり過ごした後,臨時に出た同駅始発の各停に紛れ込んだのだけれど,結局,1時間かかるはずの通勤に2時間かかり,朝の会議を逃しました.ラッシュ時に運行本数40%減はつらいものがあります.急行はどれもあんこはみ出し状態なので半身も入らない.ま,半身だけ着いてもしょうがないが.

各停に乗っている間も手が携帯の入っているポケットまで届かないため,昨日のように狂歌や川柳を打ち込む余裕も無し.明るい側を見れば,あれだけ押されて小刻みに揺すられていると,もしかしたら痩身法としては効果的かもしれない.

で今日の「いま欲しいもの」は口でくわえられる携帯,ではなく,故障がわかった時点で目的地への到着時刻が予測できるシステム.過去のデータがある程度そろっていれば故障のタイプや時間帯,対策をもとに,それなりの予測ができるはずだけど.それをもとに別ルートを検討させていただきたい.






Last updated  2008.02.05 18:15:54
コメント(3) | コメントを書く
2007.12.24
カテゴリ:いま欲しいもの
トイレのふたを開けるたびに見える注意書きがこれ:

12220001.jpg

でもちょっと待ってくださいよ.トイレットペーパーで手入れをするなって書いてあるけど,トイレにはまずトイレットペーパーが付き物じゃないか.だったらなぜトイレットペーパーでいちばん効果的に拭けるトイレを作ってくれないのかな.それが親切というものだと思いますがね.







Last updated  2007.12.24 14:02:49
コメント(3) | コメントを書く
2007.03.22
カテゴリ:いま欲しいもの
monu.jpg

交通事故で死亡者が発生した地点に1人分1本づつ建てて行き,犠牲者の霊を慰めるとともに事故の記憶を新たにし,交通事故死の累積的な規模を可視化するためのモニュメントです.

道路を人と自動車が一緒に使うようになってざっと110年(道路交通問題研究会編(2002), 『道路交通政策史概観』,プロコムジャパン/紀伊国屋書店),交通事故死者の数は頭打ちになったはいうものの,毎年1万人近くの方が亡くなり続けています.警察統計(24時間統計)によれば平成2005年の年間死者数は6871名とようやく7000人を下回り,50年ほど前のレベルにまで下がりましたが,事故後1年以内の死者数を数える厚生統計は24時間統計のざっと50%増しになりますので,約1万人.







Last updated  2007.03.22 16:37:42
コメント(4) | コメントを書く
2006.12.06
カテゴリ:いま欲しいもの
今朝乗ったバスの運転手さん.「カーブで揺れます.右から揺れますから」とか,「ブレーキかけます」とか,親切に教えてくれる.なにぶん満員で外もろくに見えないものだから,この情報は結構有用でした.駅の放送で「閉まるドアにご注意下さい」というのとは似ているようで違います.

ことのついでに,混んでいますのでどこそこまでは何分ぐらいかかりますとか,直前をいい加減なドライバーが走っていますので急ブレーキをかけるかもしれませんとか,知らせてくれると面白いかもしれない.この先,なんとかさんのお宅の藤の花が咲きました,なんてのもいいかなあ.

ところでバスの運転手さんのことを「サービスプロバイダー」と呼ばせているバス会社がありますが,どこの会社でもそうなのでしょうか.なんでこんな難しいカタカナ語を使わせるのか理解に苦しみます.そりゃ運転手さんは運転するだけでなく車中のサービス一般をプロバイドするでしょうよ.でもそれは運転手としての仕事の一部なのだと,少なくとも乗客のほうはだれでも理解している.「運転だけしていればいいんじゃないよ.お客様にひろくサービス一般を提供するのが仕事なんですよ」というのは乗務員研修かなんかの機会にきっちりやって下さればいいのであって,カタカナ語に弱い人だって沢山いるお客様にこういう言葉を使わせるのは×






Last updated  2006.12.07 11:25:16
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.04
カテゴリ:いま欲しいもの
といっても,その原理を説明していただきたいわけではありません.ノートパソコンや携帯に使われている充電池と自動車用のバッテリは種類が違い,その性質上充電の程度を表すのが難しいのだという説明は友人から聴きました.わたしが知りたいのはこれだけ技術が進んだ世の中でなぜそんなものがまかりとおっているのかということなんだね.

週末ドライバーだからどのみち運転できる機会は限られてくるのですが,このあいだ一月くらい乗らなかったら見事にあがってしまった.

それは当たり前のことだと思われているらしくて,ディーラーさんはせめて半月に一度,できれば毎週,30分は車を動かして下さいと言っていた.なんだ犬と同じじゃないか,ときどき散歩に連れ出してやらなくちゃいけないんだ.

でも,用もないのにバッテリのために車を動かすのはエコドライブ/エコライフじゃないよね.ハイブリッドカーとかって今よりもっとバッテリ使うんでしょ?

使わなくてもあがったりしないバッテリがあればそれにこしたことはないけど,せめて...

【いま欲しいもの】
充電の度合いが下がってくるとインジケータで知らせてくれる自動車用バッテリ.大小二つの部分に分かれていて,大きなバッテリがきれると小さなほうに接続が切り替えられ,同時に警告灯が点る,というのでもいいと思う.






Last updated  2006.04.04 17:12:00
コメント(4) | コメントを書く
2006.03.28
カテゴリ:いま欲しいもの
崖ノ観音

去年の2月に南房総の枇杷倶楽部道の駅とみうらを訪ねたとき,せっかくここまできたのだからと,崖ノ観音まで散歩してきました.道の駅とみうらは庭と川が一体になった素晴らしい施設で,何年か前に全国道の駅グランプリのトップに輝いたのも,さもありなんと思われます(その前の年の10月にも一度訪れたのだけれど不定期休だとかで閉まっていた.駅が閉まる日があるとは思わなかったので驚いた).

当時は道の駅からの散歩ルートマップなんかはなくて,さほど遠くもない崖ノ観音に行くのはちょっと面倒でした.どこの道の駅に行っても散歩マップがそろってるようになるといいな.






Last updated  2006.03.29 18:37:35
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.20
カテゴリ:いま欲しいもの
古い写真や絵はがきがあるのだけれど,それがどこで撮られたものかわからない,知りたい,ってことありませんか.

ウェブサイトはこんな時,有力なツールになりうるわけで,そういう写真を掲載して,サイトを訪れた人に役に立ちそうな情報を提供してくれるよう呼びかけをしてみるといい.

これをうまく実現して,一種のエンタテイメントの域にまで高めている(?)のが,オランダのサイト,Zoekplaatjes(「お尋ねもの写真」とでも訳しておきますか)です.これを運営しているのが一見カタそうなハーグ市の公文書館だというのがいかにもオランダで楽しい.

こんなの,日本でもあっていいと思いました.詳しくは>>






Last updated  2006.03.20 14:37:35
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.