1334566 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「ことば探し」

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

自分を信じる

2018.08.29
XML
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》


■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




人間は、そんなに強くはない。
だから、ときには弱気にもなるし、心が折れそうにもなる。
しかし、
「私にはこれ以上無理」「オレにはそんなことはできない」
と開き直るのは、成長の芽を自分でへし折っているようなものだ。
限界ぎりぎりまで力を尽くしてそう言うなら、まだわかる。
しかし、全力を尽くさない人間に、
その限界点などわかるはずがない。
自己診断で自分の限界を決めて、
思いつく限りの「できない理由」をかき集める。(略)

限界は、簡単にわかるものではない。
まして、「自分はこれでいいんだ」などと開き直ってしまうのは、
将来起きるかもしれないあらゆる可能性を、
すべて消し去ってしまうことになる。



出典元 「救う力」
おすすめ度 4
著者名 吉岡 秀人



国際医療ボランティア「ジャパンハート」の
創設者 吉岡秀人さんは、こう言います。

「人事を尽くして天命を待つのが、前向きの開き直り」
「やるべきこともやらずに白旗を揚げるのが、後ろ向きの開き直り」

だと。
まだやってもいないのに、あるいは、まだ始めたばかりなのに、
「私にはこれ以上無理」「オレにはそんなことはできない」
と簡単に白旗をあげて、開き直ってしまう人がいます。

かと思うと、歯を食いしばり、まだまだとばかりに、
必死に無理に頑張っている人もいます。
周りが、もう限界を超えているのでは…と見えていても。
とかく、自分の限界はわかりにくいものですよね。

でも静かに自分の心に聞いてみれば(病気の場合を除いて)
逃げているだけなのか、本当に限界なのか、
自分で感じられるもの、わかるもの、と私には思えます。

「まだまだ本当には限界でない」とわかっているなら、
人生は1回だけですから、これからまた本気出して、
何かに挑んでいくのも悪くない、と思いますが、いかがでしょうか。




■今日のおすすめ本

タイトル : ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
著者 : 長岡 秀貴
出版社 : サンクチュアリ出版 (2011/6/20)
おすすめ度 : 5


若者の自立を支援している日本一小さな学校「NPO法人侍学園
スクオーラ・今人」通称サムガクの設立者の著者が、熱き思いや
学園での出来事や印象に残った生徒の話などを通して、ラインを
超えて生きていくことを語りかけてくれる本。

著者は、こう語りかけています。
「「ライン越え」は、どんな人にも「呼応」するはずだと
 思っている。
 みんな苦しい。
 みんな悲しい。
 みんな辛い。
 でも、諦めなければ間違いなく、「笑顔」というゴールは
 やってくる。
 そのラインを超えていく姿の向こうに、眩しいばかりの明日と
 笑顔をあることを、俺はたくさん見てきたんだ」


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 「今日のおすすめ本」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年7月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.08.29 22:27:52
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.30
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




自分が続けてきたものを否定したらダメ!

少なくても、何一つ喜びや満足感のない仕事というのは、
おカネのために一定期間続けることはできても長くは続きません。
だから、自分に自信を持っていいのです。

なにかしらの喜びがあってひとつの仕事を続けてきたのですから、
そこにはちゃんと積み重ねてきたものがあります。


出典元 「精神科医が本気で考えた「幸福感」の育て方」
おすすめ度 3.5
著者名 和田 秀樹



仕事だけではなく、趣味でも、運動でも、
自分が長く続けてきたものがあるとしたら、
例え、成果が目に見えなくても、
なんとなく惰性で続けていると思えても、
何のためにやってるのか、などと思えても
否定してはいけないそうです。

そこに、自分にとっての大切な何かがあるということです。
続けるだけの何か、大切なものが。
それを、自分では否定してはいけないのですね。

しかも続けるという行為は、
脳的にも、精神的にもとてもよい効果があるそうですよ。
落ち着けるとか、無になれるとか、自分の原点に戻れるとか、
ストレス発散にもなるそうですし。
自分がずっと続けてきたこと、大切にしていきましょう。




■今日のおすすめ本

タイトル : 迷ったときこそ、続けなさい!
著者 : 坪田 信義 (著), 根本 真吾 (著)
出版社 : クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2010/1/15)
おすすめ度 : 4


50年間、ミズノでグラブを作り続けた坪田名人と、スポーツ
ビジネスの専門家の2人が、続けることの大切さを教えてくれる本。

この本では、こんなことを教えてくれます。
「坪田名人から学んだプロフェッショナリズムのエッセンスは、
 「しっかりしたもの」「軸を持つもの」といえる。
 そしてそれは「続けることで得られてきた力」の数々だ。
 移り気にあれこれと飛びつくのではなく、しっかりと腰を
 すえて身につけてきたものだ。
 短期的なことに慣れすぎている我々は、すぐに結果が出ないと
 不安になる。でも、心を込めて、打ち込んでいるときっと
 光が見えてくる」


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/yomikata/reading.php?reading_id=3556&p_num=1



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2018年4月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>







Last updated  2018.05.30 22:28:11
コメント(0) | コメントを書く
2017.02.14
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 ★詳細は→「楽になろっ!」

■色紙代わり、お祝いカード、アファメーションなどに
 幅広く使える「無地のカード」好評発売中!

★詳細、使い方などは→「無地のカード」




自分なりの「富」を見つけられる
あるがままの豊かな心を養いたい。


他人の声や世間の基準を持ち込まずに
自分の心が本当によろこぶことはなにか、
じっと目をつぶって五感で探してみよう。


出典元 「自分に水をやる」
おすすめ度 4.5
著者名 五島 瑳智子
 


五島さんは、こんな話をしています。

「白亜の豪邸に住んでいても、貧しい人はたくさんいますし、
 逆に、小さな家とほんの少々の庭を豊かにし、
 自分の富として生きる人がいるのも事実です。

 かつて私がいた学園に、小さな庭がありました。
 狭いながら次々に四季の花が咲き、野鳥や蝶舞い込んでくるのです。
 東京の片隅にこのように小さな生きものの園が作られたのは、
 なんと幸せなことでしょう。

 小さな庭がこのように豊かになったのは、
 自然のままに放っておいたからではありません。
 自然を愛し、眺める人が幸せな気持ちになることを喜びとする、
 学内外の人が丹精を込めてくれているからです。
 私は感謝の想いと、幸せな気持ちで庭に立ち、
 美しい花やいつのまにか棲みついた小さな生物を観察します。
 そして、ああこれは学園の大きな
 「富」だなぁとしみじみ思うのです。

 けれど、何年そこで過ごしても、
 気づかない人は、気づかないまま去っていきます。
 一方で、このような空間を見つけては、それが生命を育み、
 人によろこびを与える場所であることをひと目で、
 感じ取れる豊かな人もいます」

誰かに何かを言われたり、周りを見渡し比較すると、
自分が今持っている「富」は、ときとしてみすぼらしく、
さえないものに見えるときがあります。
すると自分に足りないものが多くあるように感じられ、あれもほしい、
これもほしい、と「富」を求めるようになっていくように思います。
それは「富」を追い求めるパワーにはなることもありますが、
今の「富」や豊かさを否定してしまうことにもつながっていき、
逆にそれらから遠ざかることにもなりがちです。

「自分なりの「富」を見つけられる
 あるがままの豊かな心を養いたい」
いつも忘れないようにしていきたいと思いました。




■今日のおすすめ本

タイトル : 仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
著者 : 井形 慶子
出版社 : 大和書房
おすすめ度 : 4.5


著者は、イギリスの街並みに魅せられ、
50回以上もイギリスに行っている井形さん。
そんな著者の体験から書かれたこの本には、
イギリスのすばらしさや
常識や考え方、
日本(人)との比較などが、いっぱいに詰まっています。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=487




■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2017年1月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2017.02.14 13:19:45
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.25
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

■女性のための相談室「楽になろっ!」開設しました。
 人間関係、夫婦、恋人とのことで1人で悩み、
 辛く苦しくなっていませんか?

 メールを出して、ちょっとだけでも楽になりませんか。
 1回目のメールは無料。1回で取り戻される方も多いですよ~ 
 気軽にメールを出してくださいね。
 ★詳細は→「楽になろっ!」
  
■「無地のカード」好評発売中!
 社員、38名の会社社長(仙台市)より、
 「社員に一つだけ仕事の目標を書かせて、集め預かりました。
  来年それができたら、報奨金を出すという約束です(笑)」

 と、メールをいただきました。
 とても嬉しく思いました。ありがとうございます。<(_ _)> 
★詳細、使い方などは→「無地のカード」




画家たちは、1枚の作品をインスピレーションだけで
仕上げるわけではない。
名画が生まれるには反復の努力も必要なのである。


例えば、強烈な色彩、激しいタッチで田舎の風景や人物を
描き出すフィンセント・ファン・ゴッホ。
彼の作品は、ほとばしるような感情を感じさせるが、
いつでも簡単にこのような作品を生み出していたわけではない。

彼は、題材のフィーリングをつかんだら、
いつも少なくとも3枚は描いた。3枚どころか何枚描いても
感情のこもった作品ができないこともあるが、最後になって
これまでとは全然違う、いい作品が生まれることもある、
と彼はいっている。

また、アメリカ画壇で活躍した国吉康雄氏も、
何度も作品を描き直した。彼は、
「たやすく得られたものは信用できない」
と、最初に描いたものが、これしかない、と思えるできばえで
あっても、わざと壊し、何度も何度も描き直した。
この作業の過程で、キャンバスに描かれた対象が凝縮され、
単純化されていき、ついに彼は、
「現実以上のなにものか」を手に入れたことを知るのだという。


出典元 「発想の瞬間」
おすすめ度 4.5
著者名 高橋 誠



画家や作家は、何度も何度も、
「描き直し」「推敲する」などをし直して作品作りを
している方が多いといわれています。

ゴッホもそうだったようです。
ゴッホの絵は、生前は全く評価もされず、売れない画家として、
失意のまま37歳で亡くなりましたが、活動期である10年間に
油絵、水彩画、デッサン、イラストなどを含めると2100枚以上の
作品を描いたといわれています。
おそらくその中に、何度も何度か描き直した絵があるでしょう。

東京都美術館で、「ゴッホとゴーギャン展」が、
(詳細→http://www.g-g2016.com/)
12月18日まで開催されているので、行くと決めていますが、
このようなことを知ると、より興味深く見れそうです。


また、世界中で話題となった(問題作とされた)
「チャタレイ夫人の恋人」を書き上げたバーバード・ローレンスは、
とくに何度も書き直す人で有名で、3回書き直しをしたそうです。
しかも、一部の修正とかではなく、すべてを一から書き直して、
時間とエネルギーをつぎ込んだ作品だそうです。
こちらもこう知ると、また読んでみようかなと思えてきました(笑)
しかし…やはり…ただただ…すごいですね~




■今日のおすすめ本

タイトル : ムダな努力はない
著者 : 鍵山 秀三郎 (著), 亀井 民治 (編集)
出版社 : PHP研究所 (2010/3/24)
おすすめ度 : 5


イエローハットの創立者で、40年間会社や地域で「掃除」を
実行し、現在NPO法人「日本を美しくする会」の創設者の
著者が、他者に迷惑をかけず少し内輪な生き方をするという
元々日本人がしていた美しい生き方を取り戻していこうと
教えてくれる本。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
 http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=2023



■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を紹介するメールマガジン(有料)

 知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますよ~
 恋愛本ではなく、大人の方向けの有料メールマガジンです。
 お申し込みはこちらから↓

 ★「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「夫婦関係を考えるおすすめ本 33冊」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php

■「男女の違いが書いてある 必見!「20冊のおすすめ本」■」はこちら↓
http://www.kotobasagashi.net/yomikata/books2.php



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2016年9月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」









Last updated  2016.10.25 00:12:09
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.22
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

■「無地のカード」好評発売中! 
「色紙の代わりに、同僚の送別会で使いました。
 自分の思いや感謝も書けたし、同僚もとても喜んでくれました。
 使ってよかったです」

 と、東京都ヤマメさまからメールをいただきました。
 教えていただきありがとうございます。<(_ _)> 
 いろいろ使っていただけると嬉しいです。

★詳細、使い方などは→「無地のカード」



人生は正直なものです。
どんな小さなステップでも、
自分が望む方向に進む努力をしていれば、
必ず道が開けます。


自分の希望に反する仕事をしているときでさえ、
本来自分は、どっちに向かっていくべきなのか、
本気で考えさせられるチャンスなのだと思ってください。
違うものは、やっぱり違うとしか感じられないものですから。

それを素直に受け止めて、もっと自分の望む方向に
進んでいくためのモチベーションにしてください。
どんな仕事でも、どんな環境でも、臨機応変に対応しながら、
一生懸命に働ける自分になれたら、ある日人生が、
「これがあなたの使命なのですよ。受けてください」
と告げてくれる日が来るでしょう。


出典元 「あなたの「つらいこと」が「いいこと」に変わる本」
おすすめ度 4
著者名 原田真裕美 (著)
 


仕事場で、自分の力が発揮できること、それが適正に評価され、
自由もあり、まわりの環境もよく、なおかつ安定していること、
だと理想的ですよね…

でも現実は、そんな理想的な仕事場はなく、
安定を選ぶとかなりの拘束があり、
自由度はかなり制限があります。
逆に、自由を選ぶと不安定がつきもの、ですよね。
評価だって、評価する上司によっていろいろですし…。

そんな現実的な仕事場にいると、
だんだんと「自分の人生はこんなものだ」と思えてきて、
自分の夢は望みをあきらめがちになってしまいます。
でもそれだと生き甲斐がなくなりがちですから、
夢や望みを持ち続け、それに少しでも近づけるように、
自分を仕向けていったほうがいいように思います。
そうすれば、いつか必ずチャンスがやってきて、
道は開けると思います。




■今日のおすすめ本

タイトル : 道は開ける
著者 : D・カーネギー
出版社 : 創元社
おすすめ度 : 4


アメリカの講演家・著述家(1955年没)で、今でも根強い人気が
ある自己啓発書「人を動かす」の著者が、「あらゆる人間に共する
「悩み」の実態と克服法」を教えてくれる本。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=628



 
■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を
知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますし、
違いを知れば「ああ、そうだったのか、それか~」と楽になりますよ~

恋愛本ではなく、大人の方向けです。有料メールマガジンとなります。
「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本、170冊以上紹介↓
 「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2015年9月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2015.10.22 11:32:56
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.03
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

■「今日のことば」3月の人気ベスト5アップしました。
 どんなことばか、ぜひ見てみてくださいね。
 http://www.kotobasagashi.net/kotoba/vest5.php

■「無地のカード」好評発売中!
 大手メーカーで、今年退職する上部の方へと
  異動される方への送別の言葉を社員全員で書いて贈る、
 ということで使用していただくことが決まりました。

 部門ごとにまとめて書き、箱に入れて贈るそうです。
 とても嬉しく思いました。ありがとうございます。<(_ _)> 
  ★詳細、使い方などは→「無地のカード」

■2015年の「私の一字」参加募集中です!
 参加、心よりお待ちしております。<(_ _)>
  ★詳細は→http://www.kotobasagashi.net/watashinoitizi.php




がっかりしない。

誰でも目標を達成できないことはある。
たいせつなのは、そこであきらめないことだ。

失敗したら、またやり直せばいい。
うまくいかなかった部分をよく見つめて、
その有効な対策を考え、
あらためて目標をたてよう。



出典元 「ポール・スローンの思考力を鍛える30の習慣」
おすすめ度 4.5
著者名 ポール・スローン
 


昨日の続きになります。

やってみてなかなか思い通りに進まなかったり、
思った通りの結果がでないと、がっかりしますよね~

「あ~あ、やっぱりね、やっても無駄だね」
「ほらね、目標があってもやれない、力がないんだ」
「まだ、ここか」なんてね。

でもそれは、やり方が悪かったからかもしれませんし、
まだ、結果が出たわけではないかもしれませんし、
まだまだ途上で、実は誰もが通る道なのかもしれません。
多少のがっかりはきっと誰にもありますもん。
それに、何よりこれからも先も人生は続きますしね。

進みが悪くて、思うようにいかなくても、
その目標に向かって進みたいなら、
その目標がまだ生きているなら、
また、立ち上がって目標に向かっていきましょう。
いろいろとやり方を考え変えてみたりして、一歩一歩。

そしてもし、目標が違うとわかったら、
新しい目標を立てるのもいいですね。
やり直しは、いくらでもできますから。
目標は持っていた方が、いきたいところに着きやすいと思います。
だって目的地がないと、どこへ行っていいかわからなくて、
行き当たりばったりになるように思われませんか?
それと同じような気がします。

ちょっとやそっとのことで、
がっかり、がっくりしないで、いきましょう(笑)



■今日のおすすめ本

タイトル : 1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記

著者 : 小林 惠智
出版社 : インデックス・コミュニケーションズ (2007/9/21)
おすすめ度 : 5


経済、ストレス、教育心理学の専門家である著者が、所用時間1日
5分で、自分の夢や目標を叶えていくための、未来を拓くための
ツールとしての「4行日記」の効用や書き方を教えてくれる本。
メンタルトレーニングにもなるそうです。


★もっと詳しい本の内容はコチラをどうぞ↓
http://www.kotobasagashi.net/book/view.php?sid=1747



 
■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を
知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますし、
違いを知れば「ああ、そうだったのか、それか~」と楽になりますよ~

恋愛本ではなく、大人の方向けです。有料メールマガジンとなります。
「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本、170冊以上紹介↓
 「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2014年3月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」








Last updated  2015.04.03 09:44:04
コメント(0) | コメントを書く
2014.07.21
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

■夢を叶える、想いを伝える「無地のカード」発売しました!
 使い方は自由で、自分しだいのカードです。
 例えば、こんな使い方ができます。
 いろいろ使っていただければ幸いです。

 ◎80代の方から、周りへの感謝を書き留めて置きたいと、
  ご連絡いただきました。ありがとうございます。


 詳細、使い方などは→「無地のカード」




「さあ、クイズの時間だ!」

大学のある授業で、教授はそう言って大きな壺を取り出し、
教壇に置きました。そして、その壺に、一つ一つ石を詰めていきました。
壺がいっぱいになるまで石を詰めると、教授は聞きました。

「この壺はもう満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えました。
「本当に?」
教授はそう言いながら、教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出し、
壺の中に流し込みました。石と石の間を砂利が埋めていきます。
そして、もう一度聞きました。

「この壺は満杯か?」

ひとりの学生が「たぶん違う」と答えました。
教授は、「そうだ!」と笑い、今度は教壇の下から、
砂利よりもっと細かい、砂の入ったバケツを取り出し、
それを石と砂利の隙間に流し込んだあと、3度目の質問をしました。

「この壺はこれで満杯になったか?」

学生は声をそろえて「いいえ」と答えると、教授は水差しを取り出し、
水を壺のふちまでなみなみと注ぎ、そのあとこう言いました。

「僕が何を言いたいか、わかるか?」
ひとりの学生が手を上げました。
「どんなにスケジュールが詰まっていて忙しいときでも、
 努力すれば予定を詰め込むことが可能だということですか?」

「それは違う」と教授。

「重要なポイントはそこではないんだよ。
 この例が私たちに示しているのは、先に大きな石を入れないと、
 それが入る余地は、そのあと二度とないということだ。
 この壺は人生そのものを示している。

 では、私たちの人生にとって、大きな石とは何だろうか?
 それは仕事であったり、志しであったり、愛する人であったり、
 家族であったり、自分の夢であったりする。
 つまり「大きな石」とは君たちにとって一番大切なものだ。
 
 それを、最初に壺の中に入れなさい。
 さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる」


あなたの人生にとって、一番大きな石とは何でしょうか?
石、一番大きな意思をそこに…
一番大切なものを、毎日一番大切しながら生きるのです。


出典元 「心にズドン!と響く運命の言葉」
おすすめ度 4.5
著者名 ひすい こたろう



今日は、長くなったので短めに(笑)

最初に大切なものを大切にする…
と、わかっていても、そうしたくても、
○○が上手くいったら、大切にしようとか、
◎◎が手には入ったら、大切にしようとか、
時期がきたら、なんてそれを後回しにしがちです。

そして、気がついてみたら、
その大切なものをなくしていた、失っていた…
なんてこともありがちです。

今からでも、たった今からでも、
大切なものを大切にしていきましょう。
もう遅いことなんてないですから、
なくす前に、失う前に…。




■本日のおすすめ本
 「この愛を大切に育てたいから」
  おすすめ度  5
 著者名  ジョン・グレイ


「男女の人間関係」についての第一人者の著者が

『女性はある男性と親しくなると
 「彼は私のしてほしいことがわかるはず」と考え、
 男性は
 「彼女は自分と同じリアクションをするだろう」と考える。
 確かに親密になればなるほど「相手のことならなんでもわかる」と
 誤解してしまうが、しかし男女はあくまで「違う星から来た」ほどに
 考え方、感じ方が違うので、そこを心にとめて二人の関係を
 見つめてみよう、そうすれば、
 きっとステキな二人になれる』と教えてくれます。


男性に女性にも、ぜひ読んで頂きたい本です。
今まで心の中でもやもやしていた疑問が晴れるかも。



■男女の違い、男女の心理、男と女のやり方を
知っているのと知らないでは、これから先の2人の関係違ってきますし、
違いを知れば「ああ、そうだったのか、それか~」と楽になりますよ~

恋愛本ではなく、大人の方向けです。有料メールマガジンとなります。
「そうだったのか!この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』」



■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>



■「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本、170冊以上紹介↓
 「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」



■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」



■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「2014年5月の人気ベスト5」



■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」



■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「ベランダ菜園…こんな状況です」









Last updated  2014.07.22 01:02:26
コメント(0) | コメントを書く
2012.11.06
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

《メールマガジン
『そうだったのか! この違いがわかれば、きっと許せる
 「男女の違い105」』第11号配信いたしました》

こちらから↓一部ですが、読むことができます。↓
「http://www.kotobasagashi.net/danjyomerumaga.php」

 今回のテーマは、
「なぜ、女性は占いが好きなのか」です。
 占い好きには、女性のこんな心理が隠されているようです。 
 女性のこの心理を理解すると、フォローをするタイミングが
 わかると思います。
 女性心理を知りたい方、恋愛中の方、占い好きな方はぜひ、
 読んでみてくださいね。
 また男性は、占いに対する向き合い方が女性とは違うことも
 わかりますよ~
 どうぞ、よろしくお願いいたします <(_ _)>

なんらかの目標や願望がある場合、まずはそれをしっかり
「想って」「口から発する」必要があります。
そうすることで、その方向にベクトルが向きます。(略)

頻繁に「想って」「しゃべって」いるのに、
なかなか言ったとおりにならない人がいます。
それは、たとえば「行動」を途中でやめてしまうからです。
残念ながら、「行動」を途中でやめると、
言ったとおりになりにくいのです。

「言葉」の域に「想い」が引き上げられて、具体的な
行動が伴ったら、比較的早期に言ったことが実現するものです。
ここでのポイントは、「想い」と「言葉」の一致。
そして「すぐやる」「必ずやる」「できるまでやる」です。
「想い」と「言葉」が一致すると、
ベクトルが完全に正しい方向を向きます。
すると行動はもっとも実りあるものになりやすくなります。



出典元 「運命が変わる未来を変える」
おすすめ度 3.5
著者名 五日市 剛 (著), 矢山 利彦 (著)


「こうなりたい、こうしたい、こうありたい」
と目標を立てても、願っても想っても、心の中で、
「でもそんなことムリ、どうせダメ、きっとできない」
などと思ったりしていると、脳がどっちが本当なのか、
迷ってしまって、ベクトルが合わないのだと思えます。

このベクトルが変な方向を向いていたり、
不安定であると、「できるまでやる」といっても、
なかなかできないそうです。
やはり、「想い」と「言葉」が一致しないと、
本当の力にはならないのですね。

そして、さらに、具体的な行動。
「想って」「しゃべって」「具体的な行動」
この3つの要素がバランスを保ち、互いに強め合って、
想いが確信レベルに達するとしゃべった言葉が
現実となる確率が高まっていくようです。

「想い」と「言葉」が一致して、
行動に弾みがつく目標、願望を見つけて実現していきたいですね。
■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「九州の旅7…阿蘇山ってこんなところなんだ~ 」

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>

■「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本、150冊以上紹介↓
 「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」

■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「10月の人気ベスト5」

■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」






Last updated  2012.11.17 13:40:44
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.12
カテゴリ:自分を信じる
《お知らせ》

《新メールマガジン『そうだったのか! この違いがわかれば、
きっと許せる「男女の違い105」』第9号配信いたしました》

こちらから↓一部ですが、読むことができます。↓
「http://www.kotobasagashi.net/danjyomerumaga.php」

 今回のテーマは、質問が多かった、
「なぜ、男性は記念日を忘れるのか」です。
 ある家族の「記念日」対策方法をアップしました。
 一部ではありますが、ぜひ読んで参考にみてくださいね。
 どうぞ、よろしくお願いいたします<(_ _)>

私の知人に、アスリートを対象にした
メンタルトレーニングをしている人がいる。
彼が集中力をアップするこんなトレーニングを教えてくれた。
テニスボールを床に置き、その上にもう1個テニスボールを積む。
それができたら、さらにその上にボールを積む。
テニスボールの3段積みだ。
さて、あなたにはできるだろうか?

某有名オリンピック選手は、
またたく間にこれをやってのけたそうだ。
子どもたちも、極めて高い確率で成功させる。
ところが、大人でこれをできる人はごくごくわずかだという。
違いはいったい何だろう?
答えは……「信念」だ。
「ボールを3個積み上げることができる」
そう信じるからできる。

やる前から「無理だろう」「意味ないよ」が
先に立つからできない。
違いはそれだけだそうだ。(略)
「無理だろう」「意味ないよ」が先に立つことで
私たちは多くの可能性を放棄している。
あなたの中には、どんな
「無理だろう」「意味ないよ」があるだろう。

…この子は伸びないだろう
…この子たちにそんなことを要求しても無理
…いくら自分が頑張っても、この学校は変わらない
…そんな理想の教育が実現するわけがない
…誰が何を言っても、この国に教育は変わりっこない
そうした「無理だろう」「意味ないよ」が、あなたの可能性を
眠らせ、あなたの目の前にいる子どもたちの可能性を
眠らせているのかもしれない。



出典元 「子どもの心に届く言葉、届かない言葉」
おすすめ度 5
著者名 小山 英樹 (著), 佐々木 喜一 (監修)



著者の小山さんもテニスボールの3段積み、
チャレンジしてみたそうです。
何時間もかかったそうですができたそうです。
私も今度、やってみようと思います。
できると信じて。
できたら、相当嬉しいでしょうね~
機会があったら、みなさまもぜひチャレンジを(笑)

「無理だろう」「意味ないよ」とことばにすると、
「そうだな、きっとできないな」と思えてきます。
すると、きっとやりません。
しかし、
「できる」「意味がある」とことばにすると、
「そうだな、やってみよう」と思えてきます。
そして実際にやって、できていくように思います。

このようなことばひとつで、
自分のやる気も周りのやる気も子どものやる気も、
変わってくるものだと思えます。

せっかく、生きているのですから、
自分の可能性も、周りの可能性も、子どもの可能性も信じて、
何でもチャレンジしていきましょう、そのほうが、
ずっと楽しく豊かに生きていけるように思います。
■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「春先よりも、立派になった手を合わせたくなる「黄金の花」」

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>

■「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本、150冊以上紹介↓
 「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」

■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「9月の人気ベスト5」

■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」






Last updated  2012.10.15 17:53:47
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.31
カテゴリ:自分を信じる
《新メールマガジン『そうだったのか! この違いがわかれば、
きっと許せる「男女の違い105」』第5号配信いたしました》

こちらから↓一部ですが、読むことができます。↓

「http://www.kotobasagashi.net/danjyomerumaga.php」

今回のテーマは、
 『ウソについて(後編)…なぜ、男性はウソをつくのか?』


 微妙なタイトルですし、女性だってウソをつくだろうと思われるかも
 しれませんが、読めばきっと「なるほど~」と、思っていただけると
 思います。そしてちょっとは溜飲を下げられるかも…です。
 ぜひ、読んでみてくださいね。<(_ _)>

達成期限のないものが叶うことはありません。
「また」「今度」「いつか」「そのうち」と
言っているようでは、実体のない《おばけ》のように、
いつまでたっても、あなたの前には現れないものです。


なぜなら、人間は《いつまでに》と、やらなければならないと
決まっているものから、予定として、この人生に組み込んでいて
決まっていないものは、ないものとして過ごしてしまうからです。

しかも人間は、いつまでだかわからないけれど、
とにかくがんばれ!というようなことはできないからです。
いつまでに何をすればいいのかわからないことに、
人は賭けることなどできないのです。
無限にがんばることなど不可能なのです。
有限であってこそ、がんばることにもめどがつくというものです。

そして、期限をつけるというだけで、夢は幻から
「目標」になり、あなたを導くようになってきます。


出典元 「すべては目覚めた人からうまくいく」
おすすめ度 4
著者名 佳川 奈未


自分の夢ややることに「期限をつける」ということが大切、
と、多くの本にも書いてあります。

確かに、仕事も「期限」があるから、
それまでがんばってやれますし、
期限に向かって、全力をだすこともできます。
しかし、期限がないと、どうしてもだらだらとのばしてしまい、
ついには、やってもいいし、やらなくてもいいという気になり、
やらないままになることが多いように思います。

この本には、その期限は「3年を最長限度」で、
3年をひと目安にするといいと書いてあります。
なぜなら、人間の心理からいっても、
3年以上かかる努力は、気持ちが持たず、めどが立てにくく、
生活環境の変化や身体的変化もあり、断念しがちなのだそうです。
なので、期限は1年も2年と短くてもいいけれど、
「3年を最長限度」とするといいということでした。

自分の夢ややりたいことに期限をつけてみましょう。
期限があると気合いが入りますし、緊張感もでて、
だらだらやってられないぞとパワーもわいてくるように思います。
■「ぼちぼち、お散歩日記」↓
「お休みにでも、ゆっくり読んでみてくださいませ 」

■ぜひ、今日のことばの評価をお願いします。
 「ことば探し」の評価はこちらをクリック
画面、右側中央になります。 <(_ _)>

■「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本、150冊以上紹介↓
 「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

■「ことば探し」メールマガジン(月~金)発行しています。
 「今日のことば」以外の過去のことばも紹介しています。
 コンパクトで、読みやすい構成にしています→「購読申込み」

■「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
 「7月の人気ベスト5」

■アファーメーション700以上UP(毎日変わります)↓
 「アファーメーションの書き方、アファーメーション種類」






Last updated  2012.08.20 12:40:03
コメント(0) | コメントを書く

全55件 (55件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Recent Posts

Calendar

Comments

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Favorite Blog

秋の東京六大学野球… New! ヒロくん2010さん

あきらめが肝心 ひろみ(70%)さん

お盆休み明けで仕事… sokuchiさん

ZOOSHIMIDY の航海… ズーシミディさん
ハピくるネット生活 naniwaakoさん

Profile


まゆ3281


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.