1029009 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

X

Calendar

2010.09.20
XML
カテゴリ:ブロガー試写会
 客入りはほぼ満席、客年齢は高い。今回は「yahoo!映画」ユーザーレビュアーとして招かれました。
   
   
十三人の刺客 オリジナル・サウンドトラック

 映画の話
 幕府の権力をわが物にするため、罪なき民衆に不条理な殺りくを繰り返す暴君・松平斉韶(稲垣吾郎)を暗殺するため、島田新左衛門(役所広司)の下に13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛(市村正親)ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いていたが、新左衛門には秘策があった。

 映画の感想
 素晴らしい作品だ。ある意味、三池崇史監督の到達点といえる作品だ。三池監督が時代劇を演出するのは02年の「SABU~さぶ~」以来なのかな?映画を見る前は些か不安があったが、映画が幕を開けて直ぐに、その不安は吹き飛ぶ位にしっかりと腰をすえた世界観に、あっという間に映画の世界に引き込まれた。ただ、本作は注意が必要だ。映画にはタイトル以外のスタッフ&キャストのテロップが出ないので、事前にキャストの名前は把握した方が良いだろう。御馴染みの俳優達が大挙して出演しているが、男優はまげに揃いの着物姿だったり、女優も眉毛なしの白塗りだったりで、誰が誰だか判り辛いのが難点だ。私の様に予備知識なしで映画を見る観客には、エンドロールを見て後から「あ~っ、あの人が演じていたんだ・・・」と判る次第である。オリジナル版は未見です。

 以下ネタばれ注意

 映画は暴君となった藩主に対して抗議の自殺をする家老の姿が映し出される。ただごとでは無い状況を観客にアピールする力強い幕開けだ。暴君となった藩主・松平斉韶を演じるのはSMAPの稲垣吾郎だ。映画冒頭では稲垣と気づかない位の傍若無人ぶりが凄い。よく稲垣がこの汚れ役を引き受け演じきったものだ。映画はしばらく薄暗い屋敷の中で斉韶が行った悪行が次々と明かされ観客は凍りつく、斉韶の徹底した悪行を見せ付ける監督の演出が冴える。このままでは国存亡関わると幕府から隠密に斉韶の暗殺が役所広司演じる島田に命じられる。

 島田が斉韶暗殺の為に刺客が集められるが、この辺の件は黒澤明監督「七人の侍」や、そのリメイクとなるアメリカ映画「荒野の七人」と共通するもので、島田が丁度「七人の侍」の志村喬あり、「荒野の七人」のユル・ブリンナーの様な役回りだ。刺客でフィーチャーされるのが剣術の腕が長けた浪人を演じた伊原剛志だ。ジャパンアクションクラブ出身の伊原にとって本作の浪人役は“水を得た魚”的な役柄で、大柄の体に切れの良い殺陣が決まる。そして「クローズZERO」シリーズに引き続き三池作品で主役を張るのが島田の甥を演じた山田孝之だ。彼を筆頭にこれからの日本映画を担う若手が刺客として出演している。高岡蒼甫、石垣拓磨、波岡一喜らに加え、途中参入してくる山の民を演じた伊勢谷友介が異彩を放ちまくるキャラを演じている。彼のキャラは本作の中で一番三池作品らしいキャラで、彼の存在が緊張する物語の中でガス抜きとなる。

 刺客集めに続いて、斉韶の道中で帰国に立ち寄ると思われる落合宿を丸ごと買い叩き、要塞化して罠を仕込み斉韶暗殺計画が実行されるクライマックスの50分が凄まじい。宿屋に着いて、まず斉韶の側近・半兵衛が下見に行くと女子供が日常生活を送るのどかな日常が目に入るが、それは島田が仕掛けたトリックだ。まんまと島田の罠にはまった斉韶とその部下たちは要塞と化した落合宿に足を踏み入れてしまう。この島田が仕掛けたトリックは本作でも秀逸なシーンで、嵐の前の静けさを上手く現した描写であり三池監督のセンスが光る。

 13人の刺客に対して敵は300人超の戦は、鳥肌が立ち、目頭が熱くなる位に大迫力の連続である。橋の爆破に始まり、宿屋の爆破、火のついた牛の暴走、刺客たちは宿屋の屋根から弓矢で敵を狙い撃ちにして次々と侍を仕留めてゆく。刺客側圧倒的有利と思われた戦は、斉韶にもてあそばれ四肢と舌を切り落とされた女性が書いた「みなごろし」の文字を合図に刀を使った剣劇に変わり、多勢に無勢状態の刺客の劣勢状態に陥り、土と泥と血まみれの刺客たちは体力の限界となり次々と命を落とす。

 刺客の死に様も様々だ。切り殺される者、刺し殺される者、爆死など刺客一人一人の死に様が丁寧に描かれる中、伊原剛志の死に様は壮絶だ。刀を失い道に落ちていた石を拾い相手を撲殺する描写が、死に際になった仲間の刺客の視線で描かれる。地面に横たわる刺客の視線を再現する為にカメラも横に倒れローアングルから対象者を捉える。横長のシネスコスクリーンを横向きに撮影したフィルムは丁度70年代東映実録ヤクザ物を見るようであり、オマージュかもしれない。オマージュと言えば東映時代劇や実録ヤクザものに数々出演してきた松方弘樹も素晴らしい殺陣を披露している。やはり本作は東宝作品であるが三池監督の中には昔見た東映作品のDNAが受け継がれているのだろう。

 壮絶なラストまで緊張の糸は一瞬も途切れない。最後の最後にあの人が生きていたのは腑に落ちないが、時代劇が苦手な私が見てもエキサイティングな描写の連続には素直に拍手を送りたい。90年代からビデオ作品を中心に活動していた三池監督が、数々のメジャー作品を監督している内にここまで凄い作品を監督する人物になっていたとは正直驚いた。本作は万人にお勧めできるエンタメ作品に仕上がっているし、映画ファンであれば見て損は無い作品である。

 映画「十三人の刺客」関連商品

 
十三人の刺客

 
十三人の刺客

 
十三人の刺客

TREview






Last updated  2010.09.27 00:18:53
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


こんばんは   ななんぼ さん
まずはすみません!
こちらの操作ミスでTBが二重投稿になった挙句に文字化けしております(汗)
何でこうなってしまったんだろう。ご迷惑をお掛けしました。

『十三人の刺客』は撮影が始った時点で楽しみにしていた作品だったので、試写会を観て本当にテンションが上がりました。こういう熱いチャンバラ時代劇をホントに心待ちにしていましたもの。

個人的に稲垣吾郎と市村正親のファンでもあるので、かなり辛い内容でもありましたが、キャストそれぞれの鬼気迫る演技に圧倒されました。
この作品をこのキャストで作り上げてくれた三池監督に感謝です! (2010.09.20 20:01:20)

こんばんは   ななんぼ さん
まずはすみません!
こちらの操作ミスでTBが二重投稿になった挙句に文字化けしております(汗)
何でこうなってしまったんだろう。ご迷惑をお掛けしました。

『十三人の刺客』は撮影が始った時点で楽しみにしていた作品だったので、試写会を観て本当にテンションが上がりました。こういう熱いチャンバラ時代劇をホントに心待ちにしていましたもの。

個人的に稲垣吾郎と市村正親のファンでもあるので、かなり辛い内容でもありましたが、キャストそれぞれの鬼気迫る演技に圧倒されました。
この作品をこのキャストで作り上げてくれた三池監督に感謝です! (2010.09.20 20:02:20)

面白かったねー!   rose_chocolat さん
これはすごいです。
何とも言いようがない。。。 自分のところで書きつくしたので、こんな言葉しか出てきません(笑)
(2010.09.21 13:57:21)

Re:面白かったねー!(09/20)   マサラ0517 さん
うん、面白かった!
最初、三池監督なので「大丈夫か?」なんか心配していたけど、そんな不安も吹っ飛び観客の予想を大きく上回る作品が完成してしまいました。
やっぱり、悪を徹底して大悪したのがよかったと思います。 (2010.09.22 00:36:23)

ご無沙汰でございます。   気まぐれおネエ さん
ブログが移転して、また環境が変わりなかなか更新できない事が続いたりですが、久しぶりにお邪魔すると、やっぱり映画観たくなります。
先日やっとこさ「トイレット」を観る事が出来ました。
新しい住みかで、お気に入り登録させて頂きます。 (2010.09.22 10:04:39)

こんばんは^^   ひろちゃん★510 さん
マサラさんが時代劇苦手とはちょっと意外でした(勝手なイメージですが(^^;)
そんな苦手なかたでも満足したこの作品、時代劇好きな私も楽しめました♪
吾郎ちゃんはホントよくこの役引き受けたと私も
思いました(^^;
伊原さん、佇まいがカッコイイと思ったら、ジャパン~の
出身だったんですか!なるほど^^
私もいくら不死身とは言え、あの人が生きていたことは
ちょっと???でしたσ(^◇^;)
(2010.09.27 15:24:24)

ひろちゃん★510さんへ   マサラ0517 さん
こんにちは、私のブログをお気に入りありがとうございます。

私は時代劇苦手なんですよ。どうも歴史物が苦手で、色々なシガラミや背景が絡むと映画を見ながら混乱してまうのが原因みたいです。
本作は悪を徹底して描いたおかげで、観客の情が素直に動かされたのが勝因だったとおもいます。
そして吾郎さんは本当に良く演じきりました。
あの人はもしかしたら、自分が死んだ事が判らない「幽霊」か「幻」だったかもしれません。 (2010.09.27 16:59:52)

観てしまいました。   カトリーヌ・ドルフ さん
昨日、観てしまいました。(^_^;)
マサラさんの情報を観て、怖いだろうけど観たいなーと思っていましたが
やっぱり全身緊張のまま観続けて、映画館を出た時には、全身疲労感たっぷりでした。w

舌を切られた女性が出て来ましたが、よく舌を噛み切って自殺とかありますよね?
切られても生きられるものなのか?と言う全く関係のない疑問にしばらく苛まれていましたが
作品のテンポの良さに、あっと言う間に脳裏に追いやられました。

驚いたのは、観終えてから、再度マサラさんの記事を読み直した時ですね。
全く以って「正しい」と思いました。
他の作品との関連性は分かりませんけどね。

怖かったですけど、面白かったです。
確かに「あの人」が生きていたのは腑に落ちないです、私も。w (2010.10.14 12:50:59)

カトリーヌさんへ   マサラ0517 さん
お疲れ様でした。
カトリーヌさんにとって、本作はかなりハードな作品だったのでは?
映画前半の描写はホラーに近い演出で、70年代東映でエログロ作品を多く監督した石井輝男もびっくりの演出に三池監督のセンスを感じました。
あの女性は正にホラーであり、生きている事が不思議なくらいです。
生きているのが不思議と言えばあの方なんだけど、最近あの解釈を改めて考えました。
もしかしたら間違っているかもしれませんが、ラストに生き残ったあの二人は霊体だったと言う事です。
そう解釈すると、生き残った彼が言っていた「遅くてもお盆には帰る」と言う台詞が活きて、一人二役の吹石一恵のラストカットも合点がいくのです。
間違っていたらごめんなさい。
改めて、もう一度再見すればラストの解釈に対して明確な答えが出ると思います。 (2010.10.14 14:11:31)

なるほど。   カトリーヌ・ドルフ さん
そーに違いありません。
なおさら、優れた演出にいたく感動しました。
お勉強でもそーですけど、やっぱり復習って大切なんですね。w
最後の「あの人」の登場も確かに有り得なすぎましたからね。
女性が一緒なのもそれで纏まりました。
そーいうウラがあったとはねぇ・・・。
マサラさん、さすがです。
素晴らしいっ。 (2010.10.15 00:22:14)

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

ナイキ/NIKE <br>×… “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

「座頭市物語(1962… KUMA0504さん

やっぱりバンドは止… けんおさるさん
足屋のおネエの小春… リズYさん
笹本敦史のブログ ももたろうサブライさん

Free Space

Headline News

Shopping List


© Rakuten Group, Inc.