1768342 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

バリュー投資に騙されるな!

バリュー投資に騙されるな!

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Recent Posts

Favorite Blog

5. どのような状況… みきまるファンドさん

Comments

 MEANING@ Re[1]:保有資産「額」の増加を喜んでいてはいけない(05/18) 青野菜さんへ バブルの最後に日本人がド…
 青野菜@ Re:保有資産「額」の増加を喜んでいてはいけない(05/18) 全体の参加者が増えた、2024年前半はゆっ…
 MEANING@ Re[1]:今世の中で何が起きているか(04/06) 103さんへ 世界中でお金が余って余って仕…

Archives

Free Space

楽天以外のお気に入りブログ

株は最高のゲームだ
あらなみの里


いつか本を出版したいという夢があります。
もし出版しても良いという出版社の方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さい。
meaning756@hotmail.com



たまにyoutube動画配信もやってます。
動画一覧ページはこちら
2024.04.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
コロナショック以降、ずっと株価は理解不能な値動きを続けていた。
過剰な金融緩和でショックを和らげ、非常に理解不能な影響が市場を歪ませ続けていた。
ある人は憤慨して真っ向から立ち向かい損失を被り、ある人は気づかないふりをして流れに身を任せ、そしてある人は先回りして膨大な利益を享受した。

思い出してみると、アベノミクス初期の相場は、気が付いた人が暴利を貪った。
暴騰した株価であったが、後から業績が伴った。
今回はどうだろうか。
お金の価値が下がって、コストプッシュインフレになり、その結果企業の業績はどうなるか。

後から業績を伴わない株価暴騰は、非常に気分が悪い。
株価は企業の通信簿、投資家の評価であるのであれば、その変動の理由は最終的に業績に結び付かなければならない。
そうでなければ、それはバブルであり、何れ弾けるのが歴史の理である。


さて、翻って今年の株価推移はどうだろうか。
非常に納得のいく値動きで、素直とさえ言える。
今年の相場は非常にやり易く、また、投資結果も素直に受け入れられる。
正直に言うと、やっと普通の相場に戻った、という印象を受ける。


今までが異常な相場だった。
これなら、喜んで損失を受け入れられる。


今後資産が急減することがあっても、それなりに納得できる状況だろう。

以下、自分の投資について。

・円建て金価格
・日米金利
・大型日本株

これらの一つでも上昇すれば、大きなダメージは被らないポートフォリオ。
金利とドル建て金価格が逆相関関係にあるという一般論はクソ喰らえ。
全て上昇すれば資産は大きく上昇するし、逆も然り。
今のところは絶好調。
今年は個別銘柄の値動きはとても素直で好感が持てる。

コロナショック以前の普通の相場が戻ってきた感じがする。
アベノミクス以降長らく上昇続きだった日本株だが、コロナ騒動が無ければ中期下落相場に転じていた可能性が非常に高い。

力技は嫌いだ。納得のいく投資行動がしたい。
自分らしい投資行動ができないような相場環境は、とても苦手だ。

今まで日本は上昇相場が長く続きすぎた。
相場は上がったり下がったりするもので、下落相場があるから上昇相場がある。

暴落は市場の華。
まだ暴落は来ていない。これから来るかもしれないし、来ないかもしれない。
でも、中央銀行がこれから取れる選択肢が少なくなっている。
なるべくしてなった現在の状況だし、そのツケは利益を先食いしてきた我々投資家が率先して払わなければならない。

下落相場になったとしても、投資家は文句を言ってはいけない。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.20 09:20:03
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.