22703321 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

見栄子の熊谷らいふ♪

PR

X

全257件 (257件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

その他埼玉県内

2021.10.18
XML
カテゴリ:その他埼玉県内


美術館ついでに、今回は公園内も楽しんでみた。
北浦和公園にある埼玉県立近代美術館へ行ったよ、ここは3度目だったかな。
※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません。

先に銀座・丸の内について掲載しましたが、久々に南下したあの日は
まず、さいたま市の美術館へ寄ったのでした晴れ




こんな機会でもないと、利用することのない北浦和駅。
下車してすぐのところに公園&美術館はありま~す。
朝一番に美術館を見て、早く東京に向かいたいのでダッシュ
開館前の早め時間に着いちゃった。
じゃあ…今までは美術館だけ見てサッと帰ってしまっていたので、
たまには公園内をぐるっと見てみよう!





緑豊かな場所だし、よくよく見ると
パブリックアートも点在しているしねきらきら














こんなに色々あるのね、今まで気付かなくて勿体なかった。
ワイルドな鳥さんは、小さいながら迫力ありますなきらきら


あ、ミュージアムカフェもあったのだね!
これも気付いてなかった。




美術館側から遠目で見ると、一瞬
熊谷の中央公園みたいな所があるね~と思った、池。
でも近付いてみると、石灯籠があったりして日本庭園ちっく。
ちょっとした滝が設置されていて、水音が心地よいですな(^^)


あ、ここは学校跡地だったんですか。
埼玉大学になって、よそへ移転して…とな。


では10時になるので、美術館へ行きますか!
現在おこなわれている展示は「美男におわす」といって
古い日本画から現代の漫画系に至るまで
あらゆる「美男」の絵画・イラストなどを集めたもの。
でも私は別に「美男」という部分はどうでもよくて


お目当ては単純に、パタリロ作者の魔夜峰央さんの原画!
恐らくは、昨年見た魔夜峰央展で展示されたものだとは思うけど
それでも魔夜さんの生原稿は、見られる時に何度でも見ておきたい(^^)
(そういえば「翔んで埼玉」の映画続編はどうなりますかね…)


なので、こう「美男」を強調されると
何だか気恥ずかしいんですけどっ(^^;
目当ては全くもって、そこじゃないんだってば(笑)

で、今回は他の多くの作家さんのことを
ほとんど知らなかったんだけど(特に最近の方は全く…)
これは!と思う若手作家さんを2人みつけたよきらきら
幸いどちらも撮影OKエリアだったので、写真つきで。




まず、ファンタジックな絵を描かれる入江明日香さん。
これ目に入った瞬間、天野喜孝さんかと思った。
そういう系統の、繊細かつダイナミックなタッチですな~。
ずっと見ていたくなる。




よくよく見ると、細部に遊び心が入っていたり。
サインの横に猫さんがいる(^^)




こちらは、唐仁原希さん。
お名前が読めない…「とうじんばら のぞみ」さんですか。

立体アニメを思わせるような絵柄で
大きな目の可愛らしい人物を、ツヤッとした油絵で表現。
とても斬新で、どれもすごく印象に残るお顔だ~。
おとぎ話のようなシチュエーションも素敵スマイル

ちなみに魔夜さんの展示作品はやっぱり、
見たことのあるものだったけど
何度見ても、生原稿は線とベタが綺麗ですな~きらきら
ほか漫画家さんでは、大御所の竹宮恵子さん・山岸涼子さんなど。
あと、いかにも弥生美術館所蔵!の大正~昭和初期にかけての
少年誌表紙なども、私のツボスマイル(大部分が高畠華宵さん)

しばらく美術館に行けなかったけど、やっぱり楽しいな!
年内、東京でもうひとつ必ず見たい展示があって
そちらも楽しみ、楽しみ(^^)

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2021.10.18 07:41:12


2021.10.13
カテゴリ:その他埼玉県内


昨年も今年も川越まつりは中止、せめて街ブラでも晴れ
本日の記事は1年前に撮った写真ですが、川越に行った日のことを色々と。
※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません。

昨年10月の川越行き、ヤオコー川越美術館の事だけは
行って半月くらいの間に掲載しましたが、その続きの諸々は
なんと、1年も掲載保留にしてしまった(^^;
ちょうど本来お祭りのシーズンなので、今更ですが載っけておきます。






川越に行ったのは、9年ぶりだったかな。
中央通りのこの重厚感、懐かしい~!

蔵造りの街並み、ちょっとした観光気分に浸れますな。
こんな天気の日に当たってしまったけど(^^;


かねつき通りには、川越観光スポットの大定番・時の鐘。
あ~、こんな所だっけね。


かねつき通りの300mほど南かな、この道は。
立派すぎる川越商工会議所(^^)
そして、はす向かいには…


お昼ごはんの目的地「小江戸OHANA」
数年前に存在を知って、ず~っと行ってみたかったお店。
だし巻き玉子が食べたいスマイル




繰り返しますが、これは1年前の写真です。
まあ感染拡大防止の云々は、そう変わっていないと思いますが。
席数を減らしていて、混雑時は45分で退店とな。
早めに来たつもりだけど、席あるかな?


ギリギリ座れたよ、なんか面白い席に当たったわ。
厨房側に向かった小さなカウンター席、でも厨房は見えなくて
いかにも蔵!という重々しい扉のついた小窓が。
斜め上の大理石カウンターには案の定、立ち上がる時に頭ぶつけた(笑)
街中なので席数を減らしてもやっぱり狭い、それは仕方ないところ。


申し遅れましたが、まず注文・会計を済ませてからの着席。
そしてコロナ禍ゆえの対策で、今はセルフ形式。

呼ばれたら自分で料理を取りに行くのですな。


10分くらいで来たかな、お目当ての「玉子焼き御前」!
以下、無調整で急いで撮った顔色悪い写真ですみません(^^;


フルフルふわふわ熱々の玉子焼ききらきら
卵いくつ使っているのかな、玉子焼きを1人でこんなに食べるの初めて。
ほわっとやさし~い味が絶妙ですな。


玉子のやさしさに対して、パンチが利いているのが
小鉢の牛しぐれ煮。味しみしみ!
和え物と、たっぷり目のお新香もついて


スープが何気に、あっさりした鶏スープなのが嬉しいところ。
さらにデザートとして、わらび餅も付いてま~す。
美味しくいただいて、好奇心満足スマイル


では、ざっくり街を歩いていきますか~。
ここも久々に来たかった大正浪漫夢通り。
9年前に比べて、いまの私は洋館萌え度が相当アップしているので
あちこち見回しては、心の中うひゃうひゃうっしっし




そしてもう1つ、あの頃の私と比べて確実に変わったのは…
街路灯マニアになったこと!
これだよ、これを見たかったのだよスマイル
蔵造りの中央通りは、蔵がインパクト強くて蔵を主役にする為か
照明がとてもシンプルなんだけど、こうして横道に入ると
それぞれの商店会でレトロモダンなデザインが見られてウハウハきらきら
あ~ 9年前はこれに気付かず損したわ。


お、店先に山車のミニチュア。
この日は本来であれば、川越まつりが盛大に行われていたところ。


と思ったら、なんかお囃子が聞こえてきてビックリびっくり
音を追ってみたら、こちらのお店が
テープ?CD?を流していたようで。




中央通りに出て折り返すと、熊野神社の入口が賑やかげで
ちょっと吸い寄せられる。
チラ見えする出店は、やってなかかったけどね。
茅の輪がありますな。


飾られていた「令和」の文字は、「平成」元号発表ときに使われた
あの字を書いた書家さんが書かれたものだそうで。へえ~きらきら


で、もう1つ寄りたかった場所・川越まつり会館
9年前に何度か川越に来たとき、寄りそびれちゃったのよねん。






展示された山車やパーツや資料をたっぷり拝んで
祭りの気分を味わいまして晴れ
本来は祭りの日だから、もしかして少し混むかとも思ったけど
結構すいてたよ。お昼時だったから?

では、そろそろ中心地の賑わいから外れていって
ヤオコー美術館へ向かいましょうかね~と思いかけたところで


川越はやっぱり、芋菓子などがいっぱい置いてあるお店が多い訳で…
そこにはカフェスペースもあったりして…
紋蔵庵というお店に、ふらっと寄ってみることに(^^)


時の鐘の大きな模型がある、大テーブルに。


お、あっちの奥の部屋もいいな~と思いつつ
先客がいらしたので、こっちで良いか。


美味しいお芋のクッキーシューを、珈琲とともに。




裏庭を覗いていこう。
何やら「サツマイモまんが資料館」なる施設が。
気になるけどもう時間ないし、そもそも予約見学ですか。






残りの道々も、しっかり街路灯はチェック。
場所バラバラ順不同、南のほうのやつも混ざってます。
あ~上熊谷駅南側と同じやつもあるね(^^)


今度こそまっすぐ美術館へ向かうつもりが、
通り掛かりの氷川神社も、少しだけ覗くことに。




山車は出ずとも祭礼の日、という事もあってか
軽く賑わっていて、ちょうど神官様もお見かけして
微妙にお祭り気分を味わえた(^^)

最後の最後、川越へ来た一番の目的であった
ヤオコー川越美術館に寄りました、とさ。

●このブログはあくまで筆者の都合に合わせて自主的&自費にて運営する 「個人ブログ」 です。
お店関係のより詳しい情報は各店に直接お問合せ下さい。 リクエストもお受け出来ません。
コメント欄では、悪口・他店のクチコミ情報・本題と無関係な話のみの書き込みは御遠慮下さい。
別の話題には、掲示板がわりのコチラのコメントスペースをご利用ください。
●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2021.10.13 11:10:22
2020.12.21
カテゴリ:その他埼玉県内


ここの埴輪は、幸せそうな顔が揃っていますなスマイル
早稲田大学本庄キャンパス内にある、本庄早稲田の杜ミュージアムに行ったよ。
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)

県内に良さそうな美術館・博物館が出来たら、とにかく行ってみたい!
と思うわけで…8月には、岩槻人形博物館を掲載しましたね(^^)
あとは、ところざわサクラタウンのオープンとともに開設の
角川武蔵野ミュージアムも楽しみにしていたけど、今は都合がつかないな雫
しかし! 10月に出来た本庄早稲田のアレは、近いから行けるぞ~とダッシュ


そんなわけで先週、我が家から車30分強のこちらへ。
(この近さはありがたい~)
早稲田大学キャンパスは、新幹線本庄早稲田駅の目の前!
見晴らしの良い場所で、ミュージアムも駅から見ていちばん手前の
この建物の1Fということで、わかりやすい。





学歴微妙なわたくしとしては、なかなかご縁が無くて
気安く足を踏み入れて良いものか迷いつつ、初めてお邪魔する学問の府。
でもミュージアムは誰でも気軽に入れま~す。
しかも有り難いことに「入館無料」
スマイル


駐車場は、道を挟んでミュージアムの棟の東側。
駅前信号からキャンパス敷地に進入してすぐ左側なので、
とにかく!ここは行きやすい&わかりやすい。


身障者用の駐車場は、建物側にあるようだね。
ちょうど私が行ったとき、車椅子の方が入館されていたよ。
自転車置き場もこちら側ですな。




じゃ、入りますか~。
このエントランスから入ってすぐの、1F。
コロナなご時世につき、手指消毒しつつ
入館者記録用紙を記入して提出し…
おお、写真撮影&SNS掲載OK(フラッシュ禁止)なんですね!
よかった、では遠慮なく晴れ


展示物はほぼ、本庄市の出土物。
(一部海外の物もアリ)

想像していたよりも広さがありますわ~きらきら
近代的設備の館と、古代の出土物とが、不思議とマッチして
展示の仕方も洗練されていて、足を踏み入れた瞬間「わっ♪」
なかなかに演出が上手い!と(^^)


まずは目立つところで、埴輪が出迎えてくれる。
本庄市で、こんなに色々出土されているのだね!
しかも大きくて、何となく可愛いスマイル




人物や馬のみならず、家形埴輪も。








人物の埴輪は、癒し系のお顔だね晴れ
こういうの見ていると、何となく誰かに似ている?と思う事が
よくあるけど、従兄弟に似た人がいるわ(笑)


これは顔が無いなと思ったら、
矢筒を表現した「靫形埴輪」ってやつですか。










石器・土器・鉄器なども多数。
この手の展示物って、普通であれば
サラッとスルーしてしまうところだけど、ここでは
ショーケースでの展示の仕方が ジュエリーショップみたいで
とても魅力的。アートっぽくもありきらきら
センス良いな…お金もかかっていると思うけど。


蜂の巣みたいな土器は何かと思ったら、
ガラス玉を作るための鋳型だって!へ~。


縄文土器、でかいね!


長い長~い、本庄の歴史年表。


遺跡の分布図、壁でなく床に作っちゃうのは斬新!




それとね、こういう掲示物がレイアウト・配色ともに
わかりやすく見やすくまとまっていて、このへんも上手いなときらきら






映像コーナーと、開放的な眺めの「交流ひろば」。
交流ひろばには書籍というか、研究記録冊子らしきものがあったよ。


館内に設けられた別室には、本庄出土物とは別に
早稲田大学所蔵品の展示コーナーが。
企画展ということで、展示物は入れ替わるようだけど
現在のところは、オセアニア民族の造形美術品を展示中。
薄暗い雑貨屋さんにありそうなやつスマイル






この手のものって、何故か惹かれるのよね…
身につけて踊ってみたい願望ありうっしっし




このあたりはみんな、楽器なんだね。
凱旋ラッバだの太鼓だの…
えっ、このカメさんも太鼓なんですか!




ちなみに2Fにも別途展示室があり、
こちらは地味に近隣市町村の出土物など。



そうそう、1Fで入館するとき
簡単なアンケートに回答&記名するだけで、
マンホールカード貰えたよ(^^)
無料で、充実した時間を過ごさせていただきました~晴れ




しかし、ここは良い環境ですな…いいな大学生きらきら
といっても、今はリモート学習中心なのかな?


ところで、キャンパス前から本庄早稲田駅の脇を通るこの道は
高崎線の本庄駅と一直線で通じていたのだね!

ということに、最近になって地図を見ていて気付いたよ。
本庄早稲田には用事で何度か行ってるのに~(^^;
まあ今日のところは、すぐ熊谷市へ戻らないといけないので
道を北上しながら、これまた今回気付いた
「真っ正面に見えるワイルドな赤城山」を楽しみつつ。

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.12.21 22:26:50
2020.12.10
カテゴリ:その他埼玉県内


街じゅうレトロ建造物だらけ、ワクワクしますなきらきら
10月上旬に行った秩父シリーズ、まつり会館グルメに続いて「街歩き編」です!
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)
この日は、秩父神社前の「番場通り」にある、パーラーコイズミでお昼を食べ
秩父まつり会館に寄ったあと、この辺りを起点として
西武秩父駅周辺までぐるっと歩いて、また秩父神社付近まで戻ったよ。


番場商店街の街路灯、これを2年前に見て気に入って
ここを散歩したいな!と思ったのだよね晴れ
「敢えて事前にほとんど調べず」行き当たりばったりを楽しむ(^^)
たぶん過去に、観光系サイトや人様のブログ等で拝見した筈の場所も
とても頭に入りきっていないので(笑)
まっさらに近い状態で、何もかも新鮮スマイル






コイズミ近くにある、この2つの建物。
実に良いね!と思ったら、両方とも文化財プレートがついてる。
上が「小池煙草店」ですか。
下の「大月旅館別館」は、白×ピンクに塗り直しているのが斬新きらきら


そこから脇道をちょっと覗くと、何とも味のある建物。
よくぞ令和まで生き残ってくれました!的な雰囲気。
食堂「パリー」、ここも文化財じゃん。


昭和のオッサンが好きそうなメニューいっぱいスマイル
後で画像検索したら、オムライス食べてる人が多いね。




ひたすら南へ向かう途中、写真載せきれない建物や
帰り道にゆっくり…と後回しにした場所がありつつ、
とりあえずはパン屋さん「ラパンノワールくろうさぎ」を目指し…
やや静かなエリアに入り込むと、街路灯が変わった(^^)
そして視界が開け、武甲山が目に入る。

人間の手でどんどん削られちゃって、まつり会館での解説でも
「かわいそうな山」って言われてたな…


西武秩父駅南側の踏切より。
渡ってすぐの所で、12年ぶりに自分でくろうさぎパンを買いまして~
あとは駅東側から、北へ戻りますか…


ここが秩父夜祭りでの名所・団子坂か。
ここを、屋台を引いて上がるのは大変だね(^^;


坂のあたりの脇道、この餃子屋さんから
めちゃくちゃイイ匂いが漂ってきてたわ~(^^)


団子坂のところから踏切を西へ渡り、
ちっちゃな駅舎の「御花畑駅」脇をすり抜け~


そういえば、街のあちこちに
祭り屋台をかたどって中に小さなオブジェのある
こういう案内板がいっぱいあるよね。


ここからは往路と同じ番場通りに戻り…
さっき気になったお寺に立ち寄っていこう。

ちなみに今年は地元で、彼岸花を撮りそびれたので
これが今年唯一の彼岸花写真かも(^^;




ここは慈眼寺というのだね。
お目当てはべつに、彼岸花ではなく








この彫刻!
通りがかりに視界の隅に入っただけで「おっ!」と思ったけど
これは…この精巧さは、近くで見ると半端ないびっくり
人物・動物・植物などがびっしりと複雑に絡み合って、奥行き感もあり…
柱や扉の模様も、洗練された美しい仕上がりですなきらきら
寄ってみてよかった(^^)


通りへ戻りまして~。
屋台庫だ。中が見たいよスマイル


ちょっとだけ、県道73号(本町通りと呼ぶのかな)へ出てみる。
ここは藤色の街路灯が可愛い(^^)


右の古民家は、秩父ふるさと館&お蕎麦やさんですか。
左のお菓子屋さんは名前を知っていて、行きたかったんだけど
ちょうど定休日なのよねん。




この道は「本町」交差点を境に、北は県道299なのね。
街路灯もここから変わり…
これまたお洒落で、番号入りとは珍しい(^^)


横道を覗くと、定番のこのタイプもありました~。


おおっ!ファミマが茶色い。
景観に配慮、ですかね(^^)








最後に、秩父神社もさらっと。
2年前にも寄ったし、工事中でもあるので、少しだけね。
…って、工期長いね!
しかも聖天様の修復と同じ、小西さんだ。
これは仕上がりが楽しみですな(^^)

こんな感じの、10月の秩父散歩でした。
今月もう1回行きたかったけど、問題発生で当面無理~(^^;

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.12.10 10:57:32
2020.10.30
カテゴリ:その他埼玉県内


美術館でヤオコーのおはぎを食す、という不思議さよ…
川越市のヤオコー川越美術館に行ったよ、存在を知ってからずっと気になってた晴れ
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)

ストレスピークの末期症状で、隙を見つけては
滅多に行かない地へ色々と出向いた9月~10月ですが(^^;
今月中旬には、川越にも飛んで行ったのでした~。
数年前、川越にヤオコーが運営する美術館があると知って
珍しいので是非行ってみたい!と思っていたよ。
川越にも長いこと行けてなかったので、ついでに街歩きもしたいスマイル


と野望を抱きつつ、なかなか機会を作れずにいたところ(^^;
2週間ほど前、「とにかく今!行きたい。」という衝動に従い
突然、こんな天気悪い日に敢えて行っちゃう。
川越で他にどこへ行ったか、という話は後日に回すとして
車を置いて徒歩でいろいろ巡ったあと、美術館は最後のお楽しみに。
(館にも駐車スペースはありますが)
場所は氷川神社のすぐ北、新河岸川沿いエリア。
新河岸川に掛かる「氷川橋」前で、辺りを見回すと…





あれですな!
シンプルに四角いコンクリート壁の、洗練された建物きらきら
2012年開館で、画家の故・三栖右嗣氏の記念館を兼ねているのだよね。
ヤオコー創始者さんが、三栖氏の絵をとても気に入られて
そこからのご縁だそうで(^^)


入館料は大人300円のところ、
ヤオコーのポイントカードを提示すると100円引き!

美術館でヤオコーカードを見せるという、この不思議な感覚よスマイル


展示室2部屋の小規模な館内は、ひたすら三栖右嗣ワールド。
館が所有する100点余り(だったかな?)の絵を
展示替えして順番に飾っているそうで。

じゃあ、しばらく間を置いてまた来れば、違うものが見られるのね。
アトリエを再現したスペースもあったよ。

実は、ここに行くまで三栖氏のことを認識していなかったんだけど
コントラストの利いた、印象に残るタッチだね。
館の公式サイトにも載っている、「老いる」というタイトルの絵は
下を向いていて顔が見えないのに、インパクト大だった。
それと、花の絵って「綺麗だね。以上。」で終わってしまうことも多いけど
三栖氏の描く花は、柔らかさと力強さを兼ね備えていて
生命力を感じますなきらきら


この館の面白いところは、カフェスペース(ラウンジ)併設で
メニューには何と…ヤオコーの「おはぎ」が!

ラウンジにも三栖氏の絵が数点飾られているので
絵を眺めながら、抹茶とおはぎをいただく。
ヤオコーのおはぎって、スーパー商品としては美味しいのだよね。
どこぞの超人気おはぎ屋さんで修業させてもらって、
同じ作り方をされているとか。
最近それを知って、私もたまに買うようになったのだよ晴れ


甘さ控えめのあんこと、全体的にふっくらした食感。
これを敢えて、ミュージアムカフェで絵画とともに楽しむという
この不思議な感覚が、なんとも快感なり(笑)

ちょっとした穴場カフェとしても、良い場所ですな。

ちなみに「入館料+飲物セット」で、500円
(ヤオコーカード提示で400円)なので、それを購入しつつ
別途で、おはぎ120円+税を注文した形だよ。
飲み物は、珈琲・紅茶・ジュース・抹茶があり、抹茶にしたよ。


インスタにハッシュタグ付けて投稿すると、
ポストカードもらえるそうで(^^)


新河岸川のこの辺りは、両脇に桜の木があるね。
桜の頃に再訪できたら最高なんだけどな~。
と思いながら川越を後にして


帰り道は滑川で、知人の運営する「古民家ギャラリーかぐや」に立ち寄り。
「原発とめよう秩父人」という団体さんが、毎年カレンダーを作っていて
そのカレンダーに掲載された作品の、作家さん達の展示。
先日、秩父グルメの件を掲載したときの「ラパンノワールくろうさぎ」店頭に
カレンダーのPRポスターが張ってあって、この展示会を思い出したよ。
危ない危ない、行きそびれるところだった(^^;

それぞれに個性が光る作家さんで、ギャラリー主のご夫婦も
作家さんの人柄や思いなども含めて丁寧に解説して下さり…
じんわりと、各作品を味わうことができたよきらきら
カレンダーも購入しまして。
食べるものシッカリ食べつつ、アート三昧もできた駆け足の1日でしたスマイル

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.10.30 00:20:24
2020.10.24
カテゴリ:その他埼玉県内


久しぶりの秩父で、お店も何軒か寄った(^^)
秩父へは「秩父まつり会館」メインで行きつつ、食べたりお土産買ったりもね。
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)

10月上旬に秩父へ行った件の、「その2」です。
なかなか勢いがつかず、自力で行くのは12年ぶりになっちゃいましたが
我が家から秩父駅周辺までは、有料道路を使えば
ほぼ1時間で行けちゃうのかい!と、いまごろ気付いた今回(^^;
これなら近々また来ればいいや~と思い
お店関係は、今すぐ行きたいところだけに絞って寄ったよ。


秩父神社鳥居の前に広がる「番場商店街」。
ここは2年前、某ツアーでの自由時間にちょこっと入り込んだときに
いい街路灯だな!と思った場所で晴れ
気になっていたお店もいくつかあったので


お昼は、その中のひとつ「パーラーコイズミ」にて!
まつり会館へ行く前に、まずこちらで腹ごしらえ。


こういうメニュー見本、ノスタルジックですな(^^)
それとは別に気になったのが、ウインドウの左下にある…


「的中 秩父神社流鏑馬神事」の札。
店主さん、流鏑馬が出来る方なんですかね?びっくり


外観のイメージどおり、店内も古き良き喫茶店っぽい雰囲気きらきら


ハンバーグ、ナポリタン、カレー、サンドイッチなどの食事に
パフェやケーキなどのデザート類もあり。
あとこの日は、日替わりのランチセットが
カニクリームコロッケだったかな。
そのほか、こんな感じで「10月のおすすめメニュー」も。


食事は、ミートソースパスタを単品にて。
デミグラス系のミートだね、「懐かしい洋食」的な感じの。
私の中では、ミートはケチャップ系が馴染みなので
あっ!こう来たか!という意外性があったよ(^^)


別途に、10月限定の巨峰サンデーも!
こちらは単品は無くて、あくまでドリンクとのセット。

すっきりしたバニラアイスが真ん中で、巨峰のほかに梨も味わえて
秋の好物を満喫できたひと皿スマイル

お腹を満たしたら、秩父まつり会館を見て
そのあとはまた商店街のほうに戻って
建物ウオッチングをしつつ、南へ歩いていく。






南の目的地は、有名なパン屋さん「ラパンノワールくろうさぎ」
うわ~うわ~12年ぶりだよ。
2008年の5月、羊山公園の芝桜を見に行ったとき以来だよ。
微妙だった空模様にちょうど晴れ間が見えてきて、
可愛らしい建物が引き立つ晴れ


イートインはお休み中。
知人がよく行くので、それは聞いてたよ。
そして、お裾分けでパンをちょこっと貰う機会もあったので
食べるのは、実はそんなにすごく久々でもなかったりする(^^)
それでも、ショーケースに並ぶパンを見ると
どれも非常に美味しそうで、迷う迷う(^^;


せっかくこっちの方まで来たんだから、多めに買って帰ろう。
基本的にどれも、ハードめでしっかりした生地。
シンプルかつ堅実な食パンは、バターやチーズがよく合いますな。


素朴な「地粉ロール」
甘さ控えめで中身たっぷり「かぼちゃのデニッシュ」
ギュッとした生地の中心からほんのり甘いクリームチーズが溢れる
「クリームチーズいちじく」。
どれも、食べ始めると一気に食べちゃう美味しさスマイル




くろうさぎから程近い、西武秩父駅には
温泉施設「祭の湯」が隣接。

秩父みやげがいっぱい揃うお土産売り場
近隣のたくさんのお店の食品・雑貨を扱っていて
温泉に入らなくても入店できるので、
ゆっくり街中散策できない人や、あまり歩きたくない人の
お土産調達には便利かと(^^)
フードコート的なエリアには、名物の
わらじかつ丼や豚みそ丼、みそポテトなどもあって、お手軽。

ここで何気なく買って帰り、撮らずに食べちゃった
某店のバラ売りのお菓子がと~っても美味しかったので
ネットで調べたら…おおっ!このお店は絶対行きたい!
次なる秩父行きの機会に、ぜひ寄ろうかと(^^)
家族に買っていった「すまんじゅう」も、大好評なり。




秩父駅方面まで戻り、最後は
2年前に来たとき最も気になったお店「サンドルチェ」に入店。

秩父神社の脇にあるよ。
店内に、小さくイートインスペースあり。
ジェラート中心で、ホットサンド・クレープ・ポテト等もあり。
とりあえずジェラートが食べたい!


フレーバーは、イチローズモルトとか秩父錦とか
秩父のお酒を使ったジェラートもあったよ。
今回はすぐ車で帰るところなので、お酒系はやめておいて(^^;
ワッフルコーンのダブルで、「巨峰」と…
何だっけ、チーズ系にちょこっとストロベリーが入ってたんだっけ?
このジェラートはとても美味しい、両方とも大当たり
きらきら
ふわっとした食感でシュッととけて、少し暑い日にも爽やかな味。
個別で食べてよし、2種一緒に口に入れても相性よし。
後味すっきり、気分よく秩父を後にしたよスマイル

では、秩父駅前~西武秩父駅周辺までをぐるっと歩いての
建造物ウオッチング編は、またそのうち。

●このブログはあくまで筆者の都合に合わせて自主的&自費にて運営する 「個人ブログ」 です。
お店関係のより詳しい情報は各店に直接お問合せ下さい。 リクエストもお受け出来ません。
コメント欄では、悪口・他店のクチコミ情報・本題と無関係な話のみの書き込みは御遠慮下さい。
別の話題には、掲示板がわりのコチラのコメントスペースをご利用ください。
●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.10.24 00:10:05
2020.10.20
カテゴリ:その他埼玉県内


久々の祭りじゃあ~!(嘘)
2週間前、ちょっと勢いで秩父市へ…自力で行くのは12年ぶり。
秩父郡の某・読者様、約束どおり今年中に秩父へ行きましたよ~(^◇^)
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)

ちと訳ありで、ストレスが大きすぎる今日この頃雫
こんな時の末期症状「やたらと滅多に行かないエリアに行きたがる」が出始め…
今は欲求を1つひとつ満たすことにしよう、そうしないとキレる(笑)
そして景色を見ながら、今後どうするかの決断をしていこうダッシュ
秩父については、飛び飛びで3分割掲載の予定です(^^)
2年前、とある秩父方面ツアーに便乗させていただきしまして。
秩父駅前での短い自由時間があって、そのとき
「気になったけど時間の都合で寄れなかった」場所などを中心に回ったよ。




まずは、ゆっくり見たかった「秩父まつり会館」
秩父の夜祭りって12月なので、なんとなく慌ただしくて
毎年行きそびれ、まだ一度も見たことないよ(^^;
そして今年はやっぱり、屋台・笠鉾の曳き回しや花火は中止。
(神事などは小さく行うようですが)
なので、まつり会館でちょっと気分を味わっておこうかと。
入館料は大人500円。


チケットを買って展示エリアに入ると、まず
大きな屋台と笠鉾がどど~ん!

秩父の屋台は大きいんだよね、しかも両脇に舞台も設置されたり。
これらは後でゆっくり拝見するとして、最初はこの奥の部屋で
専用メガネ着用にて、15分程度の映像を見せていただく。
夜祭りに限らず、秩父エリアの色んなお祭りを紹介するショートムービー。
噂に聞く、子どもが花びらを撒く祭りや
人様のブログで見た甘酒まつり等々…ナマで見たい~!!
秩父あたりは風景も良いから、何やっても映えるよねきらきら

そのあとは、屋台&笠鉾の展示ホールにて
プロジェクションマッピングの演出つきで、秩父夜祭りの紹介。

私、今までプロジェクションマッピングというものに感動したことが
ほぼ無いんだけど…ここのは良かった!
風景・観客・背景、最後に夜の盛り上がりと花火…祭りの臨場感ありあり。
その後の、スタッフのお姉さんによる
てきぱきとしたわかりやすい解説もグッドスマイル
最初の映画以外は写真撮影OKとの事だったので、ここから遠慮なく…






屋台は、重厚な構造と華やかな飾り。
うちわ祭と違って「四輪」ですな。




これがいっぺん見てみたかった、花飾りを施した笠鉾!
熊谷には無いので、憧れる(^^)
組み立てていくところを見てみたいな~。


カメラだけ入れて、中に入り込んだつもりになって…


あの階段を上がってみたい(^^)






スロープを上っていくと、上からも見られるよ!






こんな角度から本番の祭りを観られたら良いな(^◇^)


では、2階の資料展示室へ。












屋台上での芝居や神社での神楽、行列のときの猿田彦大神などの
解説と衣装見本。各種ミニチュア。
あと秩父夜祭りといえば、花火だよね!
花火の玉の中身って、こんな綺麗に仕込まれているのだね~。




笠鉾骨組、小さい模型なのに
板がしっかりはめ込んであるみたい。


笠鉾彫刻の下絵、このまんま絵として素晴らしいきらきら


こうして見ると、屋台の車輪はすごいドッシリ感。




見せ場のひとつ、「団子坂」急勾配の模型。
傾斜25度って…こんなすごい急坂なんだね(^^;
ここで、あの重量感ありありの屋台を曳くって…びっくり




わ、1階に良い場所があるきらきら
背景込みで見せる、こういう展示って素敵だよね。
秩父の笠鉾に、よく似合う(^^)

今回秩父で見たかった一番の目的地・まつり会館は
思った以上の見応えで、やっぱり行ってみてよかった晴れ
ではそのうち、秩父グルメ編に続くダッシュ

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.10.20 21:22:14
2020.09.21
カテゴリ:その他埼玉県内


何も知らずに行ったら、そこはレトロ街路灯の宝庫だったきらきら
8月は、岩槻人形博物館に行ったついでに、ちょっとだけ街歩きを(^^)
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)
ちょっと間が開きましたが、お盆中に「さいたま市岩槻区」へ行った日の件。
人形博物館については先に掲載済み、今回はそれ以外の近隣の様子などを!
すぐにここを去って東京へ行ったので、駅近くを少し散歩しただけですが。


人形博物館は、岩槻駅東口から歩いて10分程度。
とりあえず駅からは、この写真でいうと右側へ歩いていったよ。




駅から歩き出してすぐ、「人形のまち」らしいデザインの街路灯に遭遇。
街路灯マニアとしては、初めて行く街では
いつも街路灯を気にしながら歩くのだけど、今回は行くまで失念していて
いきなりこんなのが現れてサプラーーイズ!な喜びスマイル
ここからの短い道のり、変化はあるかな?


お、さっそく人形屋さんがある。
そしてこの辺りからはもう、街路灯が違う。
どうやら、ちょこちょこ商店会が分かれていそうな感じ。
わくわく(^^)




踏切あるね。
その向こうは「西町」で、街路灯も違う。

今日は行けないけど、あっち側も見たいな~。
それに西町というところには、しばらく会っていない友人が。
人形博物館がオープンしたら久々に連絡取ってみようと思っていたのに、
今年はコロナ問題が発生してしまったし
岩槻行きも前日に急に決まったので、今回は見送ることに雫




で、その踏切がある通りは「丹過通り」というのだね。
岩槻には、こんな案内看板があちこちにあったよ。
通り沿いに、素敵な塀を発見(^^)




さっきの道は「国道122号」だったのだね。
やがて道は大通りと交差し、ここからはその大通りが122号に。
そしてこの道こそが、街路灯マニア狂喜乱舞の世界きらきら
お洒落なランプ系に、昭和の生き残りみたいなタイプ、
さらに珍しい大モノも。


これ、夜に点灯したところを見てみたいな。
時計はもう、機能してないみたいだけどね。
「平成ロード430」と書いてある、この道の別名かな。


さっきの賑やかなエリアとは逆方向に歩くと、まもなく人形博物館。
博物館近辺は、このデザイン。


博物館を見たあとは、1か所だけ散策したいところがあり
ちょっとだけ東のほうへ…
あらま、これは群馬あたりでよく見るタイプ。


目的地は「時の鐘」。
博物館から程近いので、ここだけササッと見てみようかと(^^)






これですか~!
途中で改建されてはいるけれど、1671年からここにあったようで。




とりあえず、上れるところまでは行ってみる(^^)
もちろんこれ以上は行けませ~ん。




行きは駅ロータリーから線路に沿う方向に歩いたので
駅への帰り道は、大通りを目一杯通ってみよう。
ここの道の、街路灯デザインが気に入ったことだし(^^)
お、なにやら素敵な構えの洋館があるよ!
人形の「東玉」大正館、ですと
きらきら
大正時代の建物ですかね?これは文化財になっても良さそうな風格。
帰宅後に写真をよく見たら、建物左下のほうに文化財のプレートあるじゃん。
国登録有形文化財なのだね。
さらに調べると…「旧中井銀行岩槻支店」ですと!

さいたま市のサイト参照)
確かに、昔の金融機関っぽい感じ。
ちょうど右側に1本立っている街路灯が、よく似合う(^^)


少し西へ進むと、懐かし系な「一番街商店会」の門。
熊谷の一番街を思い出すね~。




そして…うおおお~!
「栄町通り商友会」、花飾りも込みで実にイイ雰囲気!

ランプの形じたいは、熊谷の本町(陣屋町公栄会)や箱田通りと同じやつだね。
…って、岩槻人さんも、まさか熊谷人に
こんなこと思われているとは想像できまい(笑)




駅に戻るまでに、またいくつかのバリエーション発見。
市宿通りに、人形町通り。


最後の最後、駅ロータリーに岩槻っぽいオリジナル発見。
もっとじっくり巡れば、まだある筈。
岩槻城址公園も含めて、探検ツアーやりたいな~!
でもさすがに、友人は誘えないな(笑)

というわけで、久々に「いつもの病気全開!」な記事でした(^◇^)

●このブログはあくまで筆者の都合に合わせて自主的&自費にて運営する 「個人ブログ」 です。
お店関係のより詳しい情報は各店に直接お問合せ下さい。 リクエストもお受け出来ません。
コメント欄では、悪口・他店のクチコミ情報・本題と無関係な話のみの書き込みは御遠慮下さい。
別の話題には、掲示板がわりのコチラのコメントスペースをご利用ください。
●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.09.21 17:34:32
2020.08.21
カテゴリ:その他埼玉県内


間の悪いオープンで気の毒だったよね、再開できて何より。
2月に開館した、さいたま市の岩槻人形博物館に行ったよ。ずっと楽しみにしていた晴れ
(※引き続きコメント欄を閉鎖中です、申し訳ありません)

先日、半年ぶりに電車に乗って、岩槻と銀座へ!
短時間で帰らなきゃいけなかったので、駆け足だったけど
用事も済ませて、とても行きたかった所にも行けて
さらに初めて行った岩槻では発見もあり、すんごい充実感きらきら
今やってる人形博物館の企画展が、8月23日までなので
(企画展終了後も常設展は見られるので、休館日以外は入れます)
まずは、博物館のことから掲載します(^^)


約1年前に発見した、このパンフレット。
県内に新しい博物館が出来るということで
美術館&博物館好きなわたくしとしては、行く気満々上向き矢印

オープンは今年2月22日だったので、早い段階で行くつもりだったのに
ちょうどこの頃から、コロナの件が大問題になりつつあり
今は電車で都会へ行くのはまずいな~という時期に入り、
名だたる美術館なども軒並み臨時休館が発表され…
これは危ないなと思っていたら、やっぱり岩槻人形博物館も
3月2日から、当面休館と
ショック
せっかくのオープンから、僅か数日でこんな事になるとは可哀想雫
開館記念の企画展も、第2弾は全面中止だし。
(来年度に仕切り直す予定のようですが)
6月から再開し、7月11日からは企画展も始まったので
とりあえず、今回の企画展期間中に何とか行っておこうダッシュ


ほとんど乗ったことのない東武野田線で、初めて行く岩槻駅。
あ、東武野田線って今は
「東武アーバンパークライン」っていうんだね!
ご縁が無くて知らなかったので、大宮で乗り換えるとき戸惑った(^^;




駅ロータリーの植え込みにある像。
この手の、ハトやカモメが飛んでる像って各地で見かけるけど
こんなに大人数のやつは、初めて見たかも(^^)


それと、駅前に商業施設らしきものがあるのね~と思ったら…
同じ建物内に「岩槻区役所」?
マルエツと区役所が共存って、不思議びっくり
でもいまだに「さいたま市岩槻区」って、馴染めないな。
「岩槻市」の名称が懐かしい。


駅前に、人形の町らしい街路灯きらきら


歩いていくと、街中には他にも街路灯マニアを興奮させるものが
い~っぱいあって、想定外の状況にテンション揚がりまくりスマイル
まちあるき&街路灯の件は、後日また別に書きますね。




そんなわけで博物館到着~!
同じ敷地内に、交流館やカフェもあり。
開館の9時より早く行き、どうやら私が1番かな(^^)




すっきり&ゆったりの駐車場あり。
熊谷辺りからであれば、車で行きたい人もいるよね。
バスの乗降を意識した感じの、屋根付き通路があるけど
現在はコロナ対策で「大人数や団体でのご来館はご遠慮ください」とな。






時間があるので、博物館とは別棟のカフェを外から偵察。
事前にグーグル地図に「ヨロ研カフェ」という店名を見たときは
全く期待していなかったんだけど(すみません…)
意外にお洒落系、パンケーキやジェラートもあるきらきら
今回は時間の都合で、寄れなくて残念。
ホームページありますな、野菜料理も美味しそう。
写真見て、やっぱり行きたかったな~と(^^;
博物館がまた別の企画展やる時に再び行って、ここも寄りたい。


カフェにはお土産売り場もあるらしく…
おお、岩槻にも人形焼きがあるのねスマイル


博物館側のお庭に、太田道灌像。
太田道灌は、岩槻に縁が深いのだよね。
今回はゆっくり散策できずに岩槻を去るけど、あとで
岩槻城址公園とかも行きたいのよん。


こうして、館外にグリーンを配置していると
館内から見る外の風景が素敵になるよね。
美術館・博物館は、ガラス越しの景色も楽しみな部分きらきら




9時きっかりに自動ドアが開いたので、1番ノリで入館~!
基本的に、あまりワッと人が来る類の場所ではないと思うので
それほど密は気にならないかと。

入館と同時に、サーモグラフィによる体温測定を初体験。
ほんとに一瞬なんだね。
外が暑かったので心配しちゃったけど、大丈夫だった(^^)
その後はすぐ、もしもの時の為に入館者カード記入が義務。
もちろん館内では、マスク着用のこと。
諸々のコロナ対策については、公式サイトをご覧くださ~い。


まずは常設展のお部屋から拝見。
解説版を読むと…埼玉県って、日本一の人形産地なのね!
岩槻のほか鴻巣なども有名だし、
熊谷市内にも山車人形で全国区なアノ人形店さんがあったりするけど
そういう認識は無かったな。
人形作りの工程がわかる道具類が見られたり、
日本人形にはいろんな種類・名前があることがわかったり。
豪華な雛壇の雛人形&小道具(ミニチュア道具の作りが素晴らしいね)も
それぞれの名称は知らなかったので、へえ~!という感じ。

8月23日までの企画展は、「雛人形と犬筥・天児・這子」。
チラシ写真にもある可愛らしいこれは、犬をデフォルメした物入れ。
犬は安産の象徴で、昔はこういう贈り物が喜ばれたそうで。
ほか、江戸時代の雛人形たちは
色褪せているのに、とても存在感がある。
お着物も、丁寧に作られているしね(^^)

ひとおおり見終えたあと、展示室の入口にあった表示をよく見ると…
あれっ! フラッシュ禁止って…
もしかして、写真撮って大丈夫だったの!?
びっくり
この手の施設では撮影禁止に慣れているので、考えなかった(^^;
戻って撮ることもできたけど、まあいいや。
そんなわけで、禁止マークのあるところ以外は大丈夫みたいです。




いちおうミュージアムカフェあるんだね。
まあ、席があるわけじゃないので「売店」ですかね。
しかもコロナのせいでお休み中だし(^^;


今回、岩槻では飲食や買い物はせずに終わったよ。
でも久しぶりの「街中ユル散歩」で、発見はいろいろあったので
そのうち岩槻訪問の続編を掲載します(^^)

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.08.21 00:51:09
2020.01.29
カテゴリ:その他埼玉県内


ここでモーニングは初めて、朝から美味しいフレンチトーストきらきら
本庄市の珈琲工房KUROYANAGIさん、気に入り過ぎて4度目訪問したよ(^^)
やばいな、来週末から恒例のアレなのに予告画像をまだ作れてない(^^;
ので、とりあえず今日は普通のブログを出しておきます。
黒柳さんは味・雰囲気ともに抜群なお店で、8年前の初入店からお気に入り。
本庄・児玉・上里方面に用事があるとき(滅多にないけど)は、必ず意識していて
「時間あれば寄りたいな!」というのが頭の片隅に。
今回は上里の天城屋さんに行く日、早めに家を出てこちらに寄ったよダッシュ




朝9時のオープン直後、どうやら1番ノリで到着!
本庄駅から1km位のエリアで、駐車場そこそこスペースあり。
ちなみに過去3度の訪問でいただいたものは…
1度目(2012年)→ シフォンケーキと珈琲
2度目(2015年)→ 季節限定タルトタタンと珈琲
3度目(2018年)→ アフォガードホットケーキと紅茶








まずはこの「お洒落な平屋洋館」の、外観を目で楽しむきらきら
ステンドグラスなどもあしらいつつ、屋根は瓦なのがポイント。


いつのまにか「納豆ピザライス」なる旗が…何じゃ!?びっくり






席は選べるので、今回は天井がドーム型の空間へ。
美味しいスペシャルティ珈琲を出すお店は、イマドキ風な雰囲気が多いなか
ここは「上品めな古き良き喫茶店」といった感じきらきら
個人的に、カフェとしてと~っても好みの空間です!


そして近年、本当にメニューが増えましたな!
しかも今まで注文したものが、食べ物も飲み物も全て美味しくて隙がない!
意識高そうだけど品目は高尚に走り過ぎず、
珈琲に合う食べ物もキッチリ美味しく作ってくれる。
幅広い層に受け入れられやすいと思うよ(^^)



勝手に全部掲載はさすがに…だけど、店頭にも掲示されていることだし
モーニングメニューだけはお見せしちゃいます。
朝から選ぶ余地たくさんあって、どれも美味しそう!
そして数年前からトーストサンドの類を食べる気満々なのですが
今回はこのあとの用事の都合があるので
あまりガツッとせず、フレンチトーストにしましょうかね。
ドリンク・ミニサラダ・ヨーグルト付きで860円。



ブレンド珈琲は「深煎り・マイルド・爽やか」から選べるよ。
こういうのは大変ありがたいです!
コクのある深煎り、目の覚める味。
これがお気に入りなんだな(^^)




フレンチトーストのプレートには、フォーク・ナイフのほか
ヨーグルト用のスプーンに、バターナイフ的なものまで
ご丁寧に4本つき。これなら食べやすいですきらきら
まずは、濃いめドレッシングのサラダから食べまして。


食パンで作ったのかな?のフレンチトーストは、ふわっふわで
シロップをかけてヒタヒタにすると、とろけるような味と食感。

じゅわじゅわで柔らかくて、香ばしさもある!
軽くシュガーもまぶしてあるけど、全体として甘すぎず
朝の元気をもらうに丁度よい甘さ。
何よりも、このシットリ加減が気に入りましたわ晴れ

やっぱり今回も裏切らないKUROYANAGIさんでした。
あんまり間を開けずに、また行きたいな…今度こそはサンドで。
公式サイトに、2月1日(土)は臨時休業とあるのでご注意!

●このブログはあくまで筆者の都合に合わせて自主的&自費にて運営する 「個人ブログ」 です。
お店関係のより詳しい情報は各店に直接お問合せ下さい。 リクエストもお受け出来ません。
コメント欄では、悪口・他店のクチコミ情報・本題と無関係な話のみの書き込みは御遠慮下さい。
別の話題には、掲示板がわりのコチラのコメントスペースをご利用ください。
●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。






Last updated  2020.01.29 11:57:11

全257件 (257件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >


© Rakuten Group, Inc.