000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

全1581件 (1581件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.08.22
XML
カテゴリ:令~ 白湯を飲む
2019  8/22(木)

こんにちは、minminです。

エアコンを使わずとも、窓から入る
風がとても気持ちよい朝でした。
季節も動いているのですね。

お盆が終わって帰省していた二女も帰り、
また静かな日常です。



以前に比べると気持ちも身体も
滑らかではない日々が春頃から続きました。
不調以上、病気未満。

何故だろう?年齢のせい?
それとも季節の変わり目だから?
未病という、あれかしら?


不調の理由も分からず
対処の方法も分からず。
日常の生活をこなすのが
やっとの日々。

この不調の溜まりの中に落ちては
いけない・・・と池の淵で腕をグルグル
回しているような私でした。


何とか身体と心を整えたい…そんな思いを
持ちながら過ごしていたある日。
ある​文庫本​から「白湯を飲む」毎日が
スタートしました。


毎日お白湯を飲む事で、体が温まり免疫力がアップし
・・・・等々 効果がいろいろと書いてありました。
お薬ではないし、用意するのはお湯だけだし
例え効果がなくても、まぁよい。


そんな気持ちで始めた「白湯飲み」でしたが。
これがなかなか気持ちが良いものだったのです。

また書きます。






Last updated  2019.08.22 11:17:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.12
テーマ:物忘れ(24)
2019 8/12(月・山の日)

こんにちは、minminです。
今朝は窓から心地良い風が入り、ちょっとだけ
ホッとしました。


100年のライフプランが提唱されている現代、
90歳台の義母は特に珍しい存在でもないでしょう。
何とか自宅でもショートステイ先でも自立した生活は
送れていますが、物忘れは日に日に進んでいます。


「物忘れ」の専門医H先生との付き合いは
何年になるでしょうか。
亡くなった義父も担当して下さったので、
かれこれ10年以上かもしれません。
数年前から体調不良と聞いてはいたのですが
7月の受診時、代診の先生からH先生の
退職を告げられました。


病気の特性もありH先生は家族の話を
いつも熱心に聞いて下さいました。
特に義父の時は家族も初めての事ばかりでしたし、
もともとの性格的なものも増幅して
症状に現れたりしたので、専門医の受診は
私にとってとても貴重な時間となりました。


今のところ義母は性格的にも穏やかなままで、
物忘れ以外で家族を困らせる事は殆どありません。
そんな義母の姿を見て
「人格的な要素が保持されているのですね~」と
H先生が感心したように仰り、
温かいものがこみ上げてきた事を覚えています。


「長生きすると、見送ることばかりなのね」
今よりクリアだった頃、義母がポツンと言ったこと
がありました。
多くの別れを全て覚えていたら、
長生きは辛い毎日なのかもしれません。
いろんな事をあちこちに置きざりにできてしまう今のペース。
案外、うまいシステムなのかもしれない・・と思ったりもします。






Last updated  2019.08.13 10:51:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.06
テーマ:ぬか漬け(28)
2019 8/6(火)

こんにちは、minminです。
暑い日が続きます。
昨年は7月からこの暑さだった事を考えれば
もう夏の半分は終わっている・・。
いえいえ、どう考えても暑いは暑いです。


夏の始めに水ナスのぬか漬けを頂きました。
みずみずしい爽やかな漬物でした。
一個のナスに沢山のぬかが付いたままで
送られてきたので、全部をまとめてチャック袋に
貯めてみたら結構な量になりました。


試しにキュウリを漬けてみるとそこそこの味に。
だんだん水っぽくなってきたので、足しぬかをし
ニンジンやダイコン等を漬けました。


大きいナスは漬かり具合が難しく、何となくいつも皮が
硬くなってしまいます。
キュウリはうっかりすると漬かりすぎて酸っぱくなります。
それでも暑さに疲れた体には必要なものなのでしょう。
食が進みます。


父が元気だった頃、実家の朝の食卓には必ず母の
ぬか漬けがきれいに盛り付けてありました。
特別なものは何一つありませんでしたが、
温かいご飯と味噌汁、きれいに出来た卵焼き。
そして。。
季節の野菜の、あの力強く奥深い漬物。

野菜か。温度か。ぬか床か。
何が違うのか分かりませんが、
母のぬか漬けの味は、今のところ真似できそうに
ありません。


そうそう。
チャック袋は場所も取らず冷蔵室の端っこに立てて
置けるのも良かったのですが、だんだんチャックが
効かなくなり・・・蓋つきのプラ容器に落ち着き
ました。

ただ野菜室での存在感が、半端ない。。。






Last updated  2019.08.07 17:01:36
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.23
2019 7/23(火)

こんにちは、minminです。

世の中的には夏休みのようですが、
関東はなかなか梅雨が明けません。
昨年の酷暑には早々に音を上げたくせに
勝手なものです。

薄曇りの先日。
安野光雅展へ行ってみました。
絵本の原画、本の装丁、演劇のポスター等の
展示がメインでした。

安野さんの絵本に初めて出会ったのは
福音館の月刊絵本だったと思います。
「こどものとも」は表紙も中も同じ素材の
A4ぐらいのサイズだったでしょうか。
幼い子供にも持ちやすい形と重さ。
毎月違うお話が待ち遠しかったのを
今でも覚えています。

その中でも「ふしぎなえ」はとても変な絵本でした。
家の梁に逆さまに人が座っていたり、
厚い本をくりぬいたプールで楽しそうに泳いでいたり。。。
ページをめくる度にありそうにない
不思議な情景が描かれ言葉は一つもなく。
そして、何度見ても飽きない。
上手く表現できませんが、そんな絵本でした。


会場の絵本原画の緻密な描写と水彩画の淡い色彩は
見る人を作品の奥へ奥へと連れていくのに
疲れさせはしません。
一方、演劇公演のポスター画は作家の違う一面が
楽しめました。
絵本ではどちらかと言うと横向きの表情が多い人物の顔も
ポスターでは斜め正面的な、目力強めの表現がどれも印象的
でした。

演劇ポスターや切り絵の昔咄は
今回初めて見た作品ばかりでした。
長い年月、独特の世界を創り続ける創作者である以上
ご苦労も多々あったのでしょうが、
いつも何かを面白がっているような
お茶目な部分も感じられました。

豊かな才能と深く穏やかな表現力に、
満ちたりた心地の日曜日でした。






Last updated  2019.07.26 09:36:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.07
カテゴリ:令~ 時の事

2019 7/7(日)

こんにちは、minminです。
長くお休みしていると、踏み出す勇気がなかなか。

これから、ぽつりぽつりのナンチャッテ日記になりそうです。
よろしくお願いいたします。

ライン アイビー








 
  
    雨音は


    ボッサのリズムに


    寄り添いて



    ジョアンの歌は


    語るがごとく

  
    
     み










Last updated  2019.07.11 10:24:15
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.16

2012     8月16日(木)

 

こんにちは minminです。


お盆休みも終わりM1は今日から仕事。
合宿から帰宅したM2は今日からバイト。
shinは今週末まで夏休み。
義母は昨日からショートステイ。。。

 

特に時間にしばられる事もないので
換気扇の掃除と調理台の引き出しを整理しました。
しようと思えばいつだってできる事ではあるけれど
ついつい一日延ばしにしていた懸案事項で。
エンジンさえかかれば それなりに動けるものですね。
気になる所がさっぱりとして大汗の甲斐はありました。

 

 

子供の頃。
夏休みに祖父の家から帰ってくると 必ず部屋の
様子が変わっていました。
母はうるさい子供達がいない間に好きな模様替えを
していたようです。
きっとメジャーを片手に方眼紙にレイアウトを
書いては消し書いては消し・・・。
そして時間が経つのも忘れて家具を動かし
掃除をし 汗を拭きながら満足気に部屋を見渡して
いたのだと思います。
久々の我が家がちょっと変わった雰囲気に見え
不思議な感じがしたものでしたが
今になって あの頃の母の心境が分かる気もします。

 

 

懸案事項がもう一つありました。
shinのシャツのアイロンがけ。。。
アイロンは嫌いじゃないのだけれど こう暑いとねぇ。

 

 

 

 



 

 

 







Last updated  2012.08.16 16:33:07
コメント(6) | コメントを書く
2012.07.04

2012    7/4(水)

 

こんにちは minminです。

 

どうした事か 今年は柿の実が沢山ついてます。
昨年だったか一昨年だったか 私が後先を考えず
バッサリと枝を払ってしまったので
暫くは花もつけないだろう・・・と思っていたのですが。
ポコポコとまるで芽キャベツのように2センチくらいの
小さな実が連なっています。
きっとこれから余分な実を落としながら成長していくのでしょう。
今年は静かに成長を見守ります たぶん。

 

夏野菜はインゲンとトマトがニューフェイスです。
インゲンはすでに二回収穫しました。
トマトは随分赤味が増してきましたが
完熟まで待つ予定です。

玄関脇に苗で植えた朝顔はどんどん花を咲かせています。
夕顔は朝顔の隣と遮光ネットに絡ませています。

どんな時も季節に忠実な植物は嘘を知りません。
美しい花はそれ以上でもそれ以下でもなく
阿ることもしません。
土と水と光が作る潔さが羨ましくもあるこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2012.07.04 22:43:18
コメント(8) | コメントを書く
2012.05.20

2012     5/20(日)

 

こんにちは minminです。
またやってしまいました。
左手人差し指が落ち着いたかと思ったら
今度は右手の親指です。
しばらく茄子を触っていなかったので
うっかりしていました。

 

トゲって刺さると痛いでしょう?
おまけに最近は見えなくて。
メガネをかけても これかなぁ・・・くらいの
感じですから 自力で取るところまでは
いきませんのです。





ライン アイビー








 
  
    遠ざけて


    近づけてまた


    遠ざけて



    何の暗示か


    疼く指先

  
    
     み




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2012.05.20 16:58:14
コメント(6) | コメントを書く
2012.05.14

2012     5/14(月)

 

こんにちは minminです。

食卓に置いてあった義母の蜂蜜の瓶を
持ち上げた・・・と思った瞬間。
私の手には蓋だけが残り 危うく瓶を倒し
テーブルは蜂蜜の海になるところでした。

 

夕食の時にその事を義母に伝えると
「だって蓋が固いから・・・」。
確かにねぇ。
あの手の蓋は糖分で回りにくくはなりますけれど。
やっぱり やめて欲しいわ。

 

昨日 娘達からもらったシナモンフレーバーの
蜂蜜はちょっと変わった風味で美味しかったです。
蓋はきちんと閉めましたとも もちろん。。。

 

 

 

 







Last updated  2012.05.14 17:04:39
コメント(4) | コメントを書く
2012.05.09

2012    5/9(水)

 

こんにちは minminです。
閉店の知らせが届きました。
隣の区にある古い鍛冶屋です。

 

旧街道と新しい道路の交わる辺りにある古い建物で
前方が刃物屋で後部分が鍛冶屋になっています。
年に数回 まとめて砥ぎに出す我が家の包丁は
いつの間にか刃も細長く短くなりました。

 

店番のおばちゃんはいつも編み物をしています。
職人さんは薄暗い鍛冶屋で叩いたり研いだりしていますが
どう見ても若くはありません。
「これから包丁どうしよう?」と問うと
「後継者がいなくてねぇ・・・」とおばちゃんは淋しそうに笑いました。

 

先日頼んだ包丁を受け取りに行きます。
垣根用の刈り込み鋏も追加で頼むことにしました。
包丁は義母のコレクションがいくらでもあり
私は一生買わなくていい と思っていますが
砥ぎ・・・・どうしよう。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2012.05.09 14:43:56
コメント(6) | コメントを書く

全1581件 (1581件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

Profile


民眠

Calendar

Freepage List

Category

Recent Posts

Favorite Blog

18:50の空 New! エコrinさん

Archives

Comments

 民眠@ もぐら4311さん >換気扇と調理台の引き出し、私がいつも…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.