7033761 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

*モナミ* SMAP・映画・本

2010.04.22
XML
カテゴリ:映画


『第9地区』


ある日、正体不明のエイリアンを乗せた巨大な宇宙船が、
突如、南アフリカ上空に姿を現す。

飢えに苦しみ攻撃もしてこない彼らを保護した人間は、
ヨハネスブルクの「第9地区」と呼ばれる居住地区に収容する。

彼らが出現してから28年後、第9地区のスラム化により、
超国家機関MNUは、難民の強制収容所移住計画を立て、
その責任者となったヴィカス(シャールト・コプリー)は、
第9地区のエイリアンたちの説得にあたる。



「B級のニオイぷんぷんのSF映画で好きそうー」とか言って、
ごめんなさい。
全然B級なんかじゃなかったです。


「エビ」と呼ばれている宇宙難民がね、エビというよりかは、
どちらかというとバッタぽいんだけど。
まさか、彼らに泣かされるとはね。

というかクレジットロール中、ずっと泣いてたけどね。
あまりにエビ男たちが可哀想で可哀想で。
あまりに人間たちが酷くて非道くて。


そのエビ男たちもコミカルだったりね。
ネコ缶が大好物だったりね。
ぼろ切れを体に巻きつけて、服みたいにしたりね。

気味悪いけど意外に可愛いやん、みたいなね。
仔エビもいたりね。

その地球生まれの仔エビちゃんが、「僕たちの惑星を見たいな…」
って。
なんて切ない願い。

でもあれってどうやって繁殖してるんだろう?
卵はあったけど、それを産んでるのは?
もしかして、雌雄同体?


そんな可愛らしい(?)無抵抗な彼らを、「保護」という名目で、
劣悪な環境に押し込め、小突き回し、簡単に殺し。

なんて酷い人間。
「自分たちと異なるもの」を力で押さえつける迫害は、
人類の歴史が始まった頃から何度も繰り返されてきたことで。

それは多分、「自分たちと違うものは何をしでかすか分からない」
という恐怖から来るものなのだろうけれど。

それを漏れなく発揮する、ちっとも進化しない人間たち。


なぜエビ男たちは、人間に抵抗しなかったんだろう?
力だって強いし、あんなすごい武器を山ほど持ってるのに。
平和的な種だったのかな?

でもいくら平和主義者でも、あれだけ酷い扱いをされたら、
そこに憎しみの感情が生まれるだろうに。
「悲しみ」「同情」「愛情」の感情は、持ってるみたいだし。

あのものすごい武器で、ぷしゅっと人間たちなんか、
血と肉の飛沫にしちゃえばよかったのに。
地球を自分たちの星にしちゃえばよかったのに。


そうしない彼らにいい気になって、酷いことを繰り返す人間。
犯罪が増えスラム化した第9地区から新居住地へと移動させる、
その本当の目的も、彼らの武器を手に入れるため。

彼らのDNAにしか反応しない武器を動かすため、
MNUの地下ラボで人体実験を繰り返す。
人間より下等な生き物は、どう嬲り殺しても構わない。


「下等」だと言うけれど、故障して電力が入ってないらしいのに、
あの巨大な宇宙船を宙に浮かばせておく、その存在だけで、
どう考えたって人間より優れた技術を持ってると思うのだけど。

だから余計に、力で押さえつけようとしてたのか。

従順だし、ゴミあさりばかりしてるし、外見がエビだからといって、
エビ(PRAWN=オーストラリアのスラングでばか・あほ・まぬけ)
と思う人間の方が、お目出度いというか。


そんな無能で下等(と人間が思っている)彼らの中にも、
賢いエビ男がいて。

宇宙船を起動させようと、20年をかけて秘密の液体を採取し。
いよいよ帰れそう…!という時に、ヴィカスがそれを見つけ、
その液体を浴びてしまう。


そこらへんは、結構グロいです。
twitterで「グロ注意」というつぶやきを見かけたはずなのに、
すっかり忘れて、直前にケンタを食べたことを、ものすごく後悔。
やばいこれ、もたないかも…と何度目をつぶって耐えたことか。

いやほんと、これからご覧になる方は、気をつけてください。
体調不良時、満腹時は避けた方が賢明かと。
後半は、大丈夫だけどね。


それはさておき。

黒い液体を浴びて大変なことになっちゃったヴィカス。
MNUの仲間たちが治療してくれるとばかり思っていたら、
実験材料にされようとしてることを知り、逃げ出す。
そして人間たちは、彼を見て恐怖に怯え、無闇に追い回す。

人間でエビ男たちを押さえつける立場だった彼が一転、
人間たちの嫌悪と憎悪の的になる。

昨日まで人間だったヴィカスが、助けてくれと訴えても、
耳を貸す人間は一人としていない。

身を潜められるのは、第9地区だけ。
同情のそぶりを見せてくれるのは、エビ男だけ。
治せるのは、エビ男だけ。


だけどもその体を元通りにするのに3年かかると知り、
激昂するヴィカス。
そして連絡船を壊しちゃう。

あぁ、治るかもしれないという望みも儚く…。
3年くらい待とうよ。。。


このヴィカス、どことなく抜けていて。
正体不明の液体を浴びたんだから、病院行こうよ。
奥さんと電話したいのは分かるけど、絶対逆探知されてるって。
ちまちま殺すんじゃなくて、とりあえず全部殺しちゃえよ、
それだけの武器を持ってるんだから。

などなど…。

でも兵士ではなく、単なるMNUの職員だったのだから、
そういうイザという時の行動が甘いのは、当然か。


連絡船も墜落してしまい、エビ男はMNUに捕らえられ、
ヴィカスはギャングに捕まり腕を切り落とされそうになり、
望みは潰えたかと思えたその時。

ヴィカスになついていた仔エビちゃん、大活躍!
あんな小さな仔エビちゃんだって、あんなに賢いんだから、
大人エビたちは絶対すごい知能と技術を持ってるハズ。
脳あるエビは色々隠してるに違いない。


かつてのアパルトヘイトを彷彿とさせるとか(南アだしね)、
そういう見方もあるけれど、そんな小難しい(?)ことでなく、
ただただエビ男とエビ男になったヴィカスが可哀想だった。

もっと怒れよ!立ち上がれよ!
人間なんかやっつけちまえ!
と思わずにいられなかった。

いやでも実際身近に、自分の近所にあんなエビ男がいたら、
やっぱり恐怖で迫害しようとするかも。。。


なんで自分たちの星から逃げて(?)来たのか?
なんで彼らは地球に来たのか?
なんで宇宙船が壊れてしまったのか?
あの黒い液体は、一体何なのか?

「仲間たちを見捨てては行けない」と言いつつ、
自分たち親子だけ帰っちゃったエビ男。

3年後に戻ってくるのか…?
仲間とヴィカスを救うため、大軍隊でも引き連れて…?

それらエビ男たちのことについては、一切説明もなく、
最後まで疑問だらけなんだけど。


ラストの、人間だったヴィカスが妻の写真を手にして、
「僕の天使だ、ほら」と嬉しそうに語る映像。
そして身をかがめ屑の花を作る、ヴィカスらしきエビ男の映像。

ただ異なるというだけの相手にすぐ銃を向ける人間への憤りと、
何も悪いこともしてもいないのに、ただ形が違うだけなのに、
なんでそこまで酷いことをされなきゃいけないの?という、
やりきれなさと悲しさに、おんおん泣いてしまった映画でした。


とか言いつつこれ↓、面白いんだけど(笑)。

地域警報システム 福岡地区



ランキング励みになります♪
↓        ↓
ランキング  にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


【参考】

 第9地区 オフィシャルサイト





tv
映画レビュー
ラブアイコンホームふきだし   ツイッター小.jpg

ランキングナビ 







最終更新日  2010.04.22 15:22:12

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


v_のん_v

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

雑記

(702)

SMAP

(929)

SMAPドラマ

(281)

SMAPライブ

(224)

映画

(905)

(969)

病気

(228)

仕事

(160)

野球

(174)

旅行

(127)

音楽

(32)

TV

(59)

観劇

(38)

お出かけ

(165)

PC・HP・ネット

(83)

カレンダー

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.