208792 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

シニアーズとの暮らし

PR

全153件 (153件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

2011年08月18日
XML
カテゴリ:その他

来年の動物愛護管理法改正に向けて、
環境省が「動物取扱業の適正化について(案)」
に対する意見の募集 (パブリックコメント)を行っています。

募集期間は8月27日(土)までです。

意見の項目は以下のとおりです。

(1) 深夜の生体展示規制

(2) 移動販売  

(3) 対面販売・対面説明・現物確認の義務化

(4) 犬猫オークション市場(せり市)

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢  

(6) 犬猫の繁殖制限措置

(7) 飼養施設の適正化

(8) 動物取扱業の業種追加の検討
    
    1)動物の死体火葬・埋葬業者
    2)両生類・魚類販売業者
    3)老犬・老猫ホーム
    4)動物の愛護を目的とする団体
    5)教育・公益目的の団体

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)

(10)登録取消の運用の強化 

(11)業種の適用除外(動物園・水族館)

(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討

(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)


意見を出したいけど、どう書いたら分からない、
という方はこちらのサイトを参考にしてください。

こちらのサイトでは署名募集もしています。

パブリックコメントは個人の意見が法律作成に反映される
数少ない機会です。動物のための声を届けましょう。






Last updated  2011年08月18日 20時21分29秒
コメント(1) | コメントを書く


2011年05月14日
カテゴリ:その他

ALIVEふくしまから緊急のお願いです。


大熊町の委託を受けて、明日から
ALIVEふくしまが、会津若松市界隈の
61箇所の旅館ホテルに分散する
飼い主調査を行うことになりました。

仮設への入居にかかるペット同居の
ニーズを把握するものです。

これを手伝って下さる現地ボランティアを
募集していますが、なかなか集まらないそうです。

福島県、あるいは近隣の県でお手伝いして
いただける方がいらしたら、ALIVEふくしま
までご連絡お願いいたします。


ALIVEふくしまでは以下のような活動を行っています。

----------------------------------------

ALIVEふくしま 被災者ペット相談 活動内容



1.避難所や借り上げ住宅等に連れて行けないペットの一時預かり

2.飼えなくなったペットの貰い手探し

3.ペット同居可物件情報提供

4.避難所における飼い主相談及び物資の提供、迷子札の無料配布

5.仮設住宅へペットと同居するための役場との連絡調整、及び飼い主調査

6.狂犬病予防接種及びフィラリア予防接種実施困難な飼い主への代行サービス

7.仮設入居前後の継続的飼い主支援



●3月24日被災者ペット相談窓口開設
(福島民報、テレビユー福島で窓口及び支援内容継続広報中)



<ボランティアのニーズ>

1.2.一時預かりや引取りに伴うペットの運搬

4.避難所(特に会津、県北)における物資の提供や相談受付

5.役場との連絡、打ち合わせ、飼い主調査補助

6.狂犬病、フィラリア予防にかかる犬の運搬(5月29日)

7.仮設入居前後の継続支援補助



ALIVEふくしま
代表 和田央子
e-mail:mypace*ac.auone-net.jp
(メールを送るときは*を@に転換してください)
http://blogs.dion.ne.jp/alive_fukushima/






Last updated  2011年05月14日 19時31分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年05月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類


思いっきり久しぶりの更新ですしょんぼり

福島では、原発周辺を中心に、数多くの動物が犠牲になりました。

今も、緊急救援本部と県の救護本部が手を差し伸べない
空白地帯がたくさんあり、 ALIVE福島 のメンバーなどが
走り回っていますが、物資がぜんぜん足りないそうです。

交通費なども持ち出しで活動しているので、
思うような活動ができなくなっているということです。

活動資金の支援、物資の支援を引き続きお願いいたします。


     【今、必要な物資】


ペットフード、犬用ガム(大中小)、リード、犬猫用食器、
猫用首輪(ツメの引っかからない素材:迷子札をつけるため)、
ペットシーツ、爪とぎ、古バスタオル類など


支援していただける方は下記までご連絡様お願い致します。

ALIVEふくしま  mypace@ac.auone-net.jp        
            (@を小文字に変えてください)


避難所でのペット支援活動のためのご寄付をお願いできる方は
下記までお寄せ下さい。

郵便振替口座 02200-9-72605
ALIVEふくしま



ご協力、よろしくお願いいたします。
転載なども歓迎です犬猫






Last updated  2011年05月09日 21時04分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類

**追記**

こちらの運搬ボランティアをしてくださる方、見つかったそうです。
ありがとうございました!



昨日に引き続き、ALIVEふくしまからのお願いです。
(転送、転載歓迎)

***************************

郡山市保健所に、続々と捨て犬、迷い犬が収容されています。
スペースに限りがあるので、譲渡の申し込みがあれば
正規の審査を経た上で、できるだけ早くお渡ししたいとのことです。

今お願いしたいのは、郡山市から田園調布までの運搬ボランティアです。
引き受けて下さる方、下記連絡先までお願い致します。

郡山市保健所 生活衛生課
動物愛護係

電話:024-924-2157






Last updated  2011年03月29日 19時20分01秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年03月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類


以下、震災とその後の原発被害の現場で動物の保護に
尽力しているALIVEふくしま代表からのお願いです。


***転載歓迎***

皆様へお願い

ALIVEふくしまでは、被災者のペットの相談窓口を
設けることになり、今日からラジオ、新聞等を通じて
広報される予定です。

すでに自宅周辺の避難所には、窓口連絡先を掲示しましたが、
深刻な相談が寄せられています。

原発からの避難対象区域からの避難者が、
12日から自宅に犬をつなぎっぱなしにしており、餌と水は
数日分しか置いていないというものです。

当初、当面帰れなくなることは予想できなかったため、
やむをえないケースであり、他にも同様の動物が多数いることが
想像されます。家畜も同じように放置されています。

避難区域を動物のために動いてもらえるか、
非常に困難ではあると思いますが、
皆様から、国に対して動物を救済して欲しいとできるだけ
声を上げて頂きたいのです。

動物は終生飼育が原則であることを国民に呼び掛けて
いるのだから、国民を強制的に非難させた上での
動物の救済は国の責任であると。

こちら↓から各府省への政策に関する意見・要望
を送ることができます。

https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

内閣府へ当てて、自治体担当部署(保健福祉局など)、
地元獣医師会などと協力して避難所におけるペットの受け入れや、
被災動物の保護などを促進するようお願いしてください。

内閣府政策統括官(防災担当)
〒 100-8969
東京都千代田区霞が関1-2-2
中央合同庁舎第5号館3階
Tel:03-5253-2111(大代表)


***************************************

あわせてのお願いです。

今、これから、避難者を受け入れる都道府県の中で
ペット同伴可の避難所情報、および動物ボランティアが
サポートして下さる避難所情報をできるだけご提供下さい。

ペットを連れているため、最初から避難所に入れないと
思っている方が大半で、車の中で過ごしたり、親戚の家を
転々とされている方が多数いるようです。

どうぞご協力のほどお願い致します。

mypace@ac.auone-net.jp
(メールを出すときは@を@に変えてください)

ALIVEふくしま
和田央子








Last updated  2011年03月27日 19時58分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類

**転載歓迎です**

福島県の原発周辺からの避難者は、避難区域を除く
県内全域の各市町村の公共施設などに避難しています。

いわき市は一部自主避難対象区域のため多くの人が
県内外に避難していますが、残っている人も、
また避難してきた人も少なくありません。

避難所の動物支援を開始したいわき「犬猫を捨てない」会より、
ドッグフードなどの支援の要請が寄せられています。

ガソリンがまだ手に入りにくい状況で、ホームセンターの
ペットフードコーナーも品薄です。

ご協力頂ける方は、下記宛先までお送り頂ければ大変助かり
ます。

また、今後予想される一時預かりや新たな飼い主となって
下さる方も緊急募集しています。


いわき「犬猫を捨てない」会


<宛先>
ヤマト宅配便
いわき平センター止め(コード:015480)
電話:090-2606-5547


物資支援、預かり、里親などできる方が
いらしたらよろしくお願いいたします。






Last updated  2011年03月26日 14時04分22秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年03月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類

新潟県ではペットとの同伴避難者を受け入れているそうです。

こういう情報はペットと被災した人にはありがたいですね。






Last updated  2011年03月21日 19時39分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類

地球生物会議(ALIVE)のメーリングリストから転載します

===========================================

被災地域の動物行政や動物の状況、および犬や猫の保護活動を
している動物愛護団体の状況についてお知らせします。

テレビ等でも報道されておりますように、各県では道路が
通じていなかったり、何よりもガソリン等の燃料が不足している
ために、人の移動も物資の輸送も非常に難しい状態となっています。

福島県には動物愛護センターがなく、犬猫の保護収容は
各保健所が対応していますが、現在は放射線の測定に追われ、
とても手が回らない状態とのことです。

宮城県では、県の動物愛護センターにはほとんど被害が
なかったので、今後はここが救護活動の拠点となるとの
ことですが、現在電話は通じません。

一方、仙台市の動物管理センターは大きな被害を受け
機能していないようです。

岩手県には動物愛護センターがありませんので、中心と
なって活動できる拠点がないようです。

各地で活動していた動物愛護団体の方々も被災しています。
以下の団体の方々には、今後物流等が復旧しましたら、どうか
ご支援くだるようお願いいたします。


アニマルクラブ(岩手県石巻市)
http://a-c.sub.jp/index2.html
※大きな打撃を受けた石巻ですが、幸い代表の阿部さんは
無事で動物たち80匹?と避難されているとのことです。

動物いのちの会いわて(岩手県盛岡市)
http://www.inochinokai.com/
※HPによると、3/11現在仮保護施設の動物達、施設共に
被害はなかったとのこと。被災し保護された犬猫へのフード
・折りたたみケージ等を募集しています。

アニマルピース(宮城県仙台市)
http://www.anip.biz/
※代表の菅原さんと動物たちには被害はありませんでしたが、
一時預かりをして下さっている各地域の方々とは未だ
連絡がつかないところが多いとのことです。

いわき「犬猫を捨てない」会(福島県いわき市)
http://www.geocities.jp/inuneko_sutenai/







Last updated  2011年03月17日 20時22分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年03月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類

今回の巨大地震で被災した岩手県雫石にある動物保護団体からの緊急のSOSです。

ブログ、mixi、facebookをお持ちの方、記事の掲載お願いいたします。
また、ご家族や友人・お知り合いの方にも知らせてください。
よろしくお願いいたします。

以下、


動物いのちの会・いわて


のブログからです。


sos!! 被災動物への支援・一時預かり家庭緊急募集(予約)

2011 / 03 / 15 ( Tue )


☆ 大震災で被災し保護された犬猫へのフード・折りたたみケージを募集します。

被災動物へのフード(未使用・未開封)
搬送用の折りたたみケージを緊急に募集します。

被災地へは、緊急支援の方しか入ることができません。
関係者が被災地に入る際に、持たせたいと思います。
宅配業者も動いておりません。
ご寄付いただける方は、
雫石の当会施設へお届け願います。


住所等詳細は、ご連絡いただきましたらお電話で連絡差し上げます。


  ・フード(犬猫)・ケージの別
  ・お名前
  ・連絡先電話番号(時間帯も)
  ・ご住所


☆ 東日本大震災で被災し保護された犬猫の一時預かり家庭を募集します(予約)


被災地の動物たちを助けてというメールが沢山届いています

いま、関係機関と掛け合っています
交通止めとガソリン調達が道を阻んでいますが
何とか助けたいと頑張っていますので
つれてきたら、力を貸してください!
一時預かりできるご家庭を
緊急に募集します。

今回の被災動物は、
飼い主さんが避難所にもちこんだ子は
助かっていますが、
飼い主さんとはぐれてしまった子を
助けたいと思います。

何とかいのちを救いたいと必死ですので
どうぞ力を貸してください。

はぐれた子の一時預かり可能な方は
ご連絡をお願いいたします。

※ 会保護施設には、150匹の保護動物がおりますが
スタッフのガソリンも入手できません。
泊まり込みでお世話をしておりますが
電話対応は難しい状況です。

お問い合わせ等はメールへお願いいたします。
    inochinokai@gmail.com  


    ・あずかれる犬猫の種類と数
    ・お名前
    ・ご住所
    ・連絡先電話番号
    ・先住犬猫の有無
     (ワクチン接種状況)

      ※メールでお問い合せの方へ …
    いただいたメールに返信できないケースがあります。
    御自分のメールアドレス表示は、まちがっていませんか?。
    メールの着信設定の確認をお願いします。
    (着信拒否になっていないか・着信自動振り分けで
     迷惑メールフォルダに移動していないか等
     →「gmail.com」の受信設定をお願いいたします)







Last updated  2011年03月15日 19時51分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年02月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類

前年度比で47、236匹減です。

詳細についてはこちらをご覧ください。

その数字ひとつひとつがかけがいのない命。
素晴らしいことですが、処分数の合計は

239、256匹

まだまだ多すぎる数です。

さらに減らすために自分に何ができるか
考えなければ・・・









Last updated  2011年02月23日 20時38分07秒
コメント(2) | コメントを書く

全153件 (153件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


© Rakuten Group, Inc.