699992 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Nipponitesさんの覚書

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


nipponites

お気に入りブログ

前日比△770,117円(… New! かぶ1000さん

Indian Cuisine Cook… New! Marketplaceさん

雨、週末は雨 New! マサ3574さん

不思議な写真が撮れた カズ0140さん

としのすけのワイン… @としのすけさん
kaoritalyたる所以 kaoritalyさん
kazuの子育て・ワイ… kazu 1968さん
私が間違っておりま… エンゾ〜さん
我がまま気まま。姐… ハンサム姐さん
External Memory FPANさん

コメント新着

 名無し@ Re:えー加賀・・・うすっぺらい金箔の町、そのまんまの見栄文化(06/09) 古い記事ですが内容に同意しすぎてしすぎ…
 nipponites@ Re[1]:さよならアウディA4、こんにちわプジョー207CC(09/23) ユウリィさん うわー、ご無沙汰です~ 最…
 ユウリィ@ Re:さよならアウディA4、こんにちわプジョー207CC(09/23) こんばんは。 あまりにもお久しぶり過ぎて…
 nipponites@ Re[7]:大口径レンズについて(02/25) プリンさん >最近ではレンズを交換する…
 プリン@ Re[6]:大口径レンズについて(02/25) アダプタ利用アルアルですね^^ 私も試し取…
 nipponites@ Re[5]:大口径レンズについて(02/25) プリンさん 参考になれば何より~(^^) …
 プリン@ Re[4]:大口径レンズについて(02/25) お手数おかけしました。 ありがとうござい…
 nipponites@ Re[3]:大口径レンズについて(02/25) おおっと、ヘキサノンは57mmですね、はい…

フリーページ

nipponitesのf0.95からf1.2のマニュアルフォーカスの日々

AKA
(ボルドー古酒を愛するnipponitesさんのホームページ)



DSC02508-2-3.jpg
Wine & Stock Trading Lover's Page , No ammonite infomation !


ボルドーワインについて中心に独断と偏見にもとづいて薀蓄をたれておりましたが、独断と偏見も老化してさほど語っては居りません(笑)2010からのマイブームは、明るい標準レンズたち。f1.2からf0.95までを愛するオールドレンズ蒐集と試写の旅。特に最近(2011/10)、Noctilux を手に入れて調子こいております(笑)Noktorと八雲 の50mmf0.95の話題はうちが一番多いかも。nipponitesは、ニッポニテスと読みます。カタカナで書いていただいてけっこうです。 楽天以外の方のメッセージはただ今書き込めます 2011/11/07

***

 夢いずるnipponites号は、新しい黒歴史へと出航したが、船長は旅なれたのか、さほど嵐でもない。しかし、いずれ来る嵐に身を固めそして奔放に航海は続くのだ。もはや祭りでもなく喪失でもなく、時計は右手から左手の定位置に30年ぶりにもどり、私は長い呪縛から解き放たれた(はず)


購入履歴

ガリアーノ【Galliano】ネックレスガリアーノ【Galliano】ネックレス(VR5M09 80818)…
思ったより大きく迫力があって、安っぽさはありません なかなかガリアーノという押し出しがあります[>>]
法律でタバコは初回に成人証明書の提出が必須です。【プレミアムシガー】(バラ売り…
ありていにいうと、キンタロのパナテラスのほうが味が上です。同じ値段でこちらのほうが太くて長いのでお…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2017年11月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2017年旅の振り返り 後半戦

8月 ケアンズ
ケアンズのコンドミニアムは本当に上等で一番いい部屋に近かった。部屋に入りベランダから緑のラグーンが一望のもとに目に入って思わず歓声が上がる。ほんとうに150平米か200平米ちかいほんとに広くて
気持ちのいいコンドミニアム。結局そこが気に入ったので、毎日のように近くのスーパーに言っては
オージービーフを買い、豪州ワインをあけて飲んで食べていた。夜の外食は一度もなかった。
泳ぐつもりはさらさらなかったので、ワニの動物園に生き、キュランダ鉄道に二回乗り、スカイレールを
楽しみ、グレートバリアリーフはセスナで空から散歩。それにしてもケアンズは物価が高い。日本より
高い感覚。食料品は格安であらゆる種類の肉を全部食べたと思う。

10月 北海道札幌留萌
久しぶりの札幌?あいにくの雨。夜に地元の小さなフレンチであるクネルに行く。豚足料理と
グリュオーラローズのセカンドをいただく。混んでいて入店は9時まで待たされた。
翌日レンタカーで留萌へ。オロロン道路。留萌の宿は漁師の宿。文字通り食べきれないほどの量と
質、なのもかもが美味しかった。空港への帰り道に三笠市立博物館でたっぷりとアンモナイトをみる
学生時代に行った時から大きく様変わりしている、立派な展示。わくわくしながら時間いっぱいまで
アンモナイトと戯れた

11月 鹿児島屋久島
たぶんこの旅が今年一番印象的か?鹿児島は疲れが出ていて、用事を済ませると街中をぶらぶらする
だけで遠出はせずに過ごす。初日に指宿の砂楽、砂蒸し風呂に行ったくらい。毎日地元のスーパーで
何か買っては部屋で食べていた。珍しい刺身沢山あり。屋久島は二度目。ヤクスギランド、そして
白谷雲水狭。白谷雲水狭は雨に打たれ、太閤岩まで上るとヘトヘトで帰りに踏ん張りがきかず、
靴も壊れて難儀しながらビショビショになって降りる。それ以後は快晴。湯泊温泉など屋久島を
ぐるぐるしながら楽しむ。宿は共同の大きなダイニングキッチンのあるところで、民宿ときいて
いたが、新築の建物に案内されてびっくりした。台湾人の3人組の女の子と知り合いわいわい。
夜はほぼ毎日、スーパーで買ってきたものを食べ、三岳とビールを飲んで過ごす。
途中でお土産屋さんで屋久島杉で作る万年筆を見つけ、親切な店員に教えられ、とびこみで
製作者のところに行き、直接万年筆を買う。とても格式高くいいもので、今はお気に入りで
使っている。ほんとにのびやかで心身ともに洗われる屋久島であった


毎年日本中かけまわり、そこまでするか?というほど日程をつめて旅して疲れ果てて
しまうのだが、その疲労と満足感に麻薬のように繰り返してしまう。
それでももう日本各県ほとんど行き尽したのではないか?というほどによく行っていて
日本の絶景本はあらかた知ってるくらいの様である。

何かに追われるように旅して、その束の間の一服の宿と突然にあらわれる感動の風景と
人との出会い。それが面白くて繰り返している。もうボロボロなのであるのだが…






最終更新日  2017年11月21日 23時54分50秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.