1457070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2006.01.05
XML
変身改版
フランツ・カフカ(高橋義孝訳)『変身』
Franz Kafka, Die Verwandlung
~新潮文庫~

 *少し詳しく内容に立ち入っています。

 ある朝起きると、グレーゴル・ザムザは、自分が一匹の大きな虫になっているのが分かった。外交販売をしているグレーゴルは、いままで無断遅刻をするようなことはなかったが、この朝ばかりはそうはいかない。ドア越しに声をかけてくる家族に、なんとか返事をしていたグレーゴル。しかし会社の上司がやってきて、ドア越しに声をかけられたあたりから、彼が発する言葉は誰にも理解されないものとなっていた。
 妹グレーテが、グレーゴルに食事を与える役になった。なるべく彼を見ないように、事務的に仕事をこなすグレーテ。グレーゴルが、部屋を這いずり回ることに喜びを見出すと、妹はそれに気づき、部屋から家具を出してしまおうとした。そのとき、彼は唯一の抵抗として、自分が買っていた絵を覆い、まもったのだった。
 家計が苦しくなり、両親も妹も仕事をさがした。家には、三人の下宿人を泊めるようになった。下宿人たちは特に問題なく暮らしていたが、グレーゴルに気づき、それに対応する家族の反応を見て、態度を変えるようになった。そして家族は、グレーゴルに対する態度を変えていく。

 数年ぶりの再読です。古典を読んだ、という気分になれます。
 グレーゴルは、最初のあたりでは(それが人間には聞き取れないにしても)台詞を口にするのですが、次第に一言もしゃべらなくなります(かっこつきの言葉がなくなっていきます)。地の文ではいろいろ考えているのですが。妹を音楽学校に行かせたかったなど、人間だったころに強く思っていたこと。自分に対する家族のあり方。最後には、グレーゴルは死んでしまいます。それまでグレーゴル中心の視点で物語が進んできたのですが、ここからは(当然といえば当然ですが)視点が変わっています。
 どんどん人間らしさを失っていくグレーゴル。虫になった朝、「気がかりな夢」を見ていたということですが、彼が虫になる必然性は特にないだろうに、虫になり、家族から煙たがられ、そして死ぬのです。彼中心で見ると重たい物語なのですが、最後は、残された三人の家族にとっては救い(希望)のある終わり方となっています。そこにまた、どこか苦しいものを感じました。

(追記)
私が持っているのは旧版ですが、画像(アフィリエイト)は改版のものです。






Last updated  2006.01.05 22:14:56
コメント(2) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『予知夢』 東野圭吾 yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.