1378825 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2014.05.24
XML

霧舎巧『名探偵はどこにいる』
~講談社ノベルス、2009年~


『名探偵はもういない』の続編です。
 それでは、簡単に内容紹介と感想を。

ーーー
 今寺啓二は、後動刑事が20年前に携わった事件の再調査にあたることとなった。
 殺人をほのめかしていた双子の姉妹は、22年前に島で失踪し、また遺体となって発見された教師を殺害していたのか。だとしたら、それはどちらが手を下したのか。
 彼女たちの父親であり、警視庁の重要な役職につく男に脅迫をしてくる男に対して、後動刑事は何を語り、危機を乗り切ったのか。
 そしてなぜ今、その事件の再調査が必要となったのか…。
ーーー

 これは面白かったです。
 大きな謎は、22~20年前の事件ですが、主人公の今村刑事の級友の死や、妻との思いが物語のなかで絡まっていて、謎解き自体よりも人間模様が楽しめた一冊です(『名探偵はもういない』の記事でも、人間模様にふれていますが…)。
 シリーズものでなければ、はじめにつけたタイトルという『鍵のかかる日記帳』というタイトルでも素敵だったと思います。
 買ってからしばらく読めていませんでしたが、今回読めて良かったです。






Last updated  2014.05.24 21:39:16
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(か行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『青春の門 第八部 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.