1420130 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のぽねこミステリ館

PR

Profile


のぽねこ

Calendar

2016.05.21
XML

高田崇史『QED~ventus~御霊将門』
~講談社ノベルス、2006年~


QEDシリーズ第12弾です。

 沙織さんが崇さんを花見に誘い、奈々さんは3人で花見に出かける…はずでしたが、一行は将門関連の史跡をめぐることになります。怨霊とされる平将門の意外な姿が、崇さんによって語られます。
 一方、成田山の病院で薬剤師をつとめるようになった神山禮子さんが外出しているとき、彼女にじわじわと危険が迫っていきます。

 このシリーズを読んでいると、古代~中世の朝廷は悪魔のように感じますね。その後も、多くの「呪」「騙り」が残されていることを考えると、なんともいえない気持ちになります。






Last updated  2016.05.21 22:28:58
コメント(0) | コメントを書く
[本の感想(た行の作家)] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

『屍人荘の殺人』 … yasukun0402さん

My favorites♪ torezuさん
姫君~家族 初月1467さん
偏った書評ブログ mnmn131313mnmnさん

Comments

 のぽねこ@ シモンさんへ コメントありがとうございます。 記事に…
 シモン@ Re:西洋中世学会『西洋中世研究』11(05/23) コロナ禍で、投稿がご無沙汰になってしま…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.