001794 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

にわかのTRPGシナリオ作成日記

PR

プロフィール


屋見

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.01.23
XML
カテゴリ:TRPG
こんにちは。
前回はTRPGではないゲームの話だったので、今回はTRPGになっている漫画、アニメの話を書きたいと思います。

とはいえ私が知っているのは2つですけどね。
ゲームよりはこっちの方が詳しいです。
実際に読んだり、見たりしてますからね。
まあゲームの方も実況動画などでは見てはいるんですが、やはりオリジナルを実際に触っているのと触ってないのでは違います。

まずご紹介するのは、「ゴブリンスレイヤー」です。

【新品】ゴブリンスレイヤー  11 黒瀬 浩介 画蝸牛 くも 原作
(↑コミック。原作は小説ですが、私はコミック派なのでw)

ゴブリンスレイヤー 全12話コンボパック 限定版 ブルーレイ+DVDセット【Blu-ray】


ゴブリンスレイヤー TRPG【電子書籍】[ 川人忠明とグループSNE ]
(↑これがルールブック。これは電子版ですが、文庫本サイズで販売されてます)

この作品は実際にTRPGになっているっていうのもあるんですが、作中にもTRPGというかボードゲーム感があるんですよね。
この世界は神が振ったサイコロ目の出目がたまたま良かったみたいな表現があったり、
ゴブリンスレイヤーがボードゲームの中で異質な動きをする剣士だみたいな表現があったり。
他にも、作中に冒険書を追体験するボードゲームが登場するんです。
作者さんがTRPGやボードゲームを意識しているんでしょうねと、疑いなく思います。

ゴブリンスレイヤーTRPG自体はどんなのかというと、シナリオは特にゴブリンスレイヤーはしなくていいので、普通に王道ファンタジーTRPGです。
剣士とか魔法使いとかの冒険者を作って、ギルドから依頼を受ける形で冒険するって感じですね。
ファンタジーの世界で冒険をするTRPGをしたいという方にはいいです。


次は少し昔に流行りました「ログ・ホライズン」です。
作者さんが問題があったとかどうのはありましたが。

ログ・ホライズン 11
(↑小説)

BD/ログ・ホライズン 第1シリーズ Blu-ray BOX コンパクトエディション(Blu-ray)/TVアニメ/ZMAZ-13761

ログ・ホライズン 第2シリーズ Blu-ray BOX コンパクトエディション[Blu-ray] / アニメ


ログ・ホライズンTRPGルールブック -キミも〈冒険者〉になれる!- [ 橙乃 ままれ ]

この作品もTRPGになっています。
ゴブリンスレイヤーとは違い、作中でTRPGとかは出てきません。
まあ舞台は、コンピュータゲームのオープンワールド系のオンラインゲームの中なんですけどね。MMORPGのVR版って言うのかな、です。

世界観としては、ゲームの中に閉じ込められた現代日本人(一応外国人もいるのか?)が色々する話になりますので、TRPGもそれをふまえた世界となっています。
他に似た作品だと、オーバーロードとかドットハックとかが近いですかね。
オーバーロードは主人公だけゲーム世界に飛ばされて、ドットハックはゲームの世界に飛ばされたというよりはログアウトできなくてゲームが止められない/昏睡してしまう感じでしたね。
ハックもTRPGが存在した気がします。

ゴブリンスレイヤーとシナリオとして違うのは、
ゴブリンスレイヤーはギルドを通して冒険を行うその世界のキャラクターに対して、
ログ・ホライズンはあくまで現代日本人がゲームの世界に閉じ込められて、ゲームキャラクターとして人助けをしたり冒険をしたりする話になりますね。
一応ログ・ホライズンも冒険者という立場ですが、現代日本人でゲームの中だと認識している感覚なんですよね。
それが独特というか、味というか。
またゴブリンスレイヤーでは死んだら死にます(復活の奇跡はあるかも)が、ログ・ホライズンでは神殿送りになるだけで死ぬことはないという設定です。
プレイキャラクターを絶対失いたくないという人は死なないTRPGもおすすめですよ。

今回はこれくらいにして、また次回。






最終更新日  2022.01.23 12:00:10
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.