000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

すえchanのページ

PR

X

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

日記

2008年07月29日
XML
カテゴリ:日記
チューちゃんへ

(個人的なメッセージです^^;)

毎日こちらをのぞいてくれてるようですが
どうか新しいほうへ行ってください~

場所がわかりにくいかと思ったので
左上にBookmarkを置きました。

移転先“すえchanのページ”をクリックすれば飛べます。

移転先のテンプレート、半分はウケねらいなのよ~
早く来て~~~待ってるわ~~~






Last updated  2008年07月29日 10時36分25秒


2008年07月24日
カテゴリ:日記
このページの左下のほうの「Book Mark(よく行くページ)」に

移転先を入れておきました。

日記からコピペするの、面倒ですよね。
この日記、なぜかリンクにならないのよ…(設定がわからないだけかと^^;)

というわけで、ブックマークからどうぞ♪






Last updated  2008年07月25日 01時11分33秒
2008年07月22日
カテゴリ:日記
突然ですが、このブログを移転しようと思いまして。しました。

新しいURLはこちら↓

http://oyabakappuru.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_030b.html


お気に入りやブックマークをしてくださっている奇特な方がいらっしゃいましたら

お手数ですが、変更をよろしくお願いいたします。

この楽天のページは、今月末まで…にしたいと思っていますが

移転作業が終わらないかもしれないので、きっと来月まであると思います…


しかし、移転しようと思ってたのに、今日うっかり新しい記事を書いてしまうあたり

アタシってホント、マヌケだわ…


というわけで、移転先でも、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


**追記**

以後、コメント、トラックバックは受け付けません。

何かございましたら、移転先へお願いします。






Last updated  2008年07月23日 23時56分37秒
2008年07月08日
カテゴリ:日記
朝ご飯を作った。
魔女になるためには、きちんと3食食べないとね。
といっても、トーストに、アスパラベーコンを作っただけだが…
あ、あと、ヨーグルト。ブルーベリーソースをかけて。
いつもは、恥ずかしながら、トーストと野菜ジュースだけなのだ;

土曜日、昨日書いたけど夫が休みだったので、みんなで映画を観に行った。
私が見たい映画がいっぱいあったからなんだけど^^
「インデ*ージョーンズ」「ミラク*7号」「奇跡*シンフォニー」「西*魔女が死んだ」
この中で、子どもも見られるのは、「ミラクル・・」と「西の・・」かなぁ…

子どもに相談したところ、いーちゃんが「ミラクルはコワイ~~」と言うし(なぜ?)
で、午前中に夫が歯医者で、治療が終わってちょうどいい時間の「西の・・」にした。
子どもたちには内容がまだちょっと早いかな、とも思ったけど
山や花などの映像が絶対にキレイだから、気にいるとも思った。

いや~…
最初のりょう(お母さん役)の一言から、もう泣きそうになった。
本の世界をぶわ~っと思い出して…(でも、細かいことは覚えてないんだけど^^;)
読み返さないで行ったのがよかったのか、本の内容と違うことはあまりなかったように思う。
それどころか、本の雰囲気がとても上手に表現されていて、すごくよかった。
最後、大泣き…^^; (途中も泣いたけどっ)

子ども達も、途中と最後には泣いていた。
いーちゃんも、おもしろかったと言ってたので、よかった。

で、この「西の・・」の中で、魔女修行をする、というのが出てくるのだけど
それが実に単純なことで。
規則正しい生活をすること、
なんでも自分で考えて自分で決めること(意思を強くすること)。
そんなことか、と、がっかりする主人公のまいだが、
「簡単なことだけど、今のまいには、一番難しいことではありませんか?」
とおばあちゃんに言われて、うなづくのだ。

本当にね…
朝早く起きて、きちんと朝ご飯食べて、掃除して洗濯して…
そういうの、キチンとやるのは、とても難しい。
誰にも見られてない主婦業っていうのはね…;;

というわけで、昨日から朝ご飯大作戦だ。(大袈裟な…)
これから続くかはわからないけど……






Last updated  2008年07月08日 09時28分50秒
2008年07月04日
カテゴリ:日記
ちょっとしたルートで、「コアリ*ム」をいただいた。

やってみた。

汗だく~~~~

ほんの10分しかやってないけど^^;

もうちょっと覚悟してからやらないと、と思って、途中でやめちゃった。

横っ腹が痛くなりそうだったんだもーんっ

基本編は38分もあって、このまま続けてたら洗濯物が干せなくなるし。

でも、これ毎日やってたら、確かに効きそう。

がんばるか!?






Last updated  2008年07月04日 09時00分06秒
2008年07月03日
カテゴリ:日記
『赤毛のア*』は、子どもの頃テレビのアニメで見たような…
確か、あんまり面白いと思わなかった気がする。
大人になってから、なぜか読みたいと思って買った。
いろいろ種類が出ていたけど、一番読みやすそうなものを選んだら
ハードカバーの重たいヤツで、挿絵は山本容子さんの版画。
この版画、最初は、かわいくないなぁ…と思っていたのだけど
読んでいくうちに味があってピッタリ!と思うようになった。
会社の行き帰りの電車の中で読んでいて、電車を降りても歩きながら読んだりして
かなりはまっていた。

赤毛の…は、最初の1巻だけが有名なので、それだけだと思ってる方も
もしかしたら多いかもしれないが、シリーズになっていて、全部で10巻ある。
アンは、恋をして、結婚をして、子どもを産んで、その子どものうち一人は
戦争でなくなってしまうのだ…。
彼は、普段は引っ込み思案な感じなんだけど、戦場で、仲間を助けるために
死んでしまう。この部分が、とても印象に残っている。

アンの世界では、誰かが結婚するとなると、みんなでレース編みを始める。
ベッドカバーやら、テーブルクロスやらを、どこかの家に集まって
みんなで編み進めるのだ。そこが社交場になっていて、いろんな話をする。
そういう雰囲気は、新興住宅地で育った私には、とても新鮮で、温かい感じがした。

スローン家という家があって、そのうちの人は、みんなのろまでトロくて有名だ。
「スローンはスローンだから」というのが、慣用句みたいになっていて。
これもとても印象に残っている。
わ~ひど~い、と思ったりしたけど、そんなスローン家のことも
その世界では、そうだからってのけ者にしたりせず、普通に一緒に生きていく。
あんな悪口言って、なんで仲良くできるんだろう?と、読んだ当時は思ったけど
今ならそれもなんとなくわかる。

なんでも受け入れる、みたいな雰囲気だけど、実は作者は人種差別をしていたらしい。
東洋人のことも、へんな顔の気持ち悪い人種、みたいな表現をしていたらしいが
まさか日本でこんなに長年愛される物語になっているとは、驚きだろうねぇ。

ともかく、ケテちゃんが日記で書いていたように
そういえば私は、こんなアンの世界に憧れていたんだったっけ(笑)
そういえば、家具はカントリー調のものが多いのよね。
若い頃に思ったことは、なんとなくでも残っているものなのね。






Last updated  2008年07月03日 09時00分54秒
2008年07月01日
カテゴリ:日記
時々、知らない人から話しかけられることってあるけど

この前は、スーパーのコーヒー売り場で、おばあちゃんに話しかけられた。

「こっちとこっち、どっちがおいしいかしら?」

知るかんなもんっ

なんて、今なら思うんだけど、そのときは「そうですねぇ」って

オマエはコーヒーソムリエか?

という勢いで答えていた。

おばあちゃんが手にしていたのは、インスタントコーヒーの小さいボトルで
有名なゴールドなんとかと、青いキャップのもの。
ゴールド…は知ってるけど、青いのは知らなかった。

おばあちゃんが
「こっち(ゴールド)は飲んだことあるけど、こっち(青いの)はどうかしら」
と聞いてくる。
「どうでしょうねぇ…私も飲んだことないので…」
「こっち(ゴールド)は美味しいのよねぇ」
「そうですねぇ、こっちは昔からあって美味しいと評判ですよねぇ」
(評判といっても、うちの母親が昔言ってただけだが)
「そうよねぇ、やっぱりこっち(ゴールド)にしようかしら。お安くはないってないけど」

見ると、棚の値札に『お買い得!』みたいな表示があった。
それは、青いキャップのほうの下に付いていたのだけど
よく見たら、値札に書いてある銘柄は、ゴールドのほうだった。

「あ、これ、こっち(ゴールド)ですよ!ズレてますよ。こっちが安くなってますよ!」

なんだか嬉しくなって力説してしまった。

「あら、ホント。じゃあ、こっちにするわ。ありがとう^^」

おばあちゃんは、おいしくて安くなってるコーヒーをかごに入れて、笑顔で去っていった。

う~ん、スッキリ♪とした瞬間であった。






Last updated  2008年07月02日 02時39分41秒
2008年06月25日
カテゴリ:日記
土曜日にやってる『世界*受けたい授業』で、うつのことをやっていた。

うつになる典型的な性格のところで、あーちゃんが聞いてくるので

「ママとあーちゃんは、だいたい当てはまるよ」と、つい素直に言ってしまった。

あーちゃんは、心配性なのに…(--;)

その性格とは ・几帳面 ・真面目 ・凝り性 ・人に気を遣う ・完璧主義者

とのこと。
私は凝り性ではないし、几帳面もそうな面と全然違う面があるし
真面目は、今となってはあんまり…でも、性格的には
四角四面に受け取るところがあるから、やっぱりそうかなと思う。
それに、朝は憂鬱で、午後から多少元気が出てきて、夜は興奮気味になって眠れない
という症状は、私、よくそうなるんだよなー。今はそうでもないけど、前はよくあった。

で、性格のところは、あーちゃんは、見事に全部当てはまるんだよなぁ…
うっかり本当のことを言って、泣かせるところだったので

「怒りっぽいのも、ストレスを溜めやすいから、その発散でいいんだよ」

と、慌てて、フォローになってるかなってないのかわからんことを口走る私。

「発散って?」

と、話が逸れていったので、まあよかったのだが…(そうなのか?)
でも、ホント、怒るのも多めに見てあげないとなぁと思いました。

いーちゃんは、うつになる典型的な性格を見て
「いーちゃん、全然ない」と、顔の前で手を振っていた。
ああ、そうだよ、キミは全然ないだよ。

あと、テレビには出てこなかったけど、記憶力の良い悪いもあるらしい。
あーちゃんは、記憶力もいいからねぇ、嫌なことも忘れられなくて辛いんだよね。
いーちゃんは、その点、忘れるからストレス溜まらないんだろうなぁ。

で、不飽和脂肪酸がいいらしい。
お魚をたくさん食べる国ほど、うつの患者が少ないそうだ。
日本は、100人のうち1人、韓国は3人弱、ニュージーランドは5人強
という、魚消費量とうつ患者数の表が、その番組で出てきた。
まあ、こればっかりではないだろうし、日本だってもう少し多そうだけど
それでも、肉食よりは、やっぱり魚がいいんだろうな、と思う。

というわけで、今できる予防策は、魚を食べること、でした。
幸い、私は肉はあんまり好きではないので、魚のほうが多い。らっきー☆






Last updated  2008年06月25日 23時47分14秒
2008年06月11日
カテゴリ:日記
今日は美容院へ行ってきた。

「ご主人、歌が上手いんだって?」

と、いつもの美容資さんが、いきなり聞いてきた。

「え?」

いや、ヘタではないけども、他人様に上手いと言えるほどかしら…
きっと他のお客さんと間違っているのかも。
もしや、母が…?
(前にも書いたかもしれないが、ここは母も来ている。
 で、母のほうが頻繁に通っている。)

美「あれぇ?お姉さんのダンナさんだったかなぁ?」

私「んー…それはあんまり…(失礼;)」

美「いや、この前、お母さんがさぁ…」

わ。やっぱり母か。

美「泣いちゃったんだって?」

私「あはは…そうそう。」

美「そーんなに上手いのぉ?」

私「んんん~~~。歌がね、コブクロの『永久に共に』で…」

美容師さんは、なんとこの歌を知らなかった。
一緒にいた美容師見習いの女のコに「知ってる?」なんて聞いていた。
もちろん知っていた。(なんて、私も夫が聞いてなかったら知らなかったかも)
紀香の結婚式に陣内が歌った歌、と言っても、ピンとこなかったようだ。
しかし、紀香の結婚式ではなく、紀香と陣内の結婚式、なのだが…^^;

ま、そんなことはどうでもいいんだけど。
とにかく、歌が結婚式向けの歌だったことと、
声がやたらと大きいから、胸にずーんと響くのかも…という説明を一通りしたら

美「お母さんの話と全然違う~」

とウケていた。

美「うまいのよ~~~、ってさぁ、それだけで。
  もっと聞こうかなと思ったら、どんどん話が変わっちゃってさ
  聞けなかったんだよね~」

そう、あの人は、一人でどんどん話て、一人で解決するタイプ。
前回もそう言って笑い合ったんだった、そういえば。

私「なんで今頃…もう2~3年前の話なのに」

美「えっ?そうなの!? まるでついこの間みたいな感じだったよ」

私「やっぱり!」

と、また大笑い。

日記に書いたのを覚えていたので、探してみたら、2005年12月29日でした。
まさに2年半前ですな。
さすが母だ…。

よほど印象的だったのでしょうか。
まあ、何か話のついでだったんだろうとは思うけど。
しかし、うーくんが聞いたら、驚くだろうなぁ。
知らないところで、歌がすごく上手い人扱い…うくく…






Last updated  2008年06月11日 22時48分49秒
2008年06月09日
カテゴリ:日記
昨日のこと。
習い事の臨時レッスンが夕方にあり、疲れてお腹もすいて
つい喫茶店(ウソ。我が家の大好きなサイ○リヤ^^)でお茶した。
夕飯は家で食べるつもりなので、6時にしておやつ。
〆て1800円くらい。

「パパはさぁ、食べないのに、こんなことしていいのかなぁ」

といーちゃん。パパは休日出勤で、働きづめだ。

「そうだねぇ。でも、アンタがお腹すいたって言ったんだよ」

「そうだけど…」

続けていーちゃん。

「誰か忘れちゃったけど、3時になったらおやつ出る?って聞かれてね
 うんって言ったら、いいなぁって言われた。おやつないんだって。」

いーちゃんにとっては、有り得ないことなんだろう。目を丸くして話した。

「夕飯が早ければ、おやつはいらないんだけどね」と言うと、あーちゃんが

「じゃあ、そうしようよ!
 5時に食べたら…えーっと…1時間かかっても6時からお風呂に入って…
 7時には終わるから、いっぱい遊べる!!」

「いいよ、じゃあ、そうしようか」

「うんっ」と二人。やる気まんまん。

「でも、ママが間に合うかなぁ~?」と、あーちゃんがにんまり。

なにをーっ
やってやろうじゃないのっ!


てなことで、今日は5時(30分過ぎ^^;)にご飯にしたわけだが…

早めにお布団に入っても(8時半)、あーちゃんは寝れずに、結局9時を回って
ここは暑くて寝れないと、リビングのソファに場所を移して
私はもう付き合いきれないので、お風呂に入った。出たらソファで寝てた。

私はというと、私も早くは寝れずに、そうこうしてるうちにお腹が極度にすいて
ついつい菓子パンなんぞを口に放り込む…(買うからいけないんだけど…)
〆て、228kcal。
ま、いつものことだけどっ^^;

というわけで、いきなり夕飯を5時に、っていうのは、やっぱ無理があるか…
でも、おやつなしっていうのは、今後のために(とくにぽっちゃり目のいーちゃんの)
いいかもなぁ~~~、続けたいなぁ~~~~ …と、悩める母であった。






Last updated  2008年06月10日 00時03分56秒

全361件 (361件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.