4981196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


パパぱふぅ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん
2011.02.28
XML
カテゴリ:書籍


徹底抗戦

徹底抗戦



 まさかラジオ中継で自分の保釈を知るとは思わなかったよ‥‥

2006 年に逮捕・起訴され、現在、上告中のホリエモンこと堀江貴文氏が、逮捕後初めて語るニッポン放送買収、総選挙出馬、逮捕、拘置所暮らし、裁判の経緯を綴った。

マスコミでは「ライブドア事件」として大々的に報道されたが、あれから 4 年以上が経過している。あらためて本書を読むと、メディアの報道が一方的ではなかったのかという疑問を感じた。


前半では拘留中の生活について細かく記されている。

「とにかく独房にいてつらいのは、人と話せないことだ」(90 ページ)という。「勾留期間も 40 日を超えると、精神安定剤や睡眠薬のお世話になる日が増えてきた」(114 ページ)とも書いている。

それでも無罪を主張する背景には、「私はすでに社長を辞任して『経営責任』をとったつもりだ。ただ、断じて、刑事責任をとるつもりはない。『経営責任があるから刑事責任をとれ!』という論理に屈することはできないし、このようなことが続くようなら、日本には『起業家』という人は出てこなくなる」(141 ページ)という思いがあるからだ。「そんなことで私は『徹底抗戦』を決めた」という。


ホリエモンは「業績も好調で将来も有望なライブドアを突然攻撃するような今回の捜査が異常であったことを理解してほしい」(173 ページ)と語り、検察の強制捜査でライブドア株主が受けたダメージは計り知れないものがあり、さらには東証のシステムダウンまで引き起こした責任が捜査側にあると主張する。


本書の内容が「真実」なのかどうかは神のみぞ知る、である。

だが、前々から疑問に感じていたのだが、公判中には被告への映像によるインタビューはなぜ行われない(できない?)のだろうか。一方で、本書のような手記の形での公表は行われている。これは読者の疑問を解決しない一方通行のコミュニケーションである。だが、マスメディアの報道も一方通行であることを考えると、割を食っているのは読者/視聴者の方ではないだろうか。

わたしたちが知りたいのは「真実」であって、メディアや容疑者の「主張」ではない。




■メーカーサイト⇒堀江貴文=著/集英社/2009年03月発行 徹底抗戦

■販売店は こちら















最終更新日  2011.02.28 17:22:43
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.