3268958 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

studio PINE SQUARE

studio PINE SQUARE

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

RC200t

RC200t

Freepage List

愛車遍歴


トヨタ スプリンター・トレノ 1.5SR


トヨタ スプリンター・トレノ 1.6GTアペックス


日産 ブルーバード SSSアテーサ


日産 スカイラインGTS-tタイプM


日産 スカイラインGTS25-tタイプM


日産 スカイラインGT-R


日産 スカイラインセダン 350GTタイプS


レクサス RC200t Fスポーツ


楽器遍歴


現行ラインナップ


1970年代後半~ポセイドンのめざめ


1980年代~超大作


2000年前後~リターン・オブ・ザ・マンティコア


2015年前後~21世紀の精神異常者


コロナ禍~キャリー・オン・ウェイワード・サン


ルマン・ウィナー(戦後編)


戦後復興期とジャガーの台頭(1949-1957)


フェラーリ黄金時代(1958-1963)


フォードVSフェラーリ(1964-1969)


グループ6と“走る広告塔”(1970-1981)


Cの時代~ポルシェの壁(1982-1987)


Cの時代~壁の向こうへ(1988-1993)


Cの時代~番外編(バイプレイヤーズ)


GTとWSC(1994-1999)


アウディ帝国の確立(2000-2005)


ディーゼルの時代(2006-2011)


多様化するパーワトレイン(2012-2020)


F1ワールドチャンピオン


フロントエンジンの時代(1950-1957)


Category

Comments

RC200t@ Re[1]:セナのいた季節(1989-1994)(05/21) 元H@さんへ >やっぱりあの時代の象徴な…
元H@@ Re:セナのいた季節(1989-1994)(05/21) あの頃のF1はセナを軸に面白いレースが数…
元H@@ Re:ミスター・フォゲッタブル(プロスト JS45 無限ホンダ)(04/08) お久しぶりです。 このクルマ、私も購入し…
2024.06.25
XML
カテゴリ:F1
​​ まぁ直近の記事で画像出しちゃってるんで、次はこれだろってド直球の予定調和。とはいえここに登場するまでに紆余曲折。そもそもウィリアムズは基本ミニチャンプス独占販売ってことでまずミニチャンプスで予約。ところが23年はスパークからも出ることが判って、まずミニチャンプスからスパークに鞍替え。さらに開幕戦仕様の他に800戦仕様がでることになってそっちにシフト。したら発売が押しに押して最近やっとこ手に入った、と。



 正直、ミニチャンプスFW44がミニチュアとして非常に小綺麗な出来映えだったんで(かなり気にっている)、FW45もミニチャンプスと思わんでもなかったんだが、やっぱ価格がねえ・・・。差額千円くらいだったら有無を言わさずミニチャンプスなんだけどさっ!。



スパーク1/43 ウィリアムズ FW45 メルセデス
2023年イギリスGP 11位
#2 ローガン・サージェント

 2023年の第10戦イギリスGPで、ウィリアムズはF1グランプリ800戦目を迎えるというわけで、ユニオンジャックを背中に纏うスペシャルカラー。なかなかカッコいい。
本当は洪水で中止されたエミリア・ロマーニャありきの第11戦イギリスGPが800戦目だったので、エミリア・ロマーニャなしの一個ズレ状態だと第11戦ハンガリーGPが800戦目なんだが、イギリスで800戦を祝うってことが大事なんだろう、799戦目でも予定通りに登場した。
 ところで800戦ってどこから数えてなんだろ?とふと思った。コンストラクターとして自社製マシンで初めて参戦したのは1972年のイギリスGP(この一戦のみ、そして全損)。シャシー名に「FW」が初めて用いられたのは1974年シーズン。どちらから数えても23年のイギリスGPは800を優に超えちゃうよ?
その答えはスペシャルカラーのエンジンカバーにあり。



「EST.1977」とあるからここから数えてってことだ。けれども77年はコンストラクターとしては参戦してないんだよ(マーチ761を購入して参戦)。



↑パトリック・ネーブがドライブするマーチ761(ベルギーGP)。ベルヴューはベルギーのビール醸造所。ゼッケン27とマシン後方のサウディア航空が翌年以降のウィリアムズを想起させる(これ、買い漏らしてんだよなあ~)。
 このマシンで決勝を走った11戦を起点とすると確かに800戦になるんだけど、それでいいの?なんかモヤモヤする。
ついでに言えば「EST.1977」の前の矢羽みたいなロゴは、現ウィリアムズ・レーシングとはまったく繋がらない、ある意味でフランク卿黒歴史の「フランク・ウィリアムズ・レーシング・カーズ」時代のロゴだし、整合性がねえじゃん。ちゃんと調べてねえのかよ。愛がないよねえ。まぁ創業者が亡くなって家族経営も終わっちゃって、悪い意味で名前だけ借りてる状態だから、こんなもんなのかねえ・・・。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.06.25 00:50:27
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.
X