000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

東京・スピリチュアルヒーラーれい華のブログ

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | セッション | セミナー、ワークショップ | 2008,7 シャスタ | 2007,5 シャスタ | 2008,9 エジプト | 2008 沖縄 | 神社仏閣 東京編 | 神社仏閣 関東編 | 神社仏閣 関西近畿編 | 神社仏閣 中国編 | 神社仏閣 九州編 | 神 女神 マスター関係 | 他セッション | その他 | 日々の暮らし | 2009,1 沖縄 | 2009,2 ハワイ | 2009,3 アーユルヴェーダの旅 | 介護 | 2009,7ハワイ | 出版&メディア掲載 | 2009,11ハワイ結婚式 | 元気文 | 2010,3 エジプト | 2010,5 モンサンミッシェル | 2010,7 セドナ | 2010,9 ギリシャ | 2010,10イタリア | 神事、アセンション | 雑記 | 2011,3ペルー | 2011,4カウアイ オワフ島 | 2011,7 ギリシャ | 2011,8 再びのペルー | 2011,10屋久島 | 2012年1月スリランカ | 2012,3 イースター島 | 2012,5フィンドホーン | 他セミナー、講演会、パーティ | ホームページ | 2013、3エジプト | 2013,7アッシジ | FMテレビ&ラジオ | 光のギフト YouTube | メッセージムービー | 2016,5 ハワイ | 2016,6カルフォルニア | 2017年4月 インドネシア | 2017 マウイ島

2011,3ペルー

2011年05月15日
XML
カテゴリ:2011,3ペルー

DSC02901.JPG

 

首都リマに着くと 運転手さんが迎えに来てくれて 30分位で海辺のホテルに到着しました

お洒落なホテルです

午後から半日観光をして 又ホテルに帰ってきて 空港に行く夜8時迄 このホテルで休んでいいのだそうです

こういうシステムは有難いです  ゆっくり体を休められます

 

クスコでの高山病が無くなったので お腹が空いて 主人とホテルの周りを散策したのですが

テイクアウトの店が見つからなくて ポテトチィップとインカコーラを買ってきました

観光の時に レストランかテイクアウトの店に連れて行って貰う事にしました

 

DSC02907.JPG

 

 

 

DSC02922.JPG

ガイドさんと運転手さんが1時に迎えに来てくれました

5年前に比べると 見るからに豊かになっています

海岸はずーと砂漠が続いていたのに 緑化計画なのか 芝生が敷き詰められ 広場があったり

遊びが出来る遊具が 設置されてたり それが海岸線にそって伸びているのです

マチュピチュから得る 莫大な収益なのか 明らかに豊かになっているのが分かります 

 

 

DSC02938.JPG

大統領の選挙があるので 大きな顔写真のポスターが至る所にありました

物凄く大きな顔写真です

ペルーは選挙に行かないと 罰金を取られるそうですよ

それと選挙に行かないのは 恥だという感覚なので 投票率が高いんだそうです

 

観光はメモしてなかったので 何て名前に行ったのか忘れてしまいました(笑)

帰りにケンタッキーに寄って貰って テイクアウトしたのはいいのですが 2人前づつ注文したらしく

幾らお腹が空いていても 全部食べきれなかったです

 

夜8時に運転手さんが迎えに来てくれて 空港に向かいます

来る時は 大震災で働けなくなって ペルーに帰る男性に会いましたが 反対に働きに行く女性に会いました

元々日本で働いていて 3ヶ月間ペルーにお里帰りしていたそうで  そうな そうなと言うのです

本人は名古屋と言っているけど 本当は和歌山の方で勤めているらしく 方言なんでしょうね

~~~な と最後に着くので可愛いのです

名古屋は大丈夫な   名古屋は大丈夫な と原発をしきりに気にしていました

 

日本に帰ってきてびっくりです

暗い!!

節電で電車もホームも暗いし 外人は服も派手だったので 服の色も人も暗く感じました

日本はどうなるの?

ニュースでも  

韓国が竹島に 22億かけて海底博物館?みたいなのを 勝手に作るようで 

それが出来たら 実質上竹島は韓国のものになるし

太平洋に放射能水を流すと 韓国は東シナ海と日本海なので 直ぐ影響を受ける訳ではないのに

原発で日本の危機を分かっているはずなのに 1日目で直ぐ文句を言ってくるし

日本が大震災で弱くなっているすきに 何をするか分からない

中国も船長を釈放したので 尖閣諸島でやりたい放題

大勢の漁船が押し掛けて 日本の海で漁をし荒らしまわっているそうです

ロシアは日本が民主党政権になって アメリカ寄りから中国寄りになったので

怖いアメリカがいなくなって 日本に言いたい放題

いまさら嘆いてもしょうがないけど ゴルバチョフ大統領の時 2島を返還すると提案があったのに4島じゃなくちゃダメと断ったし

その後石油が出てお金持ちになったロシアは 絶対返還しないですからね

アメリカは中国寄りになった日本に 怖くて重要な情報を流さないようにしているとも聞きました

日本が大変なのに 日本を取り巻く環境も大変なのです

日本はどうなるの?

本当に厳しい現状です

日本国内は皆で力を合わせて頑張るしかないですが、、、

 

 

 

DSC02961.JPG

 

昨日テレビを付けたら 俳優さんがマチュピチュに行く番組をやってて

司会の人達は有名な人達なのに いちいち驚いていたので この人達あまり旅行しないのかしら?と不思議でしたが

向こうからすると こんなに行っている私が不思議でしょうが(笑)

俳優さんは マチュピチュの目の前にそびえるワイナピュチにも登っていました

スタッフの人達も こんな過酷な取材は初めてだったそうで 2度と嫌だと言っていたそうです

俳優さんも若いのに凄く大変そうで

高所恐怖症の私は やっぱり登らなくて正解だったと思いました

実際テレビで見ても 思った以上に怖そうで

絶壁の所もあるし 狭い登り道をロープもなしに上がるので 這いつくばっていましたもの

狭くて急な石段を カメラを担いでさぞかしスタッフの皆さんは苦労されたと思います

一度位登りたかったけど 絶対私は無理と思い知った番組でした(笑)

 

写真を整理していたら 思った以上に光の写真も沢山撮れていたし

霧のマチュピチュも最高でした

長い間 ペルーの旅を読んでくださって有難うございました

次回はハワイの旅です

その間に仕事もちゃんとしてますよ(笑)

今週は大分と福岡に出張です

 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

 







最終更新日  2012年04月12日 16時00分39秒
2011年05月07日
カテゴリ:2011,3ペルー

DSC02881.JPG

列車の写真があったので載せます 

 

列車の中でアルパカのファッションショー 

従業員がモデルなのだが 男性はただのおじさん

でもそれが受けて 笑いと拍手喝さいでした

DSC02885.JPG

 

本来はクスコからマチュピチュまで列車が通っているのだが 線路の修復工事をしているらしく

途中のオリャンタイタンポ駅で バスに乗り換えてクスコに向かう

行きに来てくれた 荷物運びが来るはずなのだが 大勢の人でごったがえっているし 

ペルーの男性って同じ顔に見えるので 分からなかった

 

バスは何台も停まっていて クスコだけ確認して乗りこんだ

スペイン語で説明して発車したが意味不明

私は直ぐ寝たが 主人のくしゃみで目がさめた   さめたくなかった

首都のリマは道路が平らなのだが 田舎道はスピードを出さない為か 必ず段差になっていて

お構いなしに走るから たまったもんじゃない

がたがたと体中に振動が走る

91歳の母を抱えた時に 酷い腰痛になって1年も治らなかったのに

神の計らいなのか ペルーに来る 2~3日前にピタッと腰痛が止まったのだ

お陰で 行きの長い飛行機の旅は 快適だった

ガタガタ道と おんぼろバスのせいで また痛くなりだした

 

主人がバスの乗り方が分からないから しきりにガイドさんに質問していた時

車で迎えに来て貰えないか その分のお金は払うと言ったのだが

現地のガイドなので 自分がしゃべる時は日本語でちゃんと言えるけど

こちらが質問する時は 聞いてるのかな? 理解しているのかな? と思う時もあって

その時も けげんな顔をしただけだった

結果論から言うと 腰痛がぶり返すようなら 車を手配すべきだった

車だと段差の時は 気をつけてゆっくりと走るのでまるで違う

 

 

クスコの駅に着くと若い男性のガイドが待っていて

大坂の女性と 列車で後ろに座っていた日本人の女性2人と私達を乗せて ホテルに向かった

一人の女性はバスで具合悪くなったのか 気持ち悪そうだったがクスコは初めてらしい

クスコに寄らないで マチュピチュに行く方法があるのだろうか?

ホテルに帰ってお腹がすいたので 日本人が経営していて美味しいと評判のレストランに行ったらお休みだった

主人は行きたくないようだったので 私ひとり 夜の街に出かけたけど さすがに一人で他の店に入りたいとは思わなかった

ホテルに帰ると 主人がカップラーメンのお湯を沸かしているところだった

小さなカップラーメンを一つづつ食べた

普段は食べないのに 何もない時のカップラーメンの美味しいこと笑)

 

DSC02886.JPG

 

朝 ガイドさんが迎えに来てくれた

3日ぶりの再会  友人に会ったような喜びだった(笑)

これから首都のリマに行ってから 東京に帰ります

驚いたのが クスコからリマ迄 国内線なのに 全員大きなトランクもバックも 開けさせて チェックするのだ

トランクを開けられたのは 初めての経験

そしてガイドさんと別れて ゲートに入る時も 手荷物と自分のチェックがあった

凄いチェック体制だ   国際線並み

 

 

待合室に居ると 昨日の列車であった大阪の女性も リマ迄同じ飛行機だという

彼女が国際携帯だと言うので お借りすることにした

娘にかけたけど出ない

息子にかけたら出たので  お姉ちゃん生きてる? と言うと会ってないと言う

でも電話してくれたらしく 娘から電話がかかってきた

無事で良かった~~♪

ブログをUPしてと頼んだのにしてないので また大地震でも起きたか心配してしまった

ブログは私が留守用に書いたものが 来る時書いたものより 日付が下だったので

UPしても 下に出ていたらしい

解決して良かった

お金を払うと言っても 良いですと言うので 引っ張って行って Tシャツを買ってあげた(笑)

 

彼女はイグアスの滝を見たくて ブエノスアイレスから入ったら

システムエラーで飛行機が飛ばなくて ホテルも取れなくて半泣きだったそうだ

そして皆冷たかったそうだ

泣き顔だったので どうにかホテルは取れたけど 2日間足止めをくらったらしく 

日本の旅行会社の連絡は その携帯で大変助かったと言っていた

地震とか原発がなければ 私もそんな心配はしなかったでしょうけど 

携帯でもメールでも直ぐに連絡出来る方法を 今度から取るべきだと痛烈に思った

結局彼女はイグアスの滝は見られなかったそうだ

そして今度行く時は ブラジルから行った方がいいと2人で話し合った

ブラジルは親日家が多いけど ブエノスアイレスは本当に皆冷たかったそうなのだ

心細いし 怖いですよね

彼女は少々英語も出来るようだし 携帯で日本の旅行会社と連絡を取っていたので 何とか乗り越えたけど

英語も話せない 私みたいなおばさんはどうなったんだろう、、、、、、

昨日のバスの話をすると クスコからチチカカ湖に行く時6~7時間乗ったバスはもっとひどかったそうで

どんな旅なんだ~~と思ちゃいました

ケチケチ旅行にしたそうだけど

細い体なのに良く根性があるな~~  逞しいな~~日本の女性も!

 

                                                             

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

 







最終更新日  2011年05月08日 08時11分46秒
2011年05月04日
カテゴリ:2011,3ペルー

DSC02730.JPG

一人旅だと自分のはほとんどないのですが 
今回は主人と一緒だったので 知らない間に
撮られていた写真が沢山ありました

 

 

 

 

DSC02666.JPG

ホテルに帰って シャワーを浴びた後のビールの美味しい事♪

最高の光のシャワーの写真も撮れたし 幻想的な霧のマチュピチュも堪能したし

太陽の門まで主人と歩いて 珍しいちょうちょや植物に出会えたし

なによりも 夫婦でいろんな話をしながら歩けて 良かった♪

最後は なんと雨も降っていないのに 虹のプレゼントまで見れて 本当に完璧なマチュピチュだった

全てに完璧で 飲みながら涙が出そうだった

本当に本当に 大満足したマチュピチュだった

 

 

DSC02914.JPG

次の日は朝から雨

朝食を食べる前に チェックアウトとトランクの事を聞いたら チェックアウトは11時で

列車が4時出発なので 3時30分にポーターが駅まで運んでくれるようです

雨だし それまで部屋に居たら幾らだときくと100ドルだと言う

高い!!

チップは気前よく上げているのに そう言う所はケチなんですね

高いだの安いだのと言わないで 旅行はお金がかかるもんだから

必要な物 欲しい物は買えばいいんじゃないと あっさり主人にいわれてしまいました

自分では気づかなくても あ~チップ上げすぎた~~とか言ってるんですね(笑)

 

 

ホテルのロビーで居ていいし トイレもインターネットもレストランも使えると言うのでロビーに居る事にした

朝食を食べたら 主人の天才的な荷作りが始まった(笑)

トランクはマチュピチュ行きの列車に乗せてはいけない決まりなので クスコのホテルで預かって貰っている

セドナで買ったガラガラトランクと 小さなリックに上手に詰めて行きます

私も 私の母も あっちの物をこっちに置くって性格でしたが 娘と主人はセンス良く上手に片付けます

結婚して30数年経ちますが 私もいつからか出掛ける時は前日に用意して 玄関に置く事が出来るようになりました

ぜんぜんそういう性格じゃなかったんです(笑)

 

11時ギリギリにフロントに降りて行った

途中パソコンがあったので どうやって使うか分からなかったが ヤフージャパンと打つと

見なれた日本のヤフーのページが出てきた

ローマ字しか打てないので ライトワーカーで検索すると私のブログが出てきた

娘は東京に居るし いつも大勢の方が見て下さるので 時間を見つけて幾つか書いたのにUPされていない

凄いショックだった

来る時も地震は続いていたし 原発もあったし、、、、

娘の身に何かあったのだろうか?

私達が行った後 大地震が起きてパソコンがひっくり返ったのだろうか?

主人とも話す気力もない程だった

電話ってどうやってかけるのだろう

こういう時 海外でかける携帯が便利だが 持っていない

ヤフージャパンで検索すると下にメールもあったのだが 自分のを良く覚えてなくて5~6回トライした

やっと開いたけど 日本は今何時なんだろう?

居る間に見てくれるといいのだけど、、、

 

ずーとロビーに居るのも飽きたので 駅前のバザーに行ったけど 店は沢山あるけど同じようなものばかり

民族調が好きな人は良いでしょうが 好きでもないと飽きる

雨も本格的に降ってきた  雨季なのに良く今迄晴れてくれたもんだ

直ぐ帰ってきて レストランで時間を潰すことにした

娘の事はずーと心配だったが 明日クスコでガイドの人に会うので かけ方を聞いて東京に電話してみよう

 

 

 

 

 

DSC02892.JPG

駅に行く時は晴れてね!とお願いしたら 何と1日中雨だったのに

玄関を出る2~3分前に雨が止んだ  これも不思議

駅に着くと 暫く待合室で待って反対側のホームに行くと A B C D と入り口に書いてある

私達はB号車

来る時と違って 4人向い合せの席

反対側に 大坂からの若い女性が座っている

その隣が 濃いメークをした霊能者的メキシコの中年の女性

テーブルクロスを敷きに来た   食事が出るらしい

民族料理は美味しくもないが珍しくて面白い

デザートは何処かで食べた味と思ったら 大坂の女性がプリンに似てると言う  なる程

 

 

 

DSC02942.JPG

食事を片づけに来たら 今度は道化師が現れた

次はアルパカのファッションショーが始まった

さっき食事を運んできた 従業員がモデルだ

女性は綺麗だけど 男性はタダのおじさん    でもそれが受けて拍手喝さい

何度も 何度も着替えてくる

男性が通るたびに 拍手と笑いが起こる

買う人は誰もいなかったけど、、、、

景色を見たり ショーを見たり 意外性があって 列車の旅は楽しかった~~♪

ついにバスに乗り換えるオリャンタイタンポ駅に到着

 

 

DSC02946.JPG

                            続く

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

南アルプス市から個人セッションを申し込まれたご友人3人の方へ
9月をお取りしましたが返信が行きません
住所などは分かりますので名前だけでいいですから 携帯で無くパソコンでメール下さい
 







最終更新日  2011年05月05日 09時18分38秒
2011年04月28日
カテゴリ:2011,3ペルー

ハワイから帰ってきました

行く前に 頑張って3つブログを書いて ハワイでアップしました

カウアイ島の自然豊かな所から ワイキキのあるオワフ島に行ったら あまりの人の多さにびっくりでした

カウアイ島では日本人にほとんど会わなくて 日本大丈夫かしら?と心配だったのですが ワイキキは日本人だらけ(笑)

日本人だらけと言うのは大袈裟ですが

勿論本国から来たアメリカ人が圧倒的に多いのですが 私が泊ったシェラトンワイキキは日本人が多かったです

前のような元気で経済力のある日本に 早く戻らないといけないですね

何人かの外人に震災のお悔やみを言われました

英語が分からなくても ”TUNAMI" と単語で 心配の言葉を言って下さっていると分かりました

 

     

 

 

 

太陽の神殿はマチュピチュでも重要な場所

形もそこだけ円形になっていて特徴的なのです

以前来た時に 半円の光の玉が写っていて 太陽の化身なのかな?と思っていた

光の写真でも タダの太陽の光だけなのか 神々やアセンデッドマスターや天使が入っているものなのかも知らなかった時、、、

 

光の写真がどんどん撮れる

太陽の神殿で撮れると思っていたけど これほど完ぺきに願いが叶うとは

 

 

 

しかも誰もこない

どんどん違うアングルで撮っていく

人が来ると悪いので中断するし  ツアー客だと大勢なので 写真に人が入ってしまうので中断

 

DSC02742.JPG

外人のお婆さんが石に座って動かない

写真に入ってしまうので お願いだからどいて~~ と心の中で何度も叫んだ(笑)

いろんな色の花火のような光が撮れるのに、、、、

下の写真は 綺麗な色なのに 人が入ってしまっている 

DSC02774.JPG

 

さっきの大坂の女の子が来たので 

”自分の写真を撮ってないでしょう  私も一人旅が多いから 自分の写真が撮れないのよ 撮ってあげる”

というと嬉しそうに携帯を出した

カメラが壊れたそうで ビデオでマチュピチュを写していたそうだ

 

 

人がいなくなったので 太陽の神殿に向かって 今回のお礼を丁寧に言った

ツアー客が次々に来るので待って 又神殿前に行くと 何と太陽が目の前にあるではないか

頭上にあるはずの太陽が まさしく神の座 太陽の神殿に鎮座している感じ

あまりに完璧に出来過ぎている

 

下の石が斜めになっているので その間に 斜めに線が入ればいいな~と思っていたら

なんと!! 信じられない  斜めの線が入るではないか

しかも虹色のいろんな色の線だ!

わ~~ 凄いこんな写真撮った事がない

光の写真集に入れる予定なので 小さくてごめんなさい

        

 

 

 

 

何度もお礼を言って帰ろうとするのだけど まだまだ撮りたいし まだまだ居たい

10分位隣の場所に座ってから帰ろうと言うと

主人が 心おきなく 何時でも良いと言ってくれた

暫く 山々を眺めていた

私はかつてマチュピチュに居たんだろうな~

何をしていたんだろう~

それから光を降ろした

2回もお礼の挨拶をしたので いざ帰る時は ありがとう さようなら と手をあげて歩いた

自分でもびっくり  未練が残っていない

マチュピチュを出る時 帽子をぬいで 頭を下げ さよならと手を振った

十分満足する3日間だった

着いたのが9時30分で 中に入ったのが10時30分 帰りが3時30分 

お昼も食べないで トイレも行かないで 私の夢を叶えてくれた主人に ”ありがとう”と言いたい

 

DSC02871.JPG

 

バスに乗ると 何と 山と山の谷間に くっきりとレインボーが

しかも太陽の光が当たっているのか 物凄く綺麗に見える

なんとも綺麗な虹なのだ

そう言えば 虹の天使の里帰りなので 聖なる谷で虹を見たいと思ったのだ

なんて完璧  パーフェクト

マチュピチュの土地自体が呼んでくれたとはいえ 私は今迄これ程 パーフェクトな旅を経験したことが無い

全てに完璧だった

私の心を察したのか 主人がビールで乾杯しようと言う

ビールを買ってホテルに帰った

 

                              続く

 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

ハワイに行っていたので返信が遅くなっていますが 4/19に東茨城群からお申し込みの方 返信が出来ませんので他の方法でメールして下さい 







最終更新日  2011年06月20日 00時46分04秒
2011年04月17日
カテゴリ:2011,3ペルー

DSCF2485.JPG

10時30分過ぎに雨が止んだ

さぁ~ 中に入ろう

よくま~1時間以上も 外のベンチに座っていたと思うけど

バスに乗るいろんな外人さんの 若い人 お年寄り 痩せている人 太ってお腹たっぷりの人 

それぞれがいろんな色や形のレインコートを着て 持って帰る人 ゴミ箱に捨てて行く人と様子を見ているだけで飽きなかった(笑)

もしかして5年前に会ったガイドさんに 出来る事なら会いたいと希望したので

雨でバス停に足止めして 会わせてくれたのかもしれません

彼女だって毎日ガイドをしている訳ではないでしょうから 会えたなんてあり得ない偶然なのです

 

DSCF2504.JPG

 

 

 

 

DSCF2505.JPG

 

昨日は晴れて 太陽の門まで片道1時間以上かかったけど

霧がかかった景色や 晴れ渡った素晴らしい景色も見れたし

見た事のない花やちょうちょや マチュピチュの知られざる主と思われる岩にも会ったし

本当に満足できたし楽しかったので 行って良かったねと主人と話した

 

今日は反対側のインカ道に 小さな橋がかかっているのを見に行く事にした

1日目にガイドさんが行きかけたのだけど 初日は最初にメインの場所でしょうと思って

私が行かなくていいと言ったのだった

でも途中まで行ってくれたお陰で 道を覚えていて助かった

マチュピチュ村に3泊4日したお陰で メインのマチュピチュだけでなく 周りの場所にも行ける

入り口はここでいいのだろうかと思う程 細い道を行くと 記帳所がある

名前と国と入った時間を書いた

そこからは細いインカ道になるけど絶壁ではないので怖くはない

 

山々が重なり 下にウルパンパ川も見れてこちらの景色もいい

太陽の門インディプングの方が勿論いいけど、、、

太陽の門まで歩ける自信のない人や 時間のない人には手軽に行ける場所だ

 

DSCF2512.JPG

 

 

ここだけ絶壁になっているのでここが1番怖い場所

左側の岩の方に 縄が張ってあるのだが

何時も雨に濡れているのでぬるぬるしていて 気持ち悪いと思いながら 触って 橋の近くまで降りた

DSCF2514.JPG

 

 

岩と岩にかかっている小さな橋で その後ずーと細い道が続いている

小さな橋で 本当に人が通ったんだろうかと思う程だ

私は首都クスコからの連絡の為の 近道だったのかと思ったけど

外敵から守る為の橋だったと書いてある

 

 

DSCF2517.JPG

 

 

 

DSCF2519.JPG

 

でもこの橋を見たお陰で 光の写真を撮るのに ベストタイミングだったのだ

全てに完璧

 

 

下に降りて 願いが叶うゲートからマチュピチュの市街地に入って行く

雨が降ったせいか 人も少ない

1日目 写真を凄く撮ったので今日はゆっくり見るだけにしよう

1番上の有名な日時計インティワタナも人が少ない

 

今日は光の写真を撮るのが目的なので 直ぐに降りた

心の中で 太陽の神殿で撮れると思っているのだが そんなに完璧になるだろうか

ワイナピチュ山に登る前にある大岩の場所にも人がいなくて 全景が撮れた

途中何枚か光の写真が撮れるけど 大した事がない

 

太陽の神殿はどこだっけ?

たしかコンドルの神殿から上がって直ぐだったはず

1日目はコンドルの神殿の 狭い洞窟のような石の通路を通ったが 今回は外から上がっていった

そしたら休憩所に出たので 少し座って休んでいると 日本人の若い女性が入ってきた

大坂から来て 2泊3日マチュピチュ村に泊ったので この後列車でクスコに帰るそうだ

お別れして太陽の神殿へ

これから ” 光のシャワーショー ” が始まります

 

DSCF2524.JPG 

                         続く

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

 







最終更新日  2011年04月26日 09時18分22秒
カテゴリ:2011,3ペルー

DSCF2288.JPG  DSCF2282.JPG

私は興味が無い物には 見向きもしないタイプなので 

ガイドさんがクスコの時から 写真を出して説明するのだが まるで興味を示さなかったので

マチュピチュで私達が 休んでいる時資料の写真を撮たらしい

彼女にもカメラを渡していたのだが 物凄い数の写真を撮っていた(笑)

要らないんですけど、、、

でも折角撮ってくれたので6枚だけアップします

 

 

DSCF2283.JPG  DSCF2286.JPG

 

1日目 晴れた素晴らしいマチュピチュが撮れた

2日目 幻想的な霧のマチュピチュが撮れたし 夫婦で太陽の門インディプングまで行けた

3日目 明日はマチュピチュ最後なので 光の写真がを撮りたい

4日目も夕方列車に乗るので ゆっくり出来るのだが さすがにもうマチュピチュには行かないだろう

正確に聞いていないが 入場料は多分 3000円か3500円だと思う

物凄く高いのだ

どれだけここの収益で ペルーの財政が潤っているか

 

明日はしっかりとマチュピチュの神々 精霊達 虹の光の天使達にお別れして 素晴らしい3泊4日のマチュピチュに感謝しよう

 

発想は虹の光の天使達の里帰りだったが

本当は マチュピチュの土地自体が呼んでくれたのだ

だから最高の旅を楽しんでいる   感謝するしかない

 

朝6時に朝食を食べに行くと外人ばかり

パンの種類も多いし ハムとチーズ ウインナー カリカリベーコン エッグ ポテト 玉ねぎとベーコンの炒め物

特にポテトは美味しかった

たまたま1日目に食べた夕食が美味しくなかっただけかも?

痩せる目的もあったので 夕食がついていても2日目は食べなかった 3日目も食べないつもり

主人に美味しいねと言うと   こんなもんだろう とあっさり 

夕食を食べてないので 美味しい♪

 

 

昨日は早くいって 霧のマチュピチュを見たので 今日はゆっくり行く事にして

私だけ散歩に出た

この上に温泉施設があるはずなのだ

坂を上がって行くと お土産屋やレストランやホテルがあるが ホテルがダサイ

私達の泊ったホテルは近代的のようだ 

温泉の施設は 門の中に入るようで見れなかったが 入り口でタオルや水着も貸してくれるようだ

 

ホテルに戻ってマチュピチュに出発~~~

バスに乗っている途中 雨が降り出した

これが良かったのだ  中に入ってから降りだしたら大変だった

雨宿りする場所がない

たまたまバス停の椅子が空いていて座る事が出来た

私はコートを着ていたから良かったが 主人は迷彩柄の雨具のズボンをホテルに置いてきたようで足が寒そうだ

今日は光の写真を撮るはずなのに 雨がずーと降り続いている

 

日本人のツアー客が 何組かバスから降りてくる

お気の毒だ   一生に一回のマチュピチュ観光が雨の中とは

時間が限られているので それでも出発して行く

 

帰って来た人に見覚えがある

数年前にガイドをしてくれた女性だ

当時ガイドになって日が浅いと言っていたが 日本を捨ててきたような話で それで選んだ国がペルーかい?

と思ったので印象に残っているし ツアーだったけど私は彼女とよく話をしたので 会えるなら会いたいと思っていたのだ

マチュピチュの入場料は 毎年500円ずつ値上がりしているから 2回目来る時は早く来た方がいいと言った女性だ(笑)

私に気づかずバスに乗り込んだ

後ろから乗る男性に 前に来た時のガイドさんですと言うと バスの中で話してくれたらしく

雨で曇った窓ガラスを拭いて 私を指さしている

私は近寄って 彼女ににっこり手を振った

勿論 大勢の人のガイドをしているし 5年前の事なので覚えていないだろうが

会いたいと思っていたので会えて良かった

 

 

DSCF2287.JPG  DSCF2308.JPG

 

 

今日は光の写真を撮るはずなのに、、、

今迄全て叶えてくれているのに、、、

マチュピチュが私を呼んだのに 叶わない事もあるんだ~~と心に中で思った

 

数時間後 世界中で光の写真を撮っている私でも

最高傑作と思う 光の写真が撮れて 願いを叶えて貰ったのだが この時はまだ知る由もない

 

もしかして 私が前にあったガイドさんに会いたいと思ったので

雨でバス停に座っていないと マチュピチュの中は広いので ほとんど会う事はない

だから足止めして 会わせてくれたのかもしれない?

 

さ~雨が止んだ  中に入ろう

 

                           続く

 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  

 

 








最終更新日  2012年04月10日 17時10分41秒
カテゴリ:2011,3ペルー

 

 

 

霧のマチュピチュは 本当に幻想的で感動でした

もっと見たい方は http://plaza.rakuten.co.jp/reika0417/diary/201104140000/

 

 

その後登った太陽の門インディプングの頂上からの眺め

DSCF2413.JPG

 

 

 

 

DSCF3600.JPG

インカの人々がマチュピチュを訪れるのに インカ道を登るしかなかったそうです

私達はマチュピチュから登ってきましたが 反対から上がって来ていたのですね

太陽の門インディプングに辿り着いて そこから空中都市マチュピチュが見えた時は感動だった事でしょう

 

 

私達夫婦も インカ道を通って太陽の門まで一緒に歩けて良かったです

普段生活していると 夫婦で向き合う事ってなかなかないですが

素晴らしい眺めや 珍しい植物を見ながら会話したり 

途中休憩して 水を飲みながらも 静かな時を過ごしたり 

共有の時間を過ごせた事が 幸せに感じました

又 主人が後半に こんな楽しい人生になるなんて思って見なかったと 嬉しそうで

日本に帰ったら 登山用のリックを買おうとか計画していました(笑)

 

主人は去年会社を退職して 計画より1年も前だったので

私はうそでしょ~~~って感じでした

僕は十分働きました  もうお母さんにバトンタッチて言われた日には~~~(笑)

高給取りだったので お金の心配をする事もなく十分私が使わせて貰っていたので(笑)

どうなるの~~~~~

使ってばかりだから貯金は無いのだけど、、、と思いましたけど

早く辞めたお陰で こうやって2人で旅行に来れたので ま~しょうがないですね

 

次に行くハワイは その時に主人に長い間私達の為に働いてくれて有難う

記念に何か希望がありますか?

息子達がハワイで結婚式を挙げた時 主人ものんびりと楽しんだようなのです

会社に勤めている時は イタリア フランス 韓国 中国と出張で何十回も行っていましたが

仕事なのでのんびり観光をした事がなかったようで

退職のお祝いの主人の希望は ハワイに行きたいだったのです

 

旅行ばっかり行っている感じでしょうが 私は日本に居る時 スケジュールぎっしり

しっかり仕事はしていますよ(笑)

 

 

マチュピチュから出てトイレを済ませた

昨日も今日も5時間も 良く行かないで済んでいる

15分位座って レストランが開くのを待った

ペルー人は背が低いのですが 背の低い男性と女性が バスが止まる度に声をかけている

ガイドはいらないかと声をかけているようだ

そういう方法もあるのか? と思ったけど英語とスペイン語だけらしい 

 

DSCF2462.JPG

 

 

トイレと荷物を預ける場所があります

DSCF2464.JPG

 

 

 

11時30分になったのでレストラン入り口に並んだ

チケットを見せて 1か所から一人ひとり入るようになっている

種類も多いし 泊ったホテルより美味しい

後でガイドブックを見たら このレストランは美味しくて有名らしいのです

日本人の中年の人達で しっかりと登山靴を履いているグループも 何回もお替りをしていた

マチュピチュ観光だけで来た人達では無いですね

全員登山靴を履いていたので ワイナピチュに登ったのか インカ道を通ってマチュピチュに入ったのか分かりませんが

私より年上だとか思っても 若い頃から登山をしている人は 見かけによらず健脚なんです

 

3回分の マチュピチュの観光とシャトルバスの券と食事も1回ついて

マチュピチュ村のホテルは朝食と夕食もついているし この旅行安いかもしれないと主人

マチュピチュ滞在以外はガイドと運転手付きだから 有難い事に安いですね

DSCF2467.JPG DSCF2466.JPG

食事を終えてバスに乗ると 雨が降ってきた

本当に有難いタイミングだ

今回は バスを降りても降っていたけど ホテルまでは5分なので リックから傘を取りだした

途中 幼稚園があるのだが

迎えの時間なのか 親もいるのに 子供達は雨にぬれても平気な顔をしている

なんだか楽しんでいるようだ

風邪を引かないのだろうか?

 

DSCF2469.JPG

 

                               続く

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  

 







最終更新日  2011年06月20日 00時46分54秒
カテゴリ:2011,3ペルー

DSCF3585.JPG

霧のマチュピチュを堪能したので  はるか遠くに見える太陽の門インデェプングに登る事にした

ワイナピチュは本当に山なので 挑戦するのは諦めたけど ここなら道を上がるだけなのでゆっくりいけば何とか行けそうだ

最初に急な所があるし すれ違う人達が若いので 本当に私でも登れるのかな?

 

 

DSCF3600.JPG

今日は霧のサービスディらしく山々にいつでも霧がかかり 

一面を覆う時もあって 景色を見ながら ゆっくり登って行った

 

 

 

DSC02879.JPG

 

 

 

 

DSCF3644.JPG

 

途中 大きな岩や遺跡がある

外人とすれ違う時は オーラーとかハローとかグッモーニングとか声をかけながら上がっていく

途中何度か 休みながら進んだ

上に上がってもしっかりとマチュピチュが見える

そういうことを計算して あの場所にマチュピチュという都市を作ったのだろうか

私達が歩いているのはインカ道

細かい石が ずーと敷き詰められている

途中人の良さそうな若者とすれ違ったので

ハーロングタイム? と聞くと 後10分と教えてくれた

 

前からすると随分高所恐怖症ではなくなったけど

それでも道幅が狭い所や もろ下が崖と分かる所は 山寄りを歩いた

10分過ぎてもまだ辿り着けない

彼の足だと10分だけど 私達は倍かもしれないねと話しながら歩いた

 

 

DSCF3658.JPG

この階段を登ると やっと太陽の門が見えた

大変で諦めようと思う程の行程ではない

景色は最高だし 挑戦して良かった♪

 

みんな辿り着くと 景色を眺め 満足すると降りて行く

誰もいなくなったので 太陽の門と言う名前だし 光を降ろすことにした 

 

ゆっくり休めたので私達も下山する事に、、、

20分位はいたと思うけど その間誰も上がってこなかったので石に座って下界を見ながらゆっくりできた

 

 

 

DSC02901.JPG

 

 

 

 

DSCF3692.JPG

 

降りるのは楽かと思ったけど 足に力が入るので明日はきっと筋肉痛

登る時にあった大きな岩で休憩

上がる時はためらったのに 今度は靴を脱いで裸足になって岩の上に上がった

どう見ても祭壇だったかもしれない

この遺跡の上に 巨大な岩があって 何の木か白い花?葉っぱが白?を付けている

ゾクッとするような感じで 見られている感覚なのだ

本当はこの岩が主だと思った

頭を下げてお別れした

 

途中お爺さん2人にあった

まだかかるかと聞いてきたので 今で丁度半分ですよと教えてあげた

一人の人が足を抑えて大変だ~~とジャスチャーをしている

私もスローリー スローリーと言ったけど 70歳代だと思うので無理しない方がいい

彼らも諦めたようで 大きな岩の上で休憩していた

 

 

 

え? 虹?

目の前に虹が飛んでいる!!

黄色と紫が ひらひら 飛んでいるのだ

あ! ちょうちょだ     見た事のない色をしている

私はかつて司祭をしていた時 私の命を受けて 神に命を捧げた幼い少女達がいる

その子たちの魂が 虹の光の天使になったと思っているのだが 

ちょうちょになった子供達もいたのだろうか? とふと思った

その一角だけ 優雅に 虹のように輝きながら 何匹か飛んでいる

でもあまり見る人もいないと思う

振り向くといなかったから、、、、、逢いに来てくれたのかな?

 

DSCF3696.JPG

途中で 主人が後半にこんな楽しい人生が待っているなんて思わなかったと言う

ハハハ そうなんだ♪

仕事では地べたをはいずりまわっていたと言う

私にはお洒落で優雅に見えたけど 急成長した若者のブランドだったので それなりに大変だったのだろう

高給取りだったので

そのお金で 私は世界中 日本中を旅していたのだが(笑)

前に 私着るものがない いい服が全然ないと言うと

いろんな物に沢山お金をかけていらっしゃるようだから 着る物なんかどうでもいいんじゃないの?

さぞかし 中身が素晴らしく成られたでしょうから?

嫌みか~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(笑)

 

 

主人も今回の旅を楽しんでいるようで良かった

降りながら 

良かったね♪ 太陽の門まで行けて

景色を見ながら 古いインカ道を歩けて 素晴らしい山歩きだった

マチュピチュ村に泊らないと 時間が無くて出来ないので 本当に良かったと思った

マチュピチュに戻ると 霧も晴れて 明るいマチュピチュになっていた

 

DSCF2447.JPG

 

 

DSCF2446.JPG

 

                                    続く

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  

 

 







最終更新日  2011年04月18日 07時13分17秒
2011年04月14日
カテゴリ:2011,3ペルー

霧のマチュピチュを見たかったら 早朝の5時30分の始発のバスに乗るしかない

4時45分に目覚ましをセットした

海外に行く時は一つ目覚ましを持っていくと便利です 

かなり早くから並ぶ人がいると書いてあるので 15分で支度して

5時頃には出発する予定だった

バス停には5分で着く

 

昨日の夕方から本格的な雨が降り出して ホテルのレストランで食事している時も

傘もささないで濡れている人や カッパの人が多く歩いているのが見えた

近くに温泉があるので 上半身 裸の男性も数人見かけた

折角 あったまったのに可哀想

さすが雨季

物凄く 雨が降っている

明日は霧のマチュピチュを見たいので 夜嫌って程降っていいから 明日は晴れてね とお願いして寝た

 

 

早朝 雨がまだ降っているのか 雨の音がしている

雨季なので雨なのかもしれないが、、、

3回位 凄く晴れたマチュピチュの映像が 目の前に現れる

 

雨がやんでから出掛けるか

明日も1日あるから 又明日早起きしてもいいしと話し合った

だけど 心の中で

おかしい?  私の願いが叶わない訳ないし(笑)

この見せられる 晴れのマチュピチュは何なんだろう?

もしかして?

部屋を出て 外に出ると雨が止んでいる

雨と勘違いしたのは 川の音だ

” お父~さ~ん  雨が降ってな~~い ”

 

5分でバス停に着くと長い列が出来ていた

こんなに始発に乗る人がいるのかと驚く

しまった  早く出る予定だったのに、、、

5時30分になったら始発のバスが出て行った

次々に満席になったバスが出て行く

 

5時35分には乗れたのだが 上に行くと霧がない

あ~~残念  霧のマチュピチュを見たかったのに

6時過ぎに入り口に到着すると 凄い人の列

どうやらマチュピチュに行く人と ワイナピチュに行く人がいるようだ

ワイナピチュは人数制限があるので 早朝並ぶようだ

ワイナピチュはマチュピチュの前面にそびえる山

かなり険しい山だけど 眺めが素晴らしいのだろう♪

 

入り口でパスポートチェックがある

早足で マチュピチュに行くと霧がかかってない

昨日もいっぱい写真を撮ったし これだと変わり映えがしない

少し離れた所に 霧がかかっている

お願い  そこの霧 マチュピチュにかかって!!

主人が1時間位かかるかな? というので  

それじゃ早朝で気持ちがいいので 瞑想をしようかなと思ったら

いきなり 霧が動いてマチュピチュを覆ってくれた

神の計らい?

魔法?

本当に 信じられないですがいきなり霧が動いたのです

 

 

 

なんて なんて 神秘的  感動!!

DSCF3463.JPG

 

霧の中のマチュピチュ

 

幻想的なマチュピチュをお楽しみください

 

 

DSC02730.JPG

 

 

 

DSC02795.JPG

 

 

 

 

DSCF3550.JPG

 

幻想的な霧の中に あなたはたたずむ

威厳に満ちた その姿

私達を 魅了してやまない

その名は マチュピチュ

 

懐かしい ぬくもり

懐かしい 温かさ

あなたは 時を超え

何を 私達に伝えたいのだろう

何を 私達に語りたいのだろう

 

謎に包まれたように 霧の中にたたずむ

威厳に満ちてはいるが

土地自体が 

大いなる愛を持っている

大いなるほほ笑みを持っている

だから世界中の人を魅了する

そう あなたの名はマチュピチュ

        

        ↑

ホテルで書いた変てこな文

変てこな文ですが この中に意味が入っているのです

ぬくもり 温かさ 大いなる愛 大いなるほほ笑み

わたしのブログは波動を読むプロと言うか 

彼らは超能力者ですが 物凄く波動が高いブログだと誉めてくれます

だから文が下手でも よく間違っていても(笑) 皆さんも何となく感じて見て下さっていると思うのですが

私は聖地のエネルギーを日本に持って帰る役目があります

どうぞ お好きな写真があったら 

そこからエネルギーを貰うと思って見て下さい

 

DSC02789.JPG

 

 

 

DSC02799.JPG

 

 

 

DSCF3520.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCF3468.JPG

霧のマチュピチュに感動したし 沢山の写真も撮れた

大満足です♪

これから太陽の門迄 登ります

はるか遠くに見える

本当にあそこまで 辿り着けるのだろうか?

ま~ ゆっくり歩いて行こう~

 

 

                            続く

 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  

 







最終更新日  2012年04月12日 16時04分25秒
2011年04月12日
カテゴリ:2011,3ペルー

DSCF3321.JPG

マチュピチュで1番有名な インティワタナ日時計を見た後 というか 私の時は学生の団体がいて

皆でとり囲んでエネルギーを感じられるか 手をかざしていたのですが皆一応に楽しそうでした

名前は日時計となっていますが なんの為に使われたのか今もって謎なのです

でもマチュピチュで1番高い所にあるのと 形がユニィークに作られているので 

何かの目的があってその形にしたと分かりますが よくよく見ると変てこな形です

 

 

前に来た時は ツアーなので メインしか見せて貰えなかったのですが

下に降りて 技術者の居住区に入ります

聖なる岩と言われる巨大な岩が出迎えてくれます

DSCF3324.JPG

 

左がワイナピチュ山に登る入り口です

本当は登りたいのですが 急こう配でロープをつかんだり 手でよじ登ったりして登っていくと書いてあって

高所恐怖症は絶対無理です

マチュピチュの中でさえ狭い階段は怖いのに 絶壁の所もあるでしょうから諦めました

年に数人は怪我をすると書いてありますが怪我で済んでいるのでしょうか? 

私達は右に行きます

 

 

 

コンドルの神殿

建物が多い中で しかもはっきりコンドルと分かるので 異質な感じがします

本当に後ろの大岩が牢獄なら コンドルは神の使い

ペルーの国民にとってもっとも神聖なものです

その前で嘘は付けないので尋問して、、、、、、じゃなかったのかな(笑)

DSC02684.JPG

 

 

コンドルの神殿の目の前の巨大な岩の建物です

牢獄とか尋問部屋だったと言われています

でもここ面白かったですよ

この狭い岩の間を通って 階段を上がると 狭い通路で 左が岩 右下に空洞の部屋が見えるのです 

DSCF3350.JPG

 

 

水汲み場

マチュピチュは山々に囲まれていますので 水には困らなかったはずです 

DSC02691.JPG

いろんな場所でガイドさんと主人が写真を写してくれます

いつも一人旅なので ほとんど私の写真が無いのですが 今度は私の写真だらけっぽいです(笑)

 

 

 

DSCF3385.JPG

また明日ね~~

 

 

なんと出口に出た途端 雨が降ってきた

なんてなんてついているのだろう

1ソル払ってトイレに行って 外に出ると本格的に降ってきた

雨季なのに観光中よく晴れてくれた

よくま~~ 9時30分から2時30分過ぎまで トイレも行きたいとも思わなかったもんだ 

シャトルバスに乗ってマチュピチュ村に帰るのだが バスを降りる時は雨がやんでいた

 

ガイドさんはこれからクスコに帰るので 一旦ホテルに帰って 駅まで送って行く事にした

日本から持て来た綺麗な日本てぬぐいの上にチップを載せて 主人と一緒にお礼を言って渡した

全然反応がない??

透明なビニールの中に入っているのではっきり分かるはずだけど、、、

駅まで数分なのだが それハンカチだけじゃなくて チップも入っているからねと念を押した(笑)

だってチップにしては破格の万札を入れたのですよ

喜んでくれるだろうと思ったのに お国柄なのか性格なのか こちらが調子ぬけしてしまう

 

デンとしたタイプで 余計な事も言わないし 性格もいい人だったし バックや荷物も進んで持ってくれて助かりました

4日間一緒だったので名残惜しいですが 駅でハグしてお別れした

 

帰り道 主人に少しは喜んだ顔をすればいいのにね~と言うと 貰いなれているんじゃないのと返事

彼女が 列車の中で ニタッと笑ってくれればいいのだけど、、、、

 

                                     続く 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  

 

 







最終更新日  2012年04月12日 16時04分58秒
このブログでよく読まれている記事

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.