3424945 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

X

Calendar

Profile


はなたちばな3385

Comments

Favorite Blog

九州の続日本百名城… New! jinsan0716さん

目標達成 豊田年男さん

渋沢栄一生誕の地・… ケンタロー (la joie de vivre)さん

軽井沢発地ベリー園… hotchi-berryさん
素人果樹栽培と特選… 桃_太郎さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2021年09月10日
XML

​相模湾の海の幸​

9月9日(木)の小田原のみかん園は雨。
雨が降っては、草木も濡れていては畑仕事は無理です。
それで、小田原(早川)港へ出かけました。

山仕事と違って、海の幸は雨の天気にもかかわらず何がとれるかわかりません。
それは、何も獲れないこともあのますが、逆に何かしら獲れることもあるからです。
獲れる時もあれば、何もない時もある。
雨が災いする農夫と違って、漁業は天気は悪くてもそれでも幸することもあるんですね。
そこが、農夫と漁師との大きな違いです。
小田原・早川は、みかんの山の幸にくわえて、海の幸も豊かなんです。

今回の早川港ですが、
海の恵みの第一は、ムロアジでした。



鰺と言っても、鰺にもいろいろな種類があるんですね。

相模湾は外洋に接してますし、深海にも接していて、
東京から1-2時間の近郊にありながら、魚種がたいへん豊かなんだそうです。



カマスもありました。



一番は、カツオなんですが。
カツオの刺身なんて、最高なんですが。
残念ながら、人間の一人の胃袋では、これはとても食べきれません。



カツオといえば、土佐の1本釣りが有名ですが。
昔は、小田原もたくさんのカツオが獲れたんださうです。
今でも、小田原の海岸の通りには、かまぼこ屋さんの並びに、鰹節づくりの老舗があります。

魚の回遊も、自然条件の変化によって、敏感に変化しているんですね。
今から60年くらい前には、みかん園のある真鶴町岩でも、寒ブリで大漁旗が立ったんですよ。
遠い記憶としては、ブリを、朝、昼、晩と、それが2日も3日も、だされました。
刺身だ、やれ煮つけだ、やれ塩焼きだ、と嫌というほど食べさせられたこともありました。
大きなぶりまるごとが、1200円とか、1500円とかだったんです。
(もちろん、今とは貨幣価値が違いますが)

今では遠い記憶の世界となりました。
信じがたいでしょうが、私などの、本当にあった懐かしい思い出です。

そして、多少形をかえてはいますが、今でも相模湾の恵みを味わえる次第です。







Last updated  2021年09月10日 18時26分39秒
コメント(0) | コメントを書く
[富士山、相模の自然、真鶴] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.