2232606 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Comments

オジン0523@ Re:ミズヒキ(10/16) New! 上手くつなぎますね
オジン0523@ Re:さらに名古屋城を巡る(10/15) 木造りの天守完成は2022年あと4年見行ける…
オジン0523@ Re:名古屋城・本丸御殿へ(その4)(10/14) この辺りは私が行った時は未完成でしたね…
篠ヶ広明日のかかし村 村長 カールおじさん@ Re[2]:再び三重・津・美杉町下之川「篠ケ広のかかし」(10/08)10月12日 hitoshisanさんへ はい、もう脱いでます。…
hitoshisan@ Re[1]:再び三重・津・美杉町下之川「篠ケ広のかかし」(10/08) 篠ヶ広明日のかかし村 村長「カールおじさ…

Profile


hitoshisan

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

北海道の旅、望岳台… New! オジン0523さん

さらば北海道(10)札… New! 隠居人はせじぃさん

【洋梨 レッドバート… Gママさん

一条工務店から届い… noahnoahnoahさん

野菜と果樹農家の栽… yasu41asyさん
『JINさんの陽蜂農遠日記』にアクセス ありがとうございます。

このブログは

陽:太陽光発電

蜂:養蜂

農:菜園、花、スロー&アクティブシニアライフ

遠:海外旅行、国内旅行

を中心とした備忘録を兼ねた10年間にわたる毎日のブログです。

書き込んでいただける方は、写真下の『コメントを書く』から気楽に、ご感想、ご意見

ご質問等を書き込んでいただきたく。
2018.10.16
XML
カテゴリ:
今年も我が家の駐車場の横の『ミズヒキ』が小さな花を開き出しました。
雨の翌朝、茎の節部に宿る水滴の姿も。



長さ20〜40cmになる花穂を出し、それに小花がまばらに咲く。
小花の色は上半分は赤色、下半分は白色なのです。



和名『ミズヒキ(水引)』は、正月飾りや祝儀袋などに使う「水引」の名のとおり、
紅白に見える花が水引に似ていることに由来するのです。



タデ目タデ科タデ属の多年生草本(宿根草)です。



花は夏の終わりから晩秋にかけて長く咲きますが、ひとつひとつの花が小さいせいか
郡植しないと存在感が出ません。妻が何故か大切にしていますので、群勢が大きくなり
赤が目立つこの頃なのです。
あまり庭にこの花を植えている方はいないのではないでしょうか。



花穂に宿る水滴を狙いまし浮いたが、我がデジカメではなかなかピントが
合わないのです。



翌日の好天時に再びミズヒキの撮影を。












やはり日光が当たると赤が輝くのです。



ズームで花を狙ってみました。
何枚かのうちの一枚です。



旨く撮れました、いや撮れていました。



そして何年か前に金沢に妻と旅行した時に、伝統工芸の『加賀水引』の店を
訪ねた折りの写真です。
この水引とは、和紙のこよりに水糊をたくさんつけて引っ張り、乾かし固めた
細い飾り紐のことで、これが名前の由来と教えていただきました。



日本における水引は、遣隋使あるいは遣唐使らが持ち帰ってきた献上品に、
紅白の麻紐が結ばれていたことが始まりだとか。
長い歴史の中で贈る人と贈られた人を結ぶ日本独特の水引折型(ラッピング文化)へと
発展して来たのでした。



ヨーロッパではすぐに開封できるような結び方でリボンが結ばれているのに対し、
日本の水引は180度意味合いが異なるのだと。
未開封であり、封印していることを示し、両端を引くほどによりきつく結ばれるのです。
それは、贈り手が「あなたとの縁を結びたい」という大切な思いを、水引を用いて
表現しているのだと。
1本の紐にそんな意味が込められているのは日本人としてそして日本文化の誇りなのです。



水引の花に雨粒やどりおり・・・・詠み人知らず






Last updated  2018.10.16 00:00:36
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.