1864081 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

JINさんの陽蜂農遠日記

PR

Calendar

Comments

Profile


hitoshisan

Headline News

Freepage List

Favorite Blog

アジサイの色変わり… New! 隠居人はせじぃさん

青の都サマルカンド… New! オジン0523さん

【八重のどくだみ ・… New! Gママさん

大阪北部地震で新幹… noahnoahnoahさん

野菜と果樹農家の栽… yasu41asyさん
『JINさんの陽蜂農遠日記』にアクセス ありがとうございます。

このブログは

陽:太陽光発電

蜂:養蜂

農:菜園、花、スロー&アクティブシニアライフ

遠:海外旅行、国内旅行

を中心とした備忘録を兼ねた10年間にわたる毎日のブログです。

書き込んでいただける方は、写真下の『コメントを書く』から気楽に、ご感想、ご意見

ご質問等を書き込んでいただきたく。
2018.06.19
XML
カテゴリ:旅行
​旅行もウズベキスタン最後の7日目、モーニングコールは4:15、
そして5:15の早朝出発。
バスの中からのサマルカンドの朝焼け。
​​

​​
既にこの日の日の出の時間は過ぎている模様。
​​

​​
この日はサマルカンド駅から高速列車に乗り最後の訪問地のタシケントに移動するのだ。
サマルカンド駅に到着し、トランクを転がし駅舎に向かう。時間は5:30。
​​

​​
夜には雨も降ったようで、この旅行では初めての雲の多さ。
サマルカンド駅前の風景。
​​

​​
サマルカンド駅構内の美しいステンドグラスが迎えてくれた。
​​

​​
こちら青と白で。
​​​​

​​
線路の先の雲の合間から朝日が束の間に顔を出した。
​​

​​
そして駅構内待合室のベンチでホテルから受け取った朝食弁当を楽しむ。
サンドイッチ、ジュース、ヨーグルト、茹で卵、果物、水。
​​

​​
出発の電車は6:35発、まだこの時5:40は!!
この時は駅舎内の利用客の姿は少なかったが・・・・。
​​

​​
待合室のベンチで列車の到着を待つ旅友達。
​​

​​
サマルカンド駅のホーム。
​​


高速鉄道線の開発の経緯が大統領・シャヴカト・ミルズィヤエフの写真と共に
パネル展示されていた。
​​

​​
タシケント・サマルカンド高速鉄道 はウズベキスタンのタシケントからサマルカンドまでの
区間で運行されている高速鉄道。全走行距離は344kmであり、タシケントからタシュケント州、
シルダリヤ州、ジザフ州、サマルカンド州を経てサマルカンドまで運行されている。
高速鉄道の名称は「アフラシャブ号 (Afrosiyob)」。
​​


​​
そしてホームに出て見ると、ホームには背広姿で日本語を喋る大きな集団が。
話しかけてみると、APAホテルの協力会社の方々の研修旅行であるとのこと。
そして暫くすると、あの有名社長が派手な帽子とミニスカートのレディーススーツ
会長と共に現れた。同じ高速電車でタシケントに向かうとのこと。
そして定刻に「アフラシャブ号 (Afrosiyob)」が到着し急いで乗り込む。時間は6:31過ぎ。
​​

​​
6:35にサマルカンド駅を出発して順調にタシケントに向かって進む。
​​車窓風景を楽しむ。「XUSH KELIBSIZ」・ようこそいらっしゃいませ の文字が。
​​

​​
道路(VOHID ABDULLO STREET)にはまだ車の数は少なかった。
​​

​​
ゼラフシャン川を渡る。
​​タジキスタンのパミール高原周縁部に発し、西へおよそ300km流れた後で、パンジケントを
通りウズベキスタンに入る。そこで西北西に流れを変え、サマルカンドを流れナヴォイ州の
州都・ナヴォイの北西地点で、南西方向に転じてブハラに達する。
カラクルを過ぎて砂漠の中で消える川であると。
​​


​​
田園風景の中を進み、出発から30分以上過ぎると砂漠の如き風景の中に。
​​

​​
そして車内サービスが。
​​

​​
袋を一つ無料で。
​​

​​
お茶のサービスも。
​​

​​
甘いクッキーが入っていた。
​​

​​
踏切には車の列が。
​​

​​
海には流れ着かない川はたくさんあるが。
​​


車内はほぼ満席。現地の方々は爆睡中。
​​

​​
タシケント駅に近づく。時間は8:40過ぎ。
​​

​​
そして定刻にタシケント駅ホームに滑り込む。
​​

​​
ウズベキスタン鉄道の座席の「モタレ」(頭の部分にある白い紙)
​​

​​
急いで電車を降り、添乗員が降ろしてくれたトランクを受け取る。
​​

​​
タシケント駅の待合室はガラガラ。
​​

​​
待っていたバスに乗り込む。
​​タシケント駅前ロータリーには噴水が。
​​


APAグループの客を待つ多くのバスも停まっていた。
何故ウズベキスタンへの研修なのか?この地にホテル進出計画が?
いや、日本のAPAホテルの客室に、いわゆる「南京大虐殺」を否定する記述のある書籍が
置かれていたことが、大きな議論を呼んでいたのは昨年?のこと。よって中国には行きにくい?
ウズベキスタンには我々もこの後訪ねる、抑留者の日本人墓地があり、APA御一行も
訪ねるとのことであったので、会長の主張からなるほどとも・・・・・・。
​​

​​
タシケント駅舎。
​​

​​
タシケント駅案内図。
​​

​​
タシケント鉄道博物館のSLが駅前に陳列されていた。
​​

​​
旧ソ連風の住宅の建物が続く。
​​
​​

                     
・・・​つづく​・・・






Last updated  2018.06.19 13:24:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.