3109833 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

2020年01月28日
XML
カテゴリ:文型
​​

アイアクセス・バンクーバーからのお知らせ


メルマガ「学校で教えてほしかった、こんな英文法!」や「TOEIC プラス」のネタ元にもなっているアイアクセス・バンクーバーのテキスト本


「ザ・英文法」ダウンロード版  オンライン販売中! 


100点以上のイラストを使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


ザ・英文法DL版  


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最新メルマガ問題


「財布を家に忘れた」という意味の正しい英文はどっち?


1) I forgot my purse at home.

2) I left my purse at home.





















答:2)


詳しい解説についてはメルマガ  “学校で教えて欲しかった、こんな英文法!”  でチェックしてくださいね。 


登録はこちら:​学校で教えて欲しかった、こんな英文法!​


*携帯アドレス、Gmail、YahooMail、hotmailにメルマガが届かない場合、以下から受信設定をお試しください。


受信設定


TOEICメルマガも発行中(現在お休み中)。


TOEICにご興味のあるかた是非登録して問題を解いてみて下さい。


登録はこちら→TOEIC プラス


TOEICブログはこちら→ ​​こんな TOEIC 教えて欲しかった!​​


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆


学校英文法で常識とされてきたものが、実は間違っていたら?


「教科書に載っていることは常に疑いなさい」


2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏の言葉です。


私も常々、学校英文法を100%信じるな!と叫んでおります。


何故ならば、海外の英文法書はどんどん進化しているのに、日本の学校英文法は40年以上も内容がほとんど変わっていないからです。


定説を覆すような行為は嫌われるし、クレームもつきやすいと思いますが、今回も勇気を持って学校英文法の誤解、間違いを指摘します。


今回は文型にイコール構文は存在しないという”真”常識!


次の2文の違いは何?


1) I gave Karen a book.

2) I gave a book to Karen.
























答:求められている情報が違う。


受験英語では問題文を次のようにイコール構文として扱うことがある。


I gave Karen a book.

= I gave a book to Karen.


今回も勇気を出して言っちゃいますが、両者をイコール構文として扱うのは学校英語の思い込みの一つです。


確かに問題文を日本語に訳しても違いはよくわかりませんね。


1) I gave Karen a book.  「私はカレンに本をあげた」

2) I gave a book to Karen. 「私は本をカレンにあげた」


日本語は助詞言語だからです。


しかし、英語は語順言語。


配列が異なれば伝える情報が異なります。


問題文の違いを理解するには、語順言語の大原則「文末焦点の原則」が役立ちます。


1) I gave Karen a book.

2) I gave a book to Karen. 


どちらも日本語に訳すと「私はカレンに本をあげた」という同じ事実を述べていますが、両者は「何に情報価値を置いているか」という点が異なります。


英語の文は話し手と聞き手が了解しているもの(旧情報)を主語として、これに新しい情報(新情報)を付け加えていくのが原則です。


この「文末焦点の原則」という角度から上記2文を見てみると、


1) I gave Karen a book.  


では a book  が


2) I gave a book to Karen. 


では to Karen  が


文末に付け加えられているので新情報になります。


これはどういうことかと言うと、両者は「情報として何が求められているのかが異なる」から新情報の位置が違うのです。  


求める文(疑問文)を考えるとよくわかります。


1) の a book が新情報になっている理由は、


求める文が、


What did you give Karen? だからです。


つまり、1) I gave Karen a book.  の第4文型は、


「あなたはカレンに何をあげたの?」に答える文なのです。


聞き手が求めている新情報はあなたがカレンにあげたもの、


つまり a book なのです。



それに対して、2) の to Karen が新情報になっている理由は、


求める文が、


Who did you give the book to?  だからです。 


つまり、2) I gave the book to Karen.  の第3文型は、


「あなたは本を誰にあげたの?」に答える文なのです。


聞き手が求めている新情報はあなたが本をあげた人、


つまり Karen のことなのです。


助詞言語の日本語とは異なり、英語は語順(配列)言語だから、配列が異なれば、情報も異なるのです。


イコール構文として覚えてしまうと両者の使い分けがわかりません。だから、結局「どっちでもいいかぁ」というノリで使ってしまう恐れがあるのです。


でも、もうお分かりだと思いますが、両者は異なる情報を伝達しています。


適当に使わずに、私たちノンネイティブだって、基本法則がわかれば、ネイティブのようにきちんと使い分けができるのです。


関連記事:「イコール構文は存在しない!​」


古い常識に囚われず、”真”常識の和訳に頼らず、理論とイメージの英文法へ!


英文法は簡単明瞭!


* 今回の”真”常識については「ザ・英文法」書籍版 上巻P.26-30、PDF版P.21-22 にてイラスト付きで解説してあります。


お役に立てたなら、応援ポッチもよろしくお願いします! 

人気ブログランキングへ 
 


iaxs vancouver ホームページ



iaxs vancouver Facebook



​TOEICブログ→こんなTOEIC教えて欲しかった!



発行者 小栗 聡 
本ブログの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。
Copyrights (c) 2007-2020 by Satoshi Oguri  All rights reserved.







最終更新日  2020年01月28日 12時34分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[文型] カテゴリの最新記事


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


samito07

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

名無し@ Re:leave A to B vs. leave A for B(08/01) とてもわかりやすかったです! ありがとう…
aki@ 中国による尖閣侵攻危機と、憲法改正の必要性を知って下さい 書込み大変失礼致します。 皆様にこの度ど…
さんぺい@ Re:will have caught と would have caught の違いは?(01/06) 先生、下記の文の違いを教えていただけな…
samito07@ mama さんへ mama さん、はじめまして(かな?) ご訪…
mama@ Re:現在完了形 vs 現在完了進行形(07/04) 完了進行形は「一時的な継続」と書かれれ…

フリーページ

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.