046213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

うつ病患者の株投資

PR

プロフィール


株_熱中症

カレンダー

お気に入りブログ

10. 投資家が「バリ… みきまるファンドさん

前日比△2,637,400円 かぶ1000さん

2社比較 ソンキンさん

たーちゃんファンド たーちゃん001さん

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

カテゴリ

ランキング市場

楽天カード

コメント新着

FX攻略.com編集部@ 【月刊FX攻略.com】月額制サービス「マネーアップ」アフィリエイトのご紹介 突然のご連絡をお許しください。FX情報誌…
株式会社ゴゴジャン 桑原@ Re:今日の成績(2018.10.24)~保有株動意 ソフトバンクグループ(9984)~(10/24) ●【トレードステーション】アフィリエイト…
2019.04.11
XML
カテゴリ:株式投資
◇日経平均 21,711.38 +23.81 (+0.11%)
◇TOPIX 1,606.52 -1.14 (-0.07%)
◇日経JQ 3,455.79 +1.50 (+0.04%)
◇東証M 932.51 -7.78 (-0.83%)
◇JPX日経400 14,288.49 -8.43 (-0.06%)
◇東証第二部株価指数 6,891.70 -35.81 (-0.52%)
◇東証REIT指数 1,872.94 +1.59 (+0.08%)
◇東証規模別指数
 大型:1,473.88 -1.18(-0.08%)
 中型:1,930.46 -0.62(-0.03%)
 小型:2,985.03 -4.20(-0.14%)
◇TOPIXスタイルインデックス
 TOPIX バリュー:1,776.17 -5.43(-0.30%)
 TOPIX グロース:2,102.15 +3.26(+0.16%)
◇JASDAQ市場別指数
 スタンダード:332.78 -1.75(-0.52%)
 グロース  :204.26 -1.47(-0.71%)

マイポートフォリオ 前日比 -215,310円 (-0.15%)

【取引】
 本日、売り買いとも取引なし。

【値上がりランキング】
  ①ランド(8918) +12.50%
  ②パルステック工業(6894) +9.71%
   ← 年初来高値更新
  ③リーガル不動産(3497) +5.64%
   ← 年初来高値更新

【値下がりランキング】
  ①インパクトホールディングス(6067) -7.75%
  ②岡本硝子(7746) -7.38%
  ③タマホーム(1419) -6.78%

■本日の日経平均は23円高の2万1711円と小幅反発。日経平均は上昇しましたが、TOPIX、JPX日経400、東証2部指数、新興市場のマザーズ指数は下落しました。

■日経平均は材料難のなか小幅に上昇しましたが、TOPIXは下落するなど実質横ばいといったところです。マーケットにこう着感がでていますが、こういったときこそ急激な値動きに注意を払っておきたいところです。

■PFは3日続落。材料不足のため、方向性を欠く展開でした。今日の勝率は139勝199敗23分けで.411でした(勝率は東証一部:.400 JASDAQ:.392)。


☆pickup1
 「ソフトバンク(9434)」が高い。総務省が10日、ソフトバンクなど国内通信4社に次世代通信規格「5G」の電波を割り当てましたが、ソフトバンクは全国カバー率を5年以内では6割程度と、NTTドコモ(9437)やKDDI(9433)の9割超に対して抑える計画。「巨額の設備投資がキャッシュフロー(現金収支)を悪化させるとの懸念が和らいだ」(SBI証券の森行真司シニアアナリスト)ことで買われています。

☆pickup2
 「楽天(4755)」が7営業日ぶりに反落。10日の米株式市場で米配車サービス大手リフトが急落。同業のウーバー・テクノロジーズが11日に上場申請すると伝わり、投資家の関心がウーバーに移ると受け止められたようです。リフトの筆頭株主である楽天の保有株の評価益が減るとの懸念で売りが出ました。楽天株は前日に年初来高値を更新し、過熱感を警戒した個人投資家の売りが出たとの見方もあります。証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は同社株について「25日移動平均(10日時点で1003円)程度がチャート上の当面の下値メドとなるだろう」とみていました。

☆pickup3
 「クリエイトレストランツHD(3387)」は10日、2019年2月期決算でのIFRS基準への移行に伴う減損損失の発生と、それによる業績予想の修正を発表。2019年2月期通期の連結業績予想を売上収益で前回予想比0.6%減の1192.81億円、営業利益で同30.2%減の39.75億円、税引前利益で同34.1%減の36.88億円、当期利益で同42.4%減の20.72億円、親会社の所有者に帰属する当期利益で同54.4%減の13.21億円と修正しています。なお、調整後EBITDAは前回予想比2.9%増の108.14億円となる見込み。売上収益はほぼ予想水準を見込んでいる一方、利益面では日本基準からIFRS基準へ移行することに伴い、減損損失が一時的に増加する見込みとなりました。原価率や販管費はほぼ想定内でコントロールしており、調整後EBITDAでは増益となっていることから、本業の状況は予想どおりの推移と見られます。


ご覧になられた方はお手数ですが
「ポチ」をお願いします。
   ↓
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2019.04.11 17:44:04
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.