000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Rakuten Profile


Home Madeさん

手づくり輸入住宅のホームメイド

フォローする

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:昔は殆どこれでしたね(08/04) 葉月 生さんへ はい、機能性のいいものは…
葉月 生@ Re:昔は殆どこれでしたね(08/04) どんどん新しい良いものが出ているんです…
Home Made@ Re[1]:大きなガレージ・リモコン(04/04) sasayanさん > 情報、有難うございます。…
sasayan@ Re:大きなガレージ・リモコン(04/04) 拙宅は金剛産業施工のガレージですが、オ…
Home Made@ Re[1]:これが結構割れやすい(06/23) asakawa.kazutoshiさん > メッセージ、有…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全208件 (208件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

自然素材・摂理を考えた施工

2017年09月26日
XML




大分で建築中のレンガ積み輸入住宅。こちらの床下がどうなっているか、
ご覧に入れましょう。

木を切った時の削りカスや雨水が溜まっている様子もなく、非常に
きれいな床下ですね。

こちらの家の工法は、アメリカ式の2x4工法ですが、1階は床組みを
用いない根太レス工法を採用しています。

それは、土台の木の上に通常より分厚い構造用合板を直接張って、
強度を確保しながら1階の床高を抑えるやり方です。

勿論、そうすることで床組みを省くことが出来ますから、その分
コストも低減出来るという訳です。

基礎と土台の間には、基礎パッキンが入れてあるのが分かりますか。

こうすることで、土台の木が基礎のコンクリートに直接触れない為、
接触に伴う結露が発生しませんし、土台を浮かした分床下の通気が
全方向で可能となります。

また、土台には虫が食いづらいヒノキの心材を用いています。
こうすることで、ベタ基礎や基礎パッキンと相まって床下での食害を
防ぐことが出来るという訳です。

床下の断熱材は、水に濡れても大丈夫なウレタン・パネルの断熱材を
用いています。2x4工法の場合、1階から徐々に屋根までを造り上げて
いきますから、その間床が雨に曝されることを考慮して、こうした
断熱材を使うのです。(本当は、こうした部分も自然素材の断熱材に
出来るといいのですが、なかなか難しいのが現状です)

基礎のない部分の土台(大引きと呼ばれます)は、アジャスター付きの
鋼製束を立てて支えています。万一木が痩せたりしても、束を調整して
支え直すことが出来るからです。

排水管がベタ基礎の上から少し離して設置されているのが分かりますか?

これは、ベタ基礎にそのまま置いてしまうと管が水平になってしまい、
流れていかなくなりますから、管を少し浮かせて水勾配が取れるように
してあるのです。

また、床下のメンテナンスを行う為に、敢えて立上り基礎を一部省いて
通路を準備しています。こうすることで、人が自由に床下に潜れる
ようになっています。

私たちの家づくりには、いろいろな気遣いがなされています。
それは、床下ひとつを取ってもこれだけの仕事があることから
分かりますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年09月26日 10時52分42秒
コメント(0) | コメントを書く

2017年09月25日




大分で建築中のレンガ積み輸入住宅で活躍したセルロースファイバー
断熱材を吹き込む機械(ブロワー)を掃除しています。

200kg近い重さがある機械ですから、トラックに載せて大分を往復する
のも大変でした。

でも、これがないと、自然素材の断熱材を壁の中に充填させることは
出来ませんから、無理してでも運ばなければなりません。

そして無事大分での断熱工事が完了し、この機械を名古屋へと持ち帰って
きたのですが、余った材料やレンガと一緒に輸入したパラペイントの
ベース塗料も積み込んできましたから、帰りも大荷物でした。

実は、先日大分で大量の雨を降らせた台風18号が九州に上陸して
くるという時に、その先を行くが如くトラックを走らせてきました。

ですから、この機械も、少しですが雨が付いてしまいました。

そこで、倉庫に仕舞い込む前に天日に干してから、分解掃除を
行ったのです。

少々錆は出ていますが、まだまだモーターは現役です。

ちゃんとメンテナンスして、次回の出番に備えたいと思います。

それにしても、こんな機械まで持っている建築屋って、他にいる
んでしょうかねぇ・・・?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年09月25日 11時03分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月03日





大分のレンガ積み輸入住宅の現場で、セルロースファイバーの断熱材を
吹き込む前に張った不織布の様子です。

ここは2階の主寝室ですが、直径1.5mもある大きな半円形の木製サッシ
とそれを活かす為の吹抜けが重要なデザインとなっています。

屋根は45度の角度で上がる急勾配ですが、そこにも吸放湿作用のある
セルロースの断熱材を入れるのです。

家で一番高い屋根の部分は、暑くて湿気の多い空気が溜まってしまう
場所でもありますから、それらを如何にうまく吸収して戸外に放出するか
を考えないと、屋根が腐ってくる恐れがあります。

屋根に通気層を設けるだけでも一定の効果はありますが、グラスウール
のような無機質な断熱材では水分や湿気を留めてしまい、屋根の構造材を
傷めてしまうこととなります。

特に勾配天井を利用した部屋の場合は、石膏ボードでその部分を塞いで
しまいますから、腐敗が進んでも気付くことが出来ません。
(屋根からの雨漏りと勘違いして気付くことがあるようですが・・・)

だからこそ、手間や費用が掛かっても、見えない処には高性能で効果的な
自然素材を用いることこそ大切だとも言えるのです。

ローコストの住宅は、費用を安くすることが第一目標です。
私たちの家づくりは、第一目標がそれではありません。

そこに住む人たちが、長く快適に暮らせるだけでなく、メンテナンスさえ
すれば100年以上住み続けられる価値がある家を目指しています。

自然のものに囲まれ、自然の摂理を利用出来なければ、それらを全て
達成することは出来ないと思いますが、如何でしょうか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年09月03日 11時48分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月01日





シックハウス症候群の発症を防ぐ為に以前制定された、室内濃度
指針値が改訂になるらしい。

建築基準法で制限しているのは、クロルピリホスとホルムアルデヒド
だけなんだけれど、厚生労働省のガイドラインではトルエン、キシレン、
パラジクロロベンゼン、スチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)を
室内濃度指針値を決めて、制限するように求めている。

ただ、これはあくまで指針値であって、何某かの強制力といったものは
ないらしいから、日本の化学物質に対する取り組みは遅れていると
言っても過言ではない。

そんな状況を少しでも改善する為か、それとも内装材の製造メーカーや
住宅メーカーがこれくらいならクリア出来ると申し出た為か、今回
この指針値の一部を低減したり新たな物質を付け加えたりした。

でもさぁ~、何でそういう危険な物質を一切使わないとしない
のだろうか。

そこには、国内産業を守るという趣旨があるのだろうが、ゼロにしたら
したで新たな製造方法や産業が生まれるはずだから、反って産業の
振興に役立つと思うんだよね。

先日、トランプ大統領が、地球温暖化対策のパリ協定から離脱すると
宣言したけど、アメリカのステラなんかは電気自動車で相当伸びて
いるんだから、正しい規制をすればそこに新たな産業が生まれる
のであって、悪い状況を野放しにしても何れは淘汰されることに
なるのは明白ですよね。

まあ、官民協議の上、石橋を叩いて渡るのもいいかも知れませんが、
世界よりも先に行くような課題を与えて、メーカーがそれに挑戦
していくようにしなければいけないような気がします。

因みに、全て自然素材で家づくりをすれば、こんな指針も何も
必要はないんですけどね。そうすれば、変なものを造らなくても
いいのにねぇ・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年09月01日 13時18分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月27日



昨日、屋根の通気スペーサーの素晴らしさについて書きましたが、
今日は自然素材であるセルロース・ファイバーの断熱工事について
書かせて頂きます。

セルロースとは、小学校の理科でも習った通り、植物の細胞壁を
形作る繊維ですが、私たちはセルロースを固めて作った紙を再度
粉砕したものを家の断熱材に使います。

セルロースは、元々木の繊維ですから、木造の柱材と素材的には
全く同じ。そういう点でも全てが木に囲まれている家になる訳です。

セルロースを施工する為には、まず不織布という空気を通す布を
張らなければなりません。布を張らずに壁に吹き付ける方法も
ありますが、化学物質の入った糊を混ぜて壁に布着させますから、
せっかくの自然素材が台無しです。

だから、少々手間は掛かりますが、壁全面に不織布をたるみなく
張っていきます。

ピンと張った不織布に太いホースを入れる為の穴を明けて、
そこからブローイング・マシンで細かな綿状のセルロースを
吹き込みます。

ご覧のように壁の中に隙間なくセルロースが入りますから、
グラスウールのように断熱欠損が生じることも心配ありません。

勿論、あまり多く入れ過ぎると、その上に張る石膏ボードも
膨れてしまいますから、その加減が絶妙でないといけません。

写真のように、不織布が少しだけ膨らんだ感じは、まさに
お布団のような感じです。

でも、実際に触ってみると、フワフワした感じではなく、結構
しっかり固い感じがして安心感があるんですよ。

石膏ボードを内装に張ってしまえば、断熱材は全く見えなく
なってしまいますが、見えないところこそ本当は大切なんです。

そうそう、断熱工事が終わって石膏ボードを張る前には、
普通ビニールシートのべーパーバリアを湿気除けに張りますが、
壁自体を呼吸させるセルロースや羊毛の断熱壁では不要です。

ビニールで家を覆うなんて、家自体を窒息させる以外何ものでも
ありませんよね。勿論、ビニールクロスも論外です。

<関連記事>: 木の細胞繊維であるセルロース断熱材

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年08月27日 13時33分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月26日



サッシの取付けや室内配線が完了したといことで、そろそろ断熱材を
入れたいという現場からの要請を頂きました。

そこで、週初めにセルロースの断熱材を壁内に吹き込む為のブローイング
マシン(吹き込み機)とセルロース、天然羊毛の断熱材などをトラックに
積み込みました。

ブローイング・マシンは200kg近い重さがありますし、断熱材も
相当量を積み込みましたから、積載量のほぼ限界で名古屋~大分間を
走ってきました。

いい年なのに、ほんとよくこんな大変なことをやりますよね。

断熱処理の作業等については、また後日ご案内することとして、
その前段階のことについて少しお話をしたいと思います。

自然素材の断熱材は、室内の温度調整を行ってくれるばかりか、
湿度の調整をも自動でやってくれるスグレモノです。勿論、
解体時にはリサイクルも可能です。

こうした機能は、グラスウールやロックウールなどの無機質な
断熱材ではあり得ません。

だからこそ、大変な手間と費用が掛かっても、私たちはお客様の
家にはこうした断熱材を入れる訳ですが、温度や湿度を最終的に
どこかから外に出さなければ、それらが室内に籠ってしまいます。

そうしたものは、上昇気流によって徐々に上へ上へと上がっていき、
最後には屋根裏や屋根下地にまで到達します。

当然、そこにグラスウールのようなものが張ってあれば、グラスウール
等が湿気ってしまい、断熱性能が低下するばかりか、屋根裏結露によって
屋根の野地板や屋根垂木が腐ってきてしまいます。

湿気や熱は絶えず下から上がってきますから、単にセルロースや羊毛を
断熱として入れただけでは、そのうち飽和状態となってせっかくの
自然素材の断熱材も意味をなさなくなってしまいます。

そこで入れるのが、写真のような通気スペーサー。

これは、外壁の通気層や軒下換気口から上がってくる空気を、この
段ボールの内側にある通気層に通して、最後に屋根の棟から放出する
為に施工されます。

(素材の段ボールは、セルロースと同じ木の繊維で出来ています。
ですから、木造の構造材との相性は抜群ですし、吸放湿作用性もあります)

その空気の上昇を利用して、自然素材の断熱材を通過した室内の湿気
や熱をも外へと逃がすのが、通気スペーサーの役割でもあります。

つまり、家(外壁)の外側の通気層によって家の構造そのものを乾燥
させるという役割と、室内の余分な湿気や熱を自然に屋外に出して、
室内環境を整える役割を果たしているのです。

これって、家やそこに住む人にとっては、相当素敵なことなんです。

自然素材の断熱材を自然な状態のまま入れたり、通気層を形成するように
施工したりと、結構な手間・暇・コストが掛かりますから、殆どの
住宅メーカーではやっていません。

何故こんないいことをやらないのか? お客様の目に触れないことは
やればやるだけ価格競争で不利になるからです。

だって、見た目同じで坪単価が高かったら、買ってもらえないと
誰しも考えますよね。

それって、お客様のことをほんとに考えた家づくりと言えるでしょうか。

だから私は、見積だけで判断する人は嫌いですし、自分が手を抜いて
儲けだけを優先することもしたくありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年08月26日 15時11分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月11日



毎年恒例梅雨の時期になると、事務所の窓に遮熱ネットを
張っています。

写真のように、黒いポリエステルのような素材で出来ていて、
風は通すが上からの太陽光は遮ってくれます。

室内は多少暗くなりますが、間接光が入ってきますから
然程仕事に支障を感じません。

これは、5年以上前に買ってきた農業用のネットなんですが、
毎年使っても全然悪くなりませんし、ほんとコストパフォーマンスが
高いと思います。

うちの事務所は、倉庫兼用の賃貸建物ですから、窓ガラスも
全く断熱性のない1枚ガラス。

でも、このネットを張るだけで、太陽の相当の熱を室内に入れなくて
済むはずです。

もしかしたら、下手なペアガラスよりも遮熱性はいいかも
知れませんね。

まあ、見た目の問題もあるでしょうが、そこに目を瞑れば
知恵と工夫で快適な職場を実現出来ると感じます。

ゴーヤのグリーン・カーテンなど、皆さんの家でも簡単で
合理的な夏ライフを考えては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年06月11日 10時45分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月08日



先日より外装リフォームの現場でトイレのタイル床が湿気って
いるというトラブルの記事を書かせて頂いておりますが、
ようやくその原因と思われるところが判明しました。

写真がその箇所ですが、タイルの周囲に防水コーキングが入れて
あります。ただ、これが施工されたのは新築時と思われますから、
既に30年近くが経っているかも知れません。


実は、RC造(コンクリート造)の建物については、周囲の足場等を
固定する為に所々アンカーと呼ばれる引っ張り金物が打ち込まれます。

そして、足場等を外す際に、そこだけタイルが張っていない状況
ですから、足場屋さんがそこにタイルをコーキングで張っていく
ということがよくあります。

こういう場合、タイルが少しずれていたり、傾いていたりしますから、
結構分かりやすいのですが、ここだけはタイルがきれいに張って
あったので、気が付きませんでした。

でも、よ~く見返してみると、床が湿気っているトイレの真上に
このような箇所を発見しました。

地面からの湿気が床にまで上がってきているのかとも考えましたが、
床下に乾いた感じがあったのでどうしても合点がいきませんでした。

でも、ここなら2階や3階の室内には雨漏れがしていないことも
理屈に合いますし、トイレの隣の外部収納スペースにも雨漏れが
ない状況も理解出来ます。

このタイルを一旦撤去して、そこにある割れや穴を目地材でしっかり
埋めた上で、防水処理を施せば恐らく問題は解決するはずです。

ずっとしっくりこなかったことが、一度にスッと肚に落ちました。

問題をいい加減にせずに、原因究明まで粘り強く取り組めば、
必ず道は開かれるといういい例かも知れません。

どうぞ皆さんも家に問題があれば、放置せずに早めに原因を突き止め、
しっかり対処するように心掛けて下さいね。

<関連記事>: 防水塗装をすると雨漏れする?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年06月08日 14時35分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月07日



ローウェン(Loewen)の輸入サッシをお使いのお客様からの
ご相談です。

幅が2.4mもある大きな掃出しサッシなんですが、ドアの開閉が
固くなって開けづらいそうです。

お客様は当初ドアの下側に付いている戸車が悪くなって開け閉めが
しづらくなってきたのかと考えられたようですが、100kg近い重さの
ドアを外してもらって戸車を確認して頂くと、戸車には異常が
なかったようです。

で、下側のドア枠にあるレールを見た処、ドアの中央部のレールが
上から押しつぶされたような感じで凹んでいたそうです。

私共では、あまりレール自体が歪んだり凹んだりしたというトラブルを
聞いたことはありませんが、何らかの原因があると思います。

私たちがまず疑ったのは、構造体自体の問題です。

窓の両サイドには、「まぐさ受け」と呼ばれる柱材が入っていて、
これが上から来る建物の重量を支えて、サッシに上からの無理な力が
掛からないようにしています。

ただ、その力が大きいと「まぐさ受け」の下になっている構造を
押し潰し、ドアの中央部よりも両サイドが下がった感じになる
ことがあります。

つまり、窓の下枠が緩やかにカーブすることがあるんです。これを
私たちは「太鼓になる」と呼びます。

また、大開口のところでは、窓上のまぐさがサッシを押し潰す
なんてこともよくあります。

こうした状況が見受けられる場合、ドアに内蔵されている戸車の
高さ調整機能を使って、ドアの高さ位置を変えたりします。

今回お客様はそうした機能を知っていて、今まで何度か調整
したことがあるとおっしゃっておられましたので、恐らく
高さ調整で解決する問題ではなさそうです。

もしかしたら、レール自体の強度不足で長年の間にレールが
潰れてしまったのかも知れません。

でも、もしそうならレールが付いているサッシの下枠ごと
交換なんてことになりますから、結構大ごとになりますよ。

取り敢えず、もう少し状況を詳しく確認頂いて、もしご近所の
業者さんで何とかなるならそこで対処頂いて、ダメなら
私共で解決方法を探ってみるつもりです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年06月07日 11時44分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月16日


昨日取付け作業を行ったハード(Hurd)社のアルミクラッド
ダブルハング・サッシ。

取付け前に外装のアルミ枠を防水処理しようとした際の写真が
こちらです。

マスキング・テープを張って、防水コーキングが周囲に付かない
ようにしてありますが、矢印の場所をご覧下さい。

アルミ枠同士がぶつかるつなぎ目に、少し隙間が空いているのが
分かりますでしょうか。

こちらは屋外に面する側ですから、この小さな隙間から雨が風と
一緒に吹き込めば、中の木部にまで水が付いてしまいます。

多少のことでしたらそれ程気にすることはないでしょうが、
いつもその状況に曝される環境だと、水がここから抜けずに
木を腐らせてしまいます。

だから私たちは、海外から入荷してきた交換用建具(障子)に
ついて、このように取り付け前の防水処理を行うのです。

今回は、アルミクラッド・サッシですが、全くの木製窓でも
つなぎ目の木口などは同様の処理が大切です。

こういう気遣いは、恐らくお客様も気付かないでしょうし、
見積にも反映されませんが、やるとやらないとでは10年後に
大きな違いが生じるはずです。

輸入住宅にお住まいの皆さん、或いはこれから輸入住宅を
新築される皆さんは、是非こういう所に注意して家を長持ち
させて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年05月16日 14時53分47秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全208件 (208件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.