1746851 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

村瀬雄三@ Re[1]:このタイプのロックは、経年劣化で破損します(03/13) 濱村 泰仁さんへ ご相談頂き、有難うござ…
濱村 泰仁@ Re:このタイプのロックは、経年劣化で破損します(03/13) 当社も建築屋ですが21年ほど前にこのタイ…
okko@ Re[2]:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) Home Madeさんへ ご親切にご返事をいただ…
Home Made@ Re[1]:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) okkoさんへ 何かの台の上に置くようなも…
okko@ Re:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) お邪魔いたします。 ロジェールのオーブン…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全247件 (247件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

自然素材・摂理を考えた施工

2018年11月28日
XML




湯気や湿気が充満する浴室に設置された輸入サッシ、マーヴィン
(Marvin)のケースメントを交換してきました。

新しい建具(障子)は、防水処理をした上で無事窓枠内に納まりました。

そして、写真の建具が外してきた古い建具です。

トラック・レールやウィンドウ・ヒンジは錆び付き、アルミクラッドの
木枠は腐って脱落寸前でした。

問題の第一は、木製のサッシを浴室のような場所に採用したことです。
そういう非常識な設計や施工が行われていたということが、輸入住宅
ブームを終わらせた原因かも知れません。

次に問題なのは、木部に適切な塗装がされなかったこと。
内装用の塗装をしたり、木部には不向きな油性塗料を塗っていたり、
不適切な施工が木製サッシをこんな状態にしたと思います。

最後には、メンテナンスをしてこなかったこと。
建築会社もお客様も輸入サッシに十分な知識がなく、常に窓を
開けて乾かしたり、水滴等を拭き取ったりするという日頃の
ケアがされていなかったことも大きいでしょう。

輸入住宅は、自然素材のいいものが使われているということを
忘れずに、常に気を遣ってあげるという気持ちを持って頂きたい
と思います。

そうすれば、100年という年月が経っても財産として生き続けて
くれるはずですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年11月28日 13時03分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月17日




スチール製の勝手口ドアの塗装の相談を頂きました。

ピーチツリーなどのドアの場合、ドアの上端や下端から雨水や湿気が
ドアの内部に侵入してくることがよくあり、ドアの中から錆が浮いて
くるというトラブルが発生します。

これを防ぐ為にはドアの上端や下端を塗装したり、隙間を埋めると
いった防水処理をしてやる方法や、ドアを雨から守る庇(ひさし)を
付けてやることをしなければなりません。

ただ、ドア本体以外にも劣化してくる部分があります。
それは、屋外側のドア枠(ブリック・モールディング)。

古いドア枠は木製であることが多く、それにも拘わらず木部用の
防水塗料が使われていないケースが殆どです。

ですから、木が呼吸をしようとして塗装を剥がし、塗装に細かな
亀裂が出てきます。

そうした部分から雨水が木に浸透し、そのうち木を腐らせることと
なります。

次に問題なのは、木のドア枠が勝手口台のコンクリートの土間に
接していたり、ドア枠がコンクリートに埋め込まれて固められて
いることもあります。

コンクリートは水を通す性質がありますから、その水がドア枠を
徐々に襲ってきます。また、表面張力が働いてドア枠の下端に
水が溜まるなんてことにもなるのです

木製ドア枠は、床面から数センチでも上げて装着し、常に乾燥した
状態を作ることこそ長持ちの秘訣です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年11月17日 21時33分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月09日




こちらは、マーヴィン(Marvin)社のアルミクラッド・サッシの
交換用建具(障子)。

外はアルミ板で覆われていますが、写真に写っている面は室内側の
木製フレームです。

この新しい建具に交換するはめになったのは、お湯や湿気の当たる
浴室の窓としてアルミクラッドの木製サッシを使った為でした。

木部に白い塗装はされていましたが、当然防水性のある塗料ではなく、
またお風呂を使い終わったら、サッシを開けて乾かすという習慣も
ありませんでした。
 
ですから、10数年で建具は腐り、金物も外れた状況になりました。

今回、私たち ホームメイドは、屋外側のアルミのつなぎ目や
ガラスとアルミとの接点部分を防水処理した上で、室内側の木部も
パラペイントのティンバーケア(白)で防水塗装を施しました。

そして、次にマスキング・テープを張って、ガラスの周囲や木の
つなぎ目にコーキング等で防水処理を施します。

勿論、浴室の湿気がいつも充満している処に使うのですから、
カビや湿気に強いタイプのものを使います。

ここまで手を掛けて準備する輸入住宅ビルダーは、なかなか
日本にいないかも知れませんね。

でも、ここまでやるからリスクを最小限にして、長年の使用にも
耐えられる輸入住宅が造れるのだと思います。

(本当は、サッシを窓枠毎外して、樹脂サッシに変えてしまうのが
一番だとは思いますが、お客様の思いもありますから柔軟に対応
しなければなりません)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年11月09日 19時21分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月24日




先日、現地調査を行ってきた輸入住宅の外壁です。

建物の東面に多く見受けられるのが、縦ラインで入った細長い割れ。

至る処に入っていましたから、お客様自身もコーキングなどを
使って補修したようですが、見えないような小さなクラックも
あるでしょうから、全て補修するのは無理だったと思います。

このおうちは、スペインの家を再現するというコンセプトだった
らしく、屋根の軒は殆ど出ていないばかりか、新築当初雨樋も
付けられていなかったということですから、外壁や窓は雨ざらし。
 
それはあまりに酷いということで、雨樋を付けて頂いたそうですが、
竣工前から施工業者とはうまくいかず、結局今までメンテナンス
らしいことはあまりやってこなかったとのことでした。

外壁の塗り壁材には、タナクリームという素材をモルタル下地の
上に塗っているようですが、恐らく外壁の通気層も全く取っていない
状態で、防水シートの上にラス網を無数のタッカーで留めてある
のだと思います。

そういう状況では、折角の防水紙が穴だらけですから、外壁の中に
雨水が入る状態では、構造部分にも雨漏れをしてしまっていると
思います。

ですから、サッシの周囲に回している飾り枠のケーシング部分から、
室内への雨漏れがダイニングやキッチンで発生しています。

実は、塗り壁材のタナクリームは、本来内装用として使うべき素材で
外装に使うにしても雨には当てないように指示があるものなんです。

それが、軒が殆どない家の外壁全体に塗ってある訳ですから、
不具合が起こるのは必然的かも知れません。

当然漆喰に近い素材で伸び縮みに追随出来ないという特徴から、
温度や湿度の変化や地震の揺れなどによってクラックが入りやすい
ものであることも施工業者は注意すべきでした。

既にその住宅会社はありませんから、今更文句を言うことも
出来ませんが、倒産すべくして倒産したのかも知れません。

何れにしても、下地が悪ければタナクリームでもスタッコフレックス
でも割れるのです。外壁は一旦剥がすなどして、下地からちゃんと
した施工をすることをお勧めしたいと思います。

それにはある程度の費用が掛かってしまうかも知れませんが、
長い目で見たら今費用を掛けたことが後々の維持につながっていく
はずだと思います。

拘りやお金を相当掛けて新築したおうちは多いですが、間違った
材料と間違った施工をしては、それを生かすことは出来ないのです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月24日 18時09分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月21日




今日、一宮のお客様の輸入住宅にお邪魔して、外装の塗り直しと
雨漏れの調査をしてきました。

随分長い間塗り替えをしていなかったおうちですから、いろいろ
傷みが出ているのは仕方ありません。

ただ、大雨や台風の時に滴り落ちる程の水が天井から出てきた
とあって、単なる結露による水漏れではなさそうです。

写真をご覧頂くと分かりますが、雨染みが天井の中央辺りに
出来ています(少し黒いのは、カビの一種ですね)。
 
2階は、丁度この辺りまでバルコニーが載っていて、染みの
ところが2階の外壁ラインになっています。
(専門用語では、セットバックと言います)

ですから、最も疑われるのが、2階のバルコニーへ出る為の
掃出しサッシ周辺です。

今日は、雨が入っていそうな部分にホースで水を掛けましたが、
すぐには天井に出てきませんでした。

少し時間が掛かるとのことでしたから、後日様子を伺って
推測が正しかったかどうか検証しなければなりません。

こういう時は、思い込みで予断をしてしまうのが一番危険です。

勿論、これだと直感出来る場合もありますが、自然は意外と
手ごわいものです。

思いもつかぬところから雨が侵入していたなんて話は、よくある
ことなんです。

また、室内の暖かな湿気がベランダの床下に入り込んで、それが
冬の冷気で冷えたベランダの表面近くで結露するということも
あり得ることです。

ただ、それは冬の話であって、夏や秋の強い風雨の時ではありません。

あと、廻り子を回してある天井の周囲や壁のコーナー部分も
温度が低く水を含んでいるような気配がありましたから、
その点も原因を突き止めないといけません。

もう少し水掛け試験を実施して、どこから入り込むかを
慎重に探さなければいけないかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月21日 20時32分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月19日




家の妻壁にカマボコ型や丸型デザインで取り付けられている
換気ガラリ。英語で言えば、ゲーブル・ルーバー。

換気ガラリと言っても、私たち ホームメイドが使うのは換気機能が
ない単なる飾りのものを使います。

とんがった妻屋根の下にこうした飾りが付いていると、アメリカンな
感じがしますよね。

本来の目的は換気ですから、家の屋根裏空間に籠った熱や湿気を
逃がす役割があるのですが、鎧戸状になった形状では、強い雨風の
際には逆にそこから雨が入り込む恐れが生じます。
 
そういうことを知っていればいいのですが、とある輸入住宅ビルダー
の建築した建物では屋根裏の通気が出来るように、実際に換気が
可能なガラリが付けられているのです。

多分、その建築屋さんの家の全てで、換気機能付きのものが
付いているでしょうから、屋根裏からの雨漏れが発生している
ように思います。

実際に私もう屋根裏に上がって状況を見ましたが、壁の内側を
濡らす程の量が入り込んでいたのです。

屋根裏は、通常では部屋として利用しないでしょうから、雨漏れに
気付くことはすぐにはありません。

相当雨が入り込んで、2階の壁や天井に雨染みが付くか、カビが
出てくるかして、初めて雨漏れに気付くのです。

最初は屋根からの雨漏れを疑うのでしょうが、そうではない場合は
妻飾りや屋根の軒裏からの漏水もチェックして下さい。

ただ、屋根裏空間の換気を取らないで、ガラリだけを塞いでは
別のトラブルが起こりますから、注意が必要です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月19日 20時42分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月17日




先日、作業をする為の資材を買いにホームセンターへ行きました。

マスキング・テープや梱包用テープ、網戸交換の道具などを購入
したのですが、そんな時目に留まったのがグラスウールの断熱材。

ビニールの袋に詰められて、掛布団のように丸められた形で
たくさん積まれています。

私たちは、セルロースや天然ウールといった自然素材の断熱材しか
使いませんから、こうしたものを記事に取り上げることも殆ど
ありません。
 
ただ、多くの住宅メーカーや工務店は、自然素材の断熱材なんて
全く使いませんから、グラスウールは皆さんにとって馴染深いと
思います。

グラスウールは、柔らかい綿のような手触りですから、一見
気持ちいい素材のように思うかも知れませんが、元々ガラスと
いう素材ですから、細かなグラスウールの繊維が服に付いたり、
体に付いたりすると肌を刺激してチクチクします。

そして、喉や鼻に入ってしまうと咳き込むこともしばしばです。

また、ガラスですから水や湿気を吸うということもありません
(表面張力や毛細管現象でグラスウールの表面に留まるだけです)。

そういう状態になると、グラスウールの断熱性能は急激に低下して
しまいますから、壁の中に水や湿気が入らないようにべーパーバリア
というビニールシートを張って壁の中を窒息状態にするのです。

勿論、完全な気密空間を作ることは難しいですから、中に入れる
グラスウールもビニール袋に入れて口を塞がなければいけません。

でも、壁の柱材は間隔が狭い場所や窓等が途中にあって、断熱材の
袋をカットしなければばならない状況も存在します。

そういう時は、大工さんが袋ごとグラスウールをカットして
壁の中に入れていくのですが、カットした部分をそのままにして
切りっぱなしというケースが殆どです。

そういう状況にすると、壁体内結露が発生した場合、グラスウールに
水分が滞留し乾燥した状況が失われますから、断熱性能が落ちる
ばかりか、カビやシロアリなどの繁殖を促す恐れも生じます。

また、水を吸うと重くなりますから、ホチキスで留めたビニールが
外れて、壁の下の方に脱落してしまうことも多いのです。

安くて手軽な素材ですから、家をお値打ちに造るということには
貢献しますが、ちゃんと施工しないと断熱性や健康にも影響が
出ますから、気を付けたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月17日 13時46分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月14日




台風で屋根材が飛ばされ、輸入サッシや外壁からも漏水があった
お客様と、今後の計画について昨日打合せをしてきました。

施工上のミスや選定した材料の特性、新築後のメンテナンスが
うまく出来なかったといった複数の要素が重なったことと、
強烈な台風の襲来といった自然環境の変化が今回不具合を起こした
原因でした。

お客様もこうした状況を不安に感じられているようで、思い入れを
持って輸入住宅を建てたけれど、こんなことになるなら国産住宅で
建てた方がよかったのだろうかとも考えておられました。

ただ、屋根材が飛んだのは、釘打ちの位置が少し違っていたことも
ありますが、強烈な風の影響が主な原因と考えるべきでしょう。

また、外壁からの漏水が疑われるクラックは、国産の塗り壁材の
特性と施工の問題であって、輸入住宅だからという話ではありません。

確かにアルミクラッド・サッシの木部が腐ってきているという
問題はありますが、これも施工した工務店が防水の問題を正しく
理解していなかったことと、適切なメンテナンスが行われて
こなかったことが原因であって、このサッシの構造的な欠点は
2次的な要素だったと思います。

そういう意味では、材料選択・仕様・施工についていささか
メンテナンスという部分に問題があったのであって、輸入住宅
そのものに欠陥があるという訳ではないと思います。

つまり、国産住宅を造っている大手住宅メーカーの家でも
材料の特性を知らないで使用したり、設計上の問題を考えないで
施工したり、間違った施工方法で家づくりをすれば、同じような
トラブルが発生しますし、実際そういった事例はNETを検索
すればいくつも出てきます。

ということで、お客様から私共の方にご相談を頂いたのですが、
打合せの際に「ホームメイドではどういった職人や大工を
使っているのか」というご質問を頂きました。

私共は、輸入住宅という建物を新築・修理している関係上、
輸入材を知らない下請けの職人や大工はお願いするのが
難しいので、いつもお願いしている慣れた人にお願いして
いますという回答をさせて頂きました。

ただ、ここで気になるのは、新築時はまだしも他社が施工した
家の修理メンテナンスする際は、既存の施工を見極め、不具合の
原因とそこの現場に一番合った解決方法を取る必要があると
いうことです。

その現場にいくら腕のいい大工や職人を投入しても、使う材料の
選択が間違っていたり、間違った施工の仕方や手順を指示したり
すれば、それを正確に忠実に実行するのが彼らの役目です。

勿論、腕のいい職人さんたちは、施工に最善を尽くすのですが、
その根本が違っていれば、返ってそれがあだとなります。

例えるなら、オーケストラを考えてみて下さい。いい演奏家を
揃えても、いい指揮者がいなければいい音楽を奏でることは
出来ません。

指揮者が楽器の配置や演奏する人間の特性を考え、そこに
指揮者が考える曲の概念やイメージとなるよう指導します。

カラヤンや小澤征爾が指揮をするというだけで、コンサートに
人は集まりますが、オーケストラや演奏家の名前は指揮者の
名前程影響を与えません。(そうでない場合も、勿論ありますが・・)

舞台演出のあの蜷川幸雄も、名前だけで満席でしたよね。

高校の吹奏楽部や素人同然の役者を使っても、見事に作品を
作り上げてしまうのは、指導者の実力と考えるべきでしょう。

つまり、職人がいいに越したことはありませんが、そうした
職人を上手にリードして、適切な材料で思い描いた修理計画を
実行していくプロデューサーやディレクターの存在が最も大切
であり、それが誰かによって仕上がりは大きく変わるように
思います。

家づくりでは、設計士や現場監督がその役割を果たす場合も
ありますが、大手を含めて質の高い人間はそれ程多くないと
いうのが実情なんでしょうが・・・。

因みに、ホームメイドでは私(村瀬)が原因調査から材料・職人
の選択、計画の立案から施工まで全てを行う形を取っています。

家づくりには、資材や施工に関する広い知識や深い経験だけ
でなく、センスや気遣い、コミュニケーション能力が必要
ですが、そういう人はなかなか現場にはいないんです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月14日 14時47分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月13日




昨日は、輸入資材を販売しているオスモさんが主催された雨漏り
セミナーに伺ってきました。

輸入住宅・国産住宅を問わず、家の雨漏れは多く発生しています。

日本人の生活の変化や多様化、地球温暖化による強風・豪雨の頻発や
夏の高温多湿、冬の豪雪や低温といった環境変化に建材メーカーや
施工者たるビルダーも対応しきれていないとも言えます。

そんな中、私以外にもこうした問題に正面から対処しようと試みる
人はいるようです。いや~、勉強になりました。

窓周りの開口部や外壁、そして屋根や軒との取り合いといった部分は
勿論ですが、陸屋根(傾斜のない平らなパラペット・屋根)やベランダ
でも雨漏れによる構造の劣化は見逃せません。

実際、私もここ1年の短い期間だけで何軒もバルコニーの床や
手摺壁に問題を抱えたお宅を見てきました。

バルコニーの壁の中に通気層を取っているにも拘わらず、その空気の
出口や雨水を逃す排水の仕組みがない家もありました。

また、そういった通気層を取らずに、防水シートの上にサイディングや
モルタルを直に施工した直張りの構造は非常にリスクが高まることを
全く知らない建築業者や設計者も多くいます。

写真の日経ホームビルダーの表紙にも、バルコニーの手摺の上に
付ける笠木を外した状況の写真が写っていますが、防水紙や捨て貼り
されたサイディングの下の木がカビたり腐ったりしているのです。

つまり、手摺壁の笠木部分は、通気の仕組みが必要ですし、壁に垂直に
張る透湿性防水シートや吸水性のあるコンクリート製のサイディング
を手摺の上に張ってはいけないということを暗に示しています。

そういった問題点があるにも拘わらず、そうした施工を続ける施工者
がたくさんいるし、その解決方法を知らないで単に現状復旧して
終わりにするリフォーム業者ばかりです。

やはり、原因と対策を明確にして、しっかりとした修理計画を立てる
ようにしないと、やっつけ仕事で直ったふりをするだけになって
しまうと思います。

確かにお金を出来るだけ掛けたくないという気持ちも分かりますし、
安い業者がいればそちらでやってもらうというのが人情ですが、
高い業者と同じ仕事をするかどうかは疑わなければいけません。

愛着のある家に長く住みたいと考えるなら、しっかりした知識と
経験のあるビルダーかどうかを見極め、ずっと面倒をみてもらう
ような関係を築くことこと重要かも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月13日 11時24分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月10日




こちらは、アンダーセン(Andersen)社製のスライディング・
パティオドア(掃出しサッシ)の室内側の写真です。

今回、お客様から雨漏れの相談を頂きました。

先日の台風の強い雨風で、サッシの上端から雨が室内に侵入してきた
というものでした。

写真を頂いただけなので、はっきりと侵入箇所が確定した状況では
ありませんが、木製ケーシング(飾り枠)とサッシ本体との隙間から
雨が入っているのかも知れません。

もしそうだとすると、サッシそのものが雨漏りしているというより、
構造体とサッシとの間に明けられた遊びスペースから雨が入ったと
いうのが、論理的でしょう。

ただ、そういったスペースから雨が侵入することを防ぐ為に、
ネイルフィンの上から防水用のブチルテープを張ったり、そのテープ
の上から透湿性防水シートで覆ったりして、雨が入らないような
ハードルをいくつも設けるのが普通です。
(防水シートは、ネイルフィンでサッシを取り付ける前にも構造体を
覆っています)

こうしたことは、私たち ホームメイドが施工する時のやり方ですから、
全ての住宅メーカーや工務店が同じように行っているとは限りません。

ですから、施工手順に間違いがあったり、手順の一部を省略したり
していれば、雨漏れのリスクが発生します。

また、サッシ周りの防水処理は、雨の侵入を防ぐ最後の砦ですので、
窓上の外壁材の割れや屋根や小屋裏から水が下に伝ってくるなどの
構造的な問題がある可能性も大きいと言えます。

あと、特殊なケースですが、サッシの周囲に取り付けられている
ネイルフィンが何らかの原因で外れてしまい、そこから水が
入ってきたという不具合も見てきました。

(ですから、ネイルフィンとサッシ本体とのつなぎ目まで
ブチルテープ等で覆ってやることが必要ですが、ネイルフィンを
本体の一部と思っている施工業者だとネイルフィンの上だけしか
テーピングしていないように思います)

こうした雨漏れは、サッシそのものが雨漏れしたというよりは、
その周囲の問題によって引き起こされたと考えるべきです。

つまり、輸入サッシだから雨漏れしたというのではなく、国産
を含めたどんなサッシでも、施工の不具合によって雨漏れは
発生するのだということを心しておかなければなりません。

もしサッシの周囲から雨漏れしたというトラブルが起きたら、
どこから水が侵入したのか、外壁を含めて周囲の状況はどうか、
上の階の部屋に雨漏れはないか、などをチェックした上で、
サッシや外壁を非破壊検査することをして下さい。

調査の為に拙速に外壁やサッシを壊してしまうと、必要のない
復旧工事までやらなければならなくなりますから・・・。

そういった意味では、専門知識のあるプロのビルダーに相談
すべきかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年10月10日 16時55分12秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全247件 (247件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.