1885441 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…
葉月 生@ Re:後付けだって、大丈夫(02/17) このようなドアでも後付けでいろいろと鍵…
村瀬 雄三@ Re[1]:トリプル・ロックの人もいます(01/07) 葉月 生さんへ 北米製の輸入ドアのステ…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全263件 (263件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

自然素材・摂理を考えた施工

2019年04月14日
XML




こちらの輸入住宅では、アンダーセン(Andersen)社のダブルハングを
浴室の窓として長年使っていらっしゃいました。

お風呂を使った後、ちゃんと換気をして頂いていたのか、建具(障子)の
木枠が腐ってしまうというトラブルはありませんが、ご覧のように
塗装は剥げてカビや染みが全体的に見受けられます。

温かく湿気った空気や水分が多い浴室に木製サッシを使うということが
よくないことは、誰の目からしても明らかなはずですが、古い輸入住宅
ではこうした施工はよくあったようです。

木部の塗装も内装用のニスを塗ったり、シッケンズのような防腐塗料を
塗ったりしたようですが、基本的にどれも防水性が長く持つものでは
ありませんから、すぐに悪くなってしまいます。

今回は、劣化したバランサーを交換すると共に、建具の木枠の表面を
サンドペーパーである程度きれいにしてから、パラペイントの白い
ティンバーケアで防水塗装をしてあげようと考えています。

ティンバーケアは、ナチュラルクリアのものもありますが、ここまで
黒くなった木を元通りにするということは出来ませんから、敢えて
白く塗装することで、清潔で爽やかな雰囲気を出そうと思います。

網戸も新しいものに交換する予定ですから、メンテナンス後は
相当気持ちよくなるはずですよ。

家づくりは、新築時の計画や施工も大切ですが、その後のケアは
もっと大切です。

それを担うのはお客様自身であり、それをサポートしてくれる
専門業者との二人三脚がなければ、長く快適に暮らしていくことが
難しいですから、その覚悟と将来計画が必要とされます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年04月14日 11時11分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月08日




輸入住宅の床材として、ブルース(Bruce)やロビンス(Robbins)
のフローリングは定番と言っても過言ではありませんでした。

今では国産でも輸入でもウレタン仕上げの床材しか見掛けなく
なりましたが、今でも自然素材に拘る人は無垢のパイン材の
フローリングに自然オイルを塗る仕上げをしますよね。

ウレタン仕上げは、床材の表面を樹脂でコーティングしますから、
コーヒーをこぼしても跡が付くことはありませんし、表面が傷付く
ことを抑えてくらますが、自然と木が呼吸することを妨げます。

まあ、国産の合板フローリングは、木と言っても既に木としての
機能は失われていますから、オイル仕上げにする意味はありません。

ブルースのような床材は、オークの一枚板で出来ていましたから、
WAX仕上げにすれば室内の温度や湿度を調節して、人間の生活に
少なからずいい影響を与えてくれました。

ただ、自然そのもののような素材ですから、長く家具を置いておく
と置いていない日焼けした場所と色に違いが生じます。

また、何かをこぼしたり汚れをそのままにすれば、そこだけワックスが
浮いて白化したり色が染み付いたりしてしまうという問題も起こるのです。

そういう時の対処方法について、お客様から質問を頂いたのですが、
日焼けについてはそのまま放置しても長い時間を掛ければ馴染んでくる
と考えていいのですが、1年で元に戻るという程度ではありません。

もしそんなに待てないというなら、油性のステインで着色して色合わせ
した上で、私たちが販売しているWAXの Dura Seal を塗って仕上げる
方がお手軽かも知れません。

白化や汚れの場合は、240番くらいの細かな紙ヤスリでその部分を
剥がしてから、上記同様の手順でそこだけ仕上げるという方法を
試して下さい。

ただ、色合わせにはそれ相応の技術が必要ですから、木部塗装の
専門家にやってもらう方が安心かも知れませんね。

普通の塗装屋さんでやってもらえるかも知れませんが、木製品の
オイル塗装に知識がある人は少ないですから、経験があるかを
ちゃんと聞いてからお願いして下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年04月08日 22時21分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月31日




こちらは、アンダーセン(Andersen)社の4枚引き分けサッシの1枚
を塗装しているところです。

通常は掃出しサッシであれば2枚なんですが、中央の2枚が引き分けで
両サイドの2枚がFIX(ハメ殺し)となった幅3mを超える大きな窓です。

現在、その1枚のドアの室内側をパラペイントの木部防水塗料 ティンバーケア
で二度塗りしている様子です。

ローラー(戸車)が付いているドア下も当然防水塗装を行いますし、
屋外側のガラスの防水処理も行いますよ。

新築時にこうした輸入の掃出しサッシは、窓枠に装着された状態で
おうちにそのまま取り付けてしまいますから、ドア下のような場所は
防水塗装されません。

今回は、不具合のあったサッシの交換用のドアということで、現場で
交換作業を行う前に会社の倉庫でこうした塗装や防水処理を行えます。

普通の輸入住宅ビルダーや修理業者さんであれば、交換部材を取り付けて
から塗装をするだけですから、ここまで念入りに防水作業を行うことは
出来ません。(尚、その分納品に時間が掛かりますよ)

交換してしまえば全く同じに見えるでしょうが、木製サッシの将来の
修理やトラブルを考えると、実は全然違ってくる仕事なんですね。

だって、サッシやドアの下側が雨で腐ってくるなんてことは、
よくあることなんですから・・・

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年03月31日 13時07分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月30日




こちらの部屋は、ペットの猫ちゃん用に後付けで造られたサンルーム。

ガラス屋根からたくさんの光が入って冬でも温かな空間になって
いますが、その分夏は暑いかも知れません。

そんな部屋ですが、屋根と接している壁にはいくつもの雨垂れの跡が
流れています。

元々屋外となっていた場所に新たに屋根やドアを設置して部屋にした
空間ですが、建物には何も触らずにそのままトン付けで屋根を載せて
いるようです。

ですから、外壁や屋根に付いた雨水が、そのまま伝って部屋の中へと
入ってきているという感じです。

こういう場合、応急処置としてコーキングなどで防水処理するという
ことはありますが、物理的に雨の侵入を防ぐことは不可能です。

屋根の上にある外壁を少しめくって、そこに鈑金などを入れ込んで
それを屋根の際の部分に被せることをしないと、雨仕舞をよくする
ことは出来ません。

外壁も触ることになりますから、外装の塗り直しをする時にでも
こうした一連の補修をした方がいいかも知れません。

また、その際の足場を利用して、輸入サッシのペアガラスの防水処理
も一緒にやりたいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年03月30日 14時30分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月28日




こちらは、高級輸入サッシ コルビー アンド コルビー(Kolbe & Kolbe)
のステンドグラス入りケースメント(縦辷り窓)です。

ペアガラスの中に金モールのステンドグラスが入れられていますから、
20年前の当時は相当凝った造りの輸入住宅だったろうと思います。

ただ、当時新築したビルダーは既になく、窓もずっと閉めっ放しという
状態だったのか、メンテナンスらしいメンテナンスは全くされていない
感じがします。

そういう状況ですから、屋外側のアルミ枠とペアガラスとの間から
雨水が入り込んで、室内側の建具木枠を腐らせてしまいました。

また、木枠を伝ってペアガラスの内部にも水や湿気が入ってしまい、
ステンドグラスを曇らせてしまっています。

コルビー アンド コルビーというサッシ・メーカーは、名前を変えて
今でもサッシを作っているようですが、古いサッシの交換建具を製作して
くれるかどうかは直接聞いてみないと分かりません。

また、お願い出来るにしても、納期や金額はそれなりになってしまいます。

ですから、今回私たちは、ガラスはそのまま使わせて頂いて、木枠の
一部のみを加工・製作して元の姿に戻す形を取るようにします。

当然、木部の防水塗装やガラスの周囲などの防水処理も取り換える前に
作業を実施するつもりです。(既存の塗料は、内装用のニスで全く防水
効果はありませんし、外回りも新築以来そのままの状態でした)

ただ、ペアガラスについては、そのうち交換するタイミングが来る
でしょうから、その時は改めて建具をメーカーに再製作してもらうか、
全く新しいアルミクラッド・サッシを窓枠ごと施工するか、どちらか
やらざるを得ません。

その時期を少しでも遅らせる為に、不具合のない他のサッシについても
防水塗装や防水処理をすべきだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月28日 16時14分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月11日




神奈川のお客様からハード(Hurd、現シエラパシフィック)社の
ダブルハング・サッシについて、修理のお問い合わせを頂きました。

一見何事も問題ないように見えますが、上窓と下窓とが重なり合う
「召し合わせ」と呼ばれる部分が黒く腐ってきているようです。

お客様は、息子さんが窓を閉め忘れた時があって、それが原因で
上窓建具の下枠部分の木が腐ってきたのではないかと後悔されて
いましたが、そういう状態では雨が木枠に当たることはありません。

いつも言いますが、ガラスとアルミ枠とが接する部分やアルミ枠
同士のつなぎ目部分の防水が切れて、雨水が中に侵入します。

中に入った水が、徐々に木枠を内部から腐らせていきますから、
すぐに表に現れない分、発見が遅れてしまいます。

また、お客様はペアガラスの中が曇ってきているサッシが、2~3枚
あるともおっしゃっていますから、同様の原因でペアガラスの中に
水や湿気が入り込んでしまっているのは明らかです。

この建具の不具合は、新しい建具を既存の窓枠に適合させる必要が
ありますから、窓の両サイドの樹脂製ジャムライナーを交換すると共に
上下の新しい建具を挿入してやれば、元通りに戻ります。

勿論、新しい建具は、木部を防水塗装して、ガラス周りも念入りに
防水処理をしてから、交換を行わなければいけません。

ペアガラスが曇ってしまったという窓は、ガラスだけを交換する
ことが出来ませんから、同様に建具毎交換する必要があります。

ただ、現状特に問題がないサッシがあるなら、将来問題が発生しない
ように、外側からガラス周囲を含めた防水処理を実施することを
お勧めします。

出来ればそれは、外部足場を設置する外壁塗装工事の際にやって
頂きたいものです。(10年おきに定期的に行うのが理想です)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月11日 14時08分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月10日




グラスウールの断熱材は、水分や湿気が繊維の中に入り込むと
断熱性能が極端に落ちてしまいます。

それを防ぐ為に、ビニールの袋に入れて密封しなければならないと
いうことを以前記事に書かせて頂きました。

私たちは、自然素材の羊毛やセルロースを断熱材として使いますから、
ある程度の水分や湿気があっても吸放出することが可能です。

ただ、ガラスの細かな繊維で出来たグラスウールは、そういう訳には
いきません。一度付いたらいつまでもジクジク留まってしまうのです。

そういう特性を知っていればいいのですが、そういう勉強をしていない
大工や工務店・住宅メーカーも多く、袋を破ってしまったり、場所の
大きさに合わせてカットした状態で断熱材を入れる家も後を絶ちません。

屋根裏は仕上げをしていないので、どういう施工をしているのかが
よく分かりますが、ご覧のようにこの現場は中のグラスウールが露出して
しまっています。

つまり、外壁用に張られた断熱材も同じような施工をされていますから、
壁体内結露や雨漏れなどを起こしているケースでは、せっかくの
断熱材も意味がなくなってしまう恐れが生じるのです。

そりゃ、いちいち袋をテープで密封していれば、それだけ時間も手間も
掛かりますから、安い契約や賃金でそこまでやろうとは考えない訳です。

価格を比較して安い方と契約をするというのは、一時の満足には
なりますが、実際には見えない部分で損をしている、手を抜かれている
ということを忘れてはいけません。

資本主義という世界では、安くていいものというのは幻想でしか
ありません。いいもの、いい施工を家づくりで期待するなら、
見積で判断するのではなく人や企業の理念や信用で判断すべきです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月10日 13時56分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月09日




昨年、家の妻壁の高い処に付けられている飾りの換気ガラリについて
記事を書かせて頂きましたが、その時は家の外から見た状況で雨漏れ
のリスクのお話をさせて頂きました。

その時は、もしかしたらという想像の域で書かせて頂いていたのですが、
その確信を得る為に先日外から写真を撮ったおうちの屋根裏に潜入して
きました。

狭くて入りづらい点検口からどうにか体を入れて、広い屋根裏空間に
入った瞬間、遠くから光が来るのが分かりました。

その方向を見ると、換気ガラリの大きさに合わせて、構造用合板が
丸くくり抜かれていました。

やはり、単なる飾りのガラリではなく、通気を目的にした換気ガラリ
であることがはっきりしました。

換気ガラリの裏には、虫除けの細かな金属メッシュが張ってありますが、
台風のような強い雨風が吹けば、必ずここから雨が入り込んでいた
はずです。

幸い構造材の木や敷き詰められたグラスウールの断熱材は、乾いている
状態でしたが、何ら雨仕舞がなされてはいませんから、たくさんの
雨水が下の階の天井や壁に落ちてくるのも無理はありません。

ここの建築会社で輸入住宅を建てたという皆さんは、強い風で雨漏れが
するということで困っていらっしゃるでしょうね。

また、こういうことに気付かずに、雨漏れは外壁のせいということで
塗り替えだけを念入りにしている場合もあるかも知れません。

勿論、そんなことでは雨漏れを解決出来るはずはありませんから、
何度も何度も高いお金を掛けて修理を繰り返すんでしょうね。
(但し、複合的に外壁にも不具合があるケースもあります)

原因とそれへの対応を誤れば、いつまでも悩まされるだけですから、
お金を掛けてでも輸入住宅を熟知した専門家を見つけることが
重要と思いますが、如何でしょうか。

<関連記事>: 換気ガラリは、飾りだけ? (2018年10月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月09日 17時26分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月08日




愛知県のお客様から窓メーカー不明の台形出窓(ベイ・ウィンドウ)
に付いているケースメント・サッシのロック金物が破損したので
手に入らないかという相談を頂きました。

ご覧のように、レバーが根本からポッキリと折れてしまって
鍵が掛けづらくなっています。

こちらの金物は、鋳物で作られていますから、非常に硬い分、強い力や
衝撃に弱いという特性を持っています。

恐らくこのサッシの鍵が徐々に掛けづらくなってきて、どうにか
ロックを掛けようと、思いっきりレバーを下に降ろしたらポッキリ
折れてしまったという感じではないでしょうか。

こうなると、ロック金物自体を新しいものに交換する以外に修理する
方法はありませんから、アメリカに部材を注文することとなります。

ただ、この金物を交換すれば、問題は解決するのかという疑問は残ります。

つまり、何故このロックが掛けづらくなったのか?という原因を
解決しない限り、また同じトラブルが起こるはずです。

ケースメント・サッシは、オペレーターと呼ばれる開閉金物によって
窓を開け閉めするのですが、可動する建具(障子)を支える為に
窓の上下にウィンドウ・ヒンジと呼ばれる部材が取付けられています。

このヒンジ金物が長年の使用で曲がってしまい、建具の水平・垂直や
適正な位置が本来とはズレてしまっている可能性がありますし、雨や
湿気に曝されて木製の建具が歪んできているということも考えられます。

そうなると、建具が窓枠に十分引き込まれなくなり、ロック金物と
建具との距離が離れてしまう状態となります。

それによって、通常軽く操作出来るロックが、力を入れて無理に
操作をしないと建具が閉まらなくなるということになります。

ロック金物のレバーが折れたということは、原因に対する結果であって、
その原因を窓調整で解決しなければ、何度も交換を余儀なくされるかも
知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月08日 15時31分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月05日




2階のバルコニー周辺から雨漏れして、下の階の部屋の天井や壁に
大量の雨水が落ちてきたという話は、珍しくありません。

それは、輸入住宅に限らず国産住宅でもよくある話です。

つまり、その原因は輸入の資材に拠るものではなく、雨仕舞といった
施工上の問題であることが多いからです。

そう、いくらいい素材のものを使っていても、それ自体やその周辺の
施工方法・手順に間違いがあると、家にトラブルが発生するのです。

ベランダは、その構造上雨が溜まりやすく、風のバルコニー内で巻き
上がるケースが多く見受けられる為、弱点になる場所を予め意識して
そういった場所の防水処理を行う必要があります。

また、新築時にそういった施工を行っていても、経年劣化で防水部分に
穴が明いたり、割れが生じたりすることもありますから、何年かに
一度点検補修・メンテナンスを行うことを怠ってはいけません。

写真のおうちの場合、バルコニーの床に施工されたFRP防水には
問題がなさそうですが、その立ち上がり箇所や外壁下端の水切り材の
施工、掃出しサッシの周囲の防水処理、バルコニーの手摺壁の雨仕舞や
バルコニーに接する屋根との取り合いなど、リスキーな納まりを
している場所が多数見受けられる状態でした。

この状態では、水をそれぞれの箇所に掛けるなどして、雨漏れ試験を
実施しない限り、雨漏れ箇所の特定は難しいかも知れません。

一箇所だけのことならいいのですが、複数の不具合が連動して起きている
ことも考えられますから、なかなか手間の掛かる仕事になりそうです。

雨漏れは構造を腐食させる恐れがありますから、出来るだけ早めに
対処するようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年02月05日 15時57分57秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全263件 (263件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.