1458438 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

藤 田@ Re:Country Kitchen Sinkを利用した手洗い(10/21) 素敵ですね。 大分前にかかれてる記事です…
江田和彦@ Re:陶器の洗面シンク(08/09) はじめまして こちらのシンクのメーカー…
Home Made@ Re[1]:昔は殆どこれでしたね(08/04) 葉月 生さんへ はい、機能性のいいものは…
葉月 生@ Re:昔は殆どこれでしたね(08/04) どんどん新しい良いものが出ているんです…
Home Made@ Re[1]:大きなガレージ・リモコン(04/04) sasayanさん > 情報、有難うございます。…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全217件 (217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >

自然素材・摂理を考えた施工

2018年03月06日
XML




20年前に輸入住宅を建てさせて頂いたお客様の処に伺ってきました。

何でもこの冬に雨が降ると、3階にある部屋のドアの上枠から水が
ポタポタ落ちてくるらしいのです。

昨日は朝から強い雨が降ることもあり、お昼過ぎに伺えばその様子が
見えるから来て欲しいと言われ、早速状況を確認させて頂きました。

でも、雨がしっかり降ったにも拘わらず、何故か雨漏れはどこにも
ありません。

お客様も不思議に思っていらっしゃる感じでしたが、経験上私は
雨漏れではないことにピンときました。

そう、これは屋根裏空間の結露ではないかと思います。

冬場は外気が冷たく、屋根の表面はひどく温度が低くなります。

逆に室内は加湿器や暖房を入れて、高温で湿気が多い状況となり、
その空気は上へ上へと上昇し、最後には屋根に近い屋根裏にまで
到達します。

そこで低い温度の屋根の裏側に触れて、湿気が水分に変化する結露が
発生し、天井の際からや壁の中を伝ってドア枠から出てきたのでは
ないかと思うのです。

こうしたことが雨漏れのように私たちの目に見えるようになるには、
それなりの時間が掛かります。それは、屋根裏が天井板で塞がれて
見えなくなっているからです。

そうした水分が天井の石膏ボードに染みて、カビが生える状況に
なる為にはある程度の時間を要します。つまり、不具合が蓄積されて
いるという状態にある訳です。

昨日は雨が降っていましたが、気温は名古屋で16度もありましたから、
屋根は冷えておらず結露が発生する条件にはなりません。

勿論、私の推測が間違っている可能性だってあるかも知れません。

その為に、出来るだけ早く天井の一部を開けて、天井裏の状況を
確認すると共に、屋根からの雨漏れがないかもチェックする必要が
あると思います。

輸入住宅の雨漏れトラブルを疑っていらっしゃる皆さん、構造が腐る
前にちゃんと原因を調査して適切な対策を打つことが大切ですよ。

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年03月06日 09時42分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月05日




こちらは、先日愛知県常滑市の輸入住宅で外したマーヴィン(Marvin)
社製掃出しサッシの建具(ハメ殺し側ドア)を外した様子です。

スライディング・パティオ・ドアとも呼ばれますが、輸入のものは
防犯性を強固にしていますから、取り外すのは相当大変でした。

不具合のあるドアはトリムラインという古いシリーズのもので、現在は
販売がされていませんが、交換用に新しいものを製作してもらいました。

ご覧のように、アルミクラッドのドアの下枠の木がボロボロに腐って
しまい、原形を留めていない状態です。

こうなってしまう原因は、2つあると思います。

1つは、屋外側のアルミ枠やペアガラスに隙間が出来て、中にある木部
の方にまで雨水が染みてしまったこと。

2つ目は、現場施工された塗料が、屋外用の木部用防水塗料でなかった
ということです。

私たちが修理の為に建具を調達する際は、外回りの部分を防水剤で
防水処理を行い、室内側の木部についてはパラペイントの木部専用塗料、
ティンバーケアで細部まで防水塗装を行います。

(但し、万一雨が入ってしまった際の水抜き箇所まで防水剤で塞いで
しまうと、反って木が腐る原因になりますから、輸入窓構造を熟知した
施工者に依頼することが大切です)

新築時の施工業者や通常の修理業者だと、外部の防水処理を行わない
ばかりか、木部塗装も内装用のウレタン塗装やニス、又は油性のステイン
を塗るだけで、防水性のある木部専用塗料を用いることはまずありません。

同じ不具合を繰り返さない為にも、輸入の木製ドアやサッシをお使いの
皆さんは、窓の内外について定期的に防水メンテナンスを行うことを
お勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年03月05日 10時23分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月17日




こちらは、豪華でアメリカンなデザインの輸入住宅です。

薄いピンク色の外壁と白い窓やディンプル・モールディングの
軒飾りが印象的。

そんな美しい築12年のおうちですが、今までに2階の天井から数回
雨漏れが発生したことがあったそうです。

お客様が以前知り合いの塗装屋さんに相談した際には、屋根からの
雨漏りではないかということで結論付けたようですが、実際にどこから
雨漏れをしているか場所の特定には至っていないとのこと。

ここのおうちの屋根は、アメリカのアスファルトシングルという材料で、
太陽の熱でアスファルトが密着するという性質がありますから、下地の
ルーフィング(防水シート)に問題がない限り、屋根材自体が原因で
雨漏れすることはありません。

確かに、屋根から雨漏れする危険性はないとは言えませんが、そういう
場合はルーフィングの張り方の問題か、屋根材の周囲の鈑金材のつなぎ目
にトラブルがあるのが一般的です。

これから屋根等を詳しく調べることになるでしょうが、私はこの不具合が
雨漏れでなく、室内の湿気による屋根裏結露ではないかとも疑っています。

雨漏れしたという場所は室内に湿気の多い浴室の天井であったことや、
屋根には換気棟が設置されていないこと、屋根の軒天(軒下)が装飾モール
で覆われていて換気を促す通気孔が設けられていないことなど、家の
湿気を外部に逃がす工夫がなされていません。

以前、外壁内側の通気や屋根裏の換気の必要性について記事に書かせて
頂いたことがありますが、そうしたことへの対策がちゃんと実施されて
いないのが現状です。

雨漏れの線も考えながら、家自体の内部結露についても慎重に調査
していくことをしていきたいと思います。

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2018年02月17日 12時18分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月10日




こちらの写真は、浴室に使われたマーヴィン(Marvin )社のアルミ
クラッド木製サッシ。

木部の至る処にカビや黒ずみがあり、開閉金物が取り付けてあった
場所は、塗装が剥がれ随分腐ってきています。

欧米でバスルームと言えば、シャワースペースを備えた洗面で
バスタブにお湯を張って肩まで浸かることは殆どありません。

でも、日本の浴室は常に浴槽にお湯を張って、水分や湿気が
部屋中充満している状態です。

そんな場所に木部用の防水塗料が塗られていない木製サッシを
使ったら、どうなるでしょう。

常に窓を開けて、サッシを乾燥させるようなことをやっていても
腐ってくる恐れがありますから、浴室のような場所で使うのは
危険でしかないと思います。

とは言っても、構造を触ってこのサッシを窓枠ごと樹脂サッシの
ようなものに交換するのは相当費用も掛かります。

今回は、マーヴィンから新しい建具や金物類を調達して、新しい
ものに交換します。

また、パラペイントの木部専用塗料 ティンバーケアを2度塗りして
ある程度湿気や水分に耐えられるような仕様にするつもりです。

ただ、本来使うべき場所ではありませんから、お風呂の後はお湯を
こまめに抜いたり、窓は常に開けるようにして頂くことは絶対です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2018年02月10日 14時02分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月16日




1月15日の産経ニュースで、日本のオオハリアリという在来アリが
アメリカで大繁殖して生態系に影響を及ぼしているという記事が
ありました。

よくあるのが、アメリカの生き物が外来種として日本の生態系を
破壊するというものでしたが、やっぱりその逆もあるんですね。

さて、オオハリアリですが、日本ではシロアリを主なエサとして
広く生息しているそうです。

つまり、シロアリにとってはこの黒アリが天敵という訳です。

こうした生態系があるから土壌は豊かになり、シロアリたちも
増え過ぎることもありません。

日本の家では、新築時にシロアリ被害を防ぐ為に防蟻処理を
することが標準になっています。

また、一旦シロアリが出たとなれば、家の中だけでなく、建物の周囲
の土壌にも駆除剤を散布することもしばしばです。

最近は、ホウ酸は人体に無害だと言って、それを塗る業者さんも
いるようですが、防蟻剤や駆除剤にしてもホウ酸にしても、
シロアリだけでなく有益な黒アリやミツバチなどの他の虫をも
駆逐しまう恐れがあることを忘れてはいけません。

勿論、家が食べられては大変です。でも、侵入したシロアリの巣
さえ根絶すればいいだけのことが多いのです。

天敵まで殺してしまえば、その空白地帯にまた新しいシロアリが
侵入してくることだってあるのです。

必要に応じて局所的にシロアリを駆除する必要はあると思いますが、
お住まいの皆さんもそういう意識を持って、シロアリに対応をして
欲しいものです。シロアリも生態系で大切な役割を果たしています。

<関連記事>: 薬剤でのシロアリ予防はあり得ない。最高の予防は目視!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2018年01月16日 09時52分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年12月23日




こちらは、アメリカのペラ(Pella)ウィンドウのダブルハング・サッシ。

通常の輸入サッシはペアガラスになっていますが、このサッシは
建具(障子)にシングルガラスが挿入されていて、その内側に
取り外しが可能なもう1枚のガラスが付いています。

いわゆる2重サッシという感じの構造をした、アルミクラッドの木製窓です。

密閉構造ではないのですが、それらのガラスの間には空気層が設けられて
います。そして、そこに湿気が溜まらないようにする為か、建具の上下左右に
小さな通気孔が2ヶ所ずつ開けられています。

普通であれば、これで湿気が籠ることもなく、結露も防げると考える
のでしょうが、実際にはその逆でした。

台風のような強い雨風の時には、この穴から雨水が室内側に侵入してきたり、
屋外の湿気がここから入ってきたりしたのか、木部が徐々に劣化して
きたのです。

勿論、外部のアルミカバーのつなぎ目などから雨が建具内に侵入して、
中から木を腐らせてしまったということも劣化の要因だったと思います。

今回、劣化の進んだサッシの建具は全て交換して、然程でもないものは
パラペイントのティンバーケアで防水塗装を施しました。

そして、今後の雨水の侵入を防止する為に、通気遮断プラグというゴム製
の部品を穴に入れるようにしたのです。

通気孔のプラスチックも劣化して変形していますから、プラグを入れる
のには相当苦労しましたが、これで多少の問題解決にはつながるような
気がします。

ただ、これを入れることで他に何か新たな問題が発生するかも知れません
から、暫くの間は様子を見ることが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年12月23日 13時39分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年12月11日




こちらは、先日塗り直しを行った木製玄関ドアの塗り替え前の状況です。

紙ヤスリでサンディングしたので、玄関ドアに黄色い木の粉が付着して
いますが、黒いドア枠の方はヘビのウロコのように劣化して細かく塗装が
剥がれています。

こうした状況では、新たな塗装をしても残った古い塗装が徐々に
下地から剥がれてきますから、あまりよくありません。

これは、枠材の木が呼吸作用をしようとして、塗装を破ろうとした結果
なんですが、元々通気性のない油性の塗料を使用したことが問題です。

そういう知識のない塗装業者さんが、雨を弾く油性塗料を使えばいい
だろうと考えたのでしょうが、こうした間違いは頻繁に見受けられます。

ですから、私たちはパラペイントのような通気性のある安全な水性塗料を
使い、木の呼吸作用を妨げないようにします。また、パラペイントは
ミクロの小さな穴が塗装面に明いていて通気を促すのですが、大きな
分子の水分は通しませんから、雨に対する防水性もいいのです。

どんなものに何を塗るか、そういった知識と経験は今の建築屋さん
では分からない人が多いかも知れません。

だって、建築部材の殆どは、住宅に取付ける前に工場で塗装された
状態で出荷されますから、現場でのペンキ屋さんの仕事はなくなって
きていますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年12月11日 12時56分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月26日




先日、岐阜県海津市で玄関ドアとドア飾りを取り付けたという記事を
書かせて頂きましたが、その飾り柱の足元(ベース)をご覧に入れ
ましょう。

白いのがファイポン(Fypon)社製のウレタン樹脂で出来た柱材ですが、
玄関ポーチの床タイルから少しだけ浮いているのが分かりますか?

普通は床面に柱が着いていないとリアリティがないなんて言われる
でしょうが、そうすることは実はあまりいいことではありません。

発泡材のウレタンというものは水を吸いやすく出来ていますから、
床と接するように施工すれば雨水がタイルと柱材との間に滞留して
しまいます。

そういう状態になると雨水はなかなか乾かない状況になりますから、
ウレタンが劣化してきたりカビが生えたりしてきます。

それだけでなく、水分を含んで柔らかくなったウレタンは、シロアリ
などの格好の餌食となるかも知れません。

だって、ウレタンの中に入ってしまえば、薄暗くて誰からも見られる
ことなく思う存分食べられますからね。

こうやって5mm~1cm程度隙間を空けておけば、床に落ちた雨水も
そのうち乾いてしまいますし、ウレタンの柱材にも影響はありません。

勿論、絶対劣化しないとか虫が入らないとかは言えませんが、その
リスクは減らせることが出来るはずです。

こういうところにも知識と経験、気遣いが大切だと思いませんか?

<関連記事>: 玄関ドア周囲の飾り材施工

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年11月26日 10時31分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月25日




こちらは、岐阜県海津市で取り付けた新しい玄関ドアのヒンジです。

輸入住宅の玄関ドアに限らず、玄関は人の出入りが一番多い場所
ですから、ドアのヒンジに掛かる負担も多くなります。

ましてや輸入の玄関ドアは、室内ドアに比べて格段に重いですから、
その重量を支えるだけでも大変です。

こうしたドア・ヒンジは、2枚の蝶番が噛み合わさって出来て
いますから、それらの金属が徐々に摩耗してきます。

写真のような銀色のものや輸入住宅らしい金色のものなど、色は
様々ありますが、私たちが使うヒンジは全て丈夫なステンレス製。

それでも摩耗による劣化は起こりますので、10年程度で定期的に
交換頂くようにお願いしております。

勿論、出来るだけ長く使って欲しいという思いから、蝶番同士の間に
ステンレスのワッシャーを噛ませてその摩耗を少しでも抑える工夫を
しています。

皆さんのお住まいが新築から10年以上経過していたら、是非玄関ドア
のヒンジもチェックしてみて下さい。

きっと、そろそろ交換して欲しいと悲鳴を上げているはずです。

もしそうなっていたら、こうしたワッシャー入りの新しいヒンジを
お使い下さいね。

<関連記事>: 摩耗した玄関ドアのヒンジ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年11月25日 09時42分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月26日




大分で建築中のレンガ積み輸入住宅。こちらの床下がどうなっているか、
ご覧に入れましょう。

木を切った時の削りカスや雨水が溜まっている様子もなく、非常に
きれいな床下ですね。

こちらの家の工法は、アメリカ式の2x4工法ですが、1階は床組みを
用いない根太レス工法を採用しています。

それは、土台の木の上に通常より分厚い構造用合板を直接張って、
強度を確保しながら1階の床高を抑えるやり方です。

勿論、そうすることで床組みを省くことが出来ますから、その分
コストも低減出来るという訳です。

基礎と土台の間には、基礎パッキンが入れてあるのが分かりますか。

こうすることで、土台の木が基礎のコンクリートに直接触れない為、
接触に伴う結露が発生しませんし、土台を浮かした分床下の通気が
全方向で可能となります。

また、土台には虫が食いづらいヒノキの心材を用いています。
こうすることで、ベタ基礎や基礎パッキンと相まって床下での食害を
防ぐことが出来るという訳です。

床下の断熱材は、水に濡れても大丈夫なウレタン・パネルの断熱材を
用いています。2x4工法の場合、1階から徐々に屋根までを造り上げて
いきますから、その間床が雨に曝されることを考慮して、こうした
断熱材を使うのです。(本当は、こうした部分も自然素材の断熱材に
出来るといいのですが、なかなか難しいのが現状です)

基礎のない部分の土台(大引きと呼ばれます)は、アジャスター付きの
鋼製束を立てて支えています。万一木が痩せたりしても、束を調整して
支え直すことが出来るからです。

排水管がベタ基礎の上から少し離して設置されているのが分かりますか?

これは、ベタ基礎にそのまま置いてしまうと管が水平になってしまい、
流れていかなくなりますから、管を少し浮かせて水勾配が取れるように
してあるのです。

また、床下のメンテナンスを行う為に、敢えて立上り基礎を一部省いて
通路を準備しています。こうすることで、人が自由に床下に潜れる
ようになっています。

私たちの家づくりには、いろいろな気遣いがなされています。
それは、床下ひとつを取ってもこれだけの仕事があることから
分かりますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2017年09月26日 10時52分42秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全217件 (217件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.