000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

村瀬雄三@ Re[1]:このタイプのロックは、経年劣化で破損します(03/13) 濱村 泰仁さんへ ご相談頂き、有難うござ…
濱村 泰仁@ Re:このタイプのロックは、経年劣化で破損します(03/13) 当社も建築屋ですが21年ほど前にこのタイ…
okko@ Re[2]:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) Home Madeさんへ ご親切にご返事をいただ…
Home Made@ Re[1]:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) okkoさんへ 何かの台の上に置くようなも…
okko@ Re:美しいロジェールのオーブンレンジ(07/02) お邪魔いたします。 ロジェールのオーブン…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >

自然素材・摂理を考えた施工

2018年07月30日
XML




今日は、シエラパシフィック(Sierra Pacific)社の樹脂サッシ
について、書かせて頂きます。

写真は、ディスプレー用の樹脂サッシのカット・サンプル。

シエラパシフィックが製造しているサッシの中でも、樹脂サッシは
最もお値打ちで高い断熱性能を発揮する製品です。

でも、安いからと言って手を抜かないのが、この会社のいいところ。

写真の矢印の部分に、L字になったアルミ板が入っているのが
分かりますか。

最初私は、樹脂の建具(障子)が曲がったり歪んだりするので、
それを防ぐ為に補強の金属を入れているのかと思いました。

ただ、このアルミ板は、縦方向の建具枠には入っていないので、
どうしてだろうと疑問に思ったのです。

そしたら何と、これはサッシを開閉する為の金物類をビス留めする
為の下地材だと言うのです。

横方向に開いていくケースメントには、建具を窓枠に固定する為の
ウィンドウ・ヒンジやオペレーター・アームを滑らせるトラック・
レールなどの金物を建具に取り付けなければなりません。

こうした金物はビスで留められるのですが、あまり強く締め過ぎると
樹脂枠に明いたビス穴がバカになってしまいます。

輸入の樹脂サッシのメンテナンスをしていると、こうした不具合を
抱えた樹脂サッシって、結構あるんです。

だから直すのに一苦労だったりするのですが、柔らかい金属の
下地材が入っていれば、ビスもしっかり留められますし、フレーム
強度もアップします。

でも、カット・サンプルだからこんなことが分かりますが、
普通の状態では全く見えない場所の金属板です。

手間が掛かるのに、わざわざこんなことをやっている窓メーカー
というだけで、信頼感がありますよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月30日 16時46分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月17日




滋賀県のお客様から外壁の雨漏れがしたので、施工した工務店さんに
修理をお願いしようと考えていますというメールを頂きました。

こうした雨漏れのトラブルについて、いくつかの案件を記事に書かせて
頂いているのをご覧頂き、補修前に意見を聞きたいということでした。

外壁の仕上げ材は、ジョリパット。構造用合板の上に防水紙を張って、
そこにラス網をタッカーで留めてから下地のモルタルを2回塗ったそうです。

ですから、外壁の中には通気層を取っていません。

そんな施工手順で外壁が出来ているのですが、築16年を迎えて何気に外壁を
触ってみた処、窓の下の壁が僅かに膨らみ、強く押すと凹むことに気付いた
そうです。

新築した工務店さんに連絡して、内側の石膏ボードやグラスウールの断熱材を
めくってみた処、2x4のスタッド(柱)や構造用合板が腐っていたのです。

こういう場合、殆どのケースでは腐った部分を取り換えて、元の状態に
復旧するだけなんですが、それで大丈夫とは到底言えません。

勿論、私たちが今出来る最善の施工をするとなると、外壁全体を剥がして
正しい材料や施工で全てやり直すということになりますから、相当の費用が
掛かります。

ですから、費用やその効果についてお客様と協議をしながら、どこまで
のことをやるかを計画しなければなりません。

私は、伸縮性があまりないジョリパットから伸縮性のある塗り壁材に
変更することや、サッシ周りの防水処理の仕方を見直すこと、サッシ
自体の漏水チェックを行うこと、ここ以外の外壁も検査することは
最低限やるべきことのような気がします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月24日 15時43分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月11日




輸入住宅の玄関ポーチに立てられた飾り柱のフルーティッド・
コラム(柱の周囲にリブが彫られたタイプの円柱)

ギリシャ・ローマ時代のデザインは、いつの時代も美しさの
原点ですよね。

でも、5年前に塗り直しされた柱が、こんな感じになってしまった
ので、何とかしたいという相談を頂きました。

通常のコラムは、強度を出す為に芯に塩化ビニールの太い管を
入れて作った硬質ウレタン製のものなんですが、こちらは珍しく
木製のもののようです。

ただ、塗り直しに使った塗料は、どうやら油性の塗料だったようで、
木の呼吸作用を全く無視していました。

だから、木が呼吸をしようとして表面の塗膜を押し破ろうとして、
蛇のうろこのように塗装が剥がれてきてしまったのです。

日本の塗装業者の知識や技術は、何と低いのでしょうか。

こういう場合は、表面の塗装を一旦除去しなければなりません。

その上で、木の呼吸を阻害しないで防水性を発揮する、ピュア
アクリルの木部専用水性ペイント、パラ ティンバーケア
塗り直しをします。

塗料の文化は、やっぱり欧米の方が上ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月11日 10時29分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月10日




名古屋市天白区の外装リフォームの現場で、輸入サッシの周囲に
幅10cm程度のモールディング(トリム)を取り付けたという
記事を以前書かせて頂きましたが、その部分の防水処理をご覧下さい。

モールディングは、耐久性が非常に高いピュアアクリル素材で出来た
セミグロスの屋外用パラペイントで白く塗装。

写真で分かるように、枠材にツヤあり塗料を塗ると高級感が出るのです。
また、ツヤがある塗料は雨や汚れに強く寿命も長くなるのです。

そして、モール材の側面は、しっかりと塗装専用の防水コーキングが
打たれているのが分かりますね。

鎧張りのラップ・サイディングの場合、外壁面が平らではありませんから
コーキングを打つのが結構難しいのですが、美しく施工してあります。

次にモール材の下端ですが、こちらには防水コーキングは全く入って
おりません。

これでは施工不良だと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
実はそうではありません。

このモール下端は、万一モールの内側やサッシの枠付近に雨水が侵入
した際に、水を逃がす水抜き穴の役割を果たすのです。

家というものは、何でもかんでも水が入らないようにすればいいという
ものではありません。逆に、雨漏れを助長する原因にもなります。

何か問題が起こりそうな場所には、予め適切な対策を打っておく
ことこそ、長く維持していける住まいになるのです。

手抜き工事はいけませんが、同様に過度に手を入れる工事も
施工不良となることを忘れてはいけませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月10日 12時12分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年07月07日




ここ名古屋でも結構な雨が降りましたが、西日本の各地では恐ろしい
程の大雨が降ったとのこと。被害に遭われた皆さんには、心より
お見舞い申し上げます。

これからは、強烈に強いスーパー台風や竜巻なんてものも日本に
やってくるかも知れませんから、今までの対応では用をなさない
状況になるかも知れませんね。

そういう強烈な風雨が襲ってきた時、一番気になるのが雨漏れです。

殆どの皆さんは、雨漏れと聞くと屋根からの漏水とお考えになるかも
知れませんが、雨漏れは屋根ばかりではありません。

外壁のコンクリート・サイディングのジョイント(つなぎ目)や
レンガ・タイル壁のクラック、サッシの周囲の隙間、屋根の軒の
つなぎ目やバルコニーの床といった場所も雨漏れを警戒すべき
ところとなります。

写真は、先日見かけた輸入住宅の外壁です。

外壁サイディングのジョイントが、丁度サッシの両端に来るように
張られています。

サイディングのつなぎ目は、地震や気温差で外壁が動いてしまうような
場合に一番割れが出やすい場所です。

また、サッシの周囲も構造体の防水シートをカットされる位置でも
ありますから、漏水時の弱点となりやすい場所でもあります。

つまり、この写真の家は、弱点がいくつか重なってしまっている
と言えるかも知れません。

また、サイディングの荷(重量)が窓に掛かってしまったせいか、
窓上の白いモール材(コンクリート製)にもクラックが入っています。

こうしたクラックから入った雨がサッシを伝って、室内に雨が侵入
するケースも多いのです。

そして、モールの上枠の張り方がいけません。赤く囲んだような
形で上枠を張るべきですが、モール同士のつなぎ目が垂直方向に
入っています。

神社の鳥居のように、両サイドのモールの上に載せる形で上枠の
モールを張るのが、雨漏れリスクを少しでも軽減出来る張り方です。

実際にこのおうちに雨漏れがあるかどうかは分かりませんが、
下地の防水施工の良し悪しによっては、外壁を張り直すなどの
大掛かりな工事が必要になりますから、注意が必要です。

どうぞ、皆さんも大雨には十分ご注意下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年07月07日 18時15分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月23日




昨日、サッシ周りに防水塗装をしたという記事を書きましたが、
外壁の古い塗装と今回塗ったパラペイントとでどのくらい違うか
写真に撮ってみました。

違いが分かるように、太陽の照り返しが反射する角度から
写してみたのですが、違いが分かりますでしょうか?

写真右の既存の古い塗装は、EPと呼ばれる国産の水性塗料のよう
ですが、手で触れると白い粉が付く感じで相当劣化が進んでいます。

写真でもツヤが全くなく、これでは雨水が外壁のコンクリート
サイディングに染みてしまうのがお分かり頂けると思います。

最近のお客様は、ツヤなし塗装をして欲しいという方が多くいらしゃい
ますが、屋根や外壁といった外装にツヤなしを塗る意味を理解して
いないと思います。

ツヤがないということは、塗装の表面がデコボコ、ザラザラしていて
当たった光が乱反射することで、ツヤがないように見えるのです。

つまり、表面のデコボコに汚れが付着しやすくなり、塗装が傷む
のが早くなりますし、雨水も長く付着しますから防水性も早く
劣化してくるのです。

ですから、100%ツヤありの塗装が一番強いのですが、それでは
家の外観が下品になってしまいますので、8分ツヤのセミグロス
で外装を塗装するのが適切という訳です。

写真左が、そのセミグロスのパラペイントで塗った感じですが、
しっかりとツヤが出ているのが分かります。これが防水性の高さを
証明しているのです。

でも、昨日の記事に掲載した窓周りの写真をご覧頂くと分かりますが、
実際には古い塗装部分と見え方は殆ど変わりません。

そう、光が反射するような特殊な角度から見ない限りは、落ち着いた
上品な外観になるのが、パラペイントなのです。

勿論、通常のアクリル塗料と比べて格段に耐久性が高くなる
100%アクリルで作られた水性塗料ですから、美しさと耐久性を
併せ持つ輸入塗料の最高峰であると言われています。

輸入住宅の外壁の塗り替えをご計画の皆さん、パラペイントの
ウルトラセミグロスを使ってみては如何でしょうか。

<関連記事>: 下塗り塗装ですが、いい感じ (2018年6月22日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年06月23日 14時12分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月30日




先日、輸入サッシのメンテナンスについて現地調査を行った際に、
お客様からこんな相談を頂いた。

それは、2階のベランダに出る為の輸入ドアで、ドア下の両サイドの
フローリングが黒く変色している状態でした。

お客様はドアやドア枠から雨漏れしているのではないかと考えて
いたようですが、黒ずんだ部分の上にある入隅の壁(室内)部分には
縦方向に一本割れが入っています。

長年の経験から、こういう状況の時はドア周辺ではなく、ドアの上に
ある外壁や屋根からの雨漏れではないかと直感しました。

そして、ドアの外に出て撮った写真がこちらです。

ドア上のコーナー部分に大きなクラックが入っています。また、
パネル・サイディングのつなぎ目にも横方向に割れが見られます。

こういう状況の時には、単純に割れの上から塗装をしたり、コーキング
を打ったりするだけでは、またすぐに割れる危険性があります。

出来れば下地にある防水シートや防水テープの施工不良を修整し、
割れる危険性がある部分の外壁には割れのリスクを減らす下地処理を
した上で復旧すべきと考えます。

そろそろ雨が多くなる梅雨時です。皆さんのおうちでも窓やドアの
近辺に雨漏れがないか、チェックしてもいいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年05月30日 09時46分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月19日




知立市のお客様から輸入サッシの引き違い窓から雨漏れするので、
見に来て欲しいという連絡を頂きました。

丁度その日は強い雨が降っていて、私も一日会社でしごとをするだけ
という状況でしたから、その日の午後にお伺いすることにしました。

問題の窓を見てみると、確かに建具のフレームなどは輸入のものを
使っているように思いましたが、網戸の感じやサッシをロックする
クレセントの形状、左右の建具の両方共が可動する点などは、
国産のもののような気がします。

お客様はこの家を築7年くらいの時に買われたそうで、その前か
その時かに窓を業者の方がいろいろ触ったということでした。

国産のサッシでもそうですが、通常サッシの窓フレームは、室内側
にくる建具の内側にまで存在するものなんですが、ここの窓は
写真のように室内側にくる建具用の引き戸レールのところまでしか
ありません。

つまり、引き戸レールを境にして、樹脂の窓枠と木製の窓枠に
分かれているという構造なんです。

引き戸の場合、レールの上を戸車が載って窓を開閉するので、
レールと建具との間にはある程度の隙間がなければなりません。

ですから、吹き上がるような強い雨風の際には、雨がレールを越えて
室内側に入ってきます。

写真で言う網戸レールのところまで樹脂製の窓枠となっていれば、
窓から雨漏れすることはあまりないでしょうが、この状態ではサッシ
から雨漏れするのは当然です。

構造的に雨漏れを防止出来ませんから、この建具の外側に隙間を埋める
モール材を取り付けて、風の勢いを弱めたり、入ってくる水の量を
減らしたりする対策を取りました。

サッシのペアガラスも内部結露を起しているようですから、
近いうちにガラスの交換やサッシの防水処理をするようご提案を
させて頂き、今回の調査を終了しました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年05月19日 11時35分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月12日




こちらのアルミクラッド・サッシは、サミット(Summit)という
輸入サッシ・メーカーの製品です。

後にウェンコ(Wenco)というメーカーと合併したのですが、
更に統廃合されて今は存在しないサッシ・メーカーとなっています。

施工された時期は20年弱だそうですが、ダブルハング窓の
上窓(アッパーサッシュ)の一部が脱落してきています。

こちらのメーカーの木製窓は、雨仕舞があまりいいとは言えず、
何もメンテナンスをしないと雨漏れを起して木部が腐ってしまいます。

こちらのサッシも外装アルミのつなぎ目やガラスの隙間から、
恐らく雨水が建具内部に侵入し、徐々に木を腐朽させたのでしょう。

早い段階でこの不具合に対処していれば、交換せずに使えたかも
知れませんが、ここまでになってしまうと窓自体の交換も視野に
入れなければなりません。

勿論、他の窓メーカーの建具を代替に使うという方法もありますが、
その為には綿密な調査とオーダーでの製作依頼をする必要があります。

そのどちらがいいのかという問題は、費用や納期、今後の維持管理
という点を考慮して判断しなければなりませんが、何れにしても
大変な仕事になりそうです。

こうしたことは、日頃のチェックである程度防げることです。

勿論、すぐに適切に対処出来る輸入住宅の専門家がいることも
不可欠だと思います。

多くの輸入住宅メーカーや工務店は、そうした知識や経験がなく
新築をしています。

家のメンテナンスに関するトラブルは、建築業者や実際に住む
皆さんの両者が一体となってこそリスクを減らせるものなのです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年05月12日 13時17分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月06日




こちらのユニットバスは、何年か前に改修して新しくしたそう
ですが、その時から浴槽の排水が殆ど流れなくなったとのこと。

今回、家の外装や窓のメンテナンスを行うに伴って、そんな相談を
頂きました。

ユニットバスを設置した建築業者さんは、下水への排水管の勾配が
規定ギリギリという状況ではあるが、原因がよく分からないと言って
そのまま様子見となったようです。

それから何年もの間、バスタブに溜まったお湯を桶ですくって、
違う排水口から流していたということですが、そりゃ結構大変だった
のではないでしょうか。

そこで先日水道屋さんを連れて詳細状況を確認したのですが、10分も
しないうちに原因は特定出来ました。

その原因は、ダブルトラップ。トラップというのは、下水管にいる虫や
ねずみが排水管を伝って侵入することがないように、U字やS字に
排水経路を曲げてそこに水が溜まるようにする仕組みです。

また、そうすることで、下水のいやな臭いも室内に上がってこなく
なりますから、快適に暮らす為にはトラップは必要不可欠です。

ただ、これが排水経路に2つ連続して存在すると、トラップ間が
注射器の口を塞いだような状態となり、浴槽のお湯が排水管を流れようと
しても押し戻される現象が生じます。

こうしたことは、新築時よりもリフォームする際に発生することが
多いかも知れません。それは、既設のトラップがあることを把握せずに、
新しい別のトラップをユニットバスや洗面台、キッチン、トイレ等の
水回りと一緒に設置してしまうことで起こります。
(勿論、新築の際に排水管を設置する業者と住宅設備を設置する業者が
別々の場合にも、余分にトラップを付けてしまうかも知れません)

こういう時の対策としては、どちらかのトラップを撤去して排水経路を
正常化することや、トラップ桝などフタがあるものならフタに穴を明けて
トラップの機能(気密)をなくすことで、この問題を解消出来ます。

ただ、トラップ桝のフタの穴がゴミや落ち葉で塞がれてしまえば、
また同じトラブルになりますし、虫等の侵入にも注意して下さい。

何れにしても、ちゃんとした専門業者に相談・調査をお願いすることを
お忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年05月06日 23時12分23秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全228件 (228件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 23 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.