035134 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~鍼の先から宇宙の果てまで~ 「伝統鍼灸医学 春陽堂」国生み伝説の淡路島より

~鍼の先から宇宙の果てまで~ 「伝統鍼灸医学 春陽堂」国生み伝説の淡路島より

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2017.06.12
XML
カテゴリ:読書備忘録
鍼灸医学についての歴史認識を得るため、そしてこれからの鍼灸医学はいかにあるべきかを考察するために、大学生の頃から現在に至るまで積極的に様々な東西の医学史の書籍を読んで来た。

そんな中、今年5月に「中国の科学文明」岩波新書 薮内清著を読む機会を得た。

読後の感想として、鍼灸医学のこれからを考えるには、医学史の専門書だけを読んでいては駄目なんだということを改めて気づかされたという事。

今までにも少しはかじってはいたが、一般の歴史書や科学史等ももっと多く読み込む必要があるということであった。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2017.06.12 11:02:59
コメント(0) | コメントを書く
[読書備忘録] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.