000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

~鍼の先から宇宙の果てまで~ 「伝統鍼灸医学 春陽堂」国生み伝説の淡路島より

~鍼の先から宇宙の果てまで~ 「伝統鍼灸医学 春陽堂」国生み伝説の淡路島より

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2017.06.18
XML
カテゴリ:食養生
6~7月の初夏が旬のビワ。

今年は、おいしくて有名な淡路島の灘産ビワを食す機会が例年になく多い。

先日無農薬の物を頂いた。
普通に実を食べるだけではもったいないので、実・種・葉を焼酎付けにしたり(写真右の方、左は梅酒)、種(写真は茶色の皮をむいた後の種)を粉末にして、そのエキスから杏仁豆腐風のプリンを作ったり、葉を天日干して炒ってビワの葉茶を作ったりと楽しんでいる。

日本では、ビワは奈良・平安の時代に中国大陸から伝来し、万病に効くとして葉や種が使われて来た。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2017.06.18 00:16:58
コメント(0) | コメントを書く
[食養生] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.